産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」

社内に「産業医がいることのメリット」を感じさせることが肝要

■ 記事作成日 2017/10/16 ■ 最終更新日 2017/10/16

 

臨床医にとって、「産業医になる」という選択肢は比較的身近であるものの、実際にはその業務内容や生活についてはぼんやりとしたイメージしか持てず、よくわからないといった方が多いでしょう。

 

「9時5時勤務で健診や会議くらいだろうし、臨床をやるより責任も少なくて楽そう」

 

「都心のオフィスで働けそう」

 

といったポジティブなイメージや、

 

「工場でよく知らない化学物質を扱っている人の健康管理をしなければならない」

 

「仕事にやりがいを感じられるのかわからない」

 

といった、ネガティブなイメージを持っている場合もあるでしょう。

 

実際、産業医大出身でもあまり積極的に産業医になりたがる人は少ないという事実からすれば、とても魅力的な職業かはわからないけれど、一方で元々臨床医をやっていて産業医に鞍替えして、楽しくやっている友人もいる。
果たして実態はどうなのでしょうか。

 

今回、産業医として勤務した経験を参考に、産業医の本音と建前、うまくやるコツと難しさ、メリット・デメリットなどについて考えてみました。

 

産業医の雇用形態と法律

 

まず、産業医として働く際には、2つの雇用形態があります。

 

1つは嘱託として非常勤で働く場合。
もう1つは専属として常勤で働く場合です。

 

嘱託は、要はアルバイトです。
月1回、1回につき数時間数万円という働き方です。
専属の場合は原則として週5日勤務、サラリーマンと同じような出勤です。

 

専属は、正社員扱いの会社もあれば、有期の契約社員という場合もあります。

 

産業医は、労働安全衛生法で規定されています。
職場の人数規模によって、嘱託でいい場合と専属で雇わねばならない場合があります。
法律で縛られているため、会社にとっては必要不可欠なポジションなのです。

 

一方で、会社側の認識はまちまちです。
必要だ、重要だ、と思ってくれる会社もあれば、必要性は理解できないが決まりなので仕方ないといった会社もあります。

 

そのため、法律的には守られている地位ではあるものの、現場や経営者に実質的なメリットを感じてもらえる働きを見せねばならない、というつらさがあります。

 

産業医の業務の実際 3管理のうちの健康管理が主体

 

では次に、産業医の業務内容について見てみましょう。
労働衛生には昔から3つの管理があります。今はもっと拡大していますが、基本は3つです。

 

それは、

 

  1. 作業管理
  2. 作業環境管理
  3. 健康管理

 

です。

 

このうち、労働衛生の分野であり産業医が最も活躍を求められるのは健康管理です。
健康管理というと、糖尿病や血圧のコントロールをイメージしがちですが、実は生活習慣病による致死的疾患を予防する生活指導だけではありません。

 

まず目的が違うのです。
臨床現場のように致命的な状態を回避する、致命的な状態から救い出す、ということとは異なり、それよりずっと手前で手を打つことなのです。

 

産業医の健康管理の目的は、端的に言えば「従業員に元気で働いてもらう」ことです。
そのため、どうやったら元気に働き続けてもらえるかに注力します。時には、会社の規程を使って強権的な措置に出ざるを得ない場面も出てきます。

 

健康管理は、健診、長時間、メンタルヘルスの3つに集約される

 

健康管理活動は大きく3つです。

 

  1. 健診結果に基づく生活習慣指導と受診勧奨
  2. 長時間労働従業員に対する面談、診察
  3. メンタルヘルス不調従業員に対する面談と受診勧奨

 

いずれの場合も結果に基づき、就業を制限する就業措置を必要に応じて発出します。

 

1つ目は、健診結果に基づく活動です。
生活習慣を変える必要がある従業員を抽出して、改善指導の面談をするとともに、必要に応じて受診勧奨します。
自分では精密検査や投薬はしません。紹介状を書いて従業員が通いやすいクリニックに受診させます。

 

健診が産業医の主要業務だと考えている人もいるかもしれませんが、健診自体は健診請負業者に外注しますので、産業医自身が行うことは稀です。
産業医は、健診自体では何もせず、結果に目を通して、アクションを起こすのが仕事です。

 

2つ目は、長時間労働に対する活動です。
月の残業時間が多い従業員を呼び出し、主に心血管系の状態を確認します。
世の中の論調は、残業が多い=メンタルヘルス不調=うつ病=自殺と連想されやすいですが、この長時間労働面談は心血管疾患の発症予防を主目的としています。

 

残業を減らす必要があると考えられる場合は、就業制限措置を行います。
月の残業時間が45時間以上ある状態が6か月続くと徐々に心血管系疾患のリスクが高まり、80時間以上が4か月、100時間以上であれば1か月で、リスクが高まると言われています。
このような長時間労働従業員が、突然発症しないために、予防的措置をとるのです。

 

3つ目は、メンタルヘルス不調をきたした従業員に対する対策です。
多くは上司からの報告で発見されます。
出勤時間が遅くなったり、休みがちになったりすることでわかることが多く、まず上司から人事担当者に連絡が入り、面談につながります。
面談によって、現在の心身の状況を把握します。必要があればメンタルクリニックに受診するように紹介状を書きます。

 

面談の結果や受診の結果をもって、就労継続可否を判断します。
場合によっては、休職に至ります。休職した場合は、復帰時に復職面談があり、そこで就業できるかどうかの見極めをします。
就労再開した後もある程度の期間フォローしていくことになります。

 

メンタルヘルス不調対策はどのくらい大変か

 

昨今は、このメンタルヘルス不調に対応するのがもっとも大きなウェイトを占めています。
それも、多くの場合、本人の未熟性から起こす、他責の念、人間関係不和、適応障害(過剰適応や職場不適応)から抑うつ状態に陥っているケースなのです。
一昔前の、まじめでがんばり屋で自分の病気を認めない典型的なうつ病にかかる従業員は、むしろ稀になっています。

 

よって、薬物治療と休養で治る人が少ないわけです。
自分の未熟さに気づかせ、認知を変え、ストレスコーピングを覚えさせるようにしなければなりません。
基本的には、治療自体はメンタルクリニックや復職支援施設に任せ、産業医は休職、復職判断に集中します。
この判断はいつも難しいものがあります。

 

大丈夫と思い復職させても、すぐにまた休職してしまう従業員が出てくるのです。

 

2015年の年末から始まったストレスチェックの結果で、希望者とは面談することにもなり、メンタルヘルス不調に対する対策はますます重きが増しています。

 

有病従業員のフォロー、健康講話、作業管理と作業環境管理

 

その他、病気を持ちながら就業を続ける従業員の管理もあります。
脳卒中後の片麻痺、担がん状態、双極性2型など、さまざまな健康状態の従業員をフォローすることになります。

 

工場等の現場がある会社では、夜勤の体調管理や熱中症対策、うつに関する勉強会などの健康講話を実施することがあります。

 

作業管理として、肩こり対策、腰痛対策、眼精疲労対策などにもかかわります。
作業環境管理として、事務所や工場の照明や気温、騒音、有機溶剤の臭気など人体に影響を及ぼす可能性がある作業環境についてコメントします。

 

以上が、具体的な産業医の仕事内容です。

 

産業医としてうまくやっていくコツ

 

産業医としてうまくやって行くためのコツは3つあります。

 

1つ目は、「社内診療所ではない」ことを強く意識することです。
自ら確定診断、治療はしないのです。
診断のためにはまず医療機関へ紹介するわけです。
産業医は健康統括管理者であり、健康を維持して元気に働いてもらうことが目的です。
統括管理者が手を動かすのは最低限にする必要があります。

 

ただし、今も社内診療所機能が残っている職場の場合は、そこで可能な範囲の対応をすると、かなり喜ばれます。
社内ですぐに診てもらえて薬がもらえるのは、従業員にとってとても助かるものであり、信頼されるでしょう。

 

2つ目は、人事とのつながりです。
人事担当者との相談は欠かさずにしましょう。
特に強制的な措置が必要な場合は、必ず相談が必要です。
産業医は多くの場合、会社のルールにはどこまでも不慣れであり、ルールの達人が人事です。
大臣の秘書官と同様、十分頼るようにすることが円滑な業務遂行において重要なポイントです。

 

3つ目は、労働安全衛生担当者とのつながりです。
大抵の場合、ベテラン社員が担当しており、社内の隅々まで知っていることが多いものです。
産業医は社内で孤立しやすいので、仲良くして頼れる関係を作るのが重要です。

 

このように、組織の一員としての振る舞いを身に着けていかねばなりません。
臨床の専門性を武器に、人格をアピールしながら、徐々に人望を勝ち取っていく。地道な努力があって、産業医として慕われ、充実した日々が送れるでしょう。

 

産業医としての難しさ

 

産業医として働く上での難しさは、「産業医がいるメリットを感じさせること」です。
従業員はおろか人事担当者まで産業医が存在する意義がわかっていない場合があります。
経営者側もそういう意識の場合、契約の継続まで危ぶまれます。

 

大事なのは、きちんと会社のメリットや立場も考えた言動をすることです。
もちろん必ず迎合しなければならないというわけではありませんが、医学的に正しいことだけで押し切ってはいけません。
この切り替えが、多くの臨床医にとって、難しいものです。
相手のメリットや立場を考えた助言ができるようになれば、社内での存在意義が明確に示せるでしょう。

 

労働衛生コンサルタント資格は必要なのか?

 

労働衛生コンサルタントは、医師に限らず取得できる、労働衛生のスペシャリストとしての国家資格です。
労働衛生に関して幅広く学び習得するという意味で取得するのは悪くないでしょう。

 

しかしながら、報酬面では、メリットはありません。
産業医に加えて、労働衛生コンサルタント資格をとっても報酬は違いません
。日本医師会認定産業医免許さえあれば、通常は不要です。

 

では、どんなときに必要なのでしょうか。
実は、開業する場合に必要です。
産業医として独立開業して、いくつかの職場の嘱託産業医を掛け持ちするときに労働衛生コンサルタントが必要になるのです。
きちんと開業すれば、経費計上が可能な点等で、利点があります。

 

雇われて産業医をするだけなら必要性が低い資格と言えるでしょう。

 

産業医に転身するメリットは何か?

 

臨床医が産業医に転身するメリットは何でしょうか。
それは、診療に追われる日常から解放される
この一言に尽きます。

 

基本的に毎日のんびりした時間が流れます。

 

当直なし、休日診療当番なし、救急当番なし、検査手技不要、読影技術不要。
医療機関としての売上、経営に頭を悩ませずに済みます。
非常識なクレームへの対応もありません。

 

土日は必ず確保できます。
週5日勤務より報酬は下がりますが、研究日を取得できる会社もあります。
気晴らしに臨床バイトをしても良いでしょう。
労働衛生を研究している公衆衛生学教室の門戸を叩き、本当に研究にあててもいいかもしれません。

 

産業医に転身することのデメリットは?

 

専門外の疾患を持った従業員にも対処しなければなりません。
救急外来で行う切り傷の一時的な縫合程度の応急処置はできたほうがよいでしょう。
精神科疾患の場合、状態が改善しなければ働けないことを通告する厳しい面談をする場面もあります。
自分の判断によっては退職になってしまう社員との面談は、人生を左右しますので厳しいものになります。

 

また、労働安全衛生法や労働基準法、労働契約法など関連法規の勉強がある程度必要であり、勤務先の就業規則もある程度覚えておく必要があります。


まとめ…メリットの多い産業医は有望な医師キャリア選択肢の1つ

 

産業医になるということは、いままで医師として経験していないような組織・文化ゆえの難しさやデメリットに直面する傍ら、診療に忙殺される日々から解放されるという何事にも変えがたいメリットが得られます。

 

産業医の業務は決して簡単なわけではなく、実際に働けば、入職前には想像できなかった苦労がある場合もあります。
しかし、もし何らかの理由により臨床医をやめることを考えるならば、産業医は1つの選択肢として有望でしょう。

 

ちなみに、常勤産業医への転職の際には、転職エージェントを使うことがお勧めです。
病院への転職であれば、働き方や給料の相場が明確にイメージできますので、エージェントを介さずに自身で交渉することも可能でしょう。
しかし、企業への転職という不慣れな状況の中で、ピントを外さず給与面等の交渉を行うのは難しいものです。
一般的な就職活動を経験していない医師は、一般常識に疎い面がありますので、そうした意味でもまず転職エージェントを活用した方が無難です。

 

 

この記事を書いた人


庄司 幸平(Dr.K)

北関東在住の勤務医師(30代男性)。常勤勤務先に加えて定期的にアルバイト(スポット、定期様々)を数多くこなしてきましたので、勤務医の本音コラムに加えて、私の体験から見たおすすめアルバイト等をご紹介、執筆しております。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」


産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」


産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」  産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」  産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」  産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」  産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」  産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」


産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」|医師紹介会社研究所関連ページ

勤務医な私の転職方法語ります
勤務医視点で語る連載コラム。世の中は医師というだけでステレオタイプな見方をしてくるけれど、勤務医しかわからない悩みは案外多いのです…。
私の「戦友」勤務女性医師が、ついに出産で離職した話=連載コラム「勤務医はつらいよ」
勤務医視点で語る連載コラム。世の中は医師というだけでステレオタイプな見方をしてくるけれど、勤務医しかわからない悩みは案外多いのです…。
医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」
勤務医視点で語る連載コラム。世の中は医師というだけでステレオタイプな見方をしてくるけれど、勤務医しかわからない悩みは案外多いのです…。
へき地の常勤医師不在問題 =連載コラム「勤務医はつらいよ」
勤務医視点で語る連載コラム。世の中は医師というだけでステレオタイプな見方をしてくるけれど、勤務医しかわからない悩みは案外多いのです…。
これからの医師とMR(製薬会社営業)の関係 =連載コラム「勤務医はつらいよ」
医師と製薬会社の癒着。週刊誌やテレビドラマなど、昔からさまざまなメディアで医師と製薬会社の関係性について取りざたされてきました。今でも時折、「この病気の治療法が開発されないのは製薬会社の利権を守るため」にように、さながら陰謀論のような意見がメディアに掲載されることがあります。
製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」
製薬会社に勤める医師は、実際、どんな仕事をするのか、どのような難しさや苦労があるのか、それを上回るメリットはあるのか?立場、役職、報酬は?結局、製薬会社の医師という選択肢はありなのか?

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談