【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557

週刊朝日2014年3月7日号より

【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557

 

2014年3月7日号の週刊朝日(朝日新聞出版)では指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557をテーマに記事が掲載されていました。以下は記事内容の要約ですので、記事を見落とした方などはチェックしてみてください。

 

※画像は「週刊朝日」ウェブサイトより http://publications.asahi.com/ecs/24.shtml


Overview

今回の週刊朝日では、国内に推定2800万人の腰痛患者の現員となる「椎間板ヘルニア」と「脊柱管狭窄症」の治療法の解説。更に、それら手術を考える方向けの病院の選び方について解説しています。

 

更に、日本脊髄外科学会、日本脊髄病理解の認定医、指導医がいる病院の全国リスト557を掲載しています。こちらは週刊朝日MOOK「手術数でわかるいい病院2014」と取材内容が同様の様子です

腰痛患者は国内2800万人

40〜60代の4割が腰痛に悩みを持つ日本では、推定患者数が2800万人。九段坂病院院長の中居修医師(28年間年間1万例以上の腰骨を含めた背骨の手術をしてきた整形外科医)に腰痛のメカニズムを聞く。

 

神経を圧迫して腰の痛みを起こす

 

中居医師は話す。

 

腰痛の原因は何らかの現員で脊髄を通る神経が圧迫されるから。原因自体は様々だが、疾患には「腰部椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」の2つがある。

 

腰部椎間板ヘルニアは、加齢や腰への負担で椎間板が傷つき、中身がはみ出してしまう病気。30〜50代での発症が多い。腰部脊柱管狭窄症とは、椎間板の変形により神経が通る脊柱管という孔を狭くする病気。60〜70代に増加中だ。腰部脊柱管狭窄症では手術(内視鏡や顕微鏡をつかった専門技術を要する)が検討されるも、神経を傷つけるなどのリスクもある。

 

 

 

腰部椎間板ヘルニア

約2割の人が手術でヘルニアを摘出

 

椎間板ヘルニアでは症状を和らげる保存療法(鎮痛消炎剤、コルセット、牽引など)で症状改善を待つ方法が多くとられる。2〜3週間で痛みが軽くなり、3ヶ月ほどで8割が改善するという。

 

3ヶ月たっても改善になかったり、運動麻痺などがある場合は、手術(内視鏡、顕微鏡)で摘出をする。その数およそ患者の2割という。

 

ヘルニア摘出手術の他に、レーザーで圧迫を取り除く治療も存在するが、自費診療なので高額なのがネックとなっている。

 

ヘルニア摘出術は様々な器具で

 

ヘルニア摘出手術はおよそ60〜90分。目視もしくは顕微鏡で実施する「LOVE法」、内視鏡手術の「MED法(内視鏡下ヘルニア摘出術)」「皮的内視鏡手術(PED法)」などがあり、医師によって様々。

 

PED法は身体への負担が少ないが、実施できる病院が限られている最新療法である。

 

術後はリハビリで筋力回復を目指す。筋力をつけることは、痛みを再発する防止策の意味合いもあり、同時に、腰に負担がかからない日常生活の工夫も必要であると記事では記している。

 

「再発は7〜10%だが全体では腰部椎間板ヘルニアの手術は減少傾向(中井医師)」

腰部脊柱管狭窄症

除圧か除圧固定かの手術選択

 

腰部脊柱管狭窄症の治療は、血管拡張のある薬(プロスタグランジンE1製剤)を3ヶ月服用する薬物療法と生活習慣改善、運動療法指導などの保存療法が主流。3ヶ月実施して保存療法に効き目がなければ手術を検討する。

 

手術検討時期は医師や病院によってまちまち。

 

腰部脊柱管狭窄症には1.神経が圧迫される中心性のタイプ2.神経の先が圧迫される外側性のタイプ2種類があるという。前者は手術を検討することが多く、後者はほとんど手術はしないとのこと。

 

「外側性タイプは見逃されることもあるので、MRIを使って専門医にもてもらうべき(中井医師)」

 

手術で痛みの除去や腰の安定を目指す

 

藤枝平成記念病院副院長・脊髄脊椎疾患治療センター長の花北順哉医師(脳神経外科医)は高話す。

 

「手術は骨を削る除圧術、除圧術に加えて自らの骨を金具で固定する除圧固定術がある。どちらを採用するかは医師次第」。

 

除圧術は術後1〜2年で術部の痛みが再発することがときにあり、再手術を売る人もいる。その場合は除圧固定術が実施される(約2時間の手術)。

 

経験のある医師に早めに相談する

 

再発することはほぼないが、椎間板に変化が起きる場合は再手術を受けることになる。腰部椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症を合併発症している場合、自然治癒も期待できるが、長年症状が続くと手術をしても神経は回復せず、痛みやしびれが残ることが有るという。

 

「発症から時間がたつと治療をしても改善しないケースもあり、早期手術が望ましい。経験が求められるので、病院で実施されている年間手術数は参考になる(中居医師)」。

 

「その病院に日本脊髄外科学会と日本脊椎脊髄病学会が認定する認定医・指導医がいるかどうかが重要。手術成績の開示などもポイント(花北医師)」

 

と述べた。

脳神経外科、整形外科の指導医・認定医とは?

腰や首の手術は整形外科、脳神経外科で受けることができる。両者の領域の垣根はなくなってきている。

 

「脳神経外科という名称は日本固有で、脳にかぎらず本来は脳から脊髄、末梢神経まで含めた神経外科です。脳神経外科でも脊椎脊髄種ずつを行うことは増えている(獨協医科大学脳神経外科教授・金 彪医師)」。

 

一方の整形外科は内視鏡を使うことが多いが、顕微鏡も使うようになってきており、単純に内視鏡と顕微鏡で両者を区別することは出来ないという(東海大学整形外科教授・持田譲治医師)。

 

整形外科と脳神経外科どちらにも選択しがあることを患者はしっておくべきだと金医師は言う。

 

現在は双方の学会が共同して同じ技術の質の専門医をつくろうとしており、日本専門医制評価・認定機構によって、2013年7月に承認されたばかり。原稿の指導医・認定と新しい専門医の関係についてもこれから検討されていくとのこと。

腰痛手術のいい病院557

ここでは紙面にのっていたおすすめ病院のうち、腰部脊柱管狭窄症の手術数が多い医療機関を上から10施設抜き出して表示しておきます。557リスト全て閲覧したい場合、週刊朝日本誌をお買い求めになった上でご確認下さい。

 

 

病院名 椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症 主な執刀医
九段坂病院 83 606

中井修
進藤重雄

日本赤十字社医療センター 23 425 久野木順一
国際医療福祉大学三田病院 11 298

朝本俊司
中村聡
福井康之
西山誠

岩井整形外科内科病院 733 296

稲波弘彦
高野祐一

国立村山医療センター 77 221

朝妻孝仁
町田正文

東京脊椎脊髄病センター 19 239

星野雅洋
大森圭太

三樂病院 30 203

佐野茂夫
中尾祐介

武蔵野赤十字病院 68 137

山崎隆志
原慶宏

杏林大学病院 70 128

市村正一
長谷川雅一

日本大学板橋病院 35 119

徳橋泰明
上井浩

 

 

週刊朝日2014年3月7日号「指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557」より引用および要約

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557


【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557


【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557  【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557  【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557  【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557  【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557  【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557


【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557|医師紹介会社研究所関連ページ

【雑誌】「週刊ダイヤモンド」 医師・看護師大激変 診療報酬改定が迫る医師・看護師民族大移動
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊ダイヤモンド」の特集企画「医師・看護師大激変 診療報酬改定が迫る医師・看護師民族大移動」をご紹介します。
【雑誌】「週刊新潮」 寝たきりを招く「サルコペニア」にならない最新ガイド
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊新潮」の特集企画「寝たきりを招く「サルコペニア」にならない最新ガイド」をご紹介します。
【雑誌】「週刊現代」医者の「階級」と「実力」の関係 -本当に手術がうまいのは誰か、肩書ではわからない-
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊現代」の特集企画「医者の階級と実力の関係」をご紹介します。
【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「安心」の特集企画「めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法」をご紹介します。
【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「安心」の特集企画「腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善」をご紹介します。
【雑誌】「サンデー毎日」医療不信時代の処方箋 健診&検診 ホントのところ
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「サンデー毎日」の特集企画「医療不信時代の処方箋 健診&検診 ホントのところ」をご紹介します。
【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊現代」の企画「大人の発達障害」をご紹介します。
【雑誌】「週刊現代」誇大広告!効かないサプリ
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊現代」の企画「誇大広告!効かないサプリ」をご紹介します。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談