製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」

製薬会社求人への応募の際に知っておくべきことは何か?

■ 記事作成日 2017/10/25 ■ 最終更新日 2017/10/25

 

医師求人案件には、製薬会社もあります。
製薬会社のMRとはやり取りしていたり、製薬会社から依頼された治験を実施したりしたことはあっても、自分が製薬会社で働くのはイメージできないですよね。

 

実際、どんな仕事をするのか、どのような難しさや苦労があるのか、それを上回るメリットはあるのか?立場、役職、報酬は?結局、製薬会社の医師という選択肢はありなのか?

 

そんな疑問についてお話していきます。

 

製薬会社で働く医師は実際どういうことをするのか?

 

製薬会社で医師働く場合、配属される部署は、臨床開発、メディカルアフェアーズ、ファーマコビジランスの3つであることがほとんどです。
ポジション名は各社ばらばらで、ポジション名ではイメージがずれることがあります。
でも部署名は上記のような名前になっているでしょう。

 

臨床開発

 

治験を引き受けたことがある医師は臨床開発という部署をご存知のことでしょう。
臨床開発とは、薬の承認申請を行うための臨床試験、治験を計画し実施するものです。
そして、治験の結果をまとめて新薬や新効能として承認を受けるために申請の書類を準備する部署です。

 

「臨床開発」というと、創薬する部署といったイメージをもつ場合が多いかと思いますが、開発はいわゆる試験管を振る分子生物学的研究とは異なります。
医師の募集をしている製薬会社の多くは、外資系の会社で、日本に研究施設を持っていません。
つまり、そういう仕事の募集は基本的にないのです。

 

臨床開発医師の仕事は、最初は治験実施における医学的観点からのアドバイスです。
経験値が上がり、実力が付けば開発プロジェクトをリードすることもできます。

 

治験には、治験実施計画書を始め、さまざまな文書が必要です。
最初は、その文書を医学的な観点から間違いないかチェックするところから始まります。
医学的観点からのレビューです。

 

慣れて来ると治験関連文書を自分で書く仕事が回って来ます。
ドラフト作成です。
一旦仕上がるとプロジェクトチーム員にレビューしてもらい修正点の指摘をもらいます。
治験実施計画書のドラフトを任されるチャンスもあります。

 

最終的には、プロジェクトチームを率いて、意思決定をしていく立場になります。
プロジェクトをリードするわけです。方向性を決める際には必要であれば外部の専門分野の医師と面会し助言を得るなどといったことも行います。

 

また、治験に参加した患者さんの安全性監視も仕事です。
副作用発現や臨床検査値異常を確認していきます。
集計データでの安全性検討も行います。

 

ファーマコビジランス

 

名前は聞き慣れないと思いますが、実は医師には一番馴染みやすい仕事です。
副作用報告書の医学的観点からのチェックが主な仕事です。
薬の副作用は臨床でも遭遇するイベントです。
副作用に出会った時に原因や対策を考えていたことを延長すればよいのです。

 

集計データの報告書もありますが、基本は同じことです。
違うのは、会社側から見解を述べる立場になることです。

 

ただし、臨床経過の解釈や因果関係推測は、誰にも遠慮することなく、医学的・科学的に行えばよいのです。
そういった意味で、製薬会社で働く初めての部署として、臨床医に最も適しているといえるでしょう。

 

メディカルアフェアーズ

 

メディカルアフェアーズは最も求人が多いのですが、名前を聞いただけでは何をする部署なのかわかりにくいですよね。
仕事のコンセプトは、製品の価値最大化。
つまり、市販製品の売上向上のために医師の知識、スキルとコネを使って働いてほしいということなのです。

 

この部署が営業・マーケティング部門と一番近くて、売上を増やしたい会社が医師に最も期待しているポジションです。
そのため求人が多いのです。

 

具体的な仕事は大きく分けて2つ。
科学的エビデンスの創出とKOLマネジメントです。
どちらもサポートしてくれるメンバーがいますので、何から何まで手を動かすことはありません。
外注を使うこともしばしばです。

 

エビデンスはいろんな方法で創出可能です。
治験データのサブ解析ができます。
会社主導で行う使用実態の調査データのサブ解析もあります。
医師主導の臨床研究を支援することでエビデンスを作ることもできます。
業者を使ってメタアナリシスの論文作成も可能です。
医療データベースを購入してデータベース研究から論文作成もありです。

 

これらのエビデンスが論文の形で公表されれば、営業・マーケティング部門の武器になっていくのです。
結果として売上向上につながるわけです。

 

KOLマネジメントとは何でしょうか?
KOLとはkey opinion leaderの頭文字語です。
その分野で影響力の強い権威の医師のことを指します。
学会の理事長等重鎮や臨床ガイドライン委員などを指しています。
大量処方医を指すこともあります。

 

KOLの定義はかなり幅が広いのです。

 

そのKOLの医師が製品のファンになってくれることを目的に、治験から市販後までの科学的エビデンスを説明する会を開きます。
アドバイザリーボードと呼んでいます。
この会で、医学的科学的なディスカッションを通じて、理解を深めてもらい、ポジティブなフィーリングや意見を持ってもらうことを目的にした活動です。

 

医師が製薬会社で働く難しさとは?

 

製薬会社で働く医師は増えています。
日本製薬医学会という製薬会社の医師を中心とした学会では、会員数が年々増えており、2015年現在外資系企業、国内企業合わせて約200名の医師が学会員になっています。
一方で、すぐに一年くらいで臨床に戻ってしまう人もいます。

 

何が原因なのでしょうか?

 

期待していたこととズレがある

 

製薬会社は社会の公器のひとつではありますが、前提として自分たちの営利は追求しなくてはならない組織です。
その覚悟が決まっていないで、現実を見るとがっかりしてしまいます。

 

費用対効果が優れない分野への投資は後回しになります。
大事な分野でもです。
「どんな患者さんでも必死に救う」という医療の現場から来ると意識のズレを感じます。
治療法がない分野で必死に治療法を研究していたアカデミア出身の医師だと、そうした意識のズレが更に大きいのです。

 

多くの会社が小児それも難病の開発をしないのがその最たるものです。
小児は儲からないのです。
企業の評判は確実にあがりますが、利益を考えたらボランティアでしかありません。
そこでがっかりする医師が出てきます。

 

外部の医師に頭を下げる立場になる

 

こちらは同じ医師と思っていても、外部の医師から見ると、MRと大差ない製薬会社の一社員になっています。
それを無視して同じ医師と思って対応すると外部の医師の不興をかいます。
そうすると会社の他の部署まで仕事がしづらくなります。
結果として社内で頼られなくなったり、孤立したりします。

 

頭を下げる意識に耐えられないと続かないでしょう。

 

また、就業するとまず社会人としての教育を受けることになります。
医師は、報告・連絡・相談の仕方、上司との話し方といった基本的なところについても社会常識が身についていない場合がありますので、新社会人になったつもりで働く必要があるのです。
病院で「先生」と呼ばれていた医師からすると、そうした状況が耐えがたい場合もあるでしょう。

 

仕事自体それほど楽ではない

 

9時5時で勤務はできません。
暇で楽な仕事ではありませんし、緊急事態が起これば残業せざるを得ません。
緊急連絡メールは、いつでも受けなくてはなりません。
夜中や早朝の電話会議があります。
アメリカ東海岸が電話会議に含まれると時差で大変な思いをします。
国内・海外ともに、年中出張があります。土日も学会参加や学会に合わせた活動があり出勤することがしばしばです。
(ただし、ファーマコビジランスはそこまで出張はありません。)

 

臨床現場のように、指示を出せば、やっておいてくれるなんてことは、ありません。
医学的助言ですらすんなり受け入れてもらえません。
聞いてもらうためには時間がかかります。
信頼を得て人望を得ない限り、裸の王様であることを意識しなければなりません。

 

これには、相当な意識変革が必要でしょう。

 

また、社内政治も意識する必要があります。
社内情報をいかに早く確実に得るか。
味方をどう作るか。
敵を作らないようにするには。などと、臨床とは違った点に気を配らねばならないのです。

 

デメリットを上回るメリットがあるのか?

 

暇でも楽でもなく、意識変革や社内政治にまで気配りが必要な製薬医師。
そこまでして転職するメリットはあるのでしょうか?

 

精神的な面でメリットがあります。
臨床現場では治せる患者さんの数には限りがあります。

 

しかし、製薬会社の製品であれば、その何倍もの数の患者さんに、貢献できます。
自分が携わった製品が世に出て、正しく評価され、臨床現場に広まって、患者さんがその効果に感謝するという場面を想像すると、どんな大変な仕事でも報われた気分になるものです。
ただし、これはいわゆる研究者として大学で仕事をすることにおいても十分得られるものでしょう。

 

もっと現実的な、役職と報酬面のメリットはどうでしょうか?

 

中堅以上の企業の役員になれれば勤務医の年収を凌駕する、それも数倍高い報酬を得ることができます。
ただし、役員に昇進できるかは運とタイミングがあり、どんなに準備していても叶わないことがあります。
それに役員ともなれば社内政治を長けていなければなりません。
相当タフなシチュエーションをこなす覚悟がないといけません。
医師免許を持ってそこにいればいいだけ、なんてことはないのです。
安易な覚悟で飛び込むと、利益を追求するということがどれほど大変か思い知らされることになります。

 

土日まで頑張れるようなら、どの会社でも土日の臨床バイトは可能です。
ゆえに、スキルを保ちつつ、収入をさらに上げることができます。

 

しかし、休日は人生を楽しんだほうが精神衛生上よいでしょうし、多くの医師はそうしています。
人生が充実すると仕事にも好影響を与えます。
基本的には週5日の勤務ですので、平日の臨床バイトはできません。
ただし、週5日働かなくてもよいポジションも時折ありますので、そういうポジションであれば、平日のアルバイトも可能でしょう。


まとめ

 

製薬会社の求人内容を理解するために、製薬医師の仕事内容をご紹介しました。

 

ポジション名はいろいろありますが、部署名は臨床開発、ファーマコビジランス、メディカルアフェアーズの3つです。
また、企業の一社員として働く困難さについても触れました。
臨床現場とは考え方を全く切り替えねばならず、それがうまくいかないと1-2年で出戻ることになってしまいます。

 

それでもなお、より多くの患者さんに貢献したい、企業活動の醍醐味を経験したいという先生には是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
臨床現場やアカデミアとはまた異なった経験や報酬が待っています。

 

もし製薬会社での転職を希望する場合は、転職サイトを使用するのも一考でしょう。
普通の病院やクリニックの勤務であればある程度入職後のイメージがありますので、給与等処遇面の交渉もできるかと思いますが、一般企業との交渉を、自信をもってできる医師は少ないでしょう。

 

転職エージェントは紹介先の企業から、転職者年収の何割かを手数料としてもらって活動していますので、利用にお金はかかりません。
転職者を高い給与にすることができれば、自分たちも潤うわけで、給与交渉のモチベーションにつながっているわけです。

 

また、製薬会社側も自社の役員には数千万の報酬を払っているわけですから、「入職後に活躍する見込みが高い」と判断されれば、通常の相場を大きくこえた報酬になる可能性もあるのです。
これは、勤務医が医療機関に転職する場合とは大きく異なる点です。

 

ただし、彼らは医師ではないので、製薬医師がどんな仕事をしているのか、詳しくは知りません。
仕事内容をたずねても、あまり有用な情報が得られるとは限りません。

 

使えるリソースを最大限使用し、自身の能力を最大限生かして新しい生活に踏み出すべく、まずは情報収集が大切です。

 

 

この記事を書いた人


庄司 幸平(Dr.K)

北関東在住の勤務医師(30代男性)。常勤勤務先に加えて定期的にアルバイト(スポット、定期様々)を数多くこなしてきましたので、勤務医の本音コラムに加えて、私の体験から見たおすすめアルバイト等をご紹介、執筆しております。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」


製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」


製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」  製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」  製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」  製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」  製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」  製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」


製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」|医師紹介会社研究所関連ページ

勤務医な私の転職方法語ります
勤務医視点で語る連載コラム。世の中は医師というだけでステレオタイプな見方をしてくるけれど、勤務医しかわからない悩みは案外多いのです…。
私の「戦友」勤務女性医師が、ついに出産で離職した話=連載コラム「勤務医はつらいよ」
勤務医視点で語る連載コラム。世の中は医師というだけでステレオタイプな見方をしてくるけれど、勤務医しかわからない悩みは案外多いのです…。
医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」
勤務医視点で語る連載コラム。世の中は医師というだけでステレオタイプな見方をしてくるけれど、勤務医しかわからない悩みは案外多いのです…。
へき地の常勤医師不在問題 =連載コラム「勤務医はつらいよ」
勤務医視点で語る連載コラム。世の中は医師というだけでステレオタイプな見方をしてくるけれど、勤務医しかわからない悩みは案外多いのです…。
これからの医師とMR(製薬会社営業)の関係 =連載コラム「勤務医はつらいよ」
医師と製薬会社の癒着。週刊誌やテレビドラマなど、昔からさまざまなメディアで医師と製薬会社の関係性について取りざたされてきました。今でも時折、「この病気の治療法が開発されないのは製薬会社の利権を守るため」にように、さながら陰謀論のような意見がメディアに掲載されることがあります。
産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」
実際、産業医大出身でもあまり積極的に産業医になりたがる人は少ないという事実からすれば、とても魅力的な職業かはわからないけれど、一方で元々臨床医をやっていて産業医に鞍替えして、楽しくやっている友人もいる。果たして実態はどうなのでしょうか。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談