第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔

第2回:嫌われるT医師は言葉の暴力魔

第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔

■ 記事作成日 2014/12/18 ■ 最終更新日 2014/12/18


筆者プロフィール

名前:紅 花子(べに はなこ) 
性別:女
PR:正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在はフリーライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

ペアン1本で怒声が10時間続いた頃には…

第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔

 

元看護師のフリーライター“桜井もみじ”です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験の中で出会った、看護師に好かれる医師/嫌われる医師の人物像を振り返ってみます。

 

2回目の今回は、OPE室看護師からの人気が今一つだったT先生です。

 

新人OPE室看護師の裏事情?

 

看護師、特に私が比較的長く勤務したOPE室では、様々な科の医師との接点がある。科によって医師のカラーは色々あるし、同じ科でも医師による“好み”や“性格”の違いもある。OPE室看護師は、それらを頭に叩き込んでおかないといけない。

 

特に、急に怒り出したりする医師には、要注意フラグが立っており、新人としてOPE室に入ると、その辺もレクチャーされたりもするのが実情。

 

OPE室看護師はどこでもそうなのかもしれないが、最初は外科や整形外科、産婦人科手術などから担当することが多い。手術室に勤務して2〜3年目くらいになると、やっと担当することになる科として、心臓血管外科があった。

 

看護師が交代できない手術

 

当時の心臓血管外科の手術は、例えば冠動脈バイパス手術(CABG手術×1本)の場合、患者さんの入室から退室まではおよそ4〜5時間くらいはかかった。

 

9時に入室して14時くらいに退室するので、看護師は基本的に交代しない。

 

他科の手術の場合、1列で数件行ったとしても、大抵は3人の看護師がお昼交代も含めて担当し、適宜入れ替わりながら手術につく。

 

しかし当時のその手術室では、心臓血管外科の手術だけは、看護師の交代を行わなかった。

 

その理由は単純。心臓血管外科医が看護師の交代を認めなかったからだ

 

なんて横暴な!と思うかもしれない。私自身も「心外の先生って、我儘だね」とか考えていた。しかし、自分が心臓血管外科の手術について分かったことがある。

 

例えばCABG手術の場合、9時に入室した患者さんの麻酔導入を行い、手術を開始、開胸しながら下肢からグラフト用の血管を採取し、いざバイパスの吻合を行うぞ!というあたりで、ちょうど昼時になるのだ。

 

当時は人工心肺を使用して心臓を止めた状態での手術が一般的であり、11時を過ぎるあたりが、ちょうど人工心肺に切り替わるタイミングだった。

 

手術全体の中で最も神経を使う時間帯に、直接介助看護師が器械を申し送りながら交代したら、何らかの問題が起こっても不思議ではない。そう考えると、心臓血管外科手術で直接介助看護師が交代できないのは、仕方のないことだと悟った。

 

とはいえ、やっぱり厳しい“言葉の暴力”

 

そんな背景もあり、当時のOPE室看護師は、心臓血管外科の手術は、出来ることなら担当したくない…というのが本音。中には「担当することが分かってから、手術が終わるまで“うつ気味”になる」と公言している人もいた。

 

しかし当時のOPE室看護師から心臓血管外科手術があまり好かれなかったのは、介助そのものの難しさもあるが、なんといってもT先生の声だった。

 

T先生は普段、手術室以外の場所で会う分には、とても腰の低いオジサンに見えた。例えばOPE室の忘年会などに参加しても、隅っこの方で同じ心臓血管外科の医師やMEさんたちと、静かにお酒を飲んでいる感じ。

 

ニコニコしている姿も度々目撃されたし、外来でのT先生は患者さんにも優しいらしい。そこまではむしろ好感が持てる人物かもしれない。

 

ところが、一度手術が始まると、全くの別人なのではないかというくらい人格が変わる。

 

さすがに機械を投げつけるようなことはしないが(心臓血管外科の器械は非常に高価なものが多く、予備が少ないので、壊れると緊急手術に対応出来なくなることもある)、メスを握ってからは声がまさしく“怒声”に代わり、最後の皮膚縫合が終了するまで、何を言うにも常に怒声。

 

ペアン1つ要求するにも「ペアンッ!!」と怒っている口調。

 

いくら準備万端にしていても、ほんの0.5秒のタイミングが合わないだけで「ちゃんとやってよっ!!!」と怒声が飛ぶ。さらにこれと同じ言い方で、BGMが止まったことも指摘するので、MEさんは常に怒られっぱなしに聞こえる。

 

T先生は元々、目力がある上に、サージカルルーペを付けているため、ルーペの上からギロッと睨まれる。つまり看護師も常に怒られている錯覚に陥る。

 

さすがに新人の頃にT先生の洗礼を受けると、看護師だって逃げたくなるのも当然かもしれない。

 

私自身が担当した中で最も長かった手術は、「2弁置換+CABG×1本」という内容で、10時間以上に及ぶ長丁場。もう退職が決まっていて、最後に担当した大物手術がこれだった。

 

私自身はT先生の怒声にはそこそこ慣れていたし、本人に悪気があって常に怒っているわけではないと思っていたが、やはり10時間以上、怒られっぱなしはかなり辛かった。

 

前日から水分制限を行い、空腹にも耐え、18度まで下げた室内で、薄着のまま立ちっぱなし。

 

もちろん、心臓血管外科医も同じ立場ではあるが、直接介助看護師は器械準備から、患者退室後に器械を下げるまで手を降ろせないので、10時間手術の場合は13時間近くそのままの状態でいることになる。

 

終盤になると体力の限界も感じるが、そこに来てまだ尚続く罵声。まさに“言葉の暴力”だった。

 

患者さんの命のために一生懸命なのは分かるけど…

 

T先生は、元々の性格が曲がっているわけではないと思う。手術になると人格が変わる、というのも良くある話。しかしT先生の人格が変わるタイミングは、心臓血管外科の手術に1回つけば分かる。それくらいON/OFFがはっきりしている人だった。

 

OPE室看護師としては、慣れてしまえばまぁまぁ乗り切れる壁ではあるが、やはりペアン1本を要求するだけで怒声、というのは勘弁して欲しいというのが本音。

 

患者さんの命のために一生懸命なのは分かるが、心臓血管外科医すべてが、常に怒声を発する訳ではない、ということを考えると、やはり本人の性格によるのだろう。この部分だけ変わって頂ければ非常に良い先生だったので、ちょっと残念に思う。

 

この記事をかいた人


紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在はフリーライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔


第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔


第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔  第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔  第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔  第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔  第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔  第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔


第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

第2回:OPE看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔|医師紹介会社研究所関連ページ

第1回:OPE室看護師に人気の高いM医師はマメ男|医師紹介会社研究所
初めて転職をする医師を支えて成功事例100名以上!医師専門のベテラン転職支援コンサルタントによる、医師向け「失敗しない転職方法」の伝授と、医師紹介会社を選ぶ際の比較検討評価ポイント・ランキングレビューを紹介致します。
第3回:「仕事のデキる医師」の条件は、膨大な情報をうまく活用できる医師
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第4回:開業して性格が変わったK医師
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第5回:部下を成長させ、部下に好かれることも出世の条件
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第6回:“カリスマ”とよばれたN医師
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第7回:職場の信頼度=出世のバロメータ
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第8回:看護師に好かれる女性医師 R医師
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第9回:看護師に好かれる女性医師 K医師
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第10回:出世のカギは“タイムマネジメント能力“
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第11回:看護師に好かれる医師 M医師  
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第12回:看護師からの評価が分かれる医師その1 R医師
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第13回:出世の道は人それぞれ「どんな医師になりたいか」がカギ
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第14回:看護師からの評価が分かれた医師その2 H医師
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第15回:患者や家族の“心情”を考えた言動がとれるかどうか
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第15回目の今回は、2人の小児科医師の言動を比較してみます。
第16回:OPE室看護師が好感を抱く医師像とは
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験の中で出会った、看護師に好かれる医師/嫌われる医師の人物像を振り返ってみます。今回は少し嗜好を変えて、“レベル別 OPE室看護師が好感を抱く医師像”について振り返ってみます。
第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験の中で出会った、看護師に好かれる医師/嫌われる医師の人物像を振り返ってみます。今回は少し嗜好を変えて、“レベル別 OPE室看護師が好感を抱く医師像”について振り返ってみます。
第18回:「出世できない医師」の共通点を考えてみた
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、今回は「出世しない医師」のポイントを考えてみたいと思います。
第19回:看護師のアイドルだったアイ子先生
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、今回は「出世しない医師」のポイントを考えてみたいと思います。
第20回:OPE室ナースは、他人を観察する目を持っている 
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験の中で出会った、看護師に好かれる医師/嫌われる医師の人物像を振り返ってみます。 2015年の締めくくりとなる今回は、OPE室ナースが医師のどこを見ているか、をまとめてみたいと思います。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談