まずは格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

第12回:保険診療以外の収益を上げる4つの方法

保険診療以外の収益を上げる4つの方法

 

■ 記事作成日 2016/10/6 ■ 最終更新日 2017/12/6

 

保険診療報酬のみに頼れない時代

保険診療以外の収益を上げる4つの方法

 

いま日本の診療所は年間5,000件の新規開業がある一方同じくらいの診療所が何らかの理由で閉院しています。この傾向は、歯科診療所ではもっと動きが早く廃業が相次いでいます。コンビニ店舗とより多いといわれた時代は廃業率の高さを鑑みると、既に終わりを告げようとしているのかもしれません。

 

今後の医療政策の不透明さ

 

現在・未来の医療費の推移を見てみても、天井知らずのような状況であり、国費をいつまで投入するのか疑問が残ります。

 

最も医療費がかかる75歳以上の「後期高齢者医療制度」の患者負担を1割負担や、保険診療についても生死に関わる高度医療を優先して利用し、緊急性が低いものは自費診療になるなどの改革の可能性もないとも限りません。

 

地域包括ケア制度に関しても、都心部もとより地方においては人手不足が深刻化しており、特に介護職の報酬アップが非常に重要になります。

 

また、医療費高騰の原因は、日本独自の医療制度である「フリーアクセス」、すなわち医療機関を患者さんは自由に選ぶことが可能でその上、いくつもの医療機関を自由に利用できるということが、診療および投薬処方箋の重複化を招いています。

 

逆に考えれば、医療機関はその恩恵を受けて収入が増えたともいえるでしょう。

 

さらに心配ことに、自分の身体に関して自己管理がまだまだできていない患者予備軍が非常に多いということが医療費を押し上げていることも付け加えなければなりません。

 

発症初期のうちにタバコ・運動・食習慣など生活習慣全体を見直し、血液検査の結果を再評価するような習慣がまだ日本人にはついていないということです。

 

ここにも国民皆保険制度のほころびが見てとれます。

 

海外のように、医療費が高いことで健康に関する自己管理能力が研ぎ澄まされるという結果を生むことは実証済みです。

 

しかし、国民皆保険制度で医療費の自己負担の軽い日本においては、重症化してから医療機関を受診するというケースが多く、治療費の高騰と治療日数の長期化を招いています。

 

国民皆保険は、戦後間もないころに蔓延した結核などの感染症対策のために作られた制度です。そのため、経済成長を見込んだ前提で作られた経緯がありますので、現在の状況とはかなり目的がかけ離れているといわざるを得ません。

 

また、制度だけではなく医師個人の働き方にも変化ができつつあるのかもしれません。

 

これから先は、医師や診療科目の中でも仕事や収入に差が出るのではないかと推測されます。医師1人で活躍できるような治療技術などの付加価値がつけれることになるかもしれません。

 

そのようにして差別化が図られた診療科目や医師とそうではないものの格差がますます大きくなるでしょう。

 

医療業界の構造として並び主義でここまできましたが、きちんとマーケティングができて経営戦略を描ける医療機関が、頭一つ抜け出るという結果になるでしょう。それが、民主主義において当たり前のイデオロギーにやっと近づいたといえるのではないでしょうか?

 

保険診療の収益力

 

この現象は、かつてのいい時代の名残を踏襲した結果ではないからではないでしょうか?診療報酬という土俵の上で経営を行ってきた医療機関は、転換期を迎えているのかもしれません。開業すれば儲かるという方程式が崩れつつあります。

 

診療報酬・介護報酬の同時改定に加え、各都道府県ごとの医療計画も改定することになっている2018年は、大きな転換期になることは間違いありません。

 

診療報酬の改定といえば、2年ごとに行われ、毎回数%かの引き下げが行われてきました。しかも、医療費には消費税を加えることができないため、特に固定費の高い大都市圏の医療機関に関して収益を減らす結果につながっています。

 

後期高齢者や特定疾患療養管理料などが多い医療機関に関しては、定期的に来院することがあるため、毎月ある程度の収入保障が得られます。

 

しかし、開業間もない診療所や大都市圏に多い、ビルの診療所のようなスタイルの診療所では、再診患者の少ないという弱みがあげられます。

 

つまり、新規の患者を増やし続けなければ、収入は伸びていかないという医療機関独特の収入構図が浮かび上がります。しかし、保険診療ではこれが限界です。広告は規制され他診療所との差別化戦略がほとんどできない中、埋もれてしまう例が非常に多いのでないでしょうか?

 

そのような環境下、保険診療以外でなおかつ医療サービスで収入を得る方法をピックアップしました。今でできるもの、できないものといろいろありますが、今後開業を検討している先生方に向けて参考にしていただければと思います。

 

自費診療その他

 

診療報酬に定められていない医療サービス・治療を行い、治療費という収入を得るために、自費診療での安定収入は大切です。例えば歯科診療所がいい例だと思います。

 

保険診療以外の収益を上げる4つの方法

 

コンビニの店舗より多いといわれた歯科医院ですが、ここ5年ほどは開設数が頭打ちの状態です。閉院・休止の数も年間に約1,300件以上にも上り、医科系診療所の約2.6倍にも上ります。

 

歯科の診療報酬は技術料が低く、患者さんにかかる診療平均時間時間も医科系の診察より長いため、非効率な診療スタイルを余儀なくされています。

 

そのため、歯科医院の大半は自費診療(歯科では自由診療と呼ぶことが多いようですが)を診療費収入の柱にスライドする歯科医院も多くなってきています。

 

従って、広告規制もほとんどなくなり、インターネット上での広告掲載が日常化しています。この事実は、いずれ医科系の診療所にも影を落とし始めることは、それほど時間がかからないでしょう。

 

これから、開業を計画している勤務医の先生も多くいらっしゃると思いますが、保険診療だけに頼ると経営的にも大変厳しい状況になることは、目に見えています。

 

民間企業でも、本業以外の収益が多いことはざらにあるので、医療機関のコンテンツ多様化ということが重要であるということを、筆者は提案いたします。

 

保険診療に頼らない道 =産業医=

 

今後は、患者個人だけではなく法人(企業)との関わりが非常に重要になってきます。そのひとつが、日本医師会が実施している「産業医」の資格取得です。

 

資格取得はそんなに大変ではありませんが、更新制になっており、5年間に20単位の取得が必要になります。

 

産業医の活動

 

産業医はどのような活動を行うのでしょうか?産業医は、「労働安全衛生法 第13条」によって50名以上の事業所に産業医の選任を義務づけています。

 

また、衛生管理者の選任も必要になります。事業所は産業医を選任すると、管轄している労基署に届け出ることになっています。

 

産業医の業務は以下のようになります。

 

  • 月1回行われる安全衛生委員会の出席
  • 安全衛生委員会のメンバーと職場巡視
  • 社員の健康管理全般の権限
  • 事業に対して、労働環境改善に関する勧告権
  • 職場復帰を希望する社員の復帰許可
  • 健康診断の結果確認と、その指導
  • 長時間労働社員との面談 など

 

このようなご業務がありますが、産業医を請け負っている開業医の先生も、昼休みの時間帯に訪問や書類作成を行うだけで、月々の契約料と訪問料が毎月定期的に振り込まれてきます。原価がほとんどかかりませんので、粗利率は非常に大きいのです。

 

特に、メンタルヘルスに関しては厚生労働省の方針もあり、50名以上の事業所にはストレスチェックの実施が義務づけられています。これらの抑うつ状態の社員に関して、フォローする必要があります。

 

企業の人事・総務担当者には手に負えないことになるので、産業医の存在意義は非常に大きいでしょう。

 

参考URL:産業医になるには
http://www.zsisz.or.jp/insurance/naruniwa/

 

保険診療に頼らない道 =健康診断・人間ドック=

 

自治体による住民検診・がん検診

 

健康診断というと、各自治体が行う住民検診や各種がん検診は開業医の先生ならよく知られているところです。医師会に入れば、ほとんど行うことになるでしょう。

 

施設や医療機器の有無によって可能な範囲が決められていますが、地域によっては受診率が低いのが難点です(特にがん検診の受診率は非常に低いのが現状です ※下記参照)。

 

保険診療以外の収益を上げる4つの方法

 

企業健診

 

一方、企業に勤める社員の健康診断を行うという手段もあります。通常は、病院などによりレントゲン車などを使って企業の会議室などを会場にした巡回を行うのが通例です。

 

しかし、レントゲン車の駐車スペースがなかったり、事業所の社員数が少ないなどの理由で健康診断ができない事業所が存在します。

 

そのような事業所の社員は、どこかの医療機関に行って健康診断を行うことになります。そのような事業所の社員は、クリニックなどで受診することになります。

 

特に、産業医を契約している事業所に関しては、比較的容易に健康診断を受診することが可能ですので、産業医契約と健康診断受診料の両方の収入が見込めます。

 

また、健康診断を行うことによって、再検査や精密検査などを新患として保険診療で検査などを行うことが可能です。通常、医療機関では健康診断を行うことで、収入を確保すると同時に、このような新患を増やす目的で行うことも手段のひとつです。

 

さらに高単価な人間ドックであれば、胃部レントゲンや胃部内視鏡検査などの設備があれば実施が可能です。

 

人間ドックの場合、女性では婦人科検診や乳がん検診あるいは各種腫瘍マーカーなどのがん関連検査をオプションで行うことも多いので、さらに収益アップに貢献します。

 

定期健康診断は法令で決められた年齢に応じた検査項目しかできず、低単価です。しかし、人間ドックでは、検査項目は医師の専門性に応じて医療機関によって自由に組み合わせることも可能です。

 

例えば、レディースドックやがんドックなど名称・メニュー・金額も工夫次第で、自由に作ることが可能です。

 

保険診療に頼らない道 =各種がん検診やがん治療(免疫療法など)=

 

検査方法の進化によって、腫瘍マーカー以外でもがんのスクリーニングや初期の動脈硬化から脳梗塞の発症リスクを評価する検査項目があります。「アミノインデックス」や「Lox-Index」などが代表的ものです。

 

検査方法のエビデンスを確認して、各医師が導入するかどうか決定すればよいのではないでしょうか。

 

がん治療を専門に近年注目されている「免疫療法」を取り入れている診療所が増えています。医師とのカウンセリングの後に、各種検査の他に、採血によって採取した免疫細胞を培養し、注射や点滴するという治療です。

 

医療機関によってバラつきがありますが、治療費に関しては3ヵ月ほどで約200~300万かなり高価格な治療法です。最近は日本人だけではなく、東南アジアからの患者さんも増えているようですので、これからインバウンド関連の患者さんが増えてくることが想定されています。

 

保険診療に頼らない道 =MS(メディカルサービス)法人=

 

医療機関では医療サービス以外の収益をあげることが禁止されています。その対策として、民間会社を設立することもよく利用されている手法です。

 

特に、法人化して入れば節税効果も高く、このような目的の法人をMS法人と呼びます。株式会社や一般社団法人などを設立することが多いようです。

 

地方の場合ですと、病院や診療所の土地・建物などの固定資産をMS法人が取得し、医療機関が賃借しているようなケースや、院内やWebサイトでのサプリメントなどの物品の販売・医療関連サービス・健康産業サービスなどの無形商材も扱うことも可能です。

 

資金力があれば、医療機器の購入や人件費もMS法人で負担し、医療機関にリース及び業務委託を行い、マージンを利益とする手法も取られています。

 

いずれにしても、法人を複数にすることにより節税を計ることが可能です。これらの詳細は、顧問税理士と相談しながら進めると良いでしょう。

 

このように、医療政策に左右されないMS法人の営業利益は、医療法人にとって安定した経営グループを構築することになるはずです。アイデア次第で医療機関ではできなかったような医療サービスを展開できます。

 

しかし、過去にもそれを悪用して動産などの購入・売却などその他の社会問題になったケースも少なくないため、医療グループとしての品格を保ち品位のある経営を行なっていたればと思います。

 

まとめ

保険診療以外の収益を上げる4つの方法

 

以上のように日本の国民皆保険は、制度上の疲弊を露呈しています。経済成長してきた日本では、それまでは良かったですがこれからはそうもいかなくなってきています。

 

地域の健康を預かる診療所の役割を果たすために、自費診療・自由診療という言わば「聖域」に積極的に取り入れた施設だけが生き残る、そんな時代の入り口に差しかかってきたような気がしてなりません。

 

この記事を書いた人


山崎 裕史 (医業経営コンサルタント)

医療業界に20年以上かかわり、クリニック事務長7年経験。クリニック開業後専門の経営戦略コンサルタント・クリニック専門Webコンサルタント・医療専門のWebライターとして活動中。クリニック事務長経験とアクセス解析士の資格・知識を生かした独自の「事務長不在クリニックのWeb&リアル経営戦略提案」が専門。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


保険診療以外の収益を上げる4つの方法


保険診療以外の収益を上げる4つの方法


保険診療以外の収益を上げる4つの方法


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

2025年に完結するといわれる医療政策は本物か?(2025年までのロードマップ)...

2025年に完結するといわれる医療政策は本物か?(2025年までのロードマップ) ■ 記事作成日 2016/5/13 ■ 最終更新日 2017/12/6はじめに:医療介護一括法と地域包括ケア1:高齢化社会を迎えるにあたって医療費が年々上昇していることは、ニュースや新聞でよくご存じのことと思います。今後、団塊の世代が高齢化に差しかかり、年金・税金・福祉・医療は一体として考えていか...

≫続きを読む

 

厚生労働省が提唱する地域包括ケアとは|医師紹介会社研究所

厚生労働省が提唱する地域包括ケアとは ■ 記事作成日 2016/5/20 ■ 最終更新日 2017/12/6地域包括ケアシステムの背景前回、2025年へのロードマップについて述べてきました。今後、医療業界が抱える問題と国の施策に対して、どうあるべきか?医療機関としてこの厳しい環境においていかに生き抜くかということを今後10年間について...

≫続きを読む

 

平成28年診療報酬について考える|医師紹介会社研究所

平成28年診療報酬について考える ■ 記事作成日 2016/5/26 ■ 最終更新日 2017/12/62016年診療報酬の骨格今回の診療報酬改定から数か月経過しましたので、各医療機関としてもかなり落ち着いてきていると思います。2016年の改定自体はあまり大きな改定ではありません。しかし、次回の診療改定に向けて、「病院機能の明確化...

≫続きを読む

 

これからのクリニック運営(平成28年診療報酬に基づき考える)|医師紹介会社研究所

これからのクリニック運営(平成28年診療報酬に基づき考える) ■ 記事作成日 2016/6/6 ■ 最終更新日 2017/12/6これからのクリニック運営前回は、平成28年に改正された診療報酬を病院向けということで、いろいろ意見を述べてきました。今回は、無床診療所いわゆるクリニックに対する影響について、考えていきたいと思います。何回も繰り返しますが、今回の診...

≫続きを読む

 

これからの医院経営と医療を取り巻く環境|医師紹介会社研究所

これからの医院経営と医療を取り巻く環境 ■ 記事作成日 2016/6/14 ■ 最終更新日 2017/12/6これからの医院経営2018年から本格的に導入が見込まれる地域包括ケアシステム。病院にとっては、厳しいいばらの道かもしれません。しかし、地域医療が見込まれる診療所に関しては、考え方を変えればチャンスかもしれません。今までと同じやり方...

≫続きを読む

 

医院開業を実現するために必要な3つのポイント|医師紹介会社研究所

医院開業を実現するために必要な3つのポイント ■ 記事作成日 2016/6/22 ■ 最終更新日 2017/12/6医師の独立開業戦略に使えるフレームワーク現在勤務医をしながらいつかは開業したいと思っていても、中々重い腰が上がらないあるいは踏ん切りがつかないという先生は結構多いのではないでしょうか?開業医といえども、個人事業主として「一国の主」...

≫続きを読む

 

医院開業成功の黄金法則とは?|医師紹介会社研究所

医院開業成功の黄金法則とは? ■ 記事作成日 2016/7/8 ■ 最終更新日 2017/12/6医院開業準備の鉄則以前【医院開業を実現するために必要な3つのポイント】において無床診療所は、開院数が伸びてきていることをお伝えいたしました。また、閉鎖数も開業数に迫ってきていることもお伝えいたしました。それでは、せっかく用意周到に準...

≫続きを読む

 

医院開業成功のため、先生が必ず「やるべき」事|医師紹介会社研究所

医院開業成功のため、先生が必ず「やるべき」事 ■ 記事作成日 2016/7/13 ■ 最終更新日 2017/12/6診療科目数の推移を把握していますか?最新の調査(平成26年)では、全国に約10万件の診療所が存在しています。平成20年から平成26年までの診療所の推移はどのような傾向になっているのか見ていきましょう。上記の表(全国診療所数推移)を...

≫続きを読む

 

クリニック経営における患者満足度調査と職員意識調査の活用法|医師紹介会社研究所

クリニック経営における患者満足度調査と職員意識調査の活用法 ■ 記事作成日 2016/8/6 ■ 最終更新日 2017/12/6クリニック経営に向けてチーム医療思考開業して初めて気づく先生も多いと思いますが、病院に勤務している時点では気づかない点も出てくることも多いと思います。特に医療という組織は、医師を頂点とした完全なピラミッド構造になっていることはご存知...

≫続きを読む

 

日本人の健康状態を考える:健康診断結果と問題視される結核|医師紹介会社研究所

日本人の健康状態を考える:健康診断結果と問題視される結核 ■ 記事作成日 2016/8/29 ■ 最終更新日 2017/12/6「健常人」ではなく「半病人」が半数空気が乾いた季節でもないのに、よく咳をする方が増えたように感じます。気になるのは私だけでしょうか?季節を問わずマスクする女性も多いようですし、これから乾燥する季節に向けて、ますますこのような方が増...

≫続きを読む

 

広告を超える医療機関向けPR戦略|医師紹介会社研究所

広告を超える医療機関向けPR戦略 ■ 記事作成日 2016/8/31 ■ 最終更新日 2017/12/6クリニックでもできる患者さんのマーケティングリサーチ医療費が高騰している今日、日本の財源も乏しくこれからの医療政策は今までのように保険診療に頼っていた医業経営から脱却しなければなりません。しかし、診療報酬で今まで診療してきたので、...

≫続きを読む

 

保険診療以外の収益を上げる4つの方法|医師紹介会社研究所

保険診療以外の収益を上げる4つの方法 ■ 記事作成日 2016/10/6 ■ 最終更新日 2017/12/6保険診療報酬のみに頼れない時代いま日本の診療所は年間5,000件の新規開業がある一方同じくらいの診療所が何らかの理由で閉院しています。この傾向は、歯科診療所ではもっと動きが早く廃業が相次いでいます。コンビニ店舗とより多いといわれた...

≫続きを読む

 

「医療法人社団」の設立とその手順|医師紹介会社研究所

「医療法人社団」の設立とその手順 ■ 記事作成日 2016/10/25 ■ 最終更新日 2017/12/6個人診療所と医療法人のメリット・デメリット勤務医から独立して開業をするときにまず個人経営の診療所を設立し、数年後に医療法人を設立するかどうかの判断をしなければならない時が来ます。東京都だけは、開業時と同時に医療法人を設立すること...

≫続きを読む

 

よりよい医療機関を目指して~外来患者に対するサービスとは?|医師紹介会社研究所

よりよい医療機関を目指して~外来患者に対するサービスとは? ■ 記事作成日 2016/11/17 ■ 最終更新日 2017/12/6現在の外来機能について医療機関というサービス業態は、法令に忠実に遵守したサービス業として、発展してきました。昭和の時代には数々の伝染病や感染症が蔓延した時代には、感染者を封じ込めることや病気を治すということが医療機関の大きな目的...

≫続きを読む

 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

保険診療以外の収益を上げる4つの方法

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職

CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび

Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法
Site Top 常勤転職の推薦企業 非常勤/単発推薦企業 当研究所について お問い合わせ Dr.くめがわ転職体験