黒字経営の医療機関を見抜く方法

■ 記事作成日 2012/4/20 ■ 最終更新日 2016/6/10

赤字経営の医院に就職すると「いらぬ苦労」をする可能性が…

黒字経営の医療機関を見抜く方法

 

一昔前は「病院は潰れない」などと言われましたが、不況などの影響もあり今や病院とはいえ潰れるか分からないのが実情です。

 

せっかく転職しても、その経営実態に驚かされるということは少なくありません。表面的には健全経営をしているように見えて、実態は赤字に陥っているというケースがあるのです。それならば、なぜ採用をするのか。理由は簡単で、経営に見切りをつけた医師が退職してしまったからといえるでしょう。

 

貴重な時間を割いて転職活動をするのですから、そんな失敗転職は避けたいところです。そこで私は、入職前に診療時間内の病院へ行ってみることをお勧めします。

 

通常の採用フローでは、面接だけが病院へ足を運ぶ機会となるでしょう。あとは、入職するまで病院へ行く機会はありません。しかしこれが、実はとても危険なことなのです。

 

小規模の病院やクリニックなどの場合、ほとんどの場合に面接官は責任医師です。そのため面接は、必然的に診療時間外となるでしょう。なぜなら診療時間は、患者の診療に追われて医師が時間を割けないからです。

 

中・大規模病院の場合でも、同じことがありえます。まず面接官となる事務長や人事担当は、医療スタッフではありません。そのため面接では事務室など医療現場外へ通されることとなるでしょう。配属科の責任医師も面接官を務めますが、この場合は小規模の病院と同じことが起こります。

 

これでは、病院内の実態など分かるはずもありません。そのため面接以外にも、転職候補先の医療機関の経営状況を事前にしっかりと調べておくことが重要となってくるのです。

 

机上調査と実地調査

 

医療機関や医療法人の調査を行うには、財務諸表などを調査する机上で行える調査と、実際に現地に足を運ぶ実地調査の2つに大きく分かれます。机上調査は、過去3期分の決算情報を入手することで、数値上での経営状況を定数的に把握すること。実地調査は、数字でははかり知ることができない現場の情報、空気、感覚、人間関係などを定性的に把握することとなります。

 

財務調査のポイント

 

黒字経営の医療機関を見抜く方法

 

一昔前に比べ、医療法人の財務諸表を手に入れることは難しくなくなってきています。基本的には対象となる医療機関を運営する医療法人に財務諸表の開示を依頼するのが筋道ではありますが、株式公開をしている一般企業と異なり、「はい、わかりました」と馬鹿正直に財務諸表を開示してくれる医療法人はまずないでしょう。

 

従って、下記いずれかの方法によって財務諸表を入手するのが現実的な手段となり得ます。

 

  1. 財務諸表を含んだ医療法人データベースを購入する
  2. 財務情報を持っている医師紹介会社から入手する
  3. 都道府県庁にて医療法人の財務諸表閲覧を申請する

 

1.財務諸表を含んだ医療法人データベースを購入する

 

医療法人のデータベースについては、いくつかの企業が販売をしています。当然有償ですから、個人が気軽に購入するというわけにはいかないものの、その調査内容の充実度はとても有益であり、直近の財務諸表だけでなく、どの医院がどの医療法人グループに属するかが一瞥できるものなども存在しています。。自身が所属する医療業界の研究を兼ねて、購入してみるというのも悪くないと考えます。

 

黒字経営の医療機関を見抜く方法

※医療法人データベースの例(http://www.landscape.co.jp/medicaldb.html)

 

2.財務情報を持っている医師紹介会社から入手する

 

大手の医師紹介会社の収益源は、医師側ではなく医療機関側への課金です(医師に対する紹介料は無料が基本)。当然ながら、資金的に潤沢な医療機関がどこであるかは常に情報収集に怠ることがなく、営業ツールとして、上記のような医療法人データベースを外部から購入したり、自社営業マンが医療法人の与信情報をあらゆる場所から収集しているケースが多く見られます。

 

医師紹介会社に登録してすぐに転職を促されるところはともかく、まともな医師紹介会社は転職を性急に促したりは致しません。医師紹介会社に登録した段階で、じっくり医療機関研究をしたい要望を先方に伝えるとともに、情報収集の手伝いをしてもらえないか依頼することです。その際に、手元の情報からターゲットとしている医療機関の直近3期分財務諸表及び付随データをシェアしてもらえるよう、頼むのが良いでしょう。

 

この場合、無料で調査資料が手に入るというのも、個人医師にとっては、非常に大きなメリットです。

 

備考

 

ここでは3つの医療法人財務諸表の入手方法を示しましたが、具体的な財務諸表の見方については長くなりますので割愛させていただきます。書店でよくある「初心者向けの財務諸表のみかた」といった書籍を購入してもよいですし、厚生労働省のウェブサイトにも医療法人財務諸表の見方病院経営指標の見方に付いて、詳しい説明が載っていますので参考にしてください。

 

3.都道府県庁にて医療法人の財務諸表閲覧を申請する

 

医療法人は、医療法の規定にて、毎会計年度終了後3月以内に、事業報告書、財産目録、貸借対照表、損益計算書等を都道府県知事に届け出ることが義務付けられています。

 

平成20年以降、一般人が医療法人の財務諸表開示を都道府県に申請することができるようになりました。医療機関が籍を置く自治体により申請方法が異なる可能性がありますが、基本的には都道府県庁に出向き、開示閲覧を申請するだけというシンプルなものになります。

 

下記の静岡県庁のように、申請すら必要なく自由閲覧になっているところも多いようです。

 

黒字経営の医療機関を見抜く方法

※静岡県庁ウェブサイトより

 

ただし、医療法人の財務諸表はコピーができない自治体がほとんどのようで、閲覧のみに制限されているケースが多いのに注意してください。また、閲覧申請先の部署なども各自治体によって異なるので、事前にウェブサイトで調査をするか、当道府県庁の総合窓口に1度連絡を入れてから足を運ぶ方が良いでしょう。

 

医院実地調査のポイント

 

黒字経営の医療機関を見抜く方法

 

実地調査とは、読んで字のごとく、実際に対象となる医療機関に足を踏み入れてみて、五感でその病院の良し悪しを感じとる調査のことです。

 

小規模病院の場合には、中に入ると気付かれて怪しまれる可能性があります。その際は、窓から中の様子を見るだけで行って価値はあります。言葉で説明するのは難しいものの、ブラック病院にはそれなりの雰囲気というか空気があふれているのは間違いないようで、人間の直感に訴えるものがあるとは、ベテランコンサルタントがよく口にする言葉でもあります。

 

では実際に、何を見れば良いのか。それは、以下のような点です。

 

  • 患者はどの程度いるか
  • 病院スタッフの接客はどうか
  • コメディカルが挨拶をしてくれるかどうか
  • トイレはきれいに掃除されているかどうか
  • 病院内外にゴミはおちていないかどうか

 

ポイントは色々あるものの、経営に詰まっている医療機関には、顕在化した倒産の兆候が必ず目に見える形で現れます。それが掃除の不行き届きだったり、挨拶や笑顔のなさだったりするわけです。

 

また、病院周囲の街並みや住宅状況なども調べておくと必ず役立ちます。対象の病院についたら、周囲を10分程度ぐるっと回るだけでもいいでしょう、これだけでも周辺住民質(外来患者候補)質のイメージがわくようになります。

 

病院は、患者がいなければ経営が成り立ちません。暫く経ってもほとんど患者が来ないようなら、経営状態を怪しんでみるべきです。朝や昼後、診療終了直前はどこの病院も患者が増える傾向にあるので、こうしたタイミングで見てみるとより安心です。

 

また病院スタッフやコメディカルの接客は、「笑顔があるか」「声が明るいか」といった点がポイントとなります。

 

経営状態の悪化は、そのままスタッフの態度にも表われるものです。なぜなら給与が下がったり、経営改善のために無理な取組みを押し付けられたりと、スタッフのストレスを増やしてしまうことが多いからです。接客の雰囲気が暗いようであれば、あまり経営状態は良くないかもしれません。

 

院内に入れるのであれば、清潔さが保たれているかも確認しましょう。面接時だけ、キレイにされていた可能性もあります。清潔感のない病院は当然ながら患者も寄りつきませんし、細かな配慮をする余裕がないということにもなります。

 

病院の経営状態は、なかなか面接では分からないものです。「面接では良いことばかり言う」と聞いたことがあるかもしれませんが、実態はその通りでしょう。

 

既に医師紹介会社に登録して転職活動をしているのなら、こうした実地調査面について担当コンサルタントが知っている可能性もあります。必ず、求人を紹介された際に聞いておくようにして下さい。

 

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


黒字経営の医療機関を見抜く方法


黒字経営の医療機関を見抜く方法


黒字経営の医療機関を見抜く方法


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

黒字経営の医療機関を見抜く方法

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

黒字経営の医療機関を見抜く方法

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

黒字経営の医療機関を見抜く方法  黒字経営の医療機関を見抜く方法

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

黒字経営の医療機関を見抜く方法  黒字経営の医療機関を見抜く方法

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

黒字経営の医療機関を見抜く方法

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

黒字経営の医療機関を見抜く方法  黒字経営の医療機関を見抜く方法

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

黒字経営の医療機関を見抜く方法

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

黒字経営の医療機関を見抜く方法  黒字経営の医療機関を見抜く方法

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

黒字経営の医療機関を見抜く方法

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

黒字経営の医療機関を見抜く方法  黒字経営の医療機関を見抜く方法

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

黒字経営の医療機関を見抜く方法

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

黒字経営の医療機関を見抜く方法


黒字経営の医療機関を見抜く方法

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

黒字経営の医療機関を見抜く方法|医師紹介会社研究所関連ページ

マスコミの病院ランキングはアテになるか?
医師が転職先を考える際に、就労条件が良いことは勿論だが、専門資格が学べる、最新医療技術が取得できるなどの視点も欠かせない。昨今マスコミが病院をランク付けすることが多いが、医師にとってもそのランキングは転職時の参考になるのだろうか、検証してみます。
医師として最初の研修はどこで受ける?その1 =医師臨床研修マッチング結果より=
医師臨床研修マッチングとは、平成16年度に“医師の臨床研修が義務化”されたことに合わせ、導入されたシステムです。医学生など、これから臨床研修を受けようとする者(以下、参加者)と、臨床研修を受け入れる病院側(以下、病院側)が公表している研修プログラムとを、お互いの希望を踏まえた上で、一定の規則(アルゴリズム)に則って組み合わせを決定するシステムです。
医師として最初の研修はどこで受ける?その2 =医師臨床研修マッチング結果より=
医師臨床研修マッチングとは、平成16年度に“医師の臨床研修が義務化”されたことに合わせ、導入されたシステムです。医学生など、これから臨床研修を受けようとする者(以下、参加者)と、臨床研修を受け入れる病院側(以下、病院側)が公表している研修プログラムとを、お互いの希望を踏まえた上で、一定の規則(アルゴリズム)に則って組み合わせを決定するシステムです。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談