医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

第23回:女性医師の働き方とキャリアについて考える

女性医師の働き方と悩みについて考える

 

■ 記事作成日 2017/11/10 ■ 最終更新日 2017/12/6

 

女性医師の働き方と悩みを現場レベルから考えてみた

女性医師の働き方と悩みを現場レベルから考えてみた

 

元看護師のライター紅花子です。
このコラムでは、私の約10年の看護師経験の中で感じた“医師として活躍するために必要な素質”について考えてみたいと思います。

 

現在の医療現場には、女性医師が増えており、今後も増えてくる可能性が大いに考えられます。
看護師は女性が多い職場ではありますが、医師は現在でも男性の比率が多い分、女性医師の働き方については、看護師よりも考えてほしい部分が多く見られます。

 

今回は、私が出会ってきた女性医師を例にとり、女性医師の働き方について一度考えていきたいと思います。

 

女性医師の現状は

 

まずは、女性医師の現状を見ていきましょう。

 

厚生労働省が行っている統計の中に、「医師・歯科医師・薬剤師の概況」というものがあります。
これによると、平成26年12月31日現在、日本で医療施設に従事する医師数は296,845人、そのうち男性医師は236,350 人で全体の80%、女性が60,495 人で全体の20%となっています。

 

全国平均で考えると、女性医師はおよそ5人に1人が医療施設に勤務していることになります。
また、女性医師の割合は年々増加し、特に29歳以下の若年層では、女性医師の割合はおよそ35%となっています。

 

 

診療科別では、産婦人科や小児科、皮膚科、麻酔科、眼科での就業率が高く、皮膚科では全体の約45%が女性医師であるというデータもあります。

 

また、現在の医学部入学者を見てみると、約3分の1が女性の学生であるとされており、この学生が卒業して医師になることによって、今後は益々女性医師が増加することが考えられます。

 

以下では私が働く中で出会ってきた2人の女性医師の働き方を紹介します。

 

病院で働く女性医師の働き方

 

総合病院で働くA医師。
研修医時代から同じ病院で勤務をし続け、一般職の男性と結婚。妊娠、出産も経験しています。
結婚当初も業務内容にさほど変わりはなく、遅くまで残業をしたり当直もこなしていました。
妊娠後も出産ぎりぎりまで仕事を続け、出産後もすぐに仕事復帰をしています。

 

看護師のように「新婚なんだから早く帰るように」と促してくれる上司もおらず、妊娠中も男性スタッフが多いためフォローの言葉も一切なく、辛い思いをして働き続けました。

 

現在も同病院での勤務を継続しているものの、子の成長や2人目の妊娠、出産を視野に入れて転職を検討しています。

 

「研修医時代からお世話になった病院だからできれば続けたいと思っていた。看護師のように女性のライフワークバランスにもっと柔軟に対応してもらえれば仕事を続けられたかもしれない」

 

と話しています。

 

クリニックで働く女性医師の働き方

 

産婦人科のクリニックで働く未婚のB医師。
クリニックの開業当初から働き、男性医師3名、女性医師はB医師1名、計4名で診療をしています。

 

男性医師はいるものの、皆既婚。ほとんどが女性スタッフのため、出会いはありません。
休日も学会に出なければならず、コミュニティが次第に狭くなっていると感じています。

 

「仕事が終わっても雑務やカルテの処理があるため、結局帰宅時間はかなり遅くなる。同じ年くらいの看護師達が勤務を終えて遊びに行こうとする姿がうらやましい。早く結婚もしたいが、今の仕事量やコミュニティの狭さを考えると、難しいかもしれない」

 

と話しています。

 

女性医師たちの働き方の問題点とは

 

実在する2名の女性医師の現状、意見をまとめました。
女性医師たちが共通して話している言葉は、意外にも「看護師がうらやましい」ということです。
これはいったいどういうことなのでしょうか。

 

看護師の就業者数を見てみると平成27年のデータでは、総数が1,634,119人。そのうち男性看護師の人数は73,968人であり、女性看護師が圧倒的に多いことが見て取れます。
医師とは男女比が逆転していることは、みなさんもご存知の通りかと思います。

 

 

そのためか、看護師の世界では、女性スタッフに対する職場環境の管理が徹底しています。
特にここ数年、「ライフワークバランス」に対する環境整備が進み、常に看護師を募集しているような医療施設では、「働きやすい環境」を宣伝文句として使っているところが増えています。

 

日本医師会と日本看護協会、それぞれの女性スタッフに対する策を見てみると、日本医師会では出産前後と育児中に係る対策がメインである一方、看護協会では勤務時間や賃金、研修会や指導方法など、労働環境に関する細やかな対策が講じられています。

 

こうした取り組みにより、看護師は結婚、妊娠、出産をした女性だけでなく、働く女性全てが働きやすい環境を整えようと、動いていることが分かります。

 

一方、2人の女性医師の意見を聞くと、

 

  • 出産や育児によって離職を余儀なくされている
  • 自分の時間が思うようにとれていない

 

ということが課題となっているようです。
これは、数十年前の看護師にも同じことがいえたのではないでしょうか。
また、平成21年に日本医師会が行った調査の結果と比較すると、女性医師が抱える課題は、まさにA医師やB医師が抱える悩みが、1位と2位を占めています。

 

 

少し古いデータが元になっていますが、厚生労働省によると、女性医師の就業率はM字カーブで推移しています。
女性医師の場合、「医師として就業している割合」は、卒業後すぐの年代では90%代ですが、卒業後11年にあたる概ね36歳ごろに約76%にまで低下します。

 

その後緩やかに回復するも、男性医師が就業率90%以上をキープし続ける中、女性医師は90%を超えることなく経過していきます。

 

そしてこの一旦離職してしまう理由には出産と子育てが大きく関わっており、70%の女性医師が、出産によってキャリアを一旦閉じてしまうという現状があるようです。

 

女性医師たちにも働きやすい環境を

 

厚生労働省は平成20年、女性医師に働きやすい環境を提供することを目標とし、「妊娠・出産・育休中の女性医師が働きやすい職場づくり」という冊子を作成し、全国の医療機関等に対して呼び掛けを行いました。

 

また、各自治体等でもこの「女性医師確保」に向けた対策として「女性医師が働きやすい環境づくりを支援する」という方針を打ち出しているところが、たくさんあります。

 

しかし、実際に現役女性医師の立場からみると、「女性医師が働きやすい職場」への道のりは、まだまだ遠いようです。
これから先、女性医師はさらに増えていくでしょう。

 

女性医師の離職を防ぎ、マンパワーを向上させるためには、看護師と同様、一旦現場を離れても復職しやすい職場づくりが、急務となるのは間違いないと思われますが如何でしょうか?

 

 

参考資料

 

厚生労働省 平成26年(2014)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/14/dl/gaikyo.pdf

 

日本看護協会 看護統計資料 就業者数  看護師,准看護師(年次別・就業場所別)
https://www.nurse.or.jp/home/statistics/pdf/toukei04.pdf

 

同上  保健師,看護師,准看護師(男性,年次別・就業場所別)〔再掲〕
https://www.nurse.or.jp/home/statistics/pdf/toukei05.pdf

 

日本医師会 女性医師の勤務環境の現況に関する調査報告書
http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20090408_2.pdf

 

この記事をかいた人


紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在は当研究所所属ライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


女性医師の働き方と悩みについて考える


女性医師の働き方と悩みについて考える


女性医師の働き方と悩みについて考える


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

女性医師の働き方と悩みについて考える

女性医師の働き方と悩みについて考える

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職

CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび

Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法