【動画インタビュー】 CME@医師転職(株式会社CMEコンサルティング)

特集:CME@医師転職(株式会社CMEコンサルティング) 動画インタビュー【Vol.2】

■作成日 2016/1/28 ■更新日 2018/4/20

 

医師紹介市場の成長と成熟に伴って、AAA評価以外にも、近年高い実力を持ち合わせている医師紹介会社が増えてきました。そうした「今注目を浴びる隠れた実力派企業」にインタビューを行う特別企画です。今回は2011年に設立され、「CME@医師転職」を展開する株式会社CMEコンサルティングにお伺いをし、設立時から同社に関わるコンサルタント、佐山秀典氏にお話しをお伺いしました。全3回シリーズの第2回です(今回は動画ありのインタビューです)。

 

【Vol.1】:アフターフォローとオーダーメイドに注力
【Vol.2】:医局を辞める際は「円満かつ正直」でありたい
【Vol.3】:ミスマッチを100%なくしたい


CMEにおける非公開求人の取り扱い

特集:CME@医師転職(株式会社CMEコンサルティング) 動画インタビュー【Vol.2】

 

今回のインタビューは動画視聴が可能です

 

 

 

前回、御社ではアフターフォローの手厚さが売りとお聞きしました。


 

特集:CME@医師転職(株式会社CMEコンサルティング) 動画インタビュー【Vol.2】

 

ご入職後も何年もお付き合いが続いている先生ばかりなんですよ。


 

 

―― 御社は非公開求人案件をどれくらいの数お持ちでしょうか?

 

当社サイトへ匿名掲載すらしていない完全非公開案件ですと、全国で100件程度有ります。

 

 

―― 医師紹介会社ごとに定義があいまいな非公開求人ですが、御社において非公開求人案件と公開求人案件の決定的な内容の違いとは何ですか?

 

当社エージェントの人脈で入手した非公開の院長募集案件や、新規開院情報を非公開求人と定義しております。後は特定の先生の為にオーダーメードでポジションを作ってもらったものの進捗の中で話がつぶれてしまった案件(同様のスキルを保持する医師なら声をかけてほしいと云われる)、超がつくほどの高額案件、などを完全非公開として取り扱っています。

 

多いパターンは、現ポジションに在任している先生へ絶対に知られたくないという募集であり、これはそもそも載せられないというものです。

 

後は、載せる必要もなく、当社へ既登録の先生へご案内すれば直ぐに決まってしまうような、半日8万とか、1日16万とかの高額非常勤。

 

また、最近は、昨年より始めた新規事業である薬剤師向け転職支援サービスに絡んで、調剤薬局企業から預かったクリニック求人などでしょうか。

 

一概に、完全非公開案件は高条件ですよとまでは言えないかもしれません。繰り返しとなり恐縮ですが、当社の使命として、1600万円の普通の募集を、交渉を重ねることにより1800万とか2000万で着地させる、先生の希望に沿った形で、またそれに最大限こたえることに、我々の存在価値があると考えております。

 

 

―― 他医師紹介会社からCMEさんにご利用先を変更される医師はおりますか?またそれはどのような理由でCMEに変更したのでしょうか。

 

いらっしゃいますね。他社紹介で入職したものの、まったく聞いていた条件と違ったので転職自体をやり直したいという、ごくスタンダードなケースから、既に他社とあるところまで話が進んでしまっているが、オーダーメード形で徹底的に先生側にたった交渉を行うと噂に聞いたので、セカンドオピニオン、サードオピニオンのつもりで相談したなどがあります。

 

あるケースでは、他社紹介で、既にその医療機関と面接を行う予定になっている、ところまで話がすすんでいるのに、つまり、当然に当社が後からで、本来は当社としてもそれ以上は首を突っ込まないのですが、先生の強い希望で当社紹介による面接に変更した、という医療機関も困惑されたケースなどもあります。

 

また、結果的に当社紹介により転職された先生の話ですが、同時期、或いは当社より先に他社からも当社が紹介した病院(結果的にここに転職した)の提案を受けていたらしいのですが、当社からの提案が、他社のそれとは、まるで異なる医療機関かと感じたほどだと有り難い言葉を頂いたこともあります。

 

 

―― 人気のある「産業医求人」に関する御社としての特別な営業的取り組み等はありますか?また「良質な産業医」求人を医師が獲得するためのポイントは何ですか?

 

特別な営業的取り組みとまでいえないかもしれませんが、最近もとある産業保健業界を専門としている会社とアライアンス契約を締結しました。また数年前より社員向けメンタルヘルス、福利厚生関係を業としている会社との業務提携もございます。

 

保有している産業求人の多くは、自社で開拓をおこなったものですが、そのような業務提携会社の関係で医師紹介会社のサイトなどでは表に出ていない案件も保有しております。

 

これら、産業医やMDなどの企業系の募集案件は、求人元から、強く非公開を希望されるケースが多いこともあり、匿名求人としてサイトへ掲載しているものと、完全非公開としているものに分かれます。

 

既登録者への定期的なメルマガに載せたり、個別に打診したりなどで、企業系希望として登録いただいたことのある先生方へ御紹介しております。

 

 

―― 高齢(60代等)の医師転職に対して特別な支援などありますか?

 

これもその先生がどのようなオーダーを当社にされるかによるので一概には言えませんし、ご高齢の先生のために、特別支援を行っているということもございません。

 

なお、ご存じとは思いますが、医師の60代というのは、まだまだ当然に現役世代かと思います。医師に定年はないともいわれているくらいですので。

 

ですので、当社としては、目の前にいる医師のオーダーに最善を尽くしてこたえる、これを最重要と考えておりますので、それは28歳の医師に対しても、78歳の医師に対しても変わることはありません。

 

 

―― 年収2000万円以上などの高収入案件を積極的に集めているなどの動きは社内でありますか?

 

そのようなオーダー、何よりもそこが唯一無二の転職条件という先生が多くいらっしゃるのは事実です。そのような場合、当然に2000万以上など高額案件を積極的に集めるという動きもしますが、実際のところを正直に申せば、どこの紹介会社へも1800万をベースにしているとか、2000万も可、などと出している医療機関は、あえて勧めません。なぜなら、はっきり申し上げて勤務医としての年収相場が2000万とは、とてもいえないからです。

 

この先生であれば本来は1500万がベースだけれども、このようなポジションでお迎えすることにより2000万を提示します。とか、その業務まで担っていただけて、このようにオペ件数の増加を保証いただけるとの事なら2000万で契約します。というのが本来。実際のところです。

 

つまり、濁した言い方で恐縮ですが、相場以上で募集している理由は?そうせざるをえない理由は?という考え方もある、と思います。当社へご登録いただいた際には、そのあたりの裏情報も含め、提供可能です。

 

医局を辞める際は「円満かつ正直」でありたい

特集:CME@医師転職(株式会社CMEコンサルティング) 動画インタビュー【Vol.2】

CMEコンサルティングエントランス前

 

 

―― 医局の辞職で悩まれている先生にはどのようなアドバイスをされますか?

 

その先生の年齢やポジション、医局や教授との関係性など、ケースバイケースではありますが、先ず、そもそも何故、医局を離れようと考えられたのか、本当に医局と切れてもいいのか、何らかの形で線を残したいのか、先生の本音を徹底的にお聞きします。

 

その上で、原則として、円満退職を目指すこと一択の視点でアドバイスをさせていただきます。特に、絶対にお勧めしないと申しますか、強くアドバイスをすることが教授や医局長に絶対に嘘をつかないほうがいい、ということは必ず申し上げております。

 

過去には、当社紹介で転職を決められた病院を、その先生の所属医局の関連先に新規にすべく、院長や事務長に動いていただいたというようなケースもございます。色々なケース、経験値を当社はもっておりますので、遠慮なく相談いただければと思います。

 

 

―― 転職成功後のフォローアップの具体的内容について教えてください

 

定期的に電話やメールで連絡を行うのは当然のこと、必ず、医療機関側へも先生側へもお会いさせていただくことを心掛けております。やはり、誰でもありえる話かと思いますが入職したら思っていたのと違った、ということは、いくら最善を尽くしても起こりえます。

 

また、実際に入職された先生に話を聞くことにより、当社としては、まさに求人票では書けない情報を入手したことにもなりますので、ある意味、それはポジティブな話もネガティブな話も全て当社の財産になると考えております。

 

後は、先程も申し上げましたが、先生のお子様の事情を把握しているのであれば、育児関連、教育環境に関する情報提供を継続的に行ったりとか、将来、開業を視野に入れられてる先生であれば税務面の相談を受けたりとか、様々な形でお付き合いさせていただいております。

 

 

―― フォロー後のお付き合いはどれくらいの期間に及びますか?

 

特に期間を定めてはおりません。当社設立当初から、長くお付き合いをさせていただいている先生が何名もおりますよ。

 

 

―― 医師紹介会社としての今後の課題は?

 

おかげさまでと云う言い方は少しおかしいかもしれませんが、ニーズや案件数は右肩上がりで順調にきております。

 

しかしそれ故に、特に最近は人的リソース不足が否めません。また、当社のいうリソースというのは、ただ採用すればいい、人数だけ揃えればいいという話ではありませんので、一人ひとりの質を担保したうえでの増員こそが肝要であり、これが、当社最大の課題です。

 

またもっと具体的な話をすれば、現時点においては、「徹底的に、こだわりをもってやってるので、是非、登録してください。損はさせません」とまで云えないスポット求人、非常勤求人についても、今後は注力をしていく予定です。

 

=Vol.3に続く=

 

【Vol.1】:アフターフォローとオーダーメイドに注力
【Vol.2】:医局を辞める際は「円満かつ正直」でありたい
【Vol.3】:ミスマッチを100%なくしたい


最終評価判定:登録先候補の有望企業として名乗り出た1社

特集:CME@医師転職(株式会社CMEコンサルティング) 動画インタビュー【Vol.2】

 

新進気鋭の中でも活躍が目立つCMEコンサルティングですが、当研究所の取材及びリサーチにおいて、同社の医師紹介サービスはAA評価であると判断しております。

 

特に常勤転職に強みを持つCMEコンサルティングへの登録は、数ある医師紹介会社の中からの選択肢として価値あるものとなる可能性が高いでしょう。そのためにはベテランコンサルタントを担当につけてもらえるように促すことが一策です。

 

多くの医師紹介会社が「紹介しっぱなしで後のケアに対する意識がない」と言われる中、CMEコンサルティングでは転職後のアフターフォローに力を大きく注いでいる点も心強いです。スポットや定期非常勤と異なり、常勤求人は1度の失敗が医師人生に大きなインパクトをもたらします。失敗はできないのです。

 

そうならないためにも、転職当初から信頼できる医師紹介会社をパートナーの1社として選定し、協力して転職作業を進めていくべきでしょう。CMEコンサルティングはそのための適役企業であり、当研究所では積極的なご登録をおすすめいたします。

 

【評価AA(高評価)】の医師紹介会社

特集:CME@医師転職(株式会社CMEコンサルティング) 動画インタビュー【Vol.2】

 

 

医師転職支援コンサルタント・野村龍一のアドバイス

 

「登録をおすすめする医師紹介会社です。組織力がありコンサルタントの能力が標準化されたオールマイティ型というよりは、個別コンサルタントの能力に頼る部分が大きいので、担当についた方との相性を冷静に見極めて下さい。組織力よりもコンサル個人の力で成果を出すスタイルなので、評価AAAの組織総合力の高い医師紹介会社と同時に登録をして活用することをおすすめします。常勤に強かったり、アルバイトに強かったりなど特徴がわかりやすいですので、登録しておいて損はないでしょう」


 

ここからAA評価のCMEコンサルティングに登録/相談する

 

こちら医師紹介会社は、今すぐ転職をしなくとも、情報収集目的の「お試し無料登録」でも気持よく対応してくれる企業です。まずは転職求人情報を気軽に入手するために登録して、後ほどじっくり転職タイミングが来た際に再度相談することも可能です。決して登録したからといって即転職を強引に勧めたりしない安心紹介会社であることを保証致します。

 

特集:CME@医師転職(株式会社CMEコンサルティング) 動画インタビュー【Vol.2】

特集:CME@医師転職(株式会社CMEコンサルティング) 動画インタビュー【Vol.2】

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com

常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。 ※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ ※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


特集:CME@医師転職(株式会社CMEコンサルティング) 動画インタビュー【Vol.2】


特集:CME@医師転職(株式会社CMEコンサルティング) 動画インタビュー【Vol.2】


特集:CME@医師転職(株式会社CMEコンサルティング) 動画インタビュー【Vol.2】


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法