医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

第20回:【再検証】ドクターX的なフリーランス外科医師は本当に存在するのか?

【再検証】ドクターX的なフリーランス外科医師は本当に実在するのか?

 

■ 記事作成日 2017/8/8 ■ 最終更新日 2017/12/6

 

外科医がフリーランス医師として生きることは可能なのか?

外科でフリーランス医師として生きることは可能なのか?

 

元看護師のライター紅花子です。
このコラムでは、私の約10年の看護師経験の中で感じた“医師として活躍するために必要な素質”について考えてみたいと思います。
今回は、一般的に拡大しつつある「フリーランス」という働き方が、「外科医師」という職業でも可能なのかどうかを、調べてみました。

 

※当サイトでは過去の記事においてフリーランス医師を様々な角度から検証していますが、今回はあくまで「外科医師」のケースに関する調査記事となります。

 

フリーランスの外科医師はどこにいる?

 

「フリーランスで働く医師」として、数年前からTVドラマ等で話題になっている「ドクターX」、ご存知の方も多いかと思います。ドクターXとは、2012年に第1シリーズが放送されて以来、大ヒットを重ね、2016年に第4シリーズが放送された、「ドクターX 外科医大門未知子」というTVドラマです。

 

フリーランスの外科医師が「私、失敗しないので」という名セリフとともに、どの分野のどんな手術でも行ってしまい、そして成功するというドラマです。まるで、ブラックジャックのようですよね。ドクターXは、無免許ではありませんが(設定上)。

 

しかし、現在は専門医制度が普及したためなんでもどこでもオペしますという大門未知子のような医師は、減っているのだそうです。しかしそれ以前に、ドクターXのような医師は現在、本当に存在するのでしょうか。

 

「ドクターX」のモデルとは

 

ノンフィクションドラマの場合、モデルとなる人物は存在しないことが多いのですが、ドクターXにはモデルとなる医師が存在しているようです。その医師は現在、ニューヨークを拠点として、世界的に有名な移植外科医としてご活躍されています(2017年7月現在)。

 

このプロフィールを見てお分かりいただけるように、この医師はニューヨークの病院に籍を置く、移植外科医です。日本では、あまり馴染みの無い科ですよね。

 

世界中から、手術のオファーが届くほどですから、ドクターXのような失敗もほとんどしない「確かな腕」はあるのでしょう。しかし、結局のところは「移植外科」の専門医であり、脳からつま先まで様々な部位のオペを、一人でいくつも経験した、ということとは少し違うようです。

 

結論として、ドクターXにモデルとなる医師は実在しているものの、ドクターXと同様のキャリアを持った医師は、少なくとも日本には存在していない、ということになるようです。

 

日本で働く医師は「ドクターX」になることができるのか

 

このことから、日本にいる医師がドクターXになることができるのかを考えていきます。

 

現在、日本には専門医制度があり、各学会の課題や試験などをクリアすることで、認定されています。

 

「○○専門医」という称号を与えられ、その分野の診療のスペシャリストに成り得る、という制度があります。一方、この認定基準は学会によって大きく異なっており、専門医の技量にばらつきが見られることから、「専門医」の質を担保し公的な資格とすべく、中立的な第三者機関である「一般社団法人日本専門医機構」が設置する19(基本18分野+総合診療科)の専門医を認定する、と定義した「新専門医制度」の制度化に向けて、現在まさに検討・準備がなされているところです。

 

これらの資格を得るためには、やはりその分野での大病院での勤務が必要となり、フリーランスの医師での取得は、ほぼ難しいと考えられます。

 

 

これらのことから、日本では専門医がその専門分野の治療にあたるという流れが一般的であり、例えば「胃と腸の手術を同時に行う」ことはあり得るものの、「脳と開腹手術というような診療科が異なる部位の手術を、一人の医師がすべて行う」ということは、ほぼありません。

 

また、医師の技量という視点のみならず、診療算定という報酬の面からも、決まった部位や症例でない限り、複数部位を同時に手術しても、実際に算定できるのは一つの術式のみ、が原則のようです。

 

例外として、高次救命医療センターなどでは、救急搬送された患者の同時手術を実施するケースもあるようですが、これに関しても一人の医師が全ての手術を同時に行っているわけではなく、これまでの例を見る限りでは、それぞの診療科の医師が、それぞれの部位の手術を行っている、ということになります。

 

つまり、現在の日本でドクターXのような外科医師になることは、ほぼ不可能ではないでしょうか。

 

ただし、外科系の医師としては不可能に近い世界ではあるものの、麻酔科医に関してはフリーランスになり、医師転職情報会社から求人情報を得ながら、契約に応じて出張麻酔科医として働く実例があります。つまり、TVドラマの中にも出てきたように、麻酔科医はフリーランスとして働くという働き方はできるということです。

 

まとめ:外科医のドクターXになりたければ、救急分野で働くことが得策か

 

上記のことから予定手術の場合、脳外科と耳鼻科など、一部は同時手術を行う例もありますが、それ以外では「一度に複数部位の同時手術を行うこと」は、稀といえます。唯一、高度の救急医療を担う分野では、一度に複数部位の手術をする機会があるため、後学のために、もしくはドクターXのような医師になりたいという場合は、救急分野に携わることが得策なのかもしれません。

 

しかし、ドクターXのようにフリーランスで外科医となり、同時に複数部位を手術したいと思う医師が本当にいるかどうかは、疑問ではあります。

 

まとめ

 

結局のところ「人間関係が開業のすべてを支えている」と言っても過言ではありません。したがって、早期開業はもちろん、医師自身にとって“得”が多いものかもしれませんが、勤務医の間に人間関係のノウハウを十分に学び、「人間関係の部分で損をしないマネジメント力」をつけてから開業するというのが、1番「得をする道」なのかもしれません。

 

 

参考資料

 

厚生労働省 新しい専門医制度
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000080199.pdf

 

日本環境感染学会 JHAIS 委員会 手術部位感染サーベイランスマニュアル
http://www.kankyokansen.org/uploads/uploads/files/jsipc/jhais_SSI-manual.pdf

 

岐阜大学医学部附属病院 高次救命医療センター
https://www1.gifu-u.ac.jp/~qqa/section.html

 

この記事をかいた人


紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在は当研究所所属ライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


【再検証】ドクターX的なフリーランス外科医師は本当に実在するのか?


【再検証】ドクターX的なフリーランス外科医師は本当に実在するのか?


【再検証】ドクターX的なフリーランス外科医師は本当に実在するのか?


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

【再検証】ドクターX的なフリーランス外科医師は本当に実在するのか?

【再検証】ドクターX的なフリーランス外科医師は本当に実在するのか?

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職

CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび

Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法