医師としてバリバリ働くこと

第2回:医師としてバリバリ働くこと

医師としてバリバリ働くこと

■ 記事作成日 2016/5/24 ■ 最終更新日 2016/5/24


筆者プロフィール

こんにちは、某病院で働く内科医師「春萌(はるも)」と申します。
縁がありまして、この「医師紹介会社研究所」でコラムを書かせていただくこととなりました。
諸事情で匿名ですが、その分(?)本音で書かせていただきます。
かなり、個人目線ですので、賛否両論あるかと思いますが、皆さんのご意見も頂ければ幸いです。

  • ペンネーム:春萌(はるも)
  • 年齢:40歳
  • 性別:女性
  • 専門科:内科
  • 在住エリア:関東在住
  • 簡単な自己紹介:2児のハハ。夫も医者です。これまで大学病院や総合病院での勤務歴があります。病棟はスキ。外来はキライ。手術はスキ。書類はキライ。

※春萌先生への当コラムご感想、フィードバックは下記アドレスまで

ご意見・ご感想用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com

質問:医師のみなさん、バリバリ働いていますか?

医師としてバリバリ働くこと

 

この質問に、どれくらいの医者が「はい!」っていうんでしょうか?
おそらく4つのパターンに分けられると思います。

 

  1. 「はいっ!」と答えて「仕事、楽しいです!」というタイプ
  2. 「はぁ。」と答えて「だって、人がいないんだもん…」というタイプ
  3. 「いいえ、バリバリ働きたいんだけど…」というタイプ
  4. 「NO!だって、プライベートが大事だもん!」

 

みなさんはどのタイプですか?

 

1か4と答えた人は人生エンジョイできてる人ですね。趣味が「仕事」が「その他」の違いだけで。仕事が楽しい!という人は本当に病院に住んでいるんじゃないかと思う生活をしている人もいます。

 

私の知り合いには朝の8時に病院近くの寮に帰り、シャワーだけ浴びて8時30分に出勤してくる医者がいました。

 

夜中は病棟のシャーカステンの前でカルテ広げたまま寝てました。夜中に患者の回診に行って患者に驚かれたり、夜中に看護師に指示出したりして嫌われてましたけど。

 

周りの迷惑はともかく、仕事が好きなのはある意味幸せですね。好きなことして、お給料がもらえるのはラッキーです。医者ということに限らず、そういう仕事に出会えたっていう意味でも。

 

プライベートをエンジョイしている人、これもある意味幸せです。

 

どんなにつらくても、その後の楽しいことを考えれば頑張れますね。それが合コン、飲み会、ショッピング、ジム、麻雀、ネットゲーム、何であっても。

 

そういう人達はプライベートの時間の確保に一所懸命です。どーしても遅れられないその日のために、1週間も前から溜まっていた仕事をどんどんさばいていく人もいます。メリハリのある生活ですね。

 

さて、問題は2と3の人です

 

これらの人は理想と現実にギャップがあるタイプです。少なからずストレスがたまるでしょう。2の人は言い換えれば、「医師としてバリバリ働いている、というよりバリバリ働かされている(受身)」のでしょう。

 

このように答えた人はきっと、できることならもっとプライベートな時間が欲しいでしょうし、仕事自体も自分のペースでやりたいのではないでしょうか。

 

本当は外来で患者の話をゆっくり聞いてあげたいのに、自分の脇に積みあがるカルテ(これは紙カルテの場合。電子カルテの場合は画面に増える受付済みの患者リスト)が無言のプレッシャーになって、流れ作業で外来が終わってしまったり。

 

同僚が転勤してしまったがために、専門でもない患者の担当をしなければいけなくなったり。

 

もっと早く家にかえって、家族と過ごしたいのに、今日も帰りが遅いと怒られたり(さらに進行すると、逆に早く帰った日に、なんで今日は早いの!と怒られたり。)

 

「人さえ増えれば」と上からは言われるけれど、増える見込みがないどころか減っていくばかり。

 

タイミングを逃すと、倫理的に「辞めます」と言えないほど人が減っていたりします。期限も見込みもなくこの状態に耐えるには限界がありますね。なのに患者からは外来の待ち時間が長い!とか、専門医はいないのか!とか言われたりします

 

本音は医師を増やせない病院が悪い!と思っていても、患者から見たらこちらは病院の(一部となっている)人間ですからね。結局、すみませんとしか言いようがない。病院が何ともしてくれない、もしくは何とかしてくれる力がないのであれば、解決策は3つです。

 

  1. 自分を大切にして、目をつぶって辞める。(ただし、立つ鳥跡を濁さず。は大事)
  2. 自分が率先して人を引っ張ってくる。(つて・コネ・社交性が必要)
  3. マンパワーに合った業務のスリム化(上の説得に体力消耗の予感。)

 

ただでさえ日々の仕事に辟易しているのに、さらに気力・体力が必要ですね。

 

さて、お待たせしました。3と答えた方

 

やる気はある、のに発揮できない!もどかしいですね。

 

「働きたいんだけど…」の続きは人それぞれです。その中で女性医師に多いのは「子供がいて。」「旦那が許してくれなくて。」ではないでしょうか。その他に「結婚しているから。」「夜ご飯作らなきゃいけない。」「子供の送り迎えしなきゃ。」とか。

 

似たような答えですが、前半と後半は意味が異なります。

 

前半は環境です。自分の周りの環境ですね。後半は自分の気持ちです。細かく言えば「結婚しているから(旦那さんより先に家に帰らなきゃ)。」「(私は奥さんなんだから)夜ご飯作らなきゃいけない。」「(私はお母さんなんだから)子供の送り迎えしなきゃ。」。

 

前半は自分だけでは解決できません。

 

子供がいなくなるわけでもないし(20年も経てば子供は自立・独立してますが)、旦那に許してもらうには根気と理屈とケンカと交渉が必要です。場合によっては「性格の不一致」と言われてリコン、なんてことになったら意味がありません。家庭円満も重要です。

 

しかし後半の場合は違います。

 

まず一番に自分の気持ち・思い込み・人生観がバリバリ働くことを邪魔しているのです。

 

本当に結婚したら、旦那より早く帰らなきゃいけませんか?
夜ご飯は奥さんが作るものと決まってますか?
子供の送り迎えはお父さんではだめですか?

 

誰がそんなこと決めたのでしょう。

 

こういう人は、もし旦那さんが「いいよ、君の帰りが遅い日はボクが夜ご飯作るよ。」と言われても素直に喜べません。なぜなら「ご飯は妻が作るもの」という自分の固定観念があなたを縛っているからです。結局は自分の理想の母親像と自分のギャップが埋められなくて、ストレスがたまってしまいます。

 

ここで、誤解しないで欲しいので、確認しておきます。私は「バリバリ働くことが良い」と言っているわけでも、「バリバリ働かなくてはいけない」と言っているのでもありません。問題視しているのは理想と現実にギャップを持ったままでいる状態のことです。

 

さて、3の人の解決策は2つです

 

  1. バリバリ働く。
  2. バリバリ働かなくてはいけない、と思っている自分を変える。

 

どちらかを変えればギャップがなくなります。ギャップがなくなればストレスがなくなります。

 

では3の人は解決策の1からシミュレーションしてみましょう。
バリバリ働いている自分。何をしていますか?その時自分はどんな気持ちですか?

 

では、イメージしてみましょう

 

 

どうでしたか?
バリバリ働いている自分は輝いていましたか?気分はサイコー!でしたか?

 

いろんな意味でバリバリ働きたい人ですから、いい気分であったと思います。いろんな意味で、というのはこういうことです。

 

「せっかく医者になったんだからバリバリ働かなくちゃ!」とか「ウチのお母さんも一所懸命働いてたから、私も!」とか。でも、本当の自分はそう思っていても環境的にできない。もやもや・・・

 

そんなときはこう考えてはどうですか?

 

大事なのはバリバリ働くことではなくて、バリバリ生きることではないですか?

 

私たちはどんなに頑張っても東京と大阪に同時にいられないように、職場と家に同時に存在することはできません。

 

職場にいれば家のことが気になり、家にいれば患者のことが気になる。けれども、それではもったいないのです。職場にいるときに患者のことを、家にいるときに家族のことを考えればスッキリします。

 

今、自分がいるところで頑張る、そんなシンプルに考えてみてはどうでしょう。

 

24時間医者でいられないことを悪いことのように思う必要はありません。

 

医者でなくったって、私たちは生まれたときから子供であって、結婚していれば夫(妻)であって、子供ができれば父親(母親)の3役をこなしているのです。

 

親に会えば子供に、夫の前では妻に、子供の前では親になるのと同じように職場にいる間医者になればいいのです。そのスイッチがうまく切り替えられるように意識してみてはいかがでしょう。そういえば、病院近くに住んでいた時、近くのスーパーで患者さんに会うことがよくありました。

 

こちらは仕事が終わって、スーパーの閉店間際に行くので、カゴの中には値引きシールの貼られた商品がいっぱいでした。

 

「先生、こんばんは。」と声をかけられると、カゴの中を見られたようで、恥ずかしかったのを思い出します。でも、病院を離れてスーパーにいる私はお母さんなんですもの、家計をやりくりして夜ご飯をつくるのも私の家庭での役割です。

 

さて、バリバリ生きるために、どんな職場が理想なのでしょうか。大切なのはどんな生き方にも対応できる職場です。

 

バリバリ働きたい人、自分のペースで働きたい人、9時―5時で働きたい人、病院に住みたい人、子供が熱を出したら帰らなければいけない人。個々の希望を尊重すればそんな職場になります。

 

…ごちゃごちゃしてますね。

 

例えばバリバリ働きたい人になってみましょう

 

バリバリ働いている自分と、のんびり働いている同僚。「はい、次!はい、次!」と外来をこなしている自分の隣で、「今日は何かいいことがありましたか〜?そうですかー。それは良かったですね〜。」なんて世間話しながら外来している同僚。

 

こっちは午前の外来だけで50人も診たのに、隣では20人診ただけで「アー疲れた!」と背伸びして昼ごはんに出かける同僚。

 

さあ、イメージしてみましょう。

 

 

どうですか?

 

では、逆になってみましょう。「今日は何かいいことがありましたか〜?そうですかー。それは良かったですね〜。」の方です。隣では同僚が「はい、次!はい、次!」と言いながら診察をこなしています。どんな気分ですか?

 

 

気づいてほしいのは、どちら側にも言い分がある、ということです。

 

ただ違いは「たくさん患者を診た!」ということに自分の価値を見出すのか、「患者1人1人としっかり向き合った」と思うかだけです。

 

収入を気にしている病院は同じ時間でたくさんの患者を診る医者の方を高く評価するかもしれません。患者さんの立場なら時間をかけてみてくれる医者の方を高く評価するかもしれません。

 

そして、もう1つ。そのやり方をその人が「したくてしているわけではない」かもしれないことです。

 

1人の診療に10分も時間をかけていては、午前中に患者を50人みれません。50番目の人は午後4時頃になってしまいます。それでは、たとえ時間をかけて診察してくれても、待ちくたびれてクレームの元ですね。

 

患者さんも案外わがままで、早く診て欲しいのに、自分だけはじっくり話を聞いてほしい人が多いのです。

 

これは両立しません。どちらか、あきらめてもらわなければいけないのです。

 

余談ですが、どうしても外来でしゃべり尽くしたいタイプの患者がいます。「次の人が待っているから」とか「今日は予約が多いので」とこちらが言っても話し続けるタイプ。こういう人には2つの対応をしています。

 

自分が長くしゃべっていると自覚をしている人には、「あなたの話をたくさん聞いてあげたいので、次回の予約は一番最後に入れます。他の方の状況によっては、予約時間を過ぎて待っていただくこともありますがいいですか?」と言います。

 

NO!と言われたことはありません。むしろ、特別扱いしてもらっていると自覚しているので、いつも「たくさん話を聞いてもらってすみません。」といって帰られます。

 

もう1つのタイプは自分が長々としゃべっていると自覚していないタイプ。服を脱ぐときも、胸の聴診をするときも、血圧を測っているときもしゃべり続けて、椅子から立ち上がり背中を向けて帰るかな?と思っても振り返ってさらにしゃべるコロンボタイプ。

 

そういう人の時には、こちらが覚悟を決めて心の中で『5分黙って話を聞こう』と決めます。

 

そしてちらっと時計を見て話を聞き始めるのですが、案外5分もしゃべっていないのです。

 

こちらがまだか、まだ終わらないか、と思っていると長く感じるのですが、覚悟を決めて話を聞くと思ったより短くて、こちらもイライラせずに済みます。

 

一度試してみて下さい。(もう1つ大事なのはついている看護師さんが、患者さんに付き添って廊下まで連れて行ってくれることです。話の後半を引き受けて、廊下まで歩きながら対応してくれる看護師さんは天使に見えますね!)

 

フィードバックの大切さ

医師としてバリバリ働くこと

 

さて、話を戻しますが、バリバリ働いている人、自分のペースで仕事する人etc。みんなが不平等感を持たずに働くにはどうしたらいいのでしょう。ここには評価が大切です。

 

人間誰でも、わかってくれている人がいるだけでも気の持ちようが違うものです。

 

こんなに仕事しても誰も評価してくれない、というのと、誰か一人でも「今日も(この「も」が大事です。いつも見ているよ!という意味も含んでいます。)たくさん仕事してくれてありがとう。」と言ってくれる人がいる。「患者の○○さん、今日も(ここも「も」!)たくさん話を聞いてくれたって喜んでましたよ。」。

 

このフィードバックが重要です。

 

さて、あなたは誰かにこのようなフィードバックをしていますか?あなたがたくさんの患者を診察できるのは横でてきぱきカルテをさばいてくれる看護師さんのおかげかもしれない。

 

あなたが患者さんとゆっくり話をしながら診察できるのは隣でたくさん患者を診てくれる医者がいるからかもしれない。医者であれ何であれ、誰かのおかげで仕事できているのです。結局のところ、「ありがとう。」ですね。

 

ちょっと、助かることをしてくれた時に「ありがとう。」。診察が終わった時に、「さっき○○してくれて助かったよ、ありがとね。」と言って去る。効果抜群です!

 

今までありがとう言えなかった人、そういうキャラじゃない、と思っている人。チャンスです。絶対にありがとうなんて言わないだろうな・・・という人が放つ「ありがとう」はスペシウム光線のように相手のハートを打ち抜きます!

 

言われた看護師さんや事務さんは「○○先生にありがとうって言われちゃった!」とその日1日中言ってまわります。

 

すると、周りの人までが「○○先生って、意外と(?)優しいんだー」なんて評価されたりして。一言の「ありがとう」だけでびっくりするほどの効果があるものです。普段から「ありがとう」を連発している人は、ぜひ、続けて下さい。

 

「ありがとう」はどれだけ言われても、価値が下がりません。むしろ「ありがとう」をよく言ってくれる医師とは一緒に仕事しやすいと周りは思っています。

 

例えばあなたが眠れない患者に睡眠薬を処方したとします。

 

「ありがとうございます。」といって頭を下げて帰る患者と、医者なんだから薬を出すのは当然、と思ってそのまま帰る患者。

 

どっちが気持ちいいですか?

 

それと同じで、カルテをそろえるのは事務の仕事、注射の準備をするのは看護師の仕事だとしても、「ありがとう」と言われることは、ただ単に感謝という意味だけではなく、僕はあなたの仕事を見てますよ、助かってますよ、といういろんな意味を含んでいるのです。

 

同じ仕事をするのだとしても、ありがとうという評価は「明日からもがんばるぞ!」につながっていきます。それに、多分2人の医者がいて、片方はありがとうを言ってくれる医者、もう1人は絶対にありがとうを言わない医者なら、どちらと一緒に働きたいかは想像に難くないでしょう?

 

今の生活にストレスを感じている人、周りや環境を変えるのは難しいですが、自分が変わるのは簡単です。

 

バリバリ働けないことにストレスを感じている人は、まずその場、自分の置かれた環境で頑張ることを意識してみてはいかがですか?

 

この記事を書いた人


春 萌 (内科医師)

ペンネーム:春萌(はるも) 年齢:40歳 性別:女性 専門科:内科 在住エリア:関東在住 簡単な自己紹介:2児のハハ。夫も医者です。これまで大学病院や総合病院での勤務歴があります。病棟はスキ。外来はキライ。手術はスキ。書類はキライ。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


医師としてバリバリ働くこと


医師としてバリバリ働くこと


医師としてバリバリ働くこと


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

医師としてバリバリ働くこと

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

医師としてバリバリ働くこと

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

医師としてバリバリ働くこと  医師としてバリバリ働くこと

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

医師としてバリバリ働くこと  医師としてバリバリ働くこと

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師としてバリバリ働くこと

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

医師としてバリバリ働くこと  医師としてバリバリ働くこと

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

医師としてバリバリ働くこと

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

医師としてバリバリ働くこと  医師としてバリバリ働くこと

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

医師としてバリバリ働くこと

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

医師としてバリバリ働くこと  医師としてバリバリ働くこと

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

医師としてバリバリ働くこと

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

医師としてバリバリ働くこと


医師としてバリバリ働くこと

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

医師としてバリバリ働くこと|医師紹介会社研究所関連ページ

医師としての勤務先からの評価
こんにちは。春萌(はるも)です。某病院で働く内科医です。縁がありまして、この「医師紹介会社研究所」でコラムを書かせていただくこととなりました。 諸事情で匿名ですが、その分(?)本音で書かせていただきます。かなり、個人目線ですので、賛否両論あるかと思いますが、皆さんのご意見も頂ければ幸いです。
患者への病状説明
こんにちは。春萌(はるも)です。某病院で働く内科医です。縁がありまして、この「医師紹介会社研究所」でコラムを書かせていただくこととなりました。 諸事情で匿名ですが、その分(?)本音で書かせていただきます。かなり、個人目線ですので、賛否両論あるかと思いますが、皆さんのご意見も頂ければ幸いです。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談