医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」

医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター

■ 記事作成日 2017/8/7 ■ 最終更新日 2017/8/7

 

元看護師のフリーライター、紅花子です。突然ですが、医療分野における機器開発をしたい、今までに無い新しい手術器械を作りたい、と思ったら誰に相談すれば良いでしょうか。

 

実際に「医療機器として使用できるものかどうか」というところまで進めば、相談先はPMDAになるでしょう。しかしそれよりもずっと前、まだ自分の頭の中にある構想をカタチにする段階であれば、誰に相談すれば良いのでしょうか。今回は、この相談先を考えてみたいと思います。

 

自分の“閃き”をカタチにしていく過程

 

とある外科系の医師が「手術の時、既存のものには無い開創器が欲しい」と考えたとします。これを実際にカタチにしていくための過程には、いくつかのパターンが考えられます。ごく簡単なフローチャートを作ってみました。

 

 

このフローチャートでは、最初の判断基準が「いずれ商品化をしたいかどうか」になっています。仮に最初の構想の時点で「商品化はしない、自分が使えれば良い」と考えたとします。すると、その後で医療機器メーカーが関与するのは、かなりハードルが高くなります。医療機器メーカーは「自社が商品として取り扱って、売上の見込みが立つもの」であれば喜んで関与するでしょう。もしかすると、開発費用もある程度は負担してくれるかもしれません。

 

しかし、すべてが出来上がったところで医師の気が変わり「これ、商品にして良いから売ってきて」と言っても、医療機器メーカーは難色を示すことがあります。

 

こういった「新しく開発したものを商品として世の中に販売していく戦略」を出口戦略といいますが、もしも商品化することを少しでも考えているならば、最初からこの出口戦略の目途が立った状態で開発を進めていく方が、スムーズに進んでいくことが多いようです

 

職人さんに直接オーダーした場合、開発費用はすべて自己負担?

 

上記フローチャートで、Aになった場合はどうでしょうか。医師の中で、金属加工や樹脂加工が出来る職人さんにツテがある人は少ないと思いますが、仮にいたとしても、開発費用はすべて医師が負担することになると考えて良いでしょう。職人さんも、加工に関しては商売ですし、実際に「十分に使えるもの」になるまでには、数回の試作、数か月から数年の開発期間が必要です。

 

この間の開発費用を、いったい誰が負担するのか。職人さんからすれば、オーダーした医師は「お客様」になりますので、基本的には医師が全額負担することが多いようです。

 

コーディネーターの仲介

 

上記フローチャートでBまたはDになると、「コーディネーター」と呼ばれる人物が関与することになります。所属する団体によって肩書は多少違いますが、一般的には「医療機器開発コーディネーター」あるいは「医工連携コーディネーター」と呼ばれる職業になります。

 

医師からみたコーディネーターの責務は、簡単にいえば「医師の希望をカタチにするお手伝いをすること」です。ここ数年、全国の各自治体では、「地元の中小企業を盛り立てる」「医療機器開発を推進する」という動きが少なからずありますので、例えば都道府県の外郭団体や、市区町村の商工会議所などに、コーディネーターと呼ばれる人材が所属しています。

 

彼らを通じて、設計や試作可能な企業との交渉を進めることが出来ます。開発費用も、自治体などが助成金を準備している場合がありますが、こういった情報も、彼らを通じて得ることが出来ます。

 

コーディネーターには3パターンの人材がいる?

 

医療機器開発のコーディネーターは、基本的には特別な資格が必要なわけではありません。中には「中小企業診断士」などの資格を持つコーディネーターもいますし、所属団体によっては「専門の講習を受講した場合のみ認める」というところもあります。

 

筆者はこれまでに、数十人のコーディネーターとの面識がありますが、各コーディネーターの持つ背景は、おおよそですが3パターンあると考えています。

 

 

もちろん、全国のコーディネーターがすべてこのパターンに当てはまるとは限りません。医療機器メーカーのOBの方で加工技術に非常に詳しい方や、公的機関の職員の方で医療・工業ともに溢れんばかりの知識をお持ちの方もいらっしゃいます。いずれにしても「商品として世に出す医療機器開発を行うならば、コーディネーターの関与がゼロでは難しい」というのが、現在の流れのようです。

 

まとめ

 

日本国内で新しい医療機器を開発するならば、国の動き、各自治体の取り組み、医療機器メーカーの特長など、知っておくべきことはたくさんありますが、一人の医師が、これらをすべて知ろうとすることは、かなりの時間と手間がかかるため、現実的とは言えません。

 

しかし、適切なタイミングでコーディネーターの力を借りれば、病院に居ながらにして、様々な情報を手に入れることができるでしょう。もしも新しい医療機器のアイデアがあるならば、まずは地域のコーディネーターに相談してみるのも、一つの方法かもしれません。

 

参考資料

 

公益財団法人 神奈川科学技術アカデミー 医療機器開発コーディネーター育成講座
https://www.newkast.or.jp/kyouiku/edu_h28/ed28_seminar_15.html

 

首相官邸 第4回 次世代医療機器開発推進協議会 議事次第|健康・医療戦略参与会合|健康・医療戦略推進本部 
資料3 医療機器開発支援ネットワークの取組と今後の方向性
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kenkouiryou/kaihatsu/dai4/siryou3.pdf

 

この記事をかいた人


紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在はフリーライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」


医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」


医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」  医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」  医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」  医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」  医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」  医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」


医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

医療機器開発に必要な存在 医工連携コーディネーター =連載コラム「医工連携時代」|医師紹介会社研究所関連ページ

「医工連携」は医師の将来を変える可能性を持つ=連載コラム「医工連携時代」
今回から新しいコーナーとして「医療×(IT+ものづくり)」をスタートさせます。ここ数年、話題に上がることが多い「医工連携」の現状や、その言葉の意味を紐解いていきたいと思います。
医療分野とIT技術との関係 =連載コラム「医工連携時代」
今回から新しいコーナーとして「医療×(IT+ものづくり)」をスタートさせます。ここ数年、話題に上がることが多い「医工連携」の現状や、その言葉の意味を紐解いていきたいと思います。
NeedsとWantsを切り分ける医療機器製品化戦略 =連載コラム「医工連携時代」
医療とものづくり+ITを絡めたこのコラム。新しい医療機器開発を思いついた時、それは本当に世の中の役に立つものなのかどうか。この判断が、その後の「開発から商品化まで」の道のりを、簡単にも困難にも変えてしまうポイントになります。
医療と工学を結びつける第4次産業革命 =連載コラム「医工連携時代」
医療とものづくり+ITを絡めたこのコラム。5回目の今回は、少し工業よりの内容です。 何かしらの「新しい医療機器」を思いついたとき、それを実現するまでに必要となる工業技術をどれだけ思いつくのか、を考えてみました。
医療機器を生み出すHUB(ハブ)となれる人材を探そう =連載コラム「医工連携時代」
医療とものづくり+ITを絡めたこのコラム。6回目の今回は、「医師が自分のアイデアをどうやって形にするか」というお話しです。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談