【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり

Eテレ「放送大学」 H29年1月28日 6:00〜より

 

2017年1月28日放送のEテレ「放送大学」では「心理臨床と身体の病」をテーマに放送していました。以下は番組内容の要約ですので、番組を見落とした方などはチェックしてみてください。

 

※画像はEテレ「放送大学」ウェブサイトより http://www.ouj.ac.jp/

 

担当講師 小林真理子、幸田るみ子、小池眞規子、橋本洋子、矢永由里子


1.医療機関における心理士の活動の現状

日本臨床心理士会が2014年に行った調査(回答者1416人)によると、「臨床心理士が勤務する診療科・診療支援部門」は、精神科が965人、心療内科が447人と多くの人が精神・心の医療の領域に従事している。その他、小児科、内科、神経内科など多様な領域で臨床心理士が活躍している。

 

次に、国の医療事業である5大疾患5事業における臨床心理士の取り組みについて。

 

2013年度の1年間に臨床心理士が担当した5大疾患においては、認知症を含む精神疾患が1212人と突出している。その他、がんが289人、糖尿病が191人、脳卒中が139人、急性心筋梗塞62人の順になっている。

 

また5事業においては、回答者の約4割が、救急医療、周産期医療、へき地医療、災害医療、小児医療のいずれかに携わっている。精神医療の領域から始まった心理士の身体的医療活動は、現在では身体医療のあらゆる領域・診療科において必要とされ、広がっている。


2.5人の講師による座談会

 

1)身体医療領域におけるこれまでの実践

 

小林(司会)

 

1980年代に大学の文学部心理学科を卒業。東京都に心理職として就職、精神医学総合診療所の臨床心理学部門に配属。そこで総合病院の精神科や小児科に勤務し、臨床心理の歩みを始める。

 

約15年東京都に勤務した後退職。学生相談室で働きながら在籍した大学院時代、子育て中のがん患者への支援を研究課題として取り組む。これをきっかけに、以前勤務していた病院の緩和ケアチームに所属、以降がん臨床領域に携わる。

 

橋本

 

周産期の心理領域が専門。NICU(新生児集中治療室)において心理士が何か役に立てるのではないかと思ったことをきっかけに、NICUで新生児や家族への心のケアに携わっている。1997年に周産期心理士ネットワークを立ち上げる。

 

矢永

 

1978年のアメリカ留学中、留学生専用の充実したカウンセリングセンターがあったことがきっかけでカウンセリングに興味を持つ。

 

1980年、2度目の渡米で心理学を専攻していた際、祖母ががんであることが発覚。その際、ターミナルケアやホスピスに触れ、学部生・院生時代にホスピスを実践する病院で学ぶ。

 

帰国後、HIV・エイズのホスピスケアに携わっている。

 

幸田

 

1980年代、コンサルテーションリエゾン活動が活発になったころ、大学病院で臨床心理を始める。

 

そこで数多くの身体疾患の患者に触れるうちに、患者の精神症状は薬やホルモンなど生体学な影響が大きいことを目の当たりにし、医療を一からやり直したいと考え、10年の臨床心理を経験したのち、医学部に進み精神科医となる。現在はリエゾン精神学に興味を持ち取り組んでいる。

 

小池

 

教育学部で心理学を学んでいる当初から、病院で病気の子供に携わりたいという思い、国立成育医療研究センターに心理職として就職。

 

1年勤務した後、東邦大学医学部付属病院小児科でNICUから思春期・青年期までの子供たちと関わっていくうちに、もっと医学を学びたいという思い、筑波大学大学院に入学、終末期医療について研究。

 

その後国立初のホスピスである国立療養所松戸病院で勤務。松戸病院と柏病院が統合され、国立がんセンターが設立、そこで緩和ケアに携わり、現在に至る。

 

2)身体医療領域の心理士の立ち位置と役割

 

矢永

 

HIV・エイズは1980年代から社会的に問題となった。心理社会的課題が深刻であったが、現場は手探り状態で、若者にいかに告知するかがテーマだった。

 

カウンセラーには心の支援が期待されていたが、患者・家族、医療関係者自体もカウンセラーとは何なのか理解が進んでなかった。一方で、新しい分野でモデルもないので、自分達で患者・家族に良いサポートとは何かを議論して作っていった。

 

型が何もない中で、「患者・家族に役に立っているか」を指標にしながら活動していった。医療者とのコミュニケーションも通して一歩ずつモデルを作ってきた。

 

橋本

 

国内外にモデルのない中で、臨床実践の中で形を作ってきたという意味では、周産期も同じ。周産期が異なるのは、患者・家族や医療者の依頼で心理面接をするのはまれ。

 

自分たちがNICUや病室に出向いて行き、赤ちゃんや家族と会うのが自然な流れ。問題があるから心理的ケアを行うのではなく、問題・疾患あってもなくても先端医療の場で赤ちゃんと家族の心が育まれるように、心理士は見守り手であるようにした。

 

心のケアは心理士の専売特許ではない。医師の治療、看護師の看護など具体的手段があって、心への配慮があるときが一番の心のケアであると思う。

 

心理士は具体的に何かやることが決まっているわけではないが、その場にいて、逆に聞く器になることができる。それが心理臨床の基本。

 

小池

 

がん医療でも面接室での面接は少ない。がん患者はがんの治療に来ていて、がんになって生じた心の問題がある。

 

その心の問題をサポートするのが心理職。医師も看護師も患者・家族のために、どんなことが役に立つのか、多職種みんなで行っていくのが心のケア。実践から一つ一つ学ぶのが身体医療領域における心理臨床。

 

私ががん医療に携わって間もないころ、まだがん終末期患者にどういったサポートをしたらよいかが広まっていいなかった。心理の面ではHIV・エイズのカウンセラーから多くを学ばせてもらい、心理職の役割はつなぐことだと学んだ。

 

患者と医者・看護師、医師同士、家族と患者など様々なつなぎの役割は心理職が型にはまってないからこそできる役割。

 

幸田

 

医療の領域で心理士が働くことの多い精神科や心療内科といった診療科の患者は、何か自分には心の問題があるかもしれないと根底に感じている。

 

そうすると心理士と向き合うときには、ある程度モチベーションがある。しかし、身体科の患者は身体の病気を治すために病院に来ている。そこで心の問題に対応します、といきなり言われると抵抗する。

 

「もっと身体の苦しさを取ってほしい、自分の心が弱いからか。」と警戒する。身体科の心理士は、メンタルケアに当たる際、患者に抵抗感があることを理解した上で取り組む必要がある。患者の抵抗・心配を感じながら関わるのが心理士の役割。

 

3)身体医療領域の心理士のこれから〜何が求められているのか〜

 

橋本

 

医療者が求めることと患者が求めることを自分の中で分けて考えることが必要。周産期では、NICUの保育器の前でお母さんと一緒に立っている時間がある。

 

一見すると何もせず役に立っていないように見えるが、その時間がとても大切。でも役に立っているということをアピールしようとすると違ってくる。そんな心理士のスタンスについて、周産期関連の医学会や医療雑誌で地道に発信し続けることで、医療側に理解が広がってきている。

 

また、チーム内で理解し合うのは大切。でも理解しながらも同化してしまっては意味がなくなる。異質のままでいることが実は大切。ただ、異質のまま一人職場にいるのは大変なこと。そのあたりは周産期心理士ネットワークで、密な研修を組んでサポートし合っている。

 

矢永

 

二つ求められていると思う。一つはコミュニケーション能力。他者へつながる、他職種と連携する。自ら出ていってつながろうとする能力も必要。

 

具体的にはカルテにコンパクトに自分の専門性を活かしながら書くこと。もう一つは、漠然としているが広い視野を持つこと。好奇心やチャレンジ精神が必要。現在の心理臨床モデルは、今までの社会状況に対して生まれたもの。

 

社会は生きていて常に変化する。それをいつも意識して変化をキャッチし、柔軟性を持ってやっていく必要あり。

 

小池

 

 全体を見渡せること、柔軟に考えて行動できること。誰もがわかる言葉で患者、家族、医療職とコミュニケーションがとれることが大切。心理職は多くの心理療法を学ぶが、○○(マルマル)療法にこだわらないことが大切。

 

幸田

 

心理士が働く場は医療領域だけでなく、学校領域、産業領域、司法領域など多様で、大学・大学院の学生は非常に覚える量が多い。しかも医療領域は精神科、心療内科領域が中心となるため、今回のテーマのように、身体科領域に特化した講義はたぶんない。

 

そうすると大学院を出て心理士になって身体科領域に出ても、ノウハウがない。そのため、卒後研修といい形で身体科医療についてシステマティックに学ぶ機会を作るのが課題。医師のような研修医制度のように、特に医療に関わる心理士は全員がきちんと受けられるような研修制度が必要。

 

小林

 

学生は机上のものをなかなか実践に役に立てられない。事例検討会など実践の場で勉強させる機会が必要。また、それぞれの診療科、身体疾患に特化した勉強も必要。さらにそれぞれの分野ごとの研修が必要。学部、大学院での勉強は基礎的なもの。そこから就職して医療現場に入ってからが、また新たなスタート。


まとめ

 

身体医療における心のケアには、治療中の患者さんの不安や苦痛に対応するだけでなく、病気になった一人の人が病気と向かいあいながらどのように生きていくのか、そこを支援していく営みも含まれている。

 

病気と向き合っていくには、エビデンスに基づく医療の現場において、ナラティブな視点をもった心理士の存在が必要となる。患者さんや家族一人一人のかたわらに寄り添い、病を抱えながら生きていくその人の物語をじっくり聞いていく姿勢が求められている。

 

診断時から治療期、終末期、グリーフケアに至るまでの様々な局面において、患者や家族の心のケアの担い手として、心理士の貢献できる役割は大きい。これまで蓄積されてきた臨床心理学の治験と心理臨床の知恵をチーム医療の中で応用し、活かしていくことが求められている。

 

Eテレ「放送大学」2017年1月28日放送「心理臨床と身体の病」より引用、要約、および台詞等一部書き起こし

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり


【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり


【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり  【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり  【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり  【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり  【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり  【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり


【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり|医師紹介会社研究所関連ページ

【TV】「はなまるマーケット(TBS)」今が危険、あなたのカラダを襲う!カビの恐怖
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「はなまるマーケット(TBS)」の特集企画「今が危険、あなたのカラダを襲う!カビの恐怖」をご紹介します。
【TV】 「ひるおび(TBS)」 熱中症より恐ろしい夏の不調!猛暑が影響3つの注意点
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「ひるおび(TBS)」の特集企画「熱中症より恐ろしい夏の不調!猛暑が影響3つの注意点」をご紹介します。
【TV】 「ワイドスクランブル(テレビ朝日)」 「ピロリ菌は宿敵」胃がん撲滅を目指す医師
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「ワイドスクランブル(テレビ朝日)」の特集企画「『ピロリ菌は宿敵』胃がん撲滅を目指す医師」をご紹介します。
【TV】「あさイチ(NHK)」子宮頸がんワクチン、接種をすすめていたのに…
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「あさイチ(NHK)」の特集企画「子宮頸がんワクチン、接種をすすめていたのに…」をご紹介します。
【TV】「あさイチ(NHK)」牛乳が血圧を下げる
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「あさイチ(NHK)」の特集企画「牛乳が血圧を下げる」をご紹介します。
【TV】「ヒルナンデス(日本テレビ)」これでグッスリ!夏の快眠術
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「ヒルナンデス(日本テレビ)」の特集企画「これでグッスリ!夏の快眠術」をご紹介します。
【TV】「報道ステーション(テレビ朝日)」ひざの軟骨再生医療 最前線
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「報道ステーション(テレビ朝日)」の特集企画「ひざの軟骨再生医療 最前線」をご紹介します。
【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気1〜3 インフルエンザ、呼吸器の病気、おなかの病気」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「まいにちスクスク(Eテレ)」の特集企画「冬にかかりやすい病気1〜3 インフルエンザ、呼吸器の病気、おなかの病気」をご紹介します。
【TV】健康カプセル!ゲンキの時間 (TBS系列)「血圧急上昇に要注意!冬の危険な落とし穴とは!?」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「健康カプセル!ゲンキの時間 (TBS系列)」の特集企画「血圧急上昇に要注意!冬の危険な落とし穴とは!?」をご紹介します。
【TV】「きょうの健康(Eテレ)」デスクワークにも問題が?5人に1人!つらい胸やけ「胃食道逆流症」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「きょうの健康(Eテレ)」の特集企画「デスクワークにも問題が?5人に1人!つらい胸やけ「胃食道逆流症」」をご紹介します。
【TV】「総合診療医ドクターG(NHK)」患者の訴え「頭が痛くてだるい」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「総合診療医ドクターG(NHK)」の特集企画、患者の訴え「頭が痛くてだるい」をご紹介します。
【TV】きょうの健康(Eテレ)「うつ病 徹底解説 サインに気付く」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「きょうの健康(Eテレ)」の特集企画「うつ病 徹底解説 サインに気付く」をご紹介します。
【TV】健康カプセル!ゲンキの時間 (TBS系列)「あなたは肩で損してる!全身スッキリ!巻き肩解消術」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「健康カプセル!ゲンキの時間 (TBS系列)」の特集企画「あなたは肩で損してる!全身スッキリ!巻き肩解消術」をご紹介します。
【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「まいにちスクスク(Eテレ)」の特集企画「冬にかかりやすい病気4 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」をご紹介します。
【TV】「シリーズ医療革命 (NHK BS1)」「あなたを襲う“血糖値スパイク”」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「シリーズ医療革命(NHK BS1)」の特集企画、「あなたを襲う“血糖値スパイク”」の要約をご紹介します。
【TV】「きょうの健康(Eテレ)」脂質異常症 隠れたリスクを見逃すな「食後高脂血症」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「きょうの健康(Eテレ)」脂質異常症 隠れたリスクを見逃すな「食後高脂血症」の要約をご紹介します。
【TV】まいにちスクスク(Eテレ)子どものくすりの与え方(3)「塗り薬の使い方」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「まいにちスクスク(Eテレ)」の特集企画「子どものくすりの与え方(3)「塗り薬の使い方」をご紹介します。
【TV】「ガッテン!(NHK)」つら〜い冷え性が改善!血管若返り術
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「ガッテン!(NHK)」の「つら〜い冷え性が改善!血管若返り術」をご紹介します。
【TV】「まる得マガジン(Eテレ)」ストレスに負けない!マインドフルネス(1)脱力ストレッチ
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「まる得マガジン(Eテレ)」の「ストレスに負けない!マインドフルネス(1)脱力ストレッチ」をご紹介します。
【TV】「きょうの健康(Eテレ)」肌のトラブル 冬の乾燥肌対策
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「きょうの健康(Eテレ)」の「冬の乾燥肌対策」要約をご紹介します。
【TV】「まる得マガジン(Eテレ)」ストレスに負けない!マインドフルネス(2)温暖ストレッチ(3)自己主張ストレッチ
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「まる得マガジン(Eテレ)」の「ストレスに負けない!マインドフルネス(2)温暖ストレッチ(3)自己主張ストレッチ」をご紹介します。
【TV】「きょうの健康(Eテレ)」うつ病徹底解説「違う病気?」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「きょうの健康(Eテレ)」の「うつ病徹底解説「違う病気?」」要約をご紹介します。
【TV】「カラダの食育 そうなんだ研究所(TBS)」「風邪」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「カラダの食育 そうなんだ研究所(TBS)」「風邪」要約をご紹介します。
【TV】「まる得マガジン(Eテレ)」ストレスに負けない!マインドフルネス(4)コーピング
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「まる得マガジン(Eテレ)」の「ストレスに負けない!マインドフルネス(4)コーピング」をご紹介します。
【TV】健康カプセル!ゲンキの時間 (TBS系列)「ホルモン」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「健康カプセル!ゲンキの時間 (TBS系列)」の特集企画「ホルモン」をご紹介します。
【TV】「チョイス@病気になったとき(Eテレ)」まとめスペシャル 肺の病気
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「チョイス@病気になったとき(Eテレ)」の「まとめスペシャル 肺の病気」をご紹介します。
【TV】健康カプセル!ゲンキの時間 (TBS系列)「納豆・ヨーグルト」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「健康カプセル!ゲンキの時間 (TBS系列)」の特集企画「納豆・ヨーグルト」をご紹介します。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談