【AAA企業に聞く】 株式会社株式会社エムステージ(旧メディカル・ステージ)

特集:Dr.転職なび/Dr.アルなび/Agent×Mstage(株式会社エムステージ)インタビューNo.3

■作成日 2015/1/13 ■更新日 2018/6/14

 

あの医師紹介会社はなぜAAA評価なのか?単純な求人数ランキングに現れない、血が通った医師転職現場を担うキャリアコンサルタン々の声を直接聞くことで、外からわからなかった医師転職支援の生の姿がわかります。AAA評価企業のみに絞った特別インタビュー企画、連載第4回目となる今回はDr.転職なび/Dr.アルなび等を運営する株式会社株式会社エムステージ(旧メディカル・ステージ)にお邪魔し、現役キャリアコンサルタントの田中宏典さん(東京本社 常勤担当エージェント)に、医師転職支援の現場についてお話を伺ってきました。三回シリーズの最終回です(今回は動画ありのインタビューです)。

 

【第一回】:激変する医師転職市場の分析
【第二回】:全員が資格保有者!株式会社エムステージ(旧メディカル・ステージ)の人材戦略
【第三回】:日本一の転職エージェントになるためにすべきこと


日本一の転職エージェントになるために

田中氏が医師転職現場で目指す未来

特集:Dr.転職なび/Dr.アルなび/Agent×Mstage(株式会社エムステージ)インタビューNo.3

 

今回のインタビューは動画視聴が可能です

 

 

エムステージ(旧メディカルステージ)のインタビュー最終回です。今回は常勤担当エージェント田中氏の個人的背景や、現場でのちょっとした「転職を上手く進めるコツ」などを伺いました。


 

特集:Dr.転職なび/Dr.アルなび/Agent×Mstage(株式会社エムステージ)インタビューNo.3

 

現場主義の私としては、やはり、医療機関に足蹴く通うことによって培った実績に、是非注目していただきたいと思っております。


 

 

―― 田中さんの医師転職エージェントとしてのキャリアを教えて下さい。

 

はい、私はエムステージ(旧メディカルステージ)に入社してから約9年になります。

 

 

―― 9年ですか、転職コンサルタントとしてはかなり長いキャリアですよね。以前のご職業などは何をされていたのですか?

 

キャリア9年は確かに業界内でも長い方だと思います。以前は医療機器メーカーに努めておりまして、その時から病院には出入りしており、事務長さんやドクターと話す機会がありまして、その時から病院の経営などに興味を持っておりました。

 

医療業界は労働集約型の産業と言われており、人材が経営的に重要度の高い資源であると考えていました。特に、ドクターの質が病院の経営を左右するのではないかと思います。

 

優秀な先生を採用すれば、それだけ地域医療に貢献できる良い結果に繋がりますし、良い医療が提供できれば、医療機関は経営的にも上手く行くでしょう。そう考え、エムステージ(旧メディカルステージ)に入社する運びとなりました。

 

 

―― 田中さんが就業先にエムステージ(旧メディカルステージ)を選んだ理由などはあるのですか?

 

そうですね、弊社はある程度コンパクトな組織であり、経営者と直接話をしてウマがあったというのがあります。社長は私と同じフロアに常におりますし、日々話す機会が非常に多いですね。そういった組織風土に引かれた一面があります。

 

 

―― 実際に、田中さんご自身が医師転職支援の現場に出向いた時に、個人的に気をつけていることなどを教えて下さい。

 

あたりまえですが、現場ではミスマッチを起こさないように留意しています。病院様の意向、先生の意向をそれぞれしっかりと把握した上で、双方がマッチするのかどうかというところを判断しています。

 

また、中長期的に医師キャリア、及び、病院の将来展望についても、しっかりとマッチング具合を判断するようにしています。

 

 

―― 雇用のミスマッチを防ぐには、相当な情報収集力を磨く事が必要では?コンサルタント個人のみで対応できるものなのですか?

 

もちろん弊社ではチームで対応をしています。まず先生のご希望を汲み取った後、就業可能性のあるエリアの医療機関を全て徹底的に社内分担してサーチしきっています。

 

 

―― そういう際に、先にも伺った「現場に足を運ぶ」マメさが功を奏する?

 

そうなのです。病院事務長様や院長様とお話する機会が、現場を直接に訪問することによって初めて生まれます。そこでようやく、病院事務長様や院長様が、どういった方向性に病院を持って行こうと考えているかなどを把握することができるようになります。

 

 

―― 医療機関の現場を訪れた際、田中さんが見逃さずにチェックをする項目などはあるのですか?

 

色々とあるのですが、例えば「病院全体の雰囲気」「きちんと清掃が行われているか」「病院職員の表情と雰囲気」などは必ずチェックしています。これらは非常に重要で、数字にはあまり表れない、病院現場評価のとっかかりになるケースが多いですね。

 

 

―― ご登録頂いた医師と初めて面会する際、どんなことを必ず聞きますか?

 

これはとても重要なのですが、その先生の「転職における背景」は必ずお伺いします。そして、転職を経て「叶えたいこと」「得たいこと」は聞いております。同時に、転職をしても(転職前と同じように)「維持したいこと」についてもお伺いしています。例えばそれは、年収だったり、手がける手術件数だったりします。

 

また、先生が転職をする際に「これだけは譲れないという条件」と「将来展望を達成するためには譲っても良い(妥協できる)条件」の双方を必ず聞き出しています。

 

 

―― その双方を伺うことが、実際に転職の成功に結びつくということですか?

 

はい、そうです。

 

 

―― 過去に田中さんが直接手がけた事例で、印象的だった案件を教えて頂けませんか?

 

大学病院にお勤めの女性の先生を支援した時です。こちらの先生は、お子様ができたことで大学病院を辞めざるを得ない状況でした。30代の若い先生だったのですが、当時はまだ専門医取得前でした。

 

お子様を育てながら専門医を取得できる就労先を探すのはかなり難しく、先生も半ば諦めてしまい「もう専門医の取得はあきらめます」とおっしゃっていました。
この先生の将来ビジョンは「10年後に開業」でして、開業をするにあたって、専門医資格のあるなしは大変重要なポイントです。ですから、私は『あきらめないで専門医を取りましょう』と、先生を激励いたしました。

 

そこから2人で諦めずに情報収集に奔走し、結果的に、ある医療機関との間で、先生の就労上の負担軽減条件などの交渉が上手くまとまり、就職は見事成功いたしました。

 

そしてつい先月、その先生から「専門医資格が取れました」と連絡が私に入りましたて、将来的なクリニック開業と運営支援の打診も頂く関係を作れました。とても嬉しかったですね。

 

 

―― 御社では将来的な開業相談にも乗ってくれる?

 

このインタビューでは何度も出てきていますが、弊社のエージェント全員が、医療経営のプロ知識所有の証明ともいえる「医療経営士2級」資格を保持しているので、将来的にどのようなクリニックを経営したいなどのご希望がある場合、転職活動の最中でもご相談にのることは十分に可能ですよ。

 

 

―― 就業後に何かしらのトラブルが発生した場合、田中さんはどのようなフォローを行っているのですか?

 

以前に、ご高齢(70才)の先生から転職支援を依頼されました。こちらの先生のご希望に叶う病院があったので、色々と条件を詰めてご紹介を差し上げました。先生のご希望だった、当直業務などのストレスがない条件を前提に契約書を組みました。

 

ところが先生の入職後、病院側の夜間対応ニーズが急遽に変更されてしまい、当直対応などを一方的に求められてしまいました。結果、先生は体力的にもかなり疲弊してしまいました。

 

急遽の一方的な夜間当直以外において、この医療機関は先生のご希望にマッチした先だったので、なんとか夜間当直対応について改善していただこうということで、私が医療機関と先生の間に立って、交渉に乗り出しました。

 

最終的に、「当直対応はなし」という当初の条件に戻していただき、先生はいまも元気にお勤めをされておられます。

 

 

目指すは日本一の医師転職エージェント

特集:Dr.転職なび/Dr.アルなび/Agent×Mstage(株式会社エムステージ)インタビューNo.3

 

 

―― 転職エージェントとしての田中さんの夢はなんですか?

 

今よりも更に医師転職支援の経験と見識を積んで、より質の高いサービスを先生方に提供できるようになりたいですね。そして最終的には「日本一の医師転職エージェント」になりたいと思っております。

 

先生からは転職以外の人生相談をされることも増えておりまして、今後も多くの先生の人生に関わっていき、先生の人生を豊かにするお手伝いをしたいです。ライフプランのご相談などでは、保険証券に関するご相談なども含まれており、喜んで対応をさせて頂いております。ただし、その分責任も重くなってくでしょうから、今よりも努力が必要だと感じています。

 

弊社のエージェントは志の高いメンバーが集まっておりますので、社内で互いに切磋琢磨しながら、最終的に、エムステージ(旧メディカルステージ)のサービス品質全体が向上していって欲しいと考えております。

 

 

―― なるほど、是非頑張って日本一のエージェントを目指して下さい!本日はありがとうございました。

 

こちらこそ、本日はわざわざありがとうございました。

 

 

終了

 

 

【第一回】:激変する医師転職市場の分析
【第二回】:全員が資格保有者!株式会社エムステージ(旧メディカル・ステージ)の人材戦略
【第三回】:日本一の転職エージェントになるためにすべきこと

全社員が医療経営士ホルダーの当社に相談する

特集:Dr.転職なび/Dr.アルなび/Agent×Mstage(株式会社エムステージ)インタビューNo.3

 

医療経営士資格の取得必須化等により、所属コンサルタントの能力平準化を図るエムステージ(旧メディカルステージ)。職務レベルが深堀りされた求人票や、常に細心の状態を保つよう維持管理された求人情報といった、他社ができていない「医師紹介会社共通の課題」を果敢に克服している同社は、必ずや医師の皆様の審美眼に叶う仕事をやってのけるでしょう。

 

近年、最も当研究所が推薦している、評価AAA企業の1社です。

 

当研究所は株式会社エムステージ(旧メディカルステージ)を登録最優先企業としてご選択することを、確固たる自信を持っておすすめ致します。

 

【評価AAA(非常に高い評価】の医師紹介会社

Dr.転職なび/Dr.アルなび

 

 

医師転職支援コンサルタント・野村龍一のアドバイス

 

登録を強くおすすめする医師紹介会社です。組織力がありコンサルタントの能力が標準化されているので担当者に外れが少なく、また、複数人数で1名の医師をサポートするので失敗が少ないのが特徴です。組織経営規模も大きく、大型の医療機関とでも対等に交渉ができ、強力な情報網で他社に比べて求人数も圧倒的に多く保有していますので、安心して転職サポートを委ねられます。この評価の医師紹介会社をとりあえず1つ抑えて基準とし、追加でAA評価もしくはA評価の医師紹介会社を1つか2つ登録すれば、大変満足のいく転職活動を行うことができるでしょう。繰り返しますが強く登録をオススメします。」


 

ここからAAA評価のDr.転職なび/Dr.アルなびに登録/相談する

お試し無料登録をする

【情報収集のモニター登録可能、転職を急かさない会社です】

こちらの医師紹介会社は、今すぐ転職をしなくとも、情報収集目的の「お試し無料登録」でも気持よく対応してくれる企業です。まずは転職求人情報を気軽に入手するために登録して、後ほどじっくり転職タイミングが来た際に再度相談することも可能です。決して登録したからといてって即転職を強引に勧めたりしない安心紹介会社であることを保証致します。

 

特集:Dr.転職なび/Dr.アルなび/Agent×Mstage(株式会社エムステージ)インタビューNo.3

 

上記格付けは当サイト独自の調査に基づいて設定されたものです。当研究所の企業格付け・評価基準についてはこちらのページをご覧ください。

 

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


特集:Dr.転職なび/Dr.アルなび/Agent×Mstage(株式会社エムステージ)インタビューNo.3


特集:Dr.転職なび/Dr.アルなび/Agent×Mstage(株式会社エムステージ)インタビューNo.3


特集:Dr.転職なび/Dr.アルなび/Agent×Mstage(株式会社エムステージ)インタビューNo.3


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法