【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法

安心2016年4月号より

 

2016年4月号の安心(マキノ出版)ではめまい メニエール病は自分て?治せる 名医4人が伝授!最強療法をテーマに記事が掲載されていました。以下は記事内容の要約ですので、記事を見落とした方などはチェックしてみてください。

 

※画像は「安心」ウェブサイトより http://www.makino-g.jp/anshin/


Overview

地面がフワフワする、立っていられない…生活できないほどつらいのに、なかなかその苦しみは理解されないと多くのかたが悩んでいる「めまい」について、今回の「安心」では特集しています。

 

「自宅でできる」めまい対策を総力特集しているとのこと。効果は抜群、ぜひお試しくださいとしているが、果たして…?

安心なめまいと、危険なめまい

ぐらぐら回る「回転性」のめまいか、ふわふわする「浮動性」のめまいか…?

 

めまいの原因は、耳や脳、心臓の病気、頚椎(首の骨)の変化、動脈硬化など全身にわたる。

 

また、ストレス、寝不足、毛染め、化学物質など、現代人の生活環境の中に、めまいの引き金となる要因もあるようだ。その多くは、大きな心配はいらないものだが、「なかには脳出血や脳梗塞など、生命に関わる重篤な病気が隠れている、危険なめまいもあります」と話すのは、埼玉県立小児医療センター耳鼻咽喉科副部長、目白大学教授を経て現在は川越耳科学研究所クリニック院長を務める坂田英明氏。

 

危険なめまいなのかどうかは、めまいの現われ方である程度推し量ることができるとのこと。

 

まず、めまいのタイプは大きく分けて二つのタイプがあると坂田院長は続ける。

 

ひとつは「回転性のめまい」。自分や周囲のものがぐるぐると激しく回っているように見えるめまい。激しい症状のため、立つ、歩くなどの動作が困難になったり、吐き気や耳鳴りが起こったりする。

 

しかし、回転性のめまいのほとんどは、内耳に原因があって起こるもので、生命の危険はない、安心なめまいのようだ。

 

ふたつめは「浮動性のめまい」。

 

体がふわふわし足元がふらふらして雲の上を歩いているように感じられるめまい。これは内耳の異常のほか、脳の病気でも起こるようだ。

 

めまいに加え、激しい頭痛、手足のしびれやマヒ、ろれつが回らないなどの病状を伴う場合、脳の病気が疑われる。生命に関わる危険なめまいなので、脳神経外科や神経内科を至急受診してくださいと坂田院長は促している。

 

前述のようにめまいは耳からくるものと脳からくるものがある。圧倒的に多いのは耳からくるもので、耳の奥にある内耳には、蝸牛、前庭、耳石器、三半規管があるが、これら内耳の器官のどこかに障害が起きると、平衡感覚が乱されめまいが起こる。

 

代表的なものに、回転性のめまいが起こるメニエール病、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎などがあるとしている。

 

原因は耳や脳の異常だけでなく、スマホ使用からくる「ストレートネック」にも?

 

首からくるめまいも見逃せないようだ。

 

「いま、スマートフォンなどを長時間見るなどして、うつむき姿勢が続き、頚椎のカーブが失われた『ストレートネック』になっている人が増えています」と坂田院長は指摘。

 

すると、頚椎内部の椎骨動脈が圧迫され、平衡感覚を保っている脳幹や小脳への血流が減少し、椎骨脳底動脈循環不全と呼ばれる、フワフワするめまいが起こる。

 

加齢などにより椎骨動脈の動脈硬化が進行した場合も、同様のめまいを引き起こすようだ。

 

このスマートフォンの長時間使用のように、めまいの発症には生活習慣病やストレス、睡眠不足なども密接に関わっている。そのため、生活習慣や食事を見直し、リスクファクターを減らしてめまいを改善することが大切としている。

 

急にめまいが起こったら…?坂田院長が教える対処法はこの5つ。

 

  1. めまいがしない姿勢をとる
  2. 衣服をゆるめる
  3. 目は閉じないで一点を見る
  4. 治療中の人は、吐き気止めなどの頓服を服用する
  5. 風通しのいいところで休む。

 

念のため検査、治療を受ける場合にはまず総合病院へ。症状から適切な診療科がわかる。脳などに異常がないならば、耳鼻咽喉科を受診することになるが、、めまいの専門家がいる「めまい外来」か、日本めまい平衡医学会が認定した「めまい相談医」を受診すると良い、としている。

めまいは自力で治せる!小脳を鍛える「めまいリハビリ」

誌面では、横浜市立みなと赤十字病院・耳鼻咽喉科、新井基洋部長の勧める「めまいリハビリ」について特集している。

 

自身も日本めまい平衡医学会専門会員である新井部長は、薬物治療に限界を感じ、めまいのリハビリに力を入れることに。以降、20年間で、入院治療では9,000人、外来では20万人を超える患者がめまいリハビリでめまいを克服したと説明する。

 

リハビリでめまいを治す4つの簡単な方法

 

4つの方法によるめまいリハビリが図で紹介されている。どれも、自分でできる、簡単な運動だ。

 

左手の人差し指を顎に当て頭を動かさないようにし、右腕を肩の高さで前方に伸ばし親指を立て、左右にゆっくり動かし、目で追いながら10往復行う「ゆっくり横」。

 

右腕を正面に伸ばし親指を立て、目線は親指に固定したまま振り返るように頭を左右に10往復回す「振り返る」。

 

両手を肩の高さで正面に伸ばし、目を開けたまま50回足踏みし、次に目を閉じて同様に50回足踏みする「足踏み」。

 

テーブルやイスなどに片手をつき、目を開けたまま片方の足を床から10センチほど30秒間上げることを左右ともに行う「片足立ち」。

 

「めまいに悩む患者さんは安静を心がけがちですが、めまいは寝ていては治りません」と語る新井部長。ではなぜ、リハビリがめまいの改善に有効なのか?その答は「小脳」が握っているようだ。

 

平衡感覚は、目(視覚)、足の裏(深部感覚刺激)、耳(前庭器)の3ヶ所から集まるバランスに関する情報を、小脳が集約し、それを大脳が統括して全身に指令を出すことで保たれている。めまいの原因で多いのが、耳の奥の内耳にある前庭器の障害。

 

この危機的な状況に対応するのが小脳。このメカニズムを、新井部長は双発プロペラ機に例えているから面白い。

 

「めまいは片方のプロペラが故障し、バランスが崩れて迷走している状態です。

 

このようなアクシデントに見舞われても、日々訓練を重ねているパイロットなら、機体を調整し、バランスを取り戻すことができます。このパイロットが小脳です」

 

パイロットが毎日訓練をして操縦技術を高めるように、毎日めまいリハビリを行うことで、小脳は片側の前庭器の障害をリカバーできるようになる、と説明している。

良性発作性頭位めまい症は寝返り運動で治す

続いて、めまいの約半数にあたる良性発作性頭位めまい症を、自分である程度改善できるとする、聖マリアンヌ医科大学・肥塚泉教授の記事を誌面では紹介している。

 

良性発作性頭位めまい症とは

 

周囲がぐるぐる回っている回転性、もしくは頭や体がグラグラする動揺性のめまいが特徴的な良性発作性頭位めまい症。女性に多く見られ、患者数は男性の4?5倍とのデータもあるようだ。

 

サッカー元日本代表の澤穂希さんがかかった病気として記憶している人も多いはず。頭部に衝撃を受けやすいスポーツで発症する例もあるが、運動不足にも多い病気であるという。

 

内耳の耳石器には、耳石と呼ばれる小さな石がある。

 

その耳石は、老化や頭部への衝撃ではがれ落ちることがある。このはがれ落ちた石が、三半規管に入り込むのが良性発作性頭位めまい症の原因だと説明する。

 

「良性発作性頭位めまい症が中高年女性に多いのは、骨粗しょう症と同様、ホルモンのバランスの乱れによって耳石がもろく、はがれやすくなるためでしょう。ただ、耳石が三半規管に入り込んでも、体(頭)を動かしていれば自然と砕け散り、リンパ液の流れを大きく乱すことはありません。しかし、運動不足では、耳石が砕ける機会がありません。砕けた耳石が一箇所に集まり、大きな塊になってしまいます」

 

なるほど、それで、前述の良性発作性頭位めまい症になる人の傾向の理由がわかる。

 

頭を動かし物理的に耳石を取り除く

 

良性発作性頭位めまい症に有効なのは「エブレイ法」だと肥塚教授は続ける。

 

エブレイ法とは、めまいのときに生じる眼振(意思とは無関係に起こる眼球の揺れ)を確認しながら、医師が患者の頭を動かすことで、三半規管に入った耳石を物理的に取り除く方法だという。

 

ただ、エブレイ法は医師の手で頭を動かすため、患者ひとりでは行うことができない。
「そこでお勧めしたいのが、私どもが考案した寝返り運動です」と肥塚教授は語る。

 

首に痛みがない人は、仰向けに寝て天井を見て10秒数え、頭を左側に傾け10秒数える。再び仰向けに寝て天井を見て10秒数え、今度は頭を右側に傾け10秒数える。

 

首に痛みのある人は、前述とほぼ同じだが、頭を傾けるのではなく、体ごと傾ける。

 

いずれも、1回につき10往復行う。1日2回、起床時と就寝時に行うとよいとしている。

 

今回のめまいに関する特集では、自分でもできる改善法、を主眼に、その傾向、原因と対策について紹介されていた。特に、症例の多い中高年女性には嬉しい特集となっている。

 

自律神経の乱れからくるメニエール病…呼吸法で改善

 

この後誌面では、メニエール病の患者は呼吸が浅く、腹式呼吸を心がけることでめいまいが抑えられる、とするJCHO東京新宿メディカルセンター・石井正則耳鼻咽喉科診療部長の記事を掲載している。詳しくは誌面(「安心」2016年4月号)を購入の上、詳細を確かめていただきたい。

 

 

雑誌「安心」(マキノ出版)2016年4月号「めまい メニエール病は自分て?治せる 名医4人が伝授!最強療法」より引用および要約

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法


【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法


【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法  【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法  【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法  【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法  【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法  【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法


【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法|医師紹介会社研究所関連ページ

【雑誌】「週刊ダイヤモンド」 医師・看護師大激変 診療報酬改定が迫る医師・看護師民族大移動
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊ダイヤモンド」の特集企画「医師・看護師大激変 診療報酬改定が迫る医師・看護師民族大移動」をご紹介します。
【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊朝日」の特集企画「指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557」をご紹介します。
【雑誌】「週刊新潮」 寝たきりを招く「サルコペニア」にならない最新ガイド
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊新潮」の特集企画「寝たきりを招く「サルコペニア」にならない最新ガイド」をご紹介します。
【雑誌】「週刊現代」医者の「階級」と「実力」の関係 -本当に手術がうまいのは誰か、肩書ではわからない-
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊現代」の特集企画「医者の階級と実力の関係」をご紹介します。
【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「安心」の特集企画「腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善」をご紹介します。
【雑誌】「サンデー毎日」医療不信時代の処方箋 健診&検診 ホントのところ
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「サンデー毎日」の特集企画「医療不信時代の処方箋 健診&検診 ホントのところ」をご紹介します。
【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊現代」の企画「大人の発達障害」をご紹介します。
【雑誌】「週刊現代」誇大広告!効かないサプリ
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊現代」の企画「誇大広告!効かないサプリ」をご紹介します。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談