美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法

美容整形外科の先生が「交渉」で年収アップを勝ち取る方法

■ 記事作成日 2017/8/10 ■ 最終更新日 2017/8/10

 

美容整形外科の道を選んだからには、ぜひとも高額年収を獲得してください。もちろん「儲け主義の医者になってください」と言っているわけではありません。

 

美におカネをかける人は、美しくなるための出費を惜しみません。

 

ですので、確実な手技を持ち患者満足度を高められる医師は高額収入を得ていますし、高額収入こそ、人々を次々に美しくしている医師の証(あかし)とも言えます。

 

今後、年々年収を上げることが難しくなっていくだろうと予測される医師業界で、数少ない収入の伸びが期待できる専門の1つが美容整形外科であることは間違いありません。

 

美容整形外科勤務医の年収上限を知る

 

転職活動における採用面接では、先方のクリニック理事長から希望年収額を尋ねられます。ずばり「先生はいくらほしいですか」と聞かれる場合もあります。

 

そのとき、いくらを提示するのが正解なのでしょうか。

 

ふっかけてはダメ、低い希望額はもっとダメ

 

クリニック理事長が想定する金額をはるかに超える金額を口にしてしまったら、あきれられてしまいます。面接の場に変な空気が流れ、不採用になるかもしれません。「スタッフや診療室の雰囲気は気に入っていたのに」と後悔する結果になりかねません。

 

しかし、理事長の想定額を下回る金額を言ってしまったら、理事長は「思っていたより安く採用できて良かった」と思うでしょう。先生にとっては「損」に他なりません。

 

また、希望年収額が極端に低いと、経営者側は「手技に自信がないのか」と疑ってしまいます。そう思われることは、先生の本意ではないでしょう。

 

経営者の想定金額+100万円を提示することが理想

 

理事長の想定金額を100万円ほど上回る額を提示することが理想です。その金額が出てくると、クリニック理事長は「絶妙なラインをついてくるな。でも少し高いな」と考えて、「その金額は私の想定額より高いので、もう少し低い額ではいかがでしょうか」と言うでしょう。

 

「もう少し低い額」とは、当初の想定額より50万円ほど上回る金額になるはずです。一般ビジネスにおいてもクレバーな経営者は、利益を分かち合えるビジネスパートナーと意見が食い違ったら、「間を取る」という妥協点を選択するものです。

 

これが、年収アップ交渉術の「課題その1」です。この課題をクリアするためには、先生は自分と同レベルの医師の「年収相場」を知る必要があります。

 

そこで、医師専用の転職支援サイト「リクルートドクターズキャリア」の美容整形外科医の求人票から、相場を探ってみましょう。

 

リクルートドクターズキャリアの求人票から

 

リクルートドクターズキャリアには、美容整形外科医だけでは検索できず、「美容外科・美容皮膚科」で調べることになります。その2科を合わせた求人票の件数は123件で、他科に比べて少ないといえます(2017年8月現在)。

 

ただ、この医療領域は地方の求人が少ないことと、美容外科医の先生自身、都心部での勤務を希望しているケースが多いので、それほど少ない件数とはいえないでしょう。

 

そして、この求人票の中に、他科には見られない特長があるのです。

 

年収5千万円、4千万円も 驚異の提示額

 

この123件をさらに「年収2,000万円以上」で絞り込むと、44件も残るのです。2,000万円以上でこれだけの件数が出る診療科はとても珍しいです。しかも求人数の36%が2,000万円以上という高い割合も、他科の求人票には見られません。

 

それではまず、提示額が高い順から求人票の内容をみてみましょう。

 

年収5,000万円を獲得するには「開業」並みの経営感覚が必要?

 

地域、機関 年収 業務内容 勤務日
栃木県宇都宮市

クリニック

年収2,000万〜5,000万円、10年目:〜2,000万円 外来、週4〜5コマ、1コマ30〜40人、しわ、たるみ、レーザー、患者やスタッフとコミュニケーションが取れる方、未経験OK 週4〜5日勤務、年117日勤務、当直なし

 

栃木県宇都宮市のクリニックは、なんと上限額が5,000万円です。ところが、求人票の詳細を見ると、卒後10年目の医師の上限額は2,000万円とありました。つまり卒後10年目でも1,000万円台も有り得る、という意味です。

 

それでは、このクリニックで最高額を得るには、何をしたらいいのでしょうか。ヒントは業務内容に隠されています。

 

週4〜5コマの勤務体制は「可もなく不可もなく」といったところですが、1コマ30〜40人の患者数は、美容整形外科としてはかなり多い数です。つまりこのクリニックは「患者数をこなす」タイプの診療を得意とするようです。

 

手術を求める記述がなく、しわ、たるみ、レーザーと書いてあるので、美容施術はいわゆる「マイルド」系といえるでしょう。ここからも、高額単価の施術よりは、単価が低くても施術時間が短く、多くの患者に喜ばれる治療を行っていることが分かります。

 

そして、「患者やスタッフとコミュニケーションが取れる方」を求めていることから、最高額の5,000万円で契約するには、このクリニックオーナーに代わって経営を取り仕切れるくらいの力量が必要です。ここまできてしまうと、自身で開業した方がいいかもしれませんが。

 

「手術の実績次第で年収4,000万円も可能」と思わせるクリニック

 

地域、機関 年収 業務内容 勤務日
福岡市中央区

クリニック

10年目:年収2,000万〜4,000万円 外来、週4〜6コマ、1コマ2〜5名、完全予約制、手術、豊富な症例を積むことができる、未経験可、保険診療なし、他院出張あり 週4.5〜5日勤務、年120日休み、当直なし

 

福岡市中央区は、医師に人気の地域です。そこにあるクリニックで、卒後10年目の最低年収額が2,000万円というのはかなり魅力的です。最高額が4,000万円というのも興味を引かれます。

 

しかしこのクリニックに応募するには、かなり高い手術スキルが必要なようです。求人票に記述はありませんが、単価が高い脂肪吸引や豊胸手術、または施術件数が稼げる包茎手術を行う必要があるかもしれません。

 

やりたい施術とやりたくない施術がはっきりしている先生がこのタイプのクリニックに応募する際は、クリニックのオーナーに「やらなければならない手術」と「拒否できる手術」を明示してもらう必要があるでしょう。

 

また「保険診療なし」とあることから、患者は富裕層に限定されます。一般企業でも富裕層ビジネスは困難を極めます。ましてや「美」という主観に基づく医療領域においては、「わがままな患者」が少なくないと想定されます。

 

そういった患者の扱いを得意とする美容整形外科医にとっては、この求人票は挑戦しがいがあるのではないでしょうか。

 

院長を目指す強い向上心を持つ医師向け

 

地域、機関 年収 業務内容 勤務日
名古屋市中央区

クリニック

10年目:年収2,200万〜3,000万円 将来の院長候補、外来、週4〜5コマ、1コマ7〜10名、脂肪吸引や二重形成などの手術、熱意のある方、経験不問 週5日勤務、年100日休み、当直なし

 

4,000万円や5,000万円という数字を見た後では見劣りするかもしれませんが、他科の求人票において「2,200万〜3,000万円」という提示額を目にすることはまれです。ですので、この名古屋市のクリニックの年収提示も、相当な好条件といえるでしょう。

 

そういった観点でこの求人票を眺めると、院長になれる人物を求めているのは当然といえそうです。

 

外来週4〜5コマ、1コマ最大10名というのは、標準より少な目といえます。しかし脂肪吸引や二重形成を明示しているので、「手術を多く手掛けてくれる医師」を求めていることが分かります。
また、年間の休日数が100日というのも、かなりハードです。ワーク・ライフ・バランスを重視するなら、年120日以上の休みが必要でしょう。

 

このクリニックのオーナーが、たくさん仕事をして、たくさん稼ぎたい医師を求めていることは明らかです。つまり応募する医師にそれなりの覚悟があれば、良いマッチングが期待できる職場といえます。

 

東京の一等地のクリニックは実力主義

 

地域、機関 年収 業務内容 勤務日
東京都港区

クリニック

5年目:1,200万円〜、10年目:2,200万〜3,000万円、院長職:3,000万円〜、卒後年次ではなく美容整形外科の経験の有無で決める 外来、週4〜5コマ、1コマ10名、脂肪吸引、わきが、二重形成、豊胸、骨切り、手術、転科歓迎、未経験可、後期研修医可、一般外科医や乳腺外科医も可 週5日勤務、年109日休み、当直なし

 

この東京都港区のクリニックも、コンセプトは先ほど見た名古屋市のクリニックと似ています。つまり「稼げる医師には高給を惜しまない」ということです。

 

このクリニックの特徴は、転科を考えている医師を積極的に迎え入れようとする姿勢です。一般外科や乳腺外科といった、手技が確かな医師や、女性患者の気持ちに寄り添うことができる医師を求めています。

 

卒後5年目の医師にも、最低1,200万円を支払うという意思表示も頼もしく感じられます。また年間の休日数が109日しかないことも、「しっかり働いていただきます」というメッセージなのでしょう。

 

ちなみに、祝祭日を休まない、完全週休2日制の場合、年の休み日数は104日となります。つまり年109日休みということは、完全週休2日に加えて、大晦日と元日、GW1日、お盆2日しか休めないということです。

 

いくら年収を上げやすい美容整形外科医とはいえ、年収3,000万円以上を獲得することにはそれなりの努力と実力がトレードオフとなっているようです。


その病院は常勤美容整形外科医に「何を求めている」のか

 

年収交渉で医療機関から最高額を引き出すには、「その医療機関が求めている医療」を知り、採用面接で「その医療は私の得意分野です」とPRする必要があります。

 

美容整形外科に力を入れている病院や美容整形外科クリニックの広告やホームページから「求められている医療」を探りました。

 

マスコミに取り上げられる医師を求めている

 

テレビCMでおなじみの湘南美容外科をはじめとする、大手美容整形外科のホームページを見れば、「この業界がどういう医師を求めているのか」がひと目で分かります。それは「マスコミ映えする医師」です。

 

マスコミ出演できる医師がいれば、その媒体(テレビ、新聞、雑誌、ネット)を閲覧した10代〜40代の女性が群がるように、その先生をご指名で自由診療オペをオーダーしてきます。

 

以下は、湘南美容外科グループが、経済雑誌「日経WOMAN」の「女性が活躍する会社BEST100」に選ばれたことを宣伝している写真です。

 


https://www.sbc-recruit.com/graine/info/news/3533

 

該当ウェブサイトでは、日本経済新聞社系の「しっかりした雑誌」に評価されたことを、美容外科クリニックとしてとても栄誉あること、として紹介しています。実際、湘南美容外科をはじめとする多くの美容整形外科グループでは、マスメディア露出戦略の専門家であるPR会社を雇っているところが多いです

 

当研究所の広報担当である吉池も、湘南美容外科のマスメディア戦略には過去に深くかかわっていた経歴があり、実際にどうやって彼らがテレビメディアを上手にプロモーションとして活用しているかをよく知っています。

 

尚、こうしたPR方法は、他科の病医院ではあまり見られません。

 

内科や外科の医療機関がPRするとしたら、「日本で初めて特殊な治療を行った」ことや、「手術件数が他院を圧倒している」といったことです。「女性の働きやすさ」を医療機関の誉れとすることは、美容整形外科分野の特徴といえるでしょう。

 

このエピソードから、次の転職で高額年収を目指している医師が学べることは「美容整形外科ではイメージ戦略が重要」ということです。

 

地域の医療を一手に担う総合病院でも

 

また、徳洲会グループの湘南鎌倉総合病院は、総合内科、神経内科、呼吸器内科、一般外科、呼吸器外科、産婦人科など30科以上を標榜する、地域の中核病院です。

 

その大病院ですら、美容外科部長がマスコミに登場すると、ウェブサイト上でしっかりPRしています。

 


http://www.shonankamakura.or.jp/news/

 

日経ヘルスが取り上げたのは、同院の美容外科部長が「女医がすすめる見た目の若々しさを保つ秘訣」というテーマで行った講演の様子です。

 

記事では美容外科部長が「美肌の天敵は紫外線、酸化させない、乾燥させない、清潔にする、です」などと述べたと紹介しています。

 

マスコミ戦略を自分自身でも仕掛けれられる医師は引っ張りだこになる

 

マスコミ登場の戦略を練ることは、美容整形外科医の転職準備としてとても重要です。もし雑誌やテレビに登場する機会が巡ってきたら、決して断らないでください。

 

もし登場できたら、雑誌なら数冊を買いこみ、テレビなら出演番組を録画してください。それらは年収アップ交渉を有利に運ぶ上で、強力な武器になります。転職コンサルタントを頼む場合でも、そういった「証拠」があると、コンサルタントはクリニックの経営者に強くプッシュできます。

 

患者を集める姿勢、それが年収をアップさせる

 

テレビ出演だけでもPR材料になるのですが、さらにクリニックオーナーに「集患活動に積極的な先生だ」という印象を植え付けることができます。

 

医師の積極姿勢は、美容整形外科分野ではとても大切です。それは、カウンセリングを受けた患者は、最後は医師に背中を押してもらって手術を決意するからです。「患者を集める活動に躊躇しない」姿勢は、年収アップ交渉術の大きなポイントです。


「数年以内に転職する」と考えている美容整形外科医がいますべきこと

 

業界重鎮、高須院長の言葉から学ぶ

 

美容整形外科の王者といえば、高須クリニックでしょう。高須克弥院長は、派手なテレビCMや飛び抜けた私生活がクローズアップされるので、「私が目指す医師像ではない」と感じている医師もいらっしゃると思います。

 

しかし、高須院長の経営理念には「高額年収を目指す美容整形外科医」が参考にすべき点も数多くあります。その経営手腕は、ビジネス界も注目するところです。ここであえて、院長のインタビュー記事から、数年後に転職を考えている先生の「いますべきこと」を考えてみたいと思います。

 

医師自らが需要を喚起できる人材は「病院から欲しがられる」

 

美容整形は、医師自らが需要を喚起しなければならない。かつて「包茎は不潔、女性に嫌われる」という広告を打ち、大繁盛した。

 

 

参考資料:「美容整形の意外な事実とそのお値段 高須クリニック院長に聞いた」(マイナビニュース2012/05/8)

 

高須院長は、包茎手術を1日300件こなし、現在の地位の礎を築いたそうです。包茎手術はひとり10分で終わるそうです。

 

1人の医師が8時間で48人の手術をこなし、同クリニックでは6人の医師で1日300件に達していたそうです。

 

包茎手術の単価は術式によって異なり、約5万円から26万円となっています。仮に1人10万円としても、300人を治療すれば1日3,000万円の売上となります。

 

先生が強く「包茎手術には携わりたくない」と考えるのであれば、それは転職希望先のクリニックオーナーも尊重するでしょう。

 

しかし、高須院長の「医師が需要を喚起せよ」という言葉は、すべての美容整形外科医が胸に刻んでおいてもよい格言かもしれません。

 

美容整形外科の施術は、命に関わらない治療だからです。つまりこの治療は、美しくなることで心の健康を獲得することが、最終目的です。

 

自身の外観にコンプレックスを抱いて楽しい生活を送ることができない人に、医療の力で生きる希望を与えるのが、美容整形外科医の務めといえるでしょう。

 

「最初から美容外科医になろうと思っているヤツはバカ」

 

最初から美容外科医になろうなんて思ってるヤツはバカ。医者は、世の中のためになることをやらなくちゃいけない。美容整形ってデザートみたいなもの。美容外科の死亡事故ってけっこう多いのよ。なんでこんなことで死ぬのっていうバカみたいなことが起こってる。

 

 

参考資料:「最初から美容外科医になろうなんて思ってるヤツはバカ──高須克弥院長インタビュー」(文春オンライン2017/4/17)

 

かなり過激な言い回しですが、このインタビューは「あの文春」がかなり真面目に美容整形外科の真相に迫っています。

 

それに高須院長も真剣に答えています。

 

高須院長によると、美容整形の医療事故の賠償は「日本美容外科医師会」が独自に保険制度を立ち上げてまかなっているそうです。

 

一方で、形成外科の医療事故は、「日本美容医療協会」の保険で対応しています。

 

なぜ美容整形の保険が独立しているかというと、「事故が多すぎて、民間の医師賠償責任保険がかけられなくなって、自分たちで共済保険を作って賠償」(高須院長)する必要に迫られたからです。

 

ちなみに高須クリニックでは、命に関わりそうな手術には、必ず麻酔科医に立ち会ってもらっているそうです。高須院長は、新人の医師が気軽に美容整形外科を目指すことに警鐘を鳴らしています。

 

医療事故に自分自身でも最大限注意する事が必要

 

美容整形外科はいわゆる「儲かる」自由医療であるため、この領域で医療事故を起こすと、大きなバッシングを受けることになります。そこで「高い報酬」を狙う先生に、「コストとリスク」について認識していただきたく、2件の死亡事故を紹介します。

 

いざという時に必ずしも所属医療機関が先生を守ってくれるわけではないことを、常に認識しておくべきかもしれません。

 

名古屋で豊胸手術の失敗

 

名古屋市内の美容外科クリニックで2017年2月、豊胸手術を受けていた32歳の女性が意識不明になり、搬送先の病院で死亡しました。手術は医師と看護師2人で行い、途中で患者が意識を失ったため病院に搬送しましたが、搬送から1時間後に死亡しました。

 

このクリニックは2016年1月に開業したばかりで、亡くなった女性がこのクリニックで手術を受けるのは初めてだったそうです。

 

参考資料「豊胸手術後に32歳女性が死亡、美容クリニック事情聴く 名古屋」(産経WEST、 2017/2/28)
http://www.sankei.com/west/news/170228/wst1702280024-n1.html

 

東京のクリニックで脂肪吸引の患者が死亡、医師に有罪判決

 

東京都23区内にある美容外科クリニックで2009年、脂肪吸引の手術を受けた女性が死亡しました。東京地裁は2012年に、手術を担当した医師に対し、業務上過失致死傷罪で禁錮1年6カ月、執行猶予3年の有罪判決を下しました。

 

東京地裁は「脂肪吸引する際、腹壁や腸を傷つけたことが死因」と認定し、さらに「被告は十分な注意を払わず、漫然と危険な捜査を繰り返した」と断罪しました。

 

被告の医師が「二度と脂肪吸引手術を行わない」と近い、遺族と示談が成立したことから、刑の執行を猶予されました。

 

参考資料「品川美容外科の脂肪吸引事故、医師に有罪判決」(日本経済新聞2012/8/20)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2000X_Q2A820C1CC0000/

 

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法


美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法


美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法  美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法  美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法  美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法  美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法  美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法


美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

美容整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法|医師紹介会社研究所関連ページ

勤務と転職を平行する難しさ
転職成功事例600名以上!医師専門のベテラン転職支援コンサルタントによる、医師向け「失敗しない転職方法」の伝授と、医師転職支援会社の比較検討評価を紹介
採用選考面接でのポイント
転職成功事例600名以上!医師専門のベテラン転職支援コンサルタントによる、医師向け「失敗しない転職方法」の伝授と、医師転職支援会社の比較検討評価を紹介
専属?雇用契約書?医師転職の契約トラブル!
契約内容の把握は、医師転職成功への道!転職エージェントや転職先病医院との契約は、医師自ら徹底的に掌握すべし!知らぬはトラブルの素なのです!ドクターが不慣れな事が多い契約周りについて、事例とチェックポイントをお伝えします。
医師転職のルックス&コミュニケーション考
「人は見た目が9割」「美貌格差」といった書籍が流行る今、転職というシーンにおいてもルックス力・コミュニケーション力が非常に注目を浴びています。それは、医師という専門性の高い職業においても言えることで、これらの力が高い医師が、高給や高ポジションを得ているのも事実です。
医師の転職とメンタルヘルス
4人に一人の割合で「うつ」に襲われる研修医。平均より30%も高い、医師の自殺率。 医師転職三大理由の一つである人間関係の軋轢。医師のメンタルヘルスは、転職とも切り離せない大問題です。医師は自らのココロとどう向き合えばいいのか?転職という切口を軸に、考えてみましょう。
医師のための転職決断ツール
初期の転職活動が順調に進んでいくと…異なる複数の求人票を前に「う〜ん」と悩む事はよくある事です。複数の内定をもらう事もあるでしょう。現職留保も含め、自らに最良の選択をするにはどうしたら良いのでしょうか?転職決断のための、正しいポイント考えてみましょう。
医療機関の人事体制が転職後の医師に及ぼす影響
多くの医師は、現状不満の解決手段として「転職」という道を選ぶ訳ですが、転職しても、転職しても、不満が解消されないというジレンマに陥っている医師が相当数見受けられます。…なぜか?…転職する医師が、本当に働きやすい病院を選ぶためにはどうしたら良いのか?考えてみる事にしましょう。
消化器内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法
今回のコラムでは、医療機関との転職面接で大幅年収アップを獲得するために活用できる具体的な交渉術(消化器内科医師 編)を紹介します。医師転職サイトの担当者ともこの記事内容でじっくりと情報共有しておくと、より有利な転職候補先の求人案件を探してきてくれることを保証いたします。
整形外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法
転職活動を始めた先生の中には「報酬のことを口にするのが苦手」と感じている方が少なくないのではないでしょうか。しかし、時間とコストをかけて身に付けた知識と経験に見合った年収を得ることは、当然のことです。そこで、整形外科の先生が、次の転職で大幅な年収アップを獲得する交渉術を紹介します。
眼科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法
転職活動を始めた先生の中には「報酬のことを口にするのが苦手」と感じている方が少なくないのではないでしょうか。しかし、時間とコストをかけて身に付けた知識と経験に見合った年収を得ることは、当然のことです。そこで、眼科の先生が、次の転職で大幅な年収アップを獲得する交渉術を紹介します。
脳神経外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法
転職活動を始めた先生の中には「報酬のことを口にするのが苦手」と感じている方が少なくないのではないでしょうか。しかし、時間とコストをかけて身に付けた知識と経験に見合った年収を得ることは、当然のことです。そこで、脳神経外科の先生が、次の転職で大幅な年収アップを獲得する交渉術を紹介します。
腎臓内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法
転職活動を始めた先生の中には「報酬のことを口にするのが苦手」と感じている方が少なくないのではないでしょうか。しかし、時間とコストをかけて身に付けた知識と経験に見合った年収を得ることは、当然のことです。そこで、腎臓内科の先生が、次の転職で大幅な年収アップを獲得する交渉術を紹介します。
精神科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法
転職活動を始めた先生の中には「報酬のことを口にするのが苦手」と感じている方が少なくないのではないでしょうか。しかし、時間とコストをかけて身に付けた知識と経験に見合った年収を得ることは、当然のことです。そこで、精神科の先生が、次の転職で大幅な年収アップを獲得する交渉術を紹介します。
一般内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法
転職活動を始めた先生の中には「報酬のことを口にするのが苦手」と感じている方が少なくないのではないでしょうか。しかし、時間とコストをかけて身に付けた知識と経験に見合った年収を得ることは、当然のことです。そこで、一般内科の先生が、次の転職で大幅な年収アップを獲得する交渉術を紹介します。
循環器内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法
転職活動を始めた先生の中には「報酬のことを口にするのが苦手」と感じている方が少なくないのではないでしょうか。しかし、時間とコストをかけて身に付けた知識と経験に見合った年収を得ることは、当然のことです。そこで、循環器内科の先生が、次の転職で大幅な年収アップを獲得する交渉術を紹介します。
小児科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法
転職活動を始めた先生の中には「報酬のことを口にするのが苦手」と感じている方が少なくないのではないでしょうか。しかし、時間とコストをかけて身に付けた知識と経験に見合った年収を得ることは、当然のことです。そこで、小児科の先生が、次の転職で大幅な年収アップを獲得する交渉術を紹介します。
呼吸器内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法
転職活動を始めた先生の中には「報酬のことを口にするのが苦手」と感じている方が少なくないのではないでしょうか。しかし、時間とコストをかけて身に付けた知識と経験に見合った年収を得ることは、当然のことです。そこで、呼吸器内科の先生が、次の転職で大幅な年収アップを獲得する交渉術を紹介します。
消化器外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法
転職活動を始めた先生の中には「報酬のことを口にするのが苦手」と感じている方が少なくないのではないでしょうか。しかし、時間とコストをかけて身に付けた知識と経験に見合った年収を得ることは、当然のことです。そこで、消化器外科の先生が、次の転職で大幅な年収アップを獲得する交渉術を紹介します。
糖尿病内科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法
転職活動を始めた先生の中には「報酬のことを口にするのが苦手」と感じている方が少なくないのではないでしょうか。しかし、時間とコストをかけて身に付けた知識と経験に見合った年収を得ることは、当然のことです。そこで、糖尿病内科の先生が、次の転職で大幅な年収アップを獲得する交渉術を紹介します。
皮膚科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法
転職活動を始めた先生の中には「報酬のことを口にするのが苦手」と感じている方が少なくないのではないでしょうか。しかし、時間とコストをかけて身に付けた知識と経験に見合った年収を得ることは、当然のことです。そこで、皮膚科の先生が、次の転職で大幅な年収アップを獲得する交渉術を紹介します。
心臓血管外科 常勤医師の年収アップ交渉術 転職面接で使える具体的手法
転職活動を始めた先生の中には「報酬のことを口にするのが苦手」と感じている方が少なくないのではないでしょうか。しかし、時間とコストをかけて身に付けた知識と経験に見合った年収を得ることは、当然のことです。そこで、心臓血管外科の先生が、次の転職で大幅な年収アップを獲得する交渉術を紹介します。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談