医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」

医療現場からの医工連携、自分と他者のニーズギャップ

■ 記事作成日 2018/1/10 ■ 最終更新日 2018/1/10

 

元看護師のライター、紅花子です。

 

医療とものづくり+ITを絡めたこのコラム。8回目の今回は、とある医療機器を開発した経験のある医師のお話しです。そのきっかけや、実際の開発について伺ってみました。

 

すでにある技術を新しい視点でとらえたA医師

 

A医師は、50代半ばのベテラン医師。A医師は外科系の医師ですが、まだ新人~中堅くらいの頃から、「この手術器械、もうちょっとココがこうなると使いやすいのに」という思いを実現させてきた医師です。

 

過去にもいくつかの手術器械の改良に携わってこられたそうですが、今回はこれまでとは全く違う方法で、新たなモノを生み出すことにつなげてきたようです。
A医師の発想は、一言でいえば「有るようで、無かったもの」です。

 

まったく新しい何かを作り出すのではなく、医療とは違う分野で発展してきたもの、それらをいくつか組み合わせて「有るようで、無かったもの」を生み出すことに成功しています。
そこで必要だったのが「工」の部分。前述の通り「医療とは違う分野で発展してきた」のは、IT分野でした。

 

それは、今現在IT分野で活躍している人たちからすれば、決して新しいものではなく、単に「普段の生活をほんの少し、楽しく便利にするもの」というレベルのもの。
そういった「知ってる人は誰でも知ってるアノ技術」を、これまでとは違う視点で眺めてみると、全く新しい使い方が見えてくるという、典型的な例かもしれません。

 

まったく新しい発想で、新たな技術の開発に臨んだB医師

 

もう一人の医工連携の立役者であるB医師は、まだ40代前半。ご本人も「元々、工学系も好きだった」と仰るように、常に色々な方面にアンテナを張り巡らせている、内科系の医師です。

 

B医師は、日常的に診療を行いながら、ある時「これがあれば、もっと検査や治療がやりやすくなるし、患者さんの苦痛も減るのではないか」ということを思いつきました。
その後B医師は、日常診療の傍らで、工学系の方々とともに、夢の実現に向けて様々な試行錯誤をくり返します。

 

やがて、とある展示会で、まさにB医師が求めていた「新しい技術」を持った企業と知り合いました。
そこからすぐに、全く新しい医療機器開発に向けて、動き始めたのだそうです。

 

HOSPEXとMedtec

 

そこから数年の時を経て、ようやく試作品が完成。さらに数年間かけて改良を重ね、新しい医療機器を世に送り出すことに成功しました。

 

医と工、どちらの発想が生きているか

 

今回ピックアップさせて頂いた例は、いずれも「医の発想」から誕生した医療機器です。しかし、これを実現するためには「工」の発想や技術が必要不可欠でした。
では、二人の医師は、どこで「工」の技術と知り合ったのでしょうか。

 

A医師は、「すでにある技術が使えないか」という発想から、インターネットで調べることをメインに、情報収集をされたのだそうです。
今や、インターネット上には、「誰かが知りたい情報」が溢れています。こういったところから、「医」とは違う発想で発展してきた技術に、めぐり合うことがあります。

 

HOSPEXとMedtec

 

一方のB医師は、「工」と知り合うきっかけが、展示会でした。さまざまな技術が一堂に介す展示会、これは年間を通じて、数多くのものが開催されています。

 

全ての展示会を見て回ることは無謀だと思いますが、ここ数年は「保健医療福祉分野に向けた技術の展示会」という主旨のものも多く開催されています。
こういった展示会等で技術展示を観ることで、何かしらのヒントが見いだせるのかもしれません。


まとめ - 医師には無い発想?「知的財産権」の守り方

 

もし、医師が医療機器開発等に関わることになったら、常に意識しておきたいのが「知的財産権を守る」という考え方です。
知的財産権には、いくつかの権利があります。今回は、その一部をピックアップします。

 

「知的財産権」の守り方

 

新しいものを作り出す時には、医療分野、IT分野等に関わらず、「この発想は誰のものか」を守っていく必要があります。もちろん、そうしなくても新しい医療機器は開発できるのですが、せっかくならば「これは自分が開発した」と名乗りたいですよね。

 

しかし、知的財産権の発想が無いままで、例えば医療機器メーカーに機器の改良をお願いしてしまうと、自分の発想で開発された機器に関わらず、まったくの第三者に改修されてしまったり、本来の価格よりも安価な価格で流通してしまうことがあります。

 

もしも最初から知的財産権を守るよう働きかけていれば、いずれ商品となって世の中に流通したときに、ちょっとしたロイヤリティが入ってくることがあるのです。中でも特に「特許」を取得しておけば、特許権に関する収入を得ることもできます。

 

なぜなら特許権は「客観的内容を同じくするものに対して排他的に支配できる【絶対的独占権】」とみなされるためです。

 

こうした手順を踏まなかった場合、仮に新しい手術器械を思いつき、医療機器メーカーが開発した後、いつの間にかその医療機器メーカーのカタログに掲載されているかもしれません。すると、自分自身は何の権利も主張できなくなってしまうのです。

 

そうならないために、「これを思いついたのは自分だ!」ということを主張できるよう、どこかのタイミングで必ず「権利」を取得しておくことを、お勧めします。

 

 

参考資料

 

HOSPEX Japan 2017
http://www.jma.or.jp/hospex/

 

経済産業省特許庁 知的財産権について
http://www.jpo.go.jp/seido/s_gaiyou/chizai02.htm

 

この記事をかいた人


紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在は当研究所所属ライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」


医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」


医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

「医工連携」は医師の将来を変える可能性を持つ =連載コラム「医工連携時代」|医師...

■ 記事作成日 2017/5/31 ■ 最終更新日 2017/12/5元看護師のライター、紅花子です。今回から新しいコーナーとして「医療×(IT+ものづくり)」をスタートさせます。ここ数年、話題に上がることが多い「医工連携」の現状や、その言葉の意味を紐解いていきたいと思います。医工連携のきっかけは...

≫続きを読む

 

医療分野とIT技術との関係 =連載コラム「医工連携時代」|医師紹介会社研究所

■ 記事作成日 2017/7/6 ■ 最終更新日 2017/12/5元看護師のライター、紅花子です。当コラム2回目の今回は、医療分野とIT技術について考えてみたいと思います。医療分野で利用されるIT技術は様々なものがありますが、今回はその中でも「遠隔医療」に注目しました。医療分野で利用されるIT技...

≫続きを読む

 

医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」...

■ 記事作成日 2017/8/7 ■ 最終更新日 2017/12/5元看護師のライター、紅花子です。突然ですが、医療分野における機器開発をしたい、今までに無い新しい手術器械を作りたい、と思ったら誰に相談すれば良いでしょうか。実際に「医療機器として使用できるものかどうか」というところまで進めば、相談...

≫続きを読む

 

NeedsとWantsを切り分ける医療機器製品化戦略 =連載コラム「医工連携時代...

■ 記事作成日 2017/9/5 ■ 最終更新日 2017/12/5元看護師のライター、紅花子です。医療とものづくり+ITを絡めたこのコラム。新しい医療機器開発を思いついた時、それは本当に世の中の役に立つものなのかどうか。この判断が、その後の「開発から商品化まで」の道のりを、簡単にも困難にも変えて...

≫続きを読む

 

医療と工学を結びつける第4次産業革命 =連載コラム「医工連携時代」|医師紹介会社...

■ 記事作成日 2017/9/23 ■ 最終更新日 2017/12/5元看護師のライター、紅花子です。医療とものづくり+ITを絡めたこのコラム。5回目の今回は、少し工業よりの内容です。何かしらの「新しい医療機器」を思いついたとき、それを実現するまでに必要となる工業技術をどれだけ思いつくのか、を考え...

≫続きを読む

 

医療機器を生み出すHUB(ハブ)となれる人材を探そう =連載コラム「医工連携時代...

■ 記事作成日 2017/10/20 ■ 最終更新日 2017/12/5元看護師のライター、紅花子です。医療とものづくり+ITを絡めたこのコラム。6回目の今回は、「自分のアイデアをどうやって形にするか」というお話しです。医療機器が出来上がるまでの「工程」を考える新しいモノを作り出すときは、必ずとい...

≫続きを読む

 

医工連携に必要なのは「医の発想」か「工の発想」か =連載コラム「医工連携時代」|...

■ 記事作成日 2017/12/4 ■ 最終更新日 2017/12/5元看護師のライター、紅花子です。医療とものづくり+ITを絡めたこのコラム。7回目の今回は、11月20日~22日に開催されたイベントにおいて、私自身が興味をもった「医工連携から生まれた製品」についてお伝えしたいと思います。秋に行わ...

≫続きを読む

 

医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時...

■ 記事作成日 2018/1/10 ■ 最終更新日 2018/1/10元看護師のライター、紅花子です。医療とものづくり+ITを絡めたこのコラム。8回目の今回は、とある医療機器を開発した経験のある医師のお話しです。そのきっかけや、実際の開発について伺ってみました。すでにある技術を新しい視点でとらえた...

≫続きを読む

 

「何をつくりたいか」によって、医療機器開発までの道のりは異なる =連載コラム「医...

■ 記事作成日 2018/1/25 ■ 最終更新日 2018/1/25元看護師のライター、紅花子です。医療とものづくり+ITを絡めたこのコラム。9回目の今回は、医療機器としての開発の進めやすさについて考えてみます。医療機器の「レベル」を再確認「医療機器」には「レベル」があります。「クラス」という呼ば...

≫続きを読む

 

【2018年2月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」  医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」  医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」  医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」  医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」  医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」


医療現場からの医工連携、自分が欲しいものは皆も欲しい? =連載コラム「医工連携時代」

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談