【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害

週刊現代2017年3月4日号より

 

2017年3月4日号の「週刊現代」では「あなたの家族、同僚、もしかしたらあなた自身も…ちゃんと知っておきたい 大人の発達障害」」というテーマで記事が掲載されていました。以下は記事内容の要約ですので、記事を見落とした方などはチェックしてみてください。

 

※画像は「週刊現代」ウェブサイトより http://wgen.kodansha.ne.jp/


Overview

今回の「週刊現代」では、空気が読めない人、片付けられない人、ミスを繰り返す人、そうした「生きづらさ」に悩む人は実はこの発達障害に原因があるのではないか、として特集しています。

 

雑誌媒体ターゲット層がサラリーマン層であるだけに、自分にも当てはまる…と考える読者は決して少なくないはずです。それにしても「発達障害」だなんて、あまり認めたくありませんよね。でも、いったい大人の発達障害ってなんだろう?そして、障害だと知って「救われた」という人も実は多いようです。 なぜ「救われる」のでしょうか?

その分野で活躍する人にも、発達障害は少なくない

メールの文面が雑

 

誌面ではまず、とある42歳のビジネスマンの実体験を紹介しています。事業開発やデジタル・マーケーティング部門のコンサルタントとして日米を股にかけて働くグローバル・エリートなのですが…

 

「プレッシャーがかかるとケアレスミスを繰り返したり、不手際のあった取引先に対して衝動的に激しい怒りのメールを送ってしまって大問題になったり…職場では、変わった人、と見られてきたと思います。ただ、それが単なる性格ではないと気づいたのは、8年前に初めて精神科医のカウンセリングを受けて、ADHD(注意欠陥多動性障害)と診断されたときのことです。つまり私は30代半ばにして初めて自分の障害に気がついたのです」

 

このビジネスマンはまず、コミュニケーション能力に問題のある部下のことで悩んでいたようだ。部下のことをよく観察してみると、メールの文面が雑だったり、クライアントと話が噛み合っていなかったりする。そこで問題を抱えているのではと調べてみるうちに、自分自身のこととして、ADHDという発達障害が気になり始めたのだそうだ。

 

「細やかな注意ができずケアレスミスをしやすい、注意を持続することが困難、指示に従えず宿題などの課題が果たせない、しゃべりすぎる、といった主要自覚症状のほとんどが、自分に当てはまると気づいたのです」

 

解説するのは、東京慈恵会医科大学附属病院精神神経科の小野和哉准教授。

 

「障害」という言葉にはネガティブなイメージがつきまとうが、心身の発達が遅れているという意味ではなく、脳の機能に原因があり、認知機能が標準的な人と大きく異なることをいうとのこと。

 

大きく分けて、暗黙のルールがわからず対人関係が苦手な自閉スペクトラム症、落ち着きがなく注意力散漫なADHD、学習面で読むことや書くことなど一部を苦手とするLD(学習障害)に分類され、諸障害が併存している場合もあると解説する。

 

「これらの障害は脳の機能障害によるもの。学校の成績が良かったり、大きな問題行動を起こさなかったりすると障害があると気づかないまま大人になることもあります。6?12歳の子供の6%がなんらかの発達障害を抱えていると言われています。歳を取るにつれてうまく適応する人もいますが、成人の約3%が発達障害だという推計もあるのです」

 

有名人でも発達障害の人は少なくない。昨年にはタレントの栗原類氏が「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」を上梓しカミングアウトしている。経済評論家の勝間和代氏もブログなどで自身にADHDの傾向があると認めている。公表はされていないが、ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブスといったシリコンバレーの有名企業家も発達障害があると言われている。一言で「障害」といっても、社会的に成功した人も多いのだ、としている。

障害がわかってかえって楽になった

誌面では、障害がわかってかえって楽になった、という実体験について触れている。

 

現在、地方公務員として働いている綿貫さん(仮名、29歳)。大人になってはじめて自分が発達障害(ADHDの傾向が強い自閉症スペクトラム)だと気付いたという。

 

小さい頃から、大人数のなかで話をするのが苦手で、学校ではいじめられたり、先生にひどく叱られることも続いた。それでも勉強はよくできた。特に暗記ものは得意だった。

 

「公務員になってからは。仕事を期限内に正確に仕上げることができない。周りの人たちに比べて能率が悪いので、いたたまれない気分になります。予定を立てたり、確認したりするのも苦手です。ダブルブッキングも日常茶飯事。それから聴覚過敏もあります。例えば、外回りで電車の音や風の音がすると、上司の声が遠くなってしまい、何を話しているかわからなくなるのです。普通の人の耳は話し相手の言葉に自然にフォーカスするのでしょうが、僕の場合は、雨の音、人のざわめき、BGM、食器の音などが全部並列に聴こえてくる」

 

障害のない人から見れば「注意散漫である」と見られがちだが、本当は「集中しすぎること」が問題なのだという。

 

「インターネットのゲームにはまって、朝から晩までゲーム三昧、いわゆる“ネトゲ廃人”になったこともあります。ひとつのことに集中すると、他が全く見えなくなるのです。今では、

 

はまったら逃げられない性格だと自覚しているので、ゲームやギャンブルには近づかないようにしています」

 

自分の障害を自覚して、病院で診断も受けた綿貫さんは、家族には障害を打ち明けたが、職場ではまだ公にしていない。

 

「クビにならないように、必死でくらいついている感じです。コミュニケーションが苦手なので、うまく切り出せません」

 

前述の綿貫さんは、自分が発達障害であることを自覚しているので、トラブルを避けるためにそれなりの対処ができている。しかし長年、自分の障害に気がつかないままに苦しんでいる人も多い。漫画家・作家で近著に『奥さまは発達障害』がある、さかもと未明氏もその一人だと、特集では紹介している。

 

「仕事の約束をすっぽかしたり、予定に変更があるだけでパニックになって人に当たったり。

 

気分の浮き沈みも激しく、憂さを晴らすためにお酒やタバコに依存する時期も続きました」

 

病院に行っても『うつ病』と診断され、向精神薬を飲んでいたが良くならなかった。それが44歳のときに発達障害と診断されたことで、ガラっと人生が変わったのだと、さかもと氏は続ける。

 

「私の場合は中枢神経系が弱い傾向があって、ドーパミンやアドレナリンといった、元気になったり幸福感を覚える神経伝達物質が普通より出にくい。動けない、だるい、すぐ疲れる、といった状態になりがちで、自分を肯定できないで劣等感を持ち続けてきました。しかし診断を受けて、これまで抱えてきた人間関係の悩みも障害のせいだったんだとわかり、楽になりました」

「家族が発達障害」わかったときの接し方

「情報過多」の社会が苦手

 

誌面では、発達障害のある人に対して就労移行支援サービスを提供している会社、Kaienの鈴木慶太代表取締役にも取材を行っている。その鈴木氏は、現代はますます発達障害の人にとって生きにくい社会になってきている、と指摘する。

 

「特に大都市は辛い。コンビニや飲食店のアルバイトでも素早い対応が求められる。消費者の側が高い水準の『普通』を求めた結果、生産者側もミスがゼロで迅速という『普通』を求められるのです」

 

そんな現代だからこそ「障害」を「個性」としてとらえられるようになってはじめて、本人の生きづらさや周囲との軋轢は解消される、と誌面では述べている。そして家族をはじめとした周囲の接し方も、その解消のためのポイントになるという。

 

家事ができない主婦

 

発達障害というのは、最近になってようやく認知されてきた概念。本人にそのような障害があると診断されても、家族がそれを認めたがらないケースは多い。発達障害の妻と息子を持つ浦部さん(仮名・38歳)が語る。

 

「子供が中学校で不登校になったため、先生に相談したところ『発達障害の疑いがあるから、一度診てもらってみてはどうか』と勧められました。診断を受けてみて『もしかすると、妻も同じ障害かもしれない』と思うようになったのです」

 

「妻は普通の主婦ですが、ちょっと風変わりなところはあった。一番困ったのが、浪費グセ。放っておくとクレジットカードの限度額まで洋服を買ってしまう。私が本気で怒ったら逆にスイッチが切れたみたいに無表情になっていくんです」

 

妻にも受診してもらい、障害を自覚してもらうことができた。障害を理解することでコミュニケーションの仕方も変わったと語る浦部さん。

 

「例えば『適当に片付けておいて』と言えば、本当に適当に置きっぱなしにするので『どこの棚のどの引き出しにしまって』と詳細に伝えれば、きちんとやってくれる」

 

トラブルを回避するためのコツを覚えたという感じでしょうか、と浦部さんは語る。

 

苦手なことがあっても、それを理解して補い合うのが家族。

 

自身も発達障害の当事者で、障害を持つためのワークショップ「イイトコサガシ」代表の冠地情氏はこう語っている。

 

「子供に限らず、家族に発達障害がある人がいる場合は、周囲がそれを認めることが、一番大切です。長い目でみて関われば、うつや引きこもりなどの二次的な障害に発展することも少なくなるのです」

 

ADHDの傾向が強い発達障害を持つ妻と…

 

誌面ではほかにも、ADHDの傾向が強い発達障害を持つ51歳の女性とその夫、子供2人の4人家族の例などを掲載している。詳しくは誌面(「週刊現代」2017年3月4日号)を購入の上、詳細を確かめていただきたい。

 

 

週刊現代2017年3月4日号「大人の発達障害」より引用および要約

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害


【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害


【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害  【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害  【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害  【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害  【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害  【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害


【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

【雑誌】「週刊現代」大人の発達障害|医師紹介会社研究所関連ページ

【雑誌】「週刊ダイヤモンド」 医師・看護師大激変 診療報酬改定が迫る医師・看護師民族大移動
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊ダイヤモンド」の特集企画「医師・看護師大激変 診療報酬改定が迫る医師・看護師民族大移動」をご紹介します。
【雑誌】「週刊朝日」 指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊朝日」の特集企画「指導医・認定医がいる腰痛手術のいい病院557」をご紹介します。
【雑誌】「週刊新潮」 寝たきりを招く「サルコペニア」にならない最新ガイド
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊新潮」の特集企画「寝たきりを招く「サルコペニア」にならない最新ガイド」をご紹介します。
【雑誌】「週刊現代」医者の「階級」と「実力」の関係 -本当に手術がうまいのは誰か、肩書ではわからない-
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊現代」の特集企画「医者の階級と実力の関係」をご紹介します。
【雑誌】「安心」めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「安心」の特集企画「めまいは自分で治せる 名医4人が伝授 最強療法」をご紹介します。
【雑誌】「安心」腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「安心」の特集企画「腸もみで10kgから15kg痩せた、腸もみで糖尿病・肝機能・ガス腹・便秘も大改善」をご紹介します。
【雑誌】「サンデー毎日」医療不信時代の処方箋 健診&検診 ホントのところ
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「サンデー毎日」の特集企画「医療不信時代の処方箋 健診&検診 ホントのところ」をご紹介します。
【雑誌】「週刊現代」誇大広告!効かないサプリ
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「週刊現代」の企画「誇大広告!効かないサプリ」をご紹介します。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談