第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師

第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまった女性医師Mさん

第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師

■ 記事作成日 2015/10/20 ■ 最終更新日 2015/10/20


筆者プロフィール

名前:紅 花子(べに はなこ) 
性別:女
PR:正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在はフリーライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

レベル別OPE室看護師が好感を抱く医師像

第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師

 

元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験の中で出会った、看護師に好かれる医師/嫌われる医師の人物像を振り返ってみます。今回OPE室看護師からは「ある意味」嫌われてしまった、女性医師Mさんです。

 

 

一般病院にとって大学との「つながり」は重要?

 

OPE室というところは、とても多くの科の医師たちとともに働く職場であり、病院の中全体を見渡しても、これだけ多くの医師と日常的に接するところは少ない。
大学付属病院や系列の病院であれば、多少の医師不足はあったとしても、それなりに医師の配置はできているのだと思う。あるいは一般的な民間病院でも、全国規模で系列病院が展開されているとか、その病院に「就職」する医師が多いような病院であれば、医師がコロコロと変わることも少ない。

 

しかし、ある程度の規模であっても、一般的な病院の中には、大学との連携が中心となっており、一定の期間で医師がコロコロかわることもある。大学の医局の「ローテーション」の中に組み込まれている病院であれば、それなりに上の方になれば数年から10年単位で同じ医師が赴任することはあっても、まだ肩書を持たないような若い医師は、1年や2年などの単位で、コロコロ変わる。

 

そこそこの年齢で経験を積んだ医師でも、場合によっては、研究に没頭すべく臨床から離れたり、大学医局内での人事によっては、数年で大学に戻ることもある。

 

他の医療者は基本的に「病院に就職」しているので、系列の医療機関へ移動することはあまりない(病院の系列によっては、看護部長は数年単位でローテーション、というところもある)。ずっとその病院から動かない医療者からみると、職場環境がコロコロ変わる医師という職業は、うらやましくもあり、若干かわいそうに思うこともある。

 

診療科によっては「一人医局」となることも

 

例えば、「外科」とか「循環器科」とか、「一般内科」とか、入院患者数が多く、病院にとっての「花形」となる診療科であれば、そこそこの人数の医師がいる。救急の受け入れをしている、外科系・内科系などの当直医が常駐するような病院であれば、なおさらだ。

 

しかし、場合によっては、外来患者数はそこそこ多いものの、手術や処置に必ずしも入院を必要としないとか、命にかかわることが少ない部位を診療する科であれば、場合によっては「一人医局」となることもある。

 

実際、私が過去に働いたことのある病院の中で、病院規模としては中規模だが、「一人医局」となっている診療科がある病院があった。眼科だった。

 

その病院の眼科は、手術件数はそこそこ多いものの、白内障手術などは基本的に「外来手術」だし、夜間急患で患者がくることはほとんどないとか、夜間に急変する可能性が少ないとみられているためか、常勤医は一人だった。外来だけを担当するいわゆる「外勤」の医師は複数いたが、常勤ではなく、あくまで「週に1日だけ来る医師」であったため、その病院の眼科は「一人医局」となっていた。

 

自分が「慣れ親しんだ器械」しか使えないのはいかがなものか

 

その病院の眼科は、ある大学から、切れ目なく医師が赴任してきた。ただし、常勤としては一人だけ。手術の時だけ、手術の助手となる医師が大学からくる、というスタイルだった。

 

あるとき、それまでの常勤の医師が別の病院へ移動することとなり、次の赴任予定の医師が、見学に来た。

 

「見学」といっていたが、要は「下見」だ。OPE室にある眼科手術器械や滅菌済の手術機械セット(滅菌済みのものを開けて確認)、ドレープや消毒キットなどの内容(さすがにディスポだから「開ける」ことは死守したが)、メーカーからの借り物の手術用機械など、数時間かけて、すべてを見ていったらしい。OPE室だけではなく、外来、病棟もしかり。

 

診療行為に使用する可能性のあるものすべてをチェックしたとのこと。

 

その上で「手術にはこの器械が必要だが、この病院には無いので、購入しておくこと」という申し出があった。

 

希望する器械は複数あったため、その額およそ数十万。いやいや、同じ用途で使う器械はあるわけですよ。ただ、M医師が「使い慣れた」器械がなかっただけのこと。しかもM医師の赴任期間はその時点で「2年」と決まっていたはず。

 

にもかかわらず、数十万ですか!…当然、これは病院側に受け入れられず、却下となったようだが、ディスポメスなどは、赴任する時期に合わせて、すべて変更になった。

 

ところで、診療科によっては、毎日外来があるわけではない、という場合もある。水曜日は午前中だけとか、OPE日は外来はなしとか。一人医局とはいえ、赴任してくれば外来・病棟・手術と、必要に応じて「診療」を行うわけで、ある程度は週ごとのスケジュールの大枠というものは、決まっている。

 

しかしこのM医師、赴任1週間前になって、「外来日を変える」と言い出した。それだけではなく「手術日も変更する」つもりらしい。理由は「自分の外勤日と被るから」だそうだ。

 

これには、OPE室の師長も激怒。そもそも、OPE室には必要最低限の数の看護師しかいない。「手術日を変更」するということは、少なくても2人の看護師を補充するか、変えた先の曜日に手術枠を持つ他の科に、枠の曜日を変えてもらうしかない。病院側はもちろん、そのために2人の看護師をOPE室へ移動させるつもりはなく、そうなると、他の科の医師が迷惑をこうむることになる。しかも大学が同じならともかく、まったく違う。

 

いや、これも無理でしょう、ということで、M医師の希望が叶えられることはなかった。

 

で、実際に赴任してくると…

 

M医師は、見た目は普通の人だった。しかし、言動が結構微妙。

 

どの科でもそうだが、「初めに診察した」医師が必ずしも手術をするわけではない。眼科もしかり。つまり、M医師の前にいた眼科医が診察し、手術を決めた患者さんも大勢いたのだが、「初診から診てないから、患者さんのことあんまり分からないんだよねー」と、さらっと言ってのけた。

 

さらに「ここの手術室、使えない器械ばっかりだから、手術したくないんだよね」とも言っていたそうだ。

 

それだけではなく「ドレープセットも気に入らないから、新しいものに変えて」だそうだ。いやいや、これは貴女の大学の歴代の医師たちが決めて、何年も使ってきたものだし、それを変えるのって、いろいろなところにしわ寄せが来るんですけど?

 

…えーっと、貴女、●●大学の医師ですよね?

 

そう思ったのは、私だけではないだろう。

 

こんなことが続くと、OPE室看護師からの風当たりは、当然ながら強くなる。看護師だって人の子、理不尽なことが続けば、相手が医師だってやっぱり仕事がしにくくなるし、冷たい態度だってとってしまうこともある。

 

M医師は、そういうところは感じ取るらしく「なんか、ここのOPE室の看護師さんって、みんな冷たいよね」だって。そりゃー、貴女の言動が招いた結果だと思うのだが。特に師長は「先生の【お願い】は、もう聞きませんよ」と言ったらしい。

 

…やっぱり医師だって、円滑に仕事=診療をすすめるためには、「空気を読む」ことも必要なのではないだろうか。

 

この記事をかいた人


紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在はフリーライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師


第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師


第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師  第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師  第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師  第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師  第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師  第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師


第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

第17回:看護師から(ある意味)嫌われてしまったM医師|医師紹介会社研究所関連ページ

第1回:OPE室看護師に人気の高いM医師はマメ男|医師紹介会社研究所
初めて転職をする医師を支えて成功事例100名以上!医師専門のベテラン転職支援コンサルタントによる、医師向け「失敗しない転職方法」の伝授と、医師紹介会社を選ぶ際の比較検討評価ポイント・ランキングレビューを紹介致します。
第2回:看護師から嫌われるT医師は言葉の暴力魔
元看護師のフリーライター“桜井もみじ”です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験の中で出会った、看護師に好かれる医師/嫌われる医師の人物像を振り返ってみます。2回目の今回は、OPE室看護師からの人気が今一つだったT先生です。
第3回:「仕事のデキる医師」の条件は、膨大な情報をうまく活用できる医師
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第4回:開業して性格が変わったK医師
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第5回:部下を成長させ、部下に好かれることも出世の条件
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第6回:“カリスマ”とよばれたN医師
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第7回:職場の信頼度=出世のバロメータ
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第8回:看護師に好かれる女性医師 R医師
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第9回:看護師に好かれる女性医師 K医師
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第10回:出世のカギは“タイムマネジメント能力“
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第11回:看護師に好かれる医師 M医師  
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第12回:看護師からの評価が分かれる医師その1 R医師
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第13回:出世の道は人それぞれ「どんな医師になりたいか」がカギ
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第14回:看護師からの評価が分かれた医師その2 H医師
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第3回目の今回は、「仕事のデキる医師」の1つの条件である「膨大な情報を、うまく活用できる医師」です。
第15回:患者や家族の“心情”を考えた言動がとれるかどうか
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、「出世する医師」について考えてみたいと思います。第15回目の今回は、2人の小児科医師の言動を比較してみます。
第16回:OPE室看護師が好感を抱く医師像とは
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験の中で出会った、看護師に好かれる医師/嫌われる医師の人物像を振り返ってみます。今回は少し嗜好を変えて、“レベル別 OPE室看護師が好感を抱く医師像”について振り返ってみます。
第18回:「出世できない医師」の共通点を考えてみた
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、今回は「出世しない医師」のポイントを考えてみたいと思います。
第19回:看護師のアイドルだったアイ子先生
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験と、さらに約10年の一般会社員経験の中で出会った人たちの中から、今回は「出世しない医師」のポイントを考えてみたいと思います。
第20回:OPE室ナースは、他人を観察する目を持っている 
元看護師のフリーライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験の中で出会った、看護師に好かれる医師/嫌われる医師の人物像を振り返ってみます。 2015年の締めくくりとなる今回は、OPE室ナースが医師のどこを見ているか、をまとめてみたいと思います。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談