【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善

安心2016年4月号より

 

2016年4月号の安心(マキノ出版)では腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善をテーマに記事が掲載されていました。以下は記事内容の要約ですので、記事を見落とした方などはチェックしてみてください。

 

※画像は「安心」ウェブサイトより http://www.makino-g.jp/anshin/


Overview

今回の「安心」では、出っぱったお腹が気になる人や、便器やガス腹・むくみに悩む人向け記事として、主に腸もみ、がもたらす効果について特集しています。

 

雑誌媒体ターゲット層が50代以上、多くは女性である「安心」にとって、お腹まわりを見た目も健康面も改善していく、しかもお手軽に…というのは、この2016年4月号のメインを張るにふさわしい特集ですね。

 

しかし、腸をもむ、腸をさすることでそれほど多くの効果がもたらされるのでしょうか?

ひとりでお手軽「小腸の6点もみ」「大腸もみ出し」

小腸の裏側にあるリンパを刺激して・・・

 

女子栄養大学栄養科学研究所の研究員として活動すると同時に、ゲシュタルト研究所「マザーアロマ」を運営する砂沢佚枝代表。

 

栄養と免疫力アップのメソッドとして独自の腸もみ健康法を考案、2005年に講談社より著書「腸もみ健康法」出版をはじめ、現在に至る書籍出版は18冊30万部。

 

「出っぱったおなかがすぐへこむ」「便秘やガス腹、むくみが解消し、体調がどんどんよくなる」「自分で簡単に短時間でできる」。確かに、こんなダイエット法があったらいいと思う。

 

「実際にこれらを兼ね備えている方法があります。それが私の提唱している腸もみ(正式には、インテスタージュR腸もみ)です」と、砂沢代表は言う。

 

腸もみとは、おヘソを中心としたおなかをゆっくりともみほぐす方法で、腸のぜん動運動(内容物を先に送る運動)を促す効果があるとのこと。誌面では写真解説がされている。

 

まず「小腸の6点もみ」とは、仰向けになって軽くヒザを立てた状態で、両手の人さし指・中指・薬指の指先でヘソの少し上を押さえる。

 

一度ゆっくり深呼吸し、息を吐きながら、おヘソの周りを小さな円を描くように4回、時計回りに指を入れていく。息を吸いながら、反対周りに指を元の位置に戻す。

 

おヘソの周囲は小腸の位置と重なる。小腸の裏側に密集しているリンパ菅を刺激しリンパの流れをよくする。痛みを感じる場所、硬いと感じる場所を重点的にマッサージすることが大切とのこと。

 

次に「大腸もみ出し」も紹介されている。

 

仰向けになって軽くヒザを立てるのは前述の小腸の6点もみと同様だが、その状態で右足を左足の上に組み、そのままひざを右側に倒し、つまり体もごろんと横になり、骨盤と肋骨の間のわき腹に左手を当てる。左肋骨の下端に左手の4本の指を入れ、親指は背中側にしてわき腹を挟む。

 

鼻から大きく息を吸い、口からゆっくり吐きながら、左ひじを前に倒し、グーっと指が深く入るように掴む。息を吸いながら指の力を緩め、ひじを元に戻す。この作業を一箇所につき3回ずつ行う。

 

左のわき腹一帯は大腸に便が詰まりやすい。この部分をしっかり揉むことで、便やガスの排出がスムーズになり、おなかがスッキリするとのこと。

 

「個人差はありますが、どんなにやせている人でも、腸もみをしたときはウエストが1?2センチ細くなります。最高で9.8センチ細くなった人もいます。

 

腸もみを習慣として続けていると、今度は全身の代謝が高まり、余分な脂肪が減っていきます。実は私も腸もみで15kgの減量に成功しています」と砂沢代表は語る。

血糖値や肝機能値との関係

 

腸もみは腸の炎症を抑える

 

血糖値が高い男性の例。営業職で、付き合いでのお酒を止めることができない、食事制限も難しいサラリーマン。腸もみを始める直前にヘモグロビンA1cが10.8%であったこの男性は、腸もみを続けて3ヶ月後には5.2%となって正常化した、と、グラフを用いて説明されています。

 

ある女性の肝機能の変化の例も。

 

子宮ガンの手術後に肝機能値が上がってきたことから、病院で「肝移転が疑われる」と言われた女性は、腸もみを続けると肝機能値のGOT(AST)とGPT(ALT)が急激に下がり正常値となった。この例が、やはりグラフを用いて説明されている。

 

腸もみをするだけで、なぜこのような効果が生まれるのか。その点を解明したいと、前述の砂沢代表は、大学の研究所で動物実験などを繰り返してきたとのこと。

 

「その結果分かってきたのは、腸もみをすると、体のあちこちで起きる炎症が抑制される、ということでした」と語る。

 

小腸が元気だと肝臓もイキイキ

 

「炎症」と聞くと、皮膚表面が赤く腫れた様子を思い浮かべる。

 

しかし実は、私たちの体内では、軽微な炎症が絶えず起きては治まる、ということを繰り返している。ごく軽い炎症は免疫にかかわる細胞を刺激して活性化させるので体に必要だが、それが何かの行き過ぎで炎症が強まると弊害が出てくると記事では指摘。

 

頭痛や肩こり、腰痛、糖尿病や肝臓病、リウマチ、アレルギー疾患などは、体のむくみによる炎症の影響を受け引き起こされやすい。腸もみを行うことで、腸のぜん動運動を促し自律神経を刺激して、そうした炎症を押さえられるとのこと。

 

「さらに肝臓と腸には門脈(もんみゃく)という密接なつながりがあり、腸の機能が良くなると肝臓の機能も改善されます」と、砂沢代表は続けます。

 

大腸は主に排泄を、小腸は栄養素の吸収を受け持つ。腸もみでは大腸を刺激して排便を促すが、より重要視するのが小腸からの栄養素の吸収ということ。腸もみは小腸の分節運動(腸の内容物と消化液を混合すること)を促し、栄養素吸収を促進することを目的にする、としている。

 

小腸から吸収された栄養素は肝臓の活性化に効果的。栄養が良く小腸の吸収状態が良ければ、肝臓がイキイキしてくると指摘。

便通異常研究の第一人者も腸もみを推奨

東邦大学医療センター・大森病院の瓜田純久副院長。便通異常や腸内ガス研究の第一人者も、腸もみを推奨する。

 

腹痛を起こすガス腹が腸もみで解決

 

医学界では、腸の機能が科学的に解明されるにつれ、腸が体全体に及ぼす影響が従来考えられていた以上に大きいことがわかってきたようだ。

 

便秘や肥満だけでなく、これまで腸とは無関係と思われた動脈硬化、糖尿病、高血圧といった生活習慣病、ガン、認知症、アレルギー性疾患など、実に多くの病気と関係していることが判明したという。

 

そもそも腸の働きは三つ。食物の消化・吸収・排泄。病原菌から身を守る免疫機能の働き。腸内細菌を保ち重要なホルモンなどを生産すること。大切な器官である腸の働きを整えるには腸もみが有効とのこと。

 

瓜田純久副院長は実例を挙げる。

 

「84歳の女性が腹痛のため毎晩のように私の病院の救急外来にやってくるようになりました。担当医から相談を受けて私が診察したところ、腸にたまったガスが腹痛の原因でした。腸もみを行い、その方法を女性に教えると、腹痛が治り、病院通いがピタリと止まったのです」

 

腸の中には健康な人でも常に200mlほどのガスがたまっていて、その成分は主に、呼吸の際に飲み込んだ空気中の窒素と腸内細菌が作り出す水素やメタンガスだ。

 

そもそも腸内細菌は1000種類以上、600?1000兆個以上も群生している。このうち人体にとって有効な菌を善玉菌、有害な菌を悪玉菌、どちらともいえないものを日和見菌という。

 

健康な人の腸内には善玉菌が多く、弱酸性の環境に保たれている。そのため、悪玉菌は繁殖せず、腸管免疫系を刺激して免疫力を高める。

 

そのために腸もみが有効で、腸内ガスを減らし、腹部膨張感や腹痛の改善だけでなく便秘の解消に重要なのだという。

 

糖尿病で悪化した腸の働きを助ける効果も

 

さらに腸もみは自律神経にもよい影響を及ぼすと瓜田純久副院長は続ける。

 

腸の働きを支配するのは、自律神経でも体を休息へと導く副交感神経。腸もみは副交感神経を優位にさせる。なので夜の就寝前に腸もみを行うとよい、としている。食後2時間以内は避けたほうがよいようだ。

 

糖尿病の患者にも勧めている。糖尿病の進行は、腸の働きも悪くする。糖尿病の合併症である神経障害によって胃腸の活動が阻害されるからだ。腸もみを行うことで、腸の働きを助けることができる、としている。

 

「自分で行う腸もみは、力加減が意外と難しいものです。弱すぎれば腸まで刺激が届きませんし、強すぎれば内臓を痛めてしまう恐れもあります。痛くない程度を目安に、無理のない範囲でやさしく行ってください」と結んでいる。

 

12キロ痩せた、10キロ痩せた、アトピー症状も改善した

 

この後誌面では、腸もみで、ダイエット成功、ウエストがスッキリした、リウマチの痛みが消えた、便秘が治った、アトピー性皮膚炎が大改善した…などの実例を掲載している。詳しくは誌面(「安心」2016年4月号)を購入の上、詳細を確かめていただきたい。

 

 

雑誌「安心」(マキノ出版)2016年4月号「腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善」より引用および要約

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善


【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善


【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善  【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善  【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善  【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善  【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善  【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善


【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善|医師紹介会社研究所関連ページ

【雑誌】「週刊ダイヤモンド」 医師・看護師大激変 診療報酬改定が迫る医師・看護師民族大移動
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊ダイヤモンド」の特集企画「医師・看護師大激変 診療報酬改定が迫る医師・看護師民族大移動」をご紹介します。
【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊朝日」の特集企画「指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557」をご紹介します。
【雑誌】「週刊新潮」 寝たきりを招く「サルコペニア」にならない最新ガイド
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊新潮」の特集企画「寝たきりを招く「サルコペニア」にならない最新ガイド」をご紹介します。
【雑誌】「週刊現代」医者の「階級」と「実力」の関係 -本当に手術がうまいのは誰か、肩書ではわからない-
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊現代」の特集企画「医者の階級と実力の関係」をご紹介します。
【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「安心」の特集企画「めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法」をご紹介します。
【雑誌】「サンデー毎日」医療不信時代の処方箋 健診&検診 ホントのところ
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「サンデー毎日」の特集企画「医療不信時代の処方箋 健診&検診 ホントのところ」をご紹介します。
【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊現代」の企画「大人の発達障害」をご紹介します。
【雑誌】「週刊現代」誇大広告!効かないサプリ
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊現代」の企画「誇大広告!効かないサプリ」をご紹介します。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談