医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」

医師視点での「一緒に仕事したい看護師像」とは?

■ 記事作成日 2017/6/26 ■ 最終更新日 2017/6/26

 

勤務医の庄司幸平です。医師が働く際、一緒に働きやすい看護師、働きにくい看護師って、いますよね。逆もまたしかり、看護師からみて働きやすい医師、働きにくい医師もいることでしょう。

 

チーム医療の概念が浸透してきた現代医療においては、「医師対その他医療従事者」という構図ではなく、医師・看護師・薬剤師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・管理栄養士・ソーシャルワーカー・事務などが並列の立場であるという前提に立って、「輪を作って協力するような」構図が求められるようになってきました。

 

それでもなお、医師と看護師の関係は、医師=指示を出す側、看護師=指示を受ける側という側面もあり、互いに強く主張すると軋轢が生まれやすいという特徴があります。特に大学病院では看護部の力が強く、無意味な対立構造ができている場合がしばしばみられます。

 

今回は、病院や介護施設など、医療・介護の現場でチームとして働くことの多い医師と看護師の関係性にフォーカスを当てます。特に、「こういう看護師とは働きやすい、働きにくい」といった内容を、医師の視点からみることで看護師に求められるスキルについて考えていきます。

 

大見出し 働きやすい看護師とは?

 

働きやすい看護師と働きづらい看護師は表裏一体ですので、今回は医師が一緒に働きたいと感じる看護師とはどのような人物像であるかについて考えてみます。私のまわりの複数の医師と意見を出し合って、数ある意見をまとめてみたところ、次のような7項目に集約されました。

 

  1. いつも前向きで明るい
  2. 気遣いができる
  3. 知識や経験が豊富
  4. ミスに対して真摯に向き合い、向上心がある
  5. 情報を的確に伝えることができる
  6. 患者や家族について寄り添うことができる
  7. 患者の人生に向き合うことができる

 

各項目について、順に説明を加えていきます。

 

いつも前向きで明るい看護師とは働きやすい

 

まず挙がったのが、前向きで明るいことです。忙しく時間に追われながらの仕事をしていると、ちょっとしたことで苛立ってしまい、周りの職員との関係もぎこちなくなりがちです。

 

そんな時に前向きで明るい発言をしてくれる看護師がいるだけでその場の雰囲気が明るくなり、自然と職員や患者さんとのコミュニケーションも増え、居心地の良い空間になります。

 

これはどんな職場・職種でも言えることですが、特に医療機関では体調の悪い人、落ち込んでいる人が多い環境ですから、より一層求められる資質です。前向きであったり明るくて愛嬌があったりすることは、良質なコミュニケーションにつながり、ひいては医療事故の発生を減らすことにもつながります。
(特に小児科では、病院を怖がる子供たちの緊張がほぐれ、診察をスムーズに行えるようになるメリットがあります。)

 

反対に、常にイライラしている看護師がいると、周りの職員も気を使いピリピリした雰囲気になってしまいます。患者さんにもそれが伝わり、診察や治療にも影響が出ることもあるでしょう。

 

気遣いができる看護師は働きやすい

 

大きな病院では複数の医師が在籍しており、医師によって診療の流れやスタイルが違いますが、その一人一人の医師の特徴に合わせて診療のサポートをしてくれる看護師は、診療をスムーズに進める上で欠かせない存在です。

 

外来でも病棟でも、複数の医師の診療の流れを把握し、患者への説明が足りないところがあればこっそりフォローし、忙しさをみて新患予約を調整してくれるような気遣いができるような看護師は非常に重宝されます。

 

日中のちょっとした処置の際にも、忙しいながら「先生、手伝いますよ」と言ってくれる看護師と、見えているはずなのに手伝う素振りを一切見せない看護師がいますが、さりげなく手伝ってくれる看護師がいてくれるととても助かります。

 

知識や経験が豊富な看護師は働きやすい

 

認定看護師を取得していたり、同じ科にずっと勤めていたりする場合など、時に若手医師や不勉強な高齢医師よりも、ある分野において知識や経験が豊富な看護師もいます。

 

チーム医療の流れを汲んで、最近では看護師でも時にそのチームのリーダーシップをとることがあります。特に看護師はケアについての専門家ですから、たとえばストーマの管理をどうすべきかなど、医師とは違った専門性を発揮して、チームを引っ張ることもよく見られるようになりました。

 

そのような看護師は、医師からも意見を尊重され、議論ができるようになり、よいパートナーとなることができます。

 

失敗をした時に言い訳をしない、向上心の高い看護師

 

誰もミスをしようと思ってしている訳ではありません。十分に気をつけていたとしても起こるときは起こります。自分の不注意の場合もあれば相手の不注意の場合もありますし、注意できる範囲をこえて起こることもあります。ミスすること自体はある意味仕方ないところですが、そのときにどう対応するかで、医師からの評価が大きく変わります。

 

看護師がミスをしたときによくある光景として、師長が主治医に対して「私たちはあくまで医師の指示のもとで全ての医療行為を行っていますので、先生も一緒に患者さんに謝ってください」という場面があります。

 

たとえば、患者にある薬を飲ませたい場合に、看護師が渡す薬の量を間違えて、多く飲ませてしまったとしましょう。確かに、医師が処方を出していて、飲ませるように用法用量を指定しているわけですが、医師からすれば「それは完全にそっちのミスでしょう」と思う気持ちもあるわけです。

 

それでも患者対応という点から考えた時に、主治医の責任とは関係の無いところで起こったミスでも、医師が出て説明をした方が納得されやすいということはあります。しかし、医師にとっては自分に何ら落ち度のないミスで謝らなければならないというのはやはり多大なストレスを感じるものです

 

もちろん、社会人であり、病院勤めであれば組織の一員ですから、そういう状況に立たされることはありうることですが、「ただでさえ手術や当直でヘトヘトなのに、これ以上負担を増やさないでくれ」と泣き言を言いたくなるのも無理の無いことだと思います。

 

そういったときに、看護師によっては、あくまで「私は謝らなくてすんだ。よかった。さあ早く帰ろう」と素早く切り替えます。その一方で、真摯にミスに向き合えるような向上心の強い看護師は、あとからでも必ず「先生、余計なストレスをかけてすみませんでした。気を付けます」など、一言ねぎらいの言葉が出るものです。

 

医師は常に責任を負う立場に立たされています。治療の経過が思わしくなく、「もっとこうしていれば」と自責の念にかられて毎朝暗い気持ちと闘いながら回診に行く経験は、真っ当な医師ならば何度も経験があるでしょう。そして、その経験が向上心につながることも知っています。

 

看護師からすれば、「私たちが汗水たらして働いている間、電子カルテの前に座ってパソコン打ってるだけで高い給料もらって、人生得している」と思っている場合もあるようですが、そうした責任をとることの重さを知ることで、患者に向き合う医師の心労に共感することができ、またそうした看護師に対しては、いわば戦友として、医師も信頼をおくようになるものです。

 

ミスの反省を十分し、原因を探り、今後同じミスをしないような対策を考えたり、ミスを成長に繋げたりできる看護師は周りの看護師からの信頼も自然と大きくなります。人のせいにしたり言い訳をしたりするのではなく、素直にミスや足りなかったことを認めて次に同じミスを繰り返さないように前向きに取り組む姿勢が大事です。

 

情報を的確に伝えることのできる看護師

 

入院患者の回診につく場合や、夜間に医師にコールをする場合に、的確に報告できることも看護師にとって重要なスキルです。

 

普段、医師よりも看護師の方が患者と接する機会が多いため、ある患者に対したときの情報量は医師よりももっており、時間に限りがなければ細かい経過なども事細かく医師にも伝えてもいいのですが、決まった時間の中で必要な情報だけを医師に伝えてくれる看護師は重宝されます。

 

患者のちょっとした体調変化、処置の予測、物品の準備など医師の求めることを先回りして考えておけることも大切です。

 

また、看護師から医師に質問をする場合、「○○ですがどうしたらいいですか?」ではなく、「○○ですが△△の処置でいいですか?」など、ある程度予測を立ててより具体的な質問をする方が好印象です。

 

患者や家族について寄り添うことができる看護師

 

病気や怪我で入院や通院している患者や家族は、今後の病気の進行や治療の方針など不安を感じながら日々過ごしています。

 

病院では医師をはじめとして様々な専門職が働いていますが、その中でも特に患者の世話について中心的な役割を果たしているのが看護師です。

 

看護師に求められることは単に治療をするだけではなく、患者やその家族に寄り添い不安や苦痛を少しでも無くせるように話をしたり、療養環境を整えたり、他職種との関係を調整することでです。そのためには患者や家族の気持ちや訴えを敏感に察知する必要があります。

 

医師は四六時中患者を見ているわけではありませんので、夜勤でも患者に関わっている看護師の記録などから重要な情報を知ることもあり、患者や家族に寄り添った治療を行うために看護師の存在は欠かせません。

 

また、患者も、医師には伝えにくいようなことでも看護師には伝え易いということがあり、患者の本音を看護師経由で知ることがあります。ある患者が「先生から伝えられた治療方針を言われるがまま了解したけど、本当は別の治療方法があればいいなと思っている」などこっそり看護師には伝えるといったことがしばしばあります。

 

看護の根幹になる「寄り添う気持ちや思いやり」に欠ける人は看護師には向いていないといっても過言ではありませんし、看護師として少しでも高いレベルを目指すのであれば、知識や技術以前に必要不可欠なものになります。

 

例えば脳血管障害で半身麻痺になった患者はその状況を受け入れることができず、リハビリの意欲がみられないことがあります。そういったときにも理学療法士などのセラピストだけではなく、身近にいる看護師が気持ちに寄り添うことで患者の意欲が出てくることがあります。治療だけでなく患者の心にも働きかけられる看護師はチーム医療の大きな力となります。

 

患者の人生と向き合うことができる看護師

 

看護師の仕事の特性として、最も患者のそばにいる医療者であることは疑いようもありません。しかし反面、特に病院などでは交代制勤務を行っていることも多く、多くの患者が入退院をしていく中では、その場限りの断片的な看護になりがちです。

 

患者の人生は連続的であり、退院後も患者の生活は続きます。医師は、退院した後も外来で患者と会い、経過をみていきますので、連続性という意味では仕事の性質上、強みをもっています。物理的に近くにいることは少なくても、時間的な長さについては看護師よりも優位性があることがあります。

 

しかし、実は看護においてもそうした連続性を持った視点を持つことは可能であり、重要です。医療的常識から、断片的にその時点毎にみた場合は一見正しい選択であっても、その患者にとっては正解でない場合もあるのです。

 

忙しい医療現場では、次々にやってくる目の前の課題をこなしていくだけであっという間に年月が経過してしまうことがありますが、ふと立ち止まって「この患者の人生において、この病気はどのような意味を持っているのか」という視点で考えてみるとより違ったアプローチが見えることがあります。

 

ぜひ長期的な視点も取り入れてみましょう。


まとめ…医師からも患者からも一目置かれる看護師になるためには

 

医療の質は看護で決まるという言葉があるように、看護は医療にとって血液ともいうべき重要な領域です。その分、感情労働が多く、また肉体的にも負担が大きい職種です。

 

他の医療職と違い、目に見えない仕事が多いのも、看護師の特徴です。そのため、どこまで看護師としてのスキルアップができているか、客観的に評価することも難しく、評価を受ける機会もあまりありません。

 

そうした背景から、看護師のスキルは他の医療職に比べて振れ幅が大きくなりやすいのです。今回挙げた点を半分でも押さえることができれば、まわりの看護師からも、一緒に働く医師からも、何より患者からも一目置かれる、実力派看護師になれることでしょう。

 

この記事を書いた人


庄司 幸平(Dr.K)

北関東在住の勤務医師(30代男性)。常勤勤務先に加えて定期的にアルバイト(スポット、定期様々)を数多くこなしてきましたので、勤務医の本音コラムに加えて、私の体験から見たおすすめアルバイト等をご紹介、執筆しております。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」


医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」


医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」  医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」  医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」  医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」  医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」  医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」


医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

医師からみた「一緒に働きやすい看護師」=連載コラム「勤務医はつらいよ」|医師紹介会社研究所関連ページ

勤務医な私の転職方法語ります
勤務医視点で語る連載コラム。世の中は医師というだけでステレオタイプな見方をしてくるけれど、勤務医しかわからない悩みは案外多いのです…。
私の「戦友」勤務女性医師が、ついに出産で離職した話=連載コラム「勤務医はつらいよ」
勤務医視点で語る連載コラム。世の中は医師というだけでステレオタイプな見方をしてくるけれど、勤務医しかわからない悩みは案外多いのです…。
へき地の常勤医師不在問題 =連載コラム「勤務医はつらいよ」
勤務医視点で語る連載コラム。世の中は医師というだけでステレオタイプな見方をしてくるけれど、勤務医しかわからない悩みは案外多いのです…。
これからの医師とMR(製薬会社営業)の関係 =連載コラム「勤務医はつらいよ」
医師と製薬会社の癒着。週刊誌やテレビドラマなど、昔からさまざまなメディアで医師と製薬会社の関係性について取りざたされてきました。今でも時折、「この病気の治療法が開発されないのは製薬会社の利権を守るため」にように、さながら陰謀論のような意見がメディアに掲載されることがあります。
産業医に転職して成功したい臨床医の心得 =連載コラム「勤務医はつらいよ」
実際、産業医大出身でもあまり積極的に産業医になりたがる人は少ないという事実からすれば、とても魅力的な職業かはわからないけれど、一方で元々臨床医をやっていて産業医に鞍替えして、楽しくやっている友人もいる。果たして実態はどうなのでしょうか。
製薬会社求人への応募時に知っておくこと =連載コラム「勤務医はつらいよ」
製薬会社に勤める医師は、実際、どんな仕事をするのか、どのような難しさや苦労があるのか、それを上回るメリットはあるのか?立場、役職、報酬は?結局、製薬会社の医師という選択肢はありなのか?

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談