医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

第26回:電子カルテによって医師の業務負担は軽減されたのか

電子カルテによって医師の業務負担は軽減されたのか?

 

■ 記事作成日 2017/12/13 ■ 最終更新日 2017/12/13

 

電子カルテの功罪を真剣に考えてみる

電子カルテによって医師の業務負担は軽減されたのか

 

元看護師のライター紅花子です。
このコラムでは、私の約10年の看護師経験の中で感じた“医師として活躍するために必要な素質”について考えてみたいと思います。

 

今回は、少し唐突ですが「電子カルテによって医師の業務負担は軽減されたのか」について考えてみたいと思います。

 

電子カルテと医療現場の現在

 

実は、今から20年ほど前ですが、「電子カルテが医療を変える」という書籍が出版されました。
当時、新人看護師に毛が生えた程度のスキルだった私が「看護師」という職業から「IT技術者」を目指した、きっかけとなった書籍でもあります。

 

それから20年。現在ではほとんどの病院が電子カルテの導入を終えて、活用しているのではないでしょうか。
では実際に電子カルテが医療をどう変えてきたのか、今回は「電子カルテの導入は医師業務内容にどのような影響を与えたのか」という視点で考えていきます。

 

電子カルテを導入することはどのようなメリットがあるのか

 

医師にとって電子カルテを導入したことによる最大のメリットは、いつでもどこでも見たいときに患者のカルテが見られるということでしょう。

 

電子カルテ導入前は、カルテを確認する、あるいはカルテに情報を記録する際には、病棟へ出向く必要がありました。
それも看護師など誰かが記入していれば順番待ちとなり、記入までの時間は必要以上にかかっていました。

 

その点、電子カルテなら、パソコンのある環境であればいつでもどこでも好きな時にカルテを確認、登録することができます。

 

また医師によっては字に特徴があり「何が書いてあるのか、読めない」というケースも多々ありました。
その点でも、電子カルテであれば、文字は誰しもが読める形で出てくるため、「文字が読めず、指示内容を電話で確認する」という手間もなくなります。

 

さらに、電子カルテには薬のオーダー内容や、CTやMRIなどの画像検査の結果(画像)など、様々な情報が詰め込まれていますので、いくつかのボタンをクリックするだけで、患者の情報をすべて把握することも可能です。

 

薬のオーダーをするときでも、過去にオーダーした内容であれば、わざわざ再入力しなくてもオーダリングが可能となります。

 

これにより文字を書くという手間が省けるだけでなく、パソコンの画面内で医師同士、または他職種との情報共有ができるようになったということは、非常に大きなメリットであるといえます。

 

電子カルテはデジタルデータですから、仕組みさえしっかりしていれば、院外の医療者との情報共有も可能ですね。
特に地域医療に関係している医療者の中では、無くてはならないツールになっているのではないでしょうか。

 

電子カルテを導入したことによるデメリット

 

若い医師であればパソコンの使用に慣れていますが、ベテランの医師ではパソコンの使用に不慣れな医師も多くいます。

 

そのため、パソコンで文字を入力することに時間がかかってしまい、記入したい内容の半分も記入できない、必要な操作がなかなか進まないなど、かえって業務に時間がかかるようになったという医師も現実的に多くいます。

 

また、パソコンの画面を見る機会が増えたことによって、眼精疲労や視力の低下、中にはVDT症候群にまで発展してしまった医師もいるでしょう。
少し古いデータですが、厚生労働省が平成20年に行った調査によると、VDT作業による体への影響は、次のような状況にあるようです。

 

 

このデータはおよそ10年前のものですし、調査対象も医療者に限ったものではありませんので、医師の「電子カルテ入力による健康面での影響」と、必ずしもイコールではありません。

 

しかし、慣れないパソコン操作を繰り返すことで、このような健康面での弊害が出ている医療者もいると想像できます。

 

さらに、電子カルテには膨大なデータが入っており、パスワードでそれぞれの医師の記録情報は管理されます。
結果的に、パスワードをメモした紙を紛失した、ログアウトせずにパソコンの前を離れてしまったなど、電子カルテを悪用されかねない事態が起こっているのも事実です。

 

電子カルテとなったことにより、医師の健康面、そしてプライバシー管理の面では、デメリットになってしまう部分があると考えられます。

 

電子カルテ導入による仕事の能率は上がったのか

 

メリット、デメリットについて考えてきましたが、電子カルテの導入は医師の仕事にどのような影響を及ぼしたのでしょうか。

 

今から5年ほど前、東京医療保健大学の研究グループが、電子カルテを導入している病院と、電子カルテを導入していない病院との間で、医師の「間接的業務」に割く時間の違いがあるか、という視点での調査を行いました。

 

その結果、次のような違いが見られました。

 

電子カルテを導入した病院
  • 医師の間接的業務に割かれた時間:1日あたり 平均3時間以上
  • うち、電子カルテ操作にかかった時間:1日あたり 平均50分以上

 

電子カルテを導入していない病院
  • 医師の間接的業務に割かれた時間:1日あたり 平均2.5時間以上
  • うち、診療録の記録等にかかった時間:1日あたり 平均15分以上

 

これは、今から5年前の調査であり、調査対象がかなり限定的だったことから、現状とは少し違うのかもしれません。

 

しかし、電子カルテを導入すれば、医師の仕事の能率が格段に上がるかといえば、そこは疑問が残るところです。
電子カルテを導入したことが、医師の仕事の負担を大幅に軽減しているとは必ずしも言い難い結果、といえるかもしれません。

 

まとめ

 

電子カルテの導入は、医師の仕事負担を軽減させたとは言い難い結果が出ています。
情報共有という面では合格といえる電子カルテですが、作業負担という面ではまだまだ課題がありそうです。

 

実際、私が勤務していた医療機関では、患者さんの顔を見る時間よりも、パソコン画面に向かっている時間の方が長い、というシーンもたくさんありました。

 

しかし、電子カルテになったことによって、医師と看護師、他職種との情報共有が容易となったことは間違いありません。
医師の達筆すぎる字を解読するのに苦労していた看護師も多くいますから、間違いなく「カルテを読み解くことは楽になった」といえるでしょう。

 

今後、IoT技術等の発展により、電子カルテには「患者からのデータ」も取り込みやすくなるでしょう。
国も、遠隔診療にデジタルデータを用いることを後押ししているような形になっており、さまざまな分野に予算を割いています。

 

今後、電子カルテは単なる「情報の集積」から「情報の活用」へ変わっていくでしょう。
その時、医師として「情報」とどう向き合っていくのか。

 

医師としての「情報リテラシー」が問われる時代は、もう始まっています。

 

 

参考資料

 

総務省 未来投資会議 構造改革徹底推進会合 「医療・介護-生活者の暮らしを豊かに」会合 資料5
総務省における医療等分野のICT利活用について
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo_iryokaigo_dai1/siryou5.pdf

 

厚生労働省 平成20年技術革新と労働に関する実態調査結果の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/saigai/anzen/08/02.html

 

医療情報学 32(2) 医師が電子カルテ操作に費やす業務時間に関する調査
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jami/32/2/32_59/_pdf

 

この記事をかいた人


紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在は当研究所所属ライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


電子カルテによって医師の業務負担は軽減されたのか?


電子カルテによって医師の業務負担は軽減されたのか?


電子カルテによって医師の業務負担は軽減されたのか?


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

電子カルテによって医師の業務負担は軽減されたのか?

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職

CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび

Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法