【AAA企業に聞く】 成功する医師転職のタイミングと準備期間

特集:エムスリーキャリア動画インタビューNo.2:成功する医師転職のタイミングと準備期間

■作成日 2014/10/16 ■更新日 2018/7/9

 

あの医師紹介会社はなぜAAA評価なのか?単純な求人数ランキングに現れない、血が通った医師転職現場を担うキャリアコンサルタン々の声を直接聞くことで、外からわからなかった医師転職支援の生の姿がわかります。AAA評価企業のみに絞った特別インタビュー企画、今回はエムスリーキャリアエージェントを運営するエムスリーキャリア株式会社にお邪魔し、現役キャリアコンサルタントの高橋渓介さん(医師事業部 キャリアコンサルティンググループ リーダー)に、医師転職支援の現場についてお話を伺ってきました。三回シリーズの第二回目です。

 

【第一回】:エムスリーキャリア株式会社の競合優位性
【第二回】:成功する医師転職のタイミングと準備期間
【第三回】:医師紹介事業による地域貢献の重要性


成功する医師転職のタイミングと準備期間

医師と2年間もの間お付き合いを続け、その方に適切な転職タイミングを図るのも珍しくない。

特集:エムスリーキャリア動画インタビューNo.2:成功する医師転職のタイミングと準備期間

 

 

インタビュー企画の第二回です。この企画は浜松町近くにある洗練されたオフィスにお伺いしてお話を伺いました。


 

特集:エムスリーキャリア動画インタビューNo.2:成功する医師転職のタイミングと準備期間

 

医師の先生や医療機関の方に訪れて頂いた際にも、気持よくお話をして頂ける清潔な社内環境づくりにも気を抜かないように、社員一同気をつけています。


 

 

成功する転職の準備タイミングは?

 

 

―― 転職支援には時間がかかるケースもあるのでしょうか?

 

はい、ありますね。1年、あるいは2年以上とか。

 

 

―― 2年ですか!数ヶ月というのは耳にしますが、2年間というのは初耳です。

 

そうでしょうか?数ヶ月というケースももちろん多いですが、弊社では1年、2年とフォローするのは珍しいことではありませんよ。今も2年半前からお付き合いさせて頂いている先生がいらっしゃいます。

 

 

―― 要は、その先生は2年半の間、1度も転職をせず、御社は医療機関から紹介手数料を頂くことなく、医師とお付き合いを続けていると。

 

もちろん、そういうことになります。それは先生の今後のキャリアを考えると、まだ現在の職場を抜ける適切なタイミングではないからです。ですから、今入職できる先があってもお勧めをすることはありません。

 

 

―― タイミングがあるのですね。御社には転職前のかなり早い段階から相談しておく方がよいのでしょうか?

 

早い段階から相談して頂いてもいいですし、転職タイミング直前でも大丈夫です

 

熟練したコンサルタントであれば、診療科目と経験年数等によって、その先生の過去のご経験と現在置かれている状況が推測できます。その上で、その先生がどのような働き方をしていきたいかをヒヤリングして、将来の選択肢をご提案していきます。

 

その上で、たとえば2年後に特定の医療機関で引き上げが起こるだろうということが想定できるならば、「その2年をお待ちになるかどうか」という点を先生に確認いたします。

 

 

―― 動かない選択肢も含めてご提案するのですね。

 

はい。結果的に「他社とは違うね」と先生から評価していただけます。

 

 

―― 仮に医師から「転職活動から実際の入職までには何ヶ月くらいの期間が必要?」と問われた場合は、どうご返答されているのですか?

 

先生の立場を考えると、病院勤務の方は最低でも3~6ヶ月はみた方がいいと思います。主治医として現在行っている治療の引き継ぎが一番重要になるからです。

 

ただ就業するだけならば、1ヶ月あれば入職可能です。しかし、同僚医師や患者との関係性を考えれば、3~6ヶ月。医局内のポジションによっては半年~1年みたほうがいいです。

 

たとえば、特定資格を所有する医師で旧帝大所属の先生ならば、1年半前には動き出した方がいいといったように、所属大学医局によっても準備期間は変わります。

 

 

―― 特定の資格といいますと専門医ということですか?

 

専門医、技術認定医ですね。ある特定の技術認定は取得するのに推薦状が必要になるケースがあり、そのお礼奉公として一定期間勤務を継続することも考えなければなりません。その点を理解した上でスケジュールを組み、提案をしております。

 

 

―― なるほど。

 

更に、お子様の就学時期など、先生のライフイベントに合わせた転職時期の調整も必要です。そうすると、先に例として挙げた2年半お付き合いを続けているというのも珍しいことではないわけです。

 

 

―― 医師の立場を深慮された結果、それくらいの時間をかけて応対することは御社にとって当然のことなのですね。ちょっとイヤラシイ質問ですが、そういうじっくり構えたやり方に対して、「営業利益的にはもっと早く転職させた方がいい」というような声は社内から出てきたりしないのですか?

 

社内からは全くでてきませんね。あくまでも先生にとってベストな転職をしていただくことが重要であるということが、社内で共有徹底されていますので。

 

もちろん、医療機関からは早く医師を紹介してほしいというニーズがありますが、「半年以内にあの病院に入職させなければいけない」といったような考え方を持たないようにしております。

 

あらゆる場面で「誠実に対応すること」は社内に浸透している考え方です。

 

 

「誠実な対応」という社内ルール

特集:エムスリーキャリア動画インタビューNo.2:成功する医師転職のタイミングと準備期間

 

―― 「誠実に対応すること」という共有価値観は、御社のコンサルタントさんへの社内教育にも反映されている?

 

明確に反映されています。1人のコンサルタントが医師の人生に責任を負うということ、先生に働きやすい環境を提供することで、地域の医療環境も変わるということを、全てのコンサルタントに理解させます。

 

 

―― 全てのコンサルタントにですか?

 

はい。個人的な話ですが、実は私は9歳の頃から腎臓病で医師に大変お世話になっていました。

 

長い闘病生活を経て、ある時腎臓病専門の先生を大学病院で紹介していただいたことがきっかけで飛躍的に回復し、3週間後には退院して、薬の量も少なくすることが出来たという経験をしました。

 

医師が専門性を生かせる環境かどうかによって、救われる患者とそうでない患者がいることを肌で感じた体験で、これは私の人生の中でも大きなターニングポイントでした。

 

先生方の専門性を発揮できる環境があれば、地域の患者を取り巻く状況も変わるのです。その視点を常に持つよう、社員教育を行っています。

 

 

―― 「どの会社」ではなく「どのコンサルタント」に当たるかで転職が成功するかしないかが決まるという声もあります。御社は他の医師紹介会社さんに比べて、組織力が強い印象があります。一部の突出した「スーパーコンサルタント」以外はその他大勢…という会社ではなく、どのコンサルタントが担当になっても、一定水準以上の力をもっているというか・・。

 

医師、医療機関、医療制度についての知識は必須だと考えています。

 

転職先の斡旋業務のみを考えるならば、求人票の内容を理解できていれば最低限の対応は可能かも知れません。しかし、M3CAでは医師のキャリアと人生に責任を負うという意識を徹底しているので、医療制度、医師のキャリア、医師のライフプラン、医療機関についても、定量的・定性的に知識を深めています。

 

それと、我々は常にチームとして対応をしていく(個人のスタンドプレーがない)会社ですので、それも「組織力」といったイメージに繋がっているのかもしれません。

 

 

―― 何名体制でチームは構成されるのですか?

 

関東・関西を例にとると、先生に直接応対する窓口担当者以外に総勢10名以上が1人の医師に関わっている事になります。

 

 

――10名ですか

 

はい。実際に先生にお会いした後、その先生の診療科目の特性、経歴、今後のキャリアパスの要望、希望地域などをもとに、チームのメンバーで充分に検討して提案内容を練り上げるようにしています。

 

そうでないと、個人の判断で良かれと思ってやったことが、実はベストの選択肢ではなかったということがどうしても起きてしまうからです。常に複数人の目でチェックし、その先生にとってベストな支援をするというのが我々のやり方です。

 

 

オーダーメード要素が強い非公開求人

特集:エムスリーキャリア動画インタビューNo.2:成功する医師転職のタイミングと準備期間

 

 

―― なるほど。話は変わりますが、非公開求人と公開求人ってどう違うのですか?どうも医師紹介会社それぞれによってかなり定義が食い違っているような…どこからが非公開求人で、どこまでが公開求人なのでしょうか。

 

確かに定義が難しいですね。例えば、医療機関名を出さないならそれは非公開求人扱いとするのか。もしそうならば医師求人の8割~9割は非公開となってしまいます。弊社の非公開求人の多くは、交代人事、医療センター立ち上げなど、医局との関係上、医療機関が非公開での募集を希望される案件をはじめ、情報公開することが医療機関に不利益になるものが該当します。

 

当然、社内では別データとして管理をしています。

 

 

――「非公開求人=年収が高い案件」というのは本当ですか?

 

医師の経験年数や診療科にもよりますが、年収をはじめ、条件の調整が可能なケースが多いです。高年収の水準を1800万円とするか2000万円にするかにもよりますが(※注:医師紹介会社によって高収入の金額定義もまちまちである)、あまり弊社では「この案件は高収入」というように分けていません。

 

先生の特性を活かした就業先を探すことができれば、自然といわゆる「高収入」になるでしょう、という前提です。年収アップを希望される場合は、固定給と変動給の割合を調整したり、その先生だけの給与体系を医療機関に作ってもらうよう働きかけたり、やり方は沢山あります。

 

 

―― 高年収は特別なことではないという前提なのですね。

 

例えば、全国に数百名程度しか習得者がいない特殊な技術をお持ちの先生だとします。その先生が入職されることで、医療機関の収入にこれくらいのインパクトが生じるでしょう。だから、その先生を雇用する際にはこれくらいの水準の給与をご用意頂けるとスムーズですよ、と医療機関に提案していきます。

 

 

―― それは知りませんでした。

 

結果的にそういう案件は外には出ませんから、非公開求人募集という扱いになります。

 

 

―― すごくオーダーメードですね。

 

そうかも知れません。医療機関から頂いた求人票通りに対応をするというよりも、医師がその医療機関に将来もたらすであろう貢献度から考えて、就業条件のお話を進めていきます。結果的に、医療機関側・医師の双方にご納得いただける条件を作り出すことができていると思います。

 

 

―― 御社の顧客アンケートをみると、88%が8点(10点満点中)以上の評点を付けています。

 

アンケートについては、ご登録後最初の段階で「こういう方針でアプローチさせていただきたい」とご提案させて頂いた後、それと実際に就任が決まった後の2段階で満足度調査を行っています。

 

 

―― 就任後のアフターフォローは?

 

全件についてアフターフォローをさせて頂いています。我々が良かれと思って提案した内容が、本当にその先生にとって良かったのかどうかを確認しなければなりません。

 

 

―― アフターフォローの期間などは決めているのですか?

 

いえ、アフターフォローに特に期限はありません。ご入職後、コンサルタント各自がメール等で自発的にフォローを行っているのが普通の光景です。

 

 

―― 入職後、医師が直接メールに書けない、書きたくないような問題発生などもありうるのでは?

 

全国の医療機関と日々連絡を取り続けていますので、就任後の医師の状況は必ずキャッチアップするようにしています。

 

その中で、「うまくいっているよ」「いま問題が起きているので間に入ってくれないか」といった声を吸い上げる事ができています。

 

 

―― もし先生が新しい勤務先でトラブルに遭っていたら、すぐさま新しい勤務先を紹介するのですか?

 

まずはその勤務先でのお仕事を良い形で継続できるように支援していきます。

 

弊社がご紹介した就業先は「ベストな選択肢」ということでご提案していますので、それ以外の選択肢に鞍替えしてしまうと、条件が悪くなる可能性があります。

 

ですので、今の環境でどう改善していくかということを、医療機関、医師双方と協議して解決に導いていくよう努力しています。

 

 

―― 医師紹介会社としては新しい就業先に行ってくれたほうが2重で儲かるのでは?

 

その発想はM3CAにはありません。そういった対応をしてしまうと、まず先生の経歴に傷がつきます。

 

弊社としては医療機関との信頼関係も崩れます。もっと言えば、その先生が就業することで充足できた地域の医療ニーズを台無しにすることに繋がります

 

なので、その先生にとって無理がなければ、出来る限りその勤務先での問題を解決して、働きやすい環境を整えるという方向性で関わりたいと考えています。

 

 

第三回に続く

 

 

【第一回】:エムスリーキャリア株式会社の競合優位性
【第二回】:成功する医師転職のタイミングと準備期間
【第三回】:医師紹介事業による地域貢献の重要性

失敗しない常勤転職はエムスリーキャリアに相談

特集:エムスリーキャリア動画インタビューNo.2:成功する医師転職のタイミングと準備期間

 

常にチームで医師転職支援対応にあたり、1年2年といった長期間の転職準備期間にもじっくりと付き合ってベストの選択肢を提案することが得意な医師紹介会社がエムスリーキャリアエージェントです。大事なキャリアをしっかりと誠実な対応でサポートしてくれる医師紹介会社を探しているならば、エムスリーキャリアエージェントは最有力候補に上がるでしょう。

 

誰もが納得の評価はAAAとさせていただいている企業です。

 

当研究所はエムスリーキャリアエージェントを登録最優先企業としてご選択することを強く強くおすすめしております。

 

【評価AAA(非常に高い評価】の医師紹介会社

エムスリーキャリアエージェント

 

 

医師転職支援コンサルタント・野村龍一のアドバイス

 

登録を強くおすすめする医師紹介会社です。組織力がありコンサルタントの能力が標準化されているので担当者に外れが少なく、また、複数人数で1名の医師をサポートするので失敗が少ないのが特徴です。組織経営規模も大きく、大型の医療機関とでも対等に交渉ができ、強力な情報網で他社に比べて求人数も圧倒的に多く保有していますので、安心して転職サポートを委ねられます。この評価の医師紹介会社をとりあえず1つ抑えて基準とし、追加でAA評価もしくはA評価の医師紹介会社を1つか2つ登録すれば、大変満足のいく転職活動を行うことができるでしょう。繰り返しますが強く登録をオススメします。」


 

ここからAAA評価のエムスリーキャリアエージェントに登録/相談する

こちら医師紹介会社は、今すぐ転職をしなくとも、情報収集目的の「お試し無料登録」でも気持よく対応してくれる企業です。まずは転職求人情報を気軽に入手するために登録して、後ほどじっくり転職タイミングが来た際に再度相談することも可能です。決して登録したからといてって即転職を強引に勧めたりしない安心紹介会社であることを保証致します。

 

特集:エムスリーキャリア動画インタビューNo.2:成功する医師転職のタイミングと準備期間

 

上記格付けは当サイト独自の調査に基づいて設定されたものです。当研究所の企業格付け・評価基準についてはこちらのページをご覧ください。

 

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


特集:エムスリーキャリア動画インタビューNo.2:成功する医師転職のタイミングと準備期間


特集:エムスリーキャリア動画インタビューNo.2:成功する医師転職のタイミングと準備期間


特集:エムスリーキャリア動画インタビューNo.2:成功する医師転職のタイミングと準備期間


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法