医師のための転職決断ツール

転職決断の正しい「モノサシ」

医師のための転職決断ツール

 

■ 記事作成日 2015/7/7 ■ 最終更新日 2017/12/6

 

転職するべきか?今の職場に留まるべきか?
転職するならば、どの職場を選ぶべきか?

 

人生は取捨選択の連続ですが、こと就業先の決断は、非常に大きな岐路…人生のメインストリートを決める事に他なりません。

 

私、野村龍一は、医師転職支援コンサルタントとしてたくさんの医師の転職活動をサポートしてきましたが、多くのドクターから寄せられる悩みの一つに、「最終決断の決め手」というポイントがあります。

 

「何を材料にした決断が、正しい道なのでしょうか?」
「どちらの道を選べば、成功しますか?」
「野村先生ならば、どちらの病院を選びますか?」

 

はっきり言います。
転職=人生とは、不確実性を選択していくものです。
どの角度からどの道を選んでも、確実というものはありません。

 

従って、全ての人にとって、最終決断は「賭け」のようなものです。

 

「将来をあらかじめ見据え、点と点を繋ぎ合わせる事などできません。できるのは、後から繋ぎ合わせることだけです。
だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかありません。運命、カルマ…何でも構いません。何にせよ我々は何かを信じないとやっていけないのです。私はこの方法で後悔したことはありません。むしろ、今になって大きな差をもたらしてくれたと思います。」

 

アップルの創始者であるスティーブ・ジョブズは、2005年スタンフォード大学卒業式でのスピーチで、こう述べています。

 

正しい決断とは、後の人生において肯定できる選択です。

 

先が分からないと言っても、リスクとリターンをそれぞれ考えていけば、大雑把な方向性は見えてくるはずです。それは投機のような不確実性への決断ですが、『絶対に成功する道でなければ選択できない』…と言い張るのであれば、人生の選択は一つとしてできません。

 

「決断のモノサシ」は、実は以外に沢山あります。
どのモノサシを選んでも、使い手が正しく利用すれば、道は拓けていくはずです。

 

大切な事は、その「決断のモノサシ」を自らの意思で選択し、清々しい気持ちで最後まで迷う事無く使い切る事です。

 

人は大切な決断の時、「自分の決断を元に後悔はしたくない」という守りの心理が働きがちです。すると…良くないタイミングで他人の言葉の沼に呑みこまれたり、複数の意見を聞き入れてしまったために、気づいた時には幹を失くした枝葉だけの樹になっていたりするものなのです。

 

もしもドクターが、転職の決断に迷ったならば…
まずはあらゆる「決断のモノサシ」を、その迷いに当ててみてください。その中で一番しっくりくるモノサシを選び、他のモノサシはきっぱりと捨ててください。

 

一つの決断に必要なモノサシは、一つだけです。
その一つを選ぶためには大いに迷って構いません。全てのモノサシを試す慎重さは、非常に大切な事とも言えます。

 

しかしながら、実際に決断をする時には、一切の迷いは不要です。邪魔です。ドクターはただ、モノサシに従って判断すればいいのです。ここでの迷いは、完璧でも一点突破でもバランス重視でもない、“歪な選択=良くない結果”に繋がり易いからです。

 

それではここで、「決断のモノサシ」の種類を、考えてみる事にしましょう。


モノサシ1:「ヒラメキ法」

医師のための転職決断ツール

 

「ヒラメキ法?…何なんだ?それは?」
文字通り、あなたが突然「!」と思った心の声に従い、アクションを起こす事です。
「そんな不確実な偶然を、大切な転職に当てはめ、信じる訳にはいかない。」と思うなかれ。

 

実際、仕事でも恋愛でも、「あっ、これだ!」…と、ピンと来ることがあるでしょう。点と点が繋がって、腑に落ちたような感覚を、誰しも一度は経験した事があるのではないでしょうか?

 

「心の声に従う」とか、「直感力」「空耳力」などと言われる分野の方法ですが、論理的にそれが正しい言葉にできなくても、「気が乗る」「気が進む」「なんとなくいいんじゃない?」…といった感覚は、実は一番的を得た、最高の答えである場合が多いのです。

 

ヒラメキを、単なる偶然の産物だと思ってはいけません。ヒラメキは、その人の全人生の膨大な経験・知識のデータベースから、脳が一瞬で検索抽出した答えだと言えるのです。「脳」は、世界一の偉大なスーパーコンピューターであっても決して敵わない処理能力を持ち、なおかつ自分自身用にスーパーカスタマイズされた非常に高性能なものなのです。

 

<ヒラメキ法は成功確率が高い>

 

たとえば生涯獲得タイトル数歴代1位となった希代の将棋棋士、羽生善治は、その著書『直感力』の中で、「直感は9割方正しい」と言っています。どんな投機でも、その割合でリターンを得られるものはありませんから、ヒラメキを信じる事が、どんなに分がいい道かわかるかと思います。

 

羽生善治 著 「直感力」

 

 

ヒラメキは、人類が脈々と受け継ぎ、進化させてきた、「生命維持装置」とも言い換えられます。その生命維持装置が「OK」と言っているのだから、きっと、その道は正しいのです。

 

たとえば恋愛や結婚において、「条件はどこも悪くないのに、何だか気が進まない…踏み出せない。」…という相手に会った事はありませんか?そういう方と仮にお付き合いしてみても、長くは続かなかったり、トラブルが頻出してしまうもの。

 

職場選びもそれと同じで、「全ての条件がバッチリなんだけれど、病院の雰囲気や人事担当者の口調になぜか違和感が。」…と思われた求人にはきっと、ドクターと合わない何かが潜んでいる事でしょう。

 

逆に、「給与面ではもっと良い所もあるけれど、なんだか感じのいい病院だな。人事担当者も正直な人だし。」…と思った求人は、人間関係が良好で、働き易い職場である事が多いものです。

 

ヒラメキを生むためには?

 

ヒラメキ法を実践するには、ヒラメキがキラリと出てくる自分でいなければなりません。ヒラメキを受信するには、先ずはリラックス状態である事が重要です。

 

アルベルト・アインシュタインは、こう言っています。

 

「シャワーを浴びている時に限って、最高のアイデアが閃くのは何故なんだろうか?」…と。
「リラックス状態であること。」

 

これは、良いヒラメキ法を導くにあたり、とても大切な事です。心身がボロボロな状態では、ヒラメキが生まれてこないばかりか、悪いヒラメキを引き寄せる事もあります。正常な判断ができなくなるのです。とにかく目の前の「楽」だけが優先されたり、他人の目が気になってしまったり、最悪の場合、騙されたり悪事の片棒を担ぐ羽目に陥るケースも。

 

激務が続いて疲労困憊している状態ならば、必ず一度ゆっくり眠り、落ち着きを取り戻しましょう。

 

ヒラメキの精度を上げるには?

 

また、ヒラメキの精度=質を上げるには、普段からの訓練も必要です。そのためには…

 

「多くの経験を積むこと。」
「常にアウトプットをすること。」
「五感に刺激を与えること。」
「自然と触れ合うこと。」
「何も考えない時間をもつこと。」

 

…などの意識と実行が、有効的だと考えられています。

 

ヒラメキは、ヒラメキを導きだすための膨大な背景=脳内ナレッジベースがなければ生まれませんし、その質量が高まれば高まるほど、自ずと精度も高くなるものです。

 

偉人と呼ばれる人たちは、研究者であれ、事業家であれ、芸術家であれ、皆、このヒラメキ力を利用して取捨選択をしてきました。

 

彼らの多くは、「心の声に従う事」の重要性を多くのシーンで語っています。それは、何事にも囚われず、自己肯定でき、良い将来を創っていくマスターピースとなるそうです。彼らは、とてつもない努力や判断を積み重ねて来た訳ですから、ヒラメキの精度が充分に高くなっていたのでしょう。

 

ヒラメキ法の利用は、あくまでナチュラルなものです

 

ヒラメキ法は、閃いた人にしか使えないモノサシです。ヒラメキが生まれて来なければ、「ヒラメキを炙り出す」まで時間を費やさなくてはならない訳ではありません。閃かないのであれば、別のモノサシを使うのが正解です。ヒラメキとは、あくまで自然に、当り前のように、しっくりと馴染む様子で出てくるものなのですから。


モノサシ2:「チェックリスト法」

医師のための転職決断ツール

 

「チェックリスト法」とは、その名の通り、チェックリストによる選択方法です。やるべき事や大切な事などを予めリストアップし、適合しているかどうかをチェックしていくものです。

 

「なんだ、そんな簡単な事か?」…と、侮るなかれ。
「そんな事なら、いつも頭でやっているよ。」…と、驕るなかれ。

 

誰しも幾度となく利用した事があるであろう、チェックリストですが、正しく利用をすれば、ミスを極限まで減らしできたり、極限まで高い精度で最高の決断を下す事に役立つ手法なのです。

 

医師でありジャーナリストであるアトゥール・ガワンデ(米国ブリガム・アンド・ウイメンズ病院内分泌外科・ハーバード大学医科大学院及び公衆衛生大学院准教授)は、その著書『アナタはなぜチェックリストを使わないのか?』の中でこう述べています。

 

「チェックリストは、重要な局面で“ベストな決断”を下す方法。」
「チェックリストの作成こそが、リスクヘッジの特効薬だ。」…と。

 

この著者は、米国「TIME」誌の「世界で最も影響力ある100人」に選出されたり、ホワイトハウスの上級アドバイザーを務めたほか、世界保健機構による「安全な手術が命を救う」チェックリスト実践マニュアルの作成を主導した人物です。

 

医業に携わる人が、医業の経験から導き出された最高の方法が「チェックリスト」だと言っている背景は、転職を考えるドクターたちにも、耳を傾けやすい選択法ではないでしょうか?

 

アトゥール・ガワンデ著『アナタはなぜチェックリストを使わないのか?』

 

 

チェックリストの本質はチェック項目作成にあり

 

チェックリストが充分に機能するためには、チェック項目が良質で正しいものでなくてはなりません。チェックリストの本質は、チェックをする事そのものよりも、チェックリスト作成時にあると言えるでしょう。

 

チェックリストを充分なものにするには、ドクターが自分の夢や目標、価値観を洗い出し、アウトプットするという作業が伴います。進むべき方向、人生で大切にしている事などは、人それぞれ異なるため、その詳細項目は千差万別となるでしょう。

 

しかし、押さえておくべきポイント・指標は、概ね万人に共通します。ここでは、転職時のチェック項目に必要な、4指標を見てみる事にしましょう。

 

1:自身の人材価値にどう影響するか?

 

その職場で自分のキャリアはどう形成されるか?将来的によりよい評価を得られるか?例えば…自分が取得したい専門医を良い環境で取得できるとか、特定分野の手術件数を積めるとか、尊敬すべき偉大な医師の下で働ける…などの要素です。

 

2:よりよい雇用条件・勤務条件が見込まれるか?

 

その職場で経済的に潤うか?休日がしっかり取れるか?当直やオンコールなどの必要性はどうか?通勤しやすい場所か?福利厚生はどうか?…などの要素です。

 

3:自分の価値観に合っているか?

 

その職場の方針は、自分のポリシーに合っているか?例えば…効率の良い医療で多くの人を診察・治療しようとしている病院と、一人一人とじっくり向き合う事に重きを置く病院では、全く異なる職場環境になるはずです。「その職場での勤務が、自らが誇れるものかどうか?」…とも言い換えられます。

 

4:働くための組織環境は良いか?

 

スタッフのコミュニケーションは良くとれているか?何か起こった時に問題解決ができる機関や窓口があるか?ワンマン経営ではないか?発言の機会を得る事ができるか?…などの要素です。平たく言うと、「自身が公平な評価を受けられる組織かどうか?」という事に繋がります。

 

これらの4方向全てを鑑み、4方向性別に、挙げられるだけのチェック項目を挙げてみて下さい。項目を整理するのは、心の奥底の声を、洗いざらい全てアウトプットしてからで結構です。

 

チェック項目が出揃ったら、重複項目を削ったり、分類を調整したり、端的に文章を整えるなどの整理をして下さい。
その時、チェックが入っていれば「良い事」を表すというルールを必ず守って最終文章化して下さい。(ドクターに限ってそんなミスを犯す人は少ないとは思いますが、良し悪しの指標がバラバラなチェックリストを前に、間違った値で決断をしようとする人も、少なからずいるものです。)

 

チェック結果はバランスシート

 

チェックリストが完成したら、さっそくそれを利用して下さい。あくまで正直に、できれば直感で、あまり時間をかけずに一問一問に向き合います。

 

チェックリストの結果は、レーダーチャートのようなバランスシートとなります。その職場の総合点数と、項目別の点数が顕かになり、今の職場と新しい職場候補を比べてみたり、複数の求人票や内定獲得箇所を比べてみる事に有用です。

 

「チェックリスト法」を用いる決断の長所は…
・多角的な視点でもれなく確認ができる。
・主観でチェックしながら、客観評価ができる。
・バランス感覚に優れた評価ができる。
…などが挙げられます。

 

「チェックリスト法」…この決断方法は、ヒラメキを生む事も、本人の強い意思や優先順位も必要ありませんので、最も万人に採用しやすいものだと言えるでしょう。


モノサシ3:「ランキング法」

医師のための転職決断ツール

 

「ランキング法」とは、いわば取捨選択の優先順位を決めていく方法です。ランキング法の最たるものに「一点突破法」というものもあります。

 

「とにかく稼ぎたい」
「出来るだけ早く、特定の専門医の認定を受けたい」
「通勤が楽な所がいい」
「土日は確実に休みたい」
「人間関係が良好な職場で働きたい」

 

…などなど、ドクター自身のニーズがはっきりしている場合に使うべき決断方法です。

 

夢や目標が顕在化している人には非常に向いている手法ですが、確固たる意思がない状況では、満足いく結果は得られにくくなります。ランキング法での決断に不安を覚える時は、ドクター自身の方向性が定まっていない時だと言い換えられます。

 

優先順位をつけてニーズを顕在化する

 

職場環境に求める項目に優先順位をつけるために、自分が譲れない項目を、1位から順に書き出していって下さい。職場環境の条件を成文化し、客観的に眺める事で、ドクター自身が求める物が何なのか、はっきりと理解する事ができるでしょう。

 

若年層ならば、「キャリアアップ」が譲れないポイントかもしれません。家のローンや子供の教育を抱えている中年層なら、「とにかく稼げる所」と言うかもしれません。現職の労働環境が劣悪で激務に耐えられない方なら、「休暇が多い」というポイントかもしれません。

 

「何かを得るためには、何かを捨てないといけない」…という考えもあるように、あれもこれも叶えようと考えていたら、本当に大切な何かを見落としてしまう場合もあります。あれもこれも叶ったとしても、どれもこれもが低レベルの水準だったというのはよくある話です。

 

叶えるべき項目にランキングをつけ、上から何個満たされたらOKとするのか?…を、あくまで優先順位順に確認していくものです。つまり、ランキング2位以下の条件は全て叶えられても、ランキング1位が叶わない職場には入職すべきではないという事になります。

 

ランキング何位まで満たされたらOKか?…という事は、ドクター自身の未来予想図がどれだけ具象化されているかがポイントになるでしょう。

 

「お金が必要で、とにかく稼ぎたい」という目標が明確にあるならば、その一点突破で、できるだけ自分を高く買ってくれる職場を見つければ良いのです。

 

「年収の現状維持は最重要で必須だけれど、年収アップよりは、休日増を優先させたい」という真実がわかれば…

 

1:年収現状維持
2:休日増
3:年収アップ

 

…というようなランキングを照会する事で、より目的に適合する職場を探す事ができるでしょう。

 

特に一点突破法は、成果を得やすい

 

先にも述べた通り、ランキング法の中の一つである「一点突破法」は、この手法の最たるものであり、最も成果を得やすい決断のモノサシです。ナンバー1の要素以外、全て無視。全ての力を一点に集中する事で、多項目で評価をすると充分でない事でもモノともせずに、本当に大切なものを際立たせる事ができます。

 

最近何かと調子が良いテレビ東京のプロデューサー、濱谷晃一氏は、その著書『テレ東的、一点突破の発想術』にて、一点突破法とは「アイディア一発・成り上がりメソッド!」であると語っています。

 

どんなに制約が多くとも、自身に具体的な売り込みポイントがなくても、優先順位第1位だけに絞って事を進めるならば、必ずや突破口は見つかるでしょうし、自分を評価してくれる職場が見つかるでしょう。

 

濱谷晃一 著『テレ東的、一点突破の発想術』

 


モノサシ4:「他力本願法」

医師のための転職決断ツール

 

“他力本願”と言えば聞こえが悪いかもしれませんが、自分自身よりも他者の方が、より冷静に客観的に判断できるケースもよくある話です。

 

他力本願法とは、「よき相談相手を持つ」と言い換える事もできます。転職先を最終的に決断し、入職するのはドクター自身だという事は言うまでもありません。しかし、そのプロセスを、一切合財一人で引き受けるのは荷が重いというものです。

 

転職するか否か?どこに転職するべきか?…自分が最終決断をする前に、医療業界とドクター自身の性格や環境を熟知している人に、予め仮説を立ててもらい、結論を導いてもらう手法です。

 

もしもドクターに信用できる同業の友人や先輩がいるならば、よき相談相手になってくれるはずです。但し、現職で同じ病院に勤めている方や、同じ医局出身の方への相談は、是が非でも避けた方が良いでしょう。転職を検討しているという旨、転職するという旨は、次の職場が完全に決まるまで、ステークホルダーに認知されるべき事ではありません。

 

転職をする旨が知られたら、強引な引き留め工作に遭う可能性も高いですし、悪い噂を流される事もあるでしょう。何らかの職務規定違反などを擦り付けられ、不利益を被る最悪の事態もあり得るからです。

 

「じゃあ、一体誰に相談すれば良いのか?学生時代の友人なんて揃いも揃って同じ医局出身だし、趣味の友人や幼馴染は、医療業界の事なんて、何も知らないよ。」…なんて声が聞こえて来そうです。

 

ズバリ、こんな時に相談すべき、ベストパートナーは、優良転職エージェントの優秀なコンサルタントでしょう。

 

彼らは、ドクターのキャリアやプライベートにおける環境を充分にヒアリングし、現在の医療業界に照会して、より良い方向性を定めてくれます。

 

あれこれ自分で考えて悩んだ結果、何かと散らかってしまい、あまり良くない結論に至ってしまうなら、予めコンサルタントに「結論」を出してもらうのです。そして、その結論に至ったプロセスや、結論がもたらす未来予想図を細かく教えてもらいましょう。

 

もちろん、その「結論」を受け入れるかどうかの最終決断は、ドクター自身がしなければなりません。しかし、その答えは、「YES」か「NO」だけで良いのです。

 

HRのプロフェッショナルが、複数の候補ではなく、「結論」として出した答えには、大きな説得力があるものです。

 

「決めるのはご本人ですから、私は何とも…」
「A病院もB病院も一長一短ですから…」
「うーん…難しいですね~」

 

…なんて言うコンサルタントを信用してはいけません。最終結論をドクター本人が出すのは当たり前ですが、机上論においてプロの結論を出せないエージェントは、その案件に本気で取り組んでいないか、充分なスキルがないと見なして良いでしょう。

 

「他力本願法」は、その他力の主が、信用が置ける相手かどうか?スキルが高い相手かどうか?…というポイントが最重要項目。…この決断法採用の決め手になります。

 

残念ながら、全てのエージェントとコンサルタントが、優良で優秀だという訳ではありません。

 

私、医師転職支援コンサルタントが、日頃から口を酸っぱくして繰り返している事があります。それは、「転職の成功は、転職エージェント選択時に決まっていると言っても過言ではない」という事です。

 

もしもドクターが「他力本願法」を選ぶなら…
「医療業界に詳しく利害関係が絡まない信用できる人」
「優良エージェントの優秀コンサルタント」

 

…この何れかを相談相手にすると良いでしょう。


モノサシを決めたら、迷わない事!

医師のための転職決断ツール

 

いかがでしたか?
医師転職の正しい決め手は、どんな決断のモノサシで計るか?…に尽きるという事が、分かっていただけましたか?

 

1:「ヒラメキ法」
結果論として、ヒラメキが生まれ出て来た人に適合する手法です。成功確率は最も高いと考えられますが、だからと言って、絞り出したり、炙り出した様なものはヒラメキではない事を認識しておきましょう。

 

2:「チェックリスト法」
主観的な判断で客観的なチェックができる手法です。最もバランスの良い結果が得られ、最も万人に通ずる手法です。

 

3:「ランキング法」
夢や目標を明快に持っている方や、自身の売り込みに自信がない方などに向いている手法です。特定の項目において成果を得られ易く、結果的に満足が得られ易いのが特徴です。

 

4:「他力本願法」
疲労の蓄積や不透明な未来を前に、自身の判断力が鈍っている方や、元来優柔不断な方、不用意な転職を繰り返してしまっている方などに向く手法です。堅実な結果が得られるのが特徴です。

 

どの決断のモノサシを採用しても、必ずローマには辿り着く事ができます。しかし、複数の手法を前に右往左往していると、迷い道に招かれてしまいます。大切な事は、モノサシを決めたら、それを信じ、その指針に従う事だと言えるでしょう。

 

(文責・医師紹介会社研究所 所長 野村龍一)

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


医師のための転職決断ツール


医師のための転職決断ツール


医師のための転職決断ツール


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

医師が勤務と転職を平行する難しさ|医師紹介会社研究所

医師が勤務と転職を平行する難しさ 転職はしたい。でも、一体どうしようか・・・。この「気持ちはあるのに動けない」という状態の方が、実は医師の中にたくさんいらっしゃいます。それもそのはずで、医師が医局に頼らないで、全てを自力で転職することは想像以上に過酷です。だからこそ私は、コンサルタントとして皆さまの転職をサポートしてきました。1人で...

≫続きを読む

 

採用選考面接でのポイント|医師紹介会社研究所

採用選考面接でのポイント ■ 記事作成日 2012/4/20 ■ 最終更新日 2017/12/61つの求人に対し、応募する医師は複数です。その中で採用を勝ち取るには、やはり自分自身をアピールする必要があります。そのポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

≫続きを読む

 

専属?雇用契約書?医師転職の契約トラブル|医師紹介会社研究所

専属?雇用契約書?医師転職の契約トラブル! ■ 記事作成日 2015/6/8 ■ 最終更新日 2017/12/6あなたが意を決して「退局」「退職」を決め、転職活動をはじめたとしましょう。敢えて不安を煽るような言い方をしますが、退局の決心という大きな山場を越えたからといって、その先に、決して平坦な道のりが続く訳ではありません。一難去ってまた一...

≫続きを読む

 

医師転職のルックス&コミュニケーション考|医師紹介会社研究所

医師転職のルックス&コミュニケーション考 ■ 記事作成日 2015/6/16 ■ 最終更新日 2017/12/6竹内一郎氏の「人は見た目が9割」がベストセラーになってから久しい事ですが、今なおその本は一定のセールスを記録し、続編の「やっぱり見た目が9割」など、様々な著者による類似関連テーマの書籍が、いつ何時でも話題になっています。「人は見...

≫続きを読む

 

医師の転職とメンタルヘルス|医師紹介会社研究所

医師の転職とメンタルヘルス ■ 記事作成日 2015/7/6 ■ 最終更新日 2017/12/6昔から「医者の不養生」とはよく言ったもので、それはメンタルヘルスにおいても例外ではありません。医師はより心の病にかかりやすい環境に身を置かれているようです。研修医の実に4人に一人はうつ状態に陥る…医師の自殺率は平均より30%も高い...

≫続きを読む

 

医師のための転職決断ツール|医師紹介会社研究所

医師のための転職決断ツール ■ 記事作成日 2015/7/7 ■ 最終更新日 2017/12/6転職するべきか?今の職場に留まるべきか?転職するならば、どの職場を選ぶべきか?人生は取捨選択の連続ですが、こと就業先の決断は、非常に大きな岐路…人生のメインストリートを決める事に他なりません。私、野村龍一は、医師転職支援コンサルタ...

≫続きを読む

 

医療機関の人事体制が転職後の医師に及ぼす影響|医師紹介会社研究所

医療機関の人事体制が転職後の医師に及ぼす影響 ■ 記事作成日 2015/10/23 ■ 最終更新日 2017/12/6医師の転職回数は平均4回以上と言われています。医局に縛られていた時代に代わり、医師が比較的自由に勤務先を選べる時代になってきた今、「医師の転職」はもはや、当り前のキャリアパスとなっているのです。しかしながら、転職を機に幸せにな...

≫続きを読む

 

消化器内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会社...

消化器内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法 ■ 記事作成日 2017/6/2 ■ 最終更新日 2017/12/6年収だけで勤務先を変える医師はいませんが、長年の研鑽によって身に付けた医療の知識と経験が「正当な報酬」によって評価されることはある意味当然のことでではないでしょうか。今回のコラムでは、医療機関との転職面接で大幅年収アップを獲得する...

≫続きを読む

 

整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会社研...

整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法 ■ 記事作成日 2017/6/16 ■ 最終更新日 2017/12/6転職活動を始めた先生の中には「面談で報酬のことを口にするのが苦手」と感じている方が少なくないのではないでしょうか。しかし、時間とコストをかけて身に付けた知識と経験に見合った年収を得ることは、当然のことです。そこで、整形外科の先生...

≫続きを読む

 

眼科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会社研究所

眼科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法 ■ 記事作成日 2017/6/26 ■ 最終更新日 2017/12/6年収だけで勤務先を変える医師はいません。しかし、長年の研鑽によって身に付けた医療の知識と経験が、「正当な報酬」によって評価されることは、当然のことです。そのためには、採用面接でしっかり自己アピールすることが欠かせません。眼科の先...

≫続きを読む

 

脳神経外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会社...

脳神経外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法 ■ 記事作成日 2017/7/10 ■ 最終更新日 2017/12/6年収だけで勤務先を変える医師はいません。しかし、長年の研鑽によって身に付けた医療の知識と経験が、「正当な報酬」によって評価されることは、当然のことです。今回の記事では脳神経外科の先生が、次の転職で大幅年収アップを獲得する交渉術を...

≫続きを読む

 

腎臓内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会社研...

腎臓内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法 ■ 記事作成日 2017/7/24 ■ 最終更新日 2017/12/6年収だけで勤務先を変える医師はいません。しかし、長年の研鑽によって身に付けた医療の知識と経験が、「正当な報酬」によって評価されることは、当然のことです。今回の記事では腎臓内科の先生が、次の転職で大幅年収アップを獲得する交渉術を紹介...

≫続きを読む

 

精神科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会社研究...

精神科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法 ■ 記事作成日 2017/7/25 ■ 最終更新日 2017/12/6年収だけで勤務先を変える医師はいません。しかし、長年の研鑽によって身に付けた医療の知識と経験が、「正当な報酬」によって評価されることは、当然のことです。今回の記事では精神科の先生が、次の転職で大幅年収アップを獲得する交渉術を紹介...

≫続きを読む

 

一般内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会社研...

一般内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法 ■ 記事作成日 2017/7/25 ■ 最終更新日 2017/12/6医師がとても苦手にする仕事のひとつに、年収交渉があるのではないでしょうか。おカネで動くことがなくても、長年の研鑽によって身に付けた医療の知識と経験を、正当な報酬で評価してもらいたいと考えるのは当然のことです。一般内科の先生が、次...

≫続きを読む

 

循環器内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会社...

循環器内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法 ■ 記事作成日 2017/7/25 ■ 最終更新日 2017/12/6年収だけで勤務先を変える医師はいません。しかし、長年の研鑽によって身に付けた医療の知識と経験が、「正当な報酬」によって評価されることは、当然のことです。循環器内科の先生が、次の転職で大幅年収アップを獲得する交渉術を紹介します。循...

≫続きを読む

 

小児科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会社研究...

小児科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法 ■ 記事作成日 2017/8/7 ■ 最終更新日 2017/12/6年収だけで勤務先を変える医師はいません。特に小児科医の先生は「おカネのことを考えたら子供の治療なんてできない」と考えていることでしょう。しかし、長年の研鑽によって身に付けた医療の知識と経験が、「正当な報酬」によって評価されることは...

≫続きを読む

 

美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会...

美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法 ■ 記事作成日 2017/8/10 ■ 最終更新日 2017/12/6美容整形外科の道を選んだからには、ぜひとも高額年収を獲得してください。もちろん「儲け主義の医者になってください」と言っているわけではありません。美におカネをかける人は、美しくなるための出費を惜しみません。ですので、確実な手技を持...

≫続きを読む

 

呼吸器内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会社...

呼吸器内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法 ■ 記事作成日 2017/8/11 ■ 最終更新日 2017/12/6年収だけで勤務先を変える医師はいません。しかし、長年の研鑽によって身に付けた医療の知識と経験が、「正当な報酬」によって評価されることは、当然のことです。呼吸器内科の先生が、次の転職で年収アップを獲得する交渉術を紹介します。呼吸器...

≫続きを読む

 

消化器外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会社...

消化器外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法 ■ 記事作成日 2017/8/11 ■ 最終更新日 2017/12/6年収だけで勤務先を変える医師はいません。しかし、長年の研鑽によって身に付けた医療の知識と経験が、「正当な報酬」によって評価されることは、当然のことです。消化器外科の先生が、次の転職で大幅年収アップを獲得する交渉術を紹介します。消...

≫続きを読む

 

糖尿病内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会社...

糖尿病内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法 ■ 記事作成日 2017/9/16 ■ 最終更新日 2017/12/6一般ビジネスの世界では、「一本足打法経営はリスクが大きい」というのが定説となっています。例えば家電のシャープは一時期、液晶テレビ一本に資本投入することで大成功しました。ところがいまや、台湾企業の傘下に入っています。糖尿病内科医も...

≫続きを読む

 

皮膚科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会社研究...

皮膚科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法 ■ 記事作成日 2017/9/27 ■ 最終更新日 2017/12/6皮膚科は数ある診療科の中でも「工夫次第で年収アップがしやすい診療科」といえます。それは美容系クリニックがあるからです。美容系クリニックには治療費を自由に設定できる強みがあるほか、美容系の患者は成果が得られれば出費を惜しまないとい...

≫続きを読む

 

心臓血管外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会...

心臓血管外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法 ■ 記事作成日 2017/10/20 ■ 最終更新日 2017/12/6「他専門に比べて、心臓血管外科医の年収はあまりに低い」これは心臓血管外科の先生の偽らざる思いではないでしょうか。しかし心臓血管外科医がひとこと「私の年収は低い」と言ってしまったら、事情を知らない一般市民から「低いわけはない」と...

≫続きを読む

 

呼吸器外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会社...

呼吸器外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法 ■ 記事作成日 2017/12/20 ■ 最終更新日 2017/12/20年収だけで勤務先を変える医師はいません。しかし、長年の研鑽によって身に付けた医療の知識と経験が、「正当な報酬」によって評価されることは、当然のことです。呼吸器外科の先生が、次の転職で大幅年収アップを獲得する交渉術を紹介します...

≫続きを読む

 

【2018年1月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

医師のための転職決断ツール

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

医師のための転職決断ツール

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

医師のための転職決断ツール  医師のための転職決断ツール

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

医師のための転職決断ツール  医師のための転職決断ツール

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医師のための転職決断ツール

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

医師のための転職決断ツール  医師のための転職決断ツール

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

医師のための転職決断ツール

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

医師のための転職決断ツール  医師のための転職決断ツール

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

医師のための転職決断ツール

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

医師のための転職決断ツール  医師のための転職決断ツール

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

医師のための転職決断ツール

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

医師のための転職決断ツール


医師のための転職決断ツール

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談