まずは格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

第14回:【医療経営士】医療経営士3級から医療経営士2級を目指す その2

【医療経営士】医療経営士3級から医療経営士2級を目指す その2

 

■ 記事作成日 2018/1/26 ■ 最終更新日 2018/1/26

 

医療経営士3級 最近の合格傾向などを分析

 

元看護師のライター、紅花子です。

 

昨年末から再開したこのコラム、前回から、3級の次のステップ、「医療経営士 2級」を目指している方に向けたコラムとして、お伝えしています。今回は、2級の推奨テキストについてお伝えします。

 

医療経営士2級の知識量は、半端ないボリューム?

 

3級を受験された方はご存知かと思いますが、「医療に関する最近の動向」にはテキストがありませんでしたので、3級の推奨テキストは計8冊でした。それぞれのテキストのボリューム感もそれほど大きな差は無く、何をどう勉強するかも、何度もテキストを読み込めばぼんやりでも見えてくるか、というところだったかと思います。

 

さて、では2級の推奨テキストを購入してみました。2級は、「一般分野」と「専門分野」に分かれており、2つに合格しないと2級合格にはなりません。推奨テキストの冊数としては、一般分野10冊、専門分野9冊、計19冊です。試しに、この19冊を積み上げてみました。まずそのボリューム感に圧倒されます。

 

 

では、これを横に並べてみましょう。

 

 

これを全部勉強するのか……と考えると気が遠くなりそうですが、「医療経営」にはさまざまな角度からの視点で物事を考えることが必要ですので、学ぶべきことは多くなるのでしょう。

 

例えば、経済産業省は今から10年ほど前、「医療経営人材育成事業ワーキンググループ」を設置して、今後の医療機関経営に即したスキル要件や教育プログラム、テキスト等の開発を行いました。

 

その中には医療経営に関わる人材についてこう書かれています。

 

医療機関経営者に必要とされる知識とスキル

 

1)医療サービスを理解し、提供するために必要な知見と特性
● 医療サービスに対する理解
● 医療サービスの提供にかかわる責務

 

2)組織の経営管理に必要な基本的技能と特性
● 課題解決力
● 対人力
● 志と心

 

3)戦略的マネジメントにおいて求められる技能と特性
● ミッションの明確化とビジョンの策定
● 経営環境の分析と把握
● 戦略の立案と意思決定
● 行動計画の策定
● 実践と評価

 

医療機関経営の特性として、医療サービスには「特性」があり、『不確実性』と『情報の非対称性』があること、専門職を活用した対人サービスであること、中小規模の組織や非営利組織が事業を展開することなども明記されています。この他、倫理的なことも学ぶ必要がありますし、当然ながら、法的なことも学んでおく必要があります。

 

そう考えると、やはりこのテキストのボリュームは、致し方ないのでしょう。

 

医療経営士2級の合格率は、3級よりも低くなる傾向

 

3級はこれまで22回の試験が行われており、合格率の平均は455%前後です。第20回は38.9%とやや低くなりましたが、第21回は47.7%、第22回は45.1%でした。
しかし2級になると、合格率は平均で25.6%程度になります。20ポイント近く低くなってしまうということです。

 

 

また1回あたりの受験者数も桁が変わります。直近で比較すると

 

  • 3級:受験者数=4,512人、合格者数=2,034人 (合格率45.1%)
  • 2級:受験者数=485人、合格者数=187人 (合格率27.8%)

 

これだけの開きがあります。

 

確かに、3級は「誰でも受けることが出来る」試験ではありますが、2級は「3級に受からないと受験ができない」試験です。そこもネックではあると思われますが、やはり「どれだけ専門的な視点で【経営】を考えられるのか」という部分が、2級の門を狭くしているのではないでしょうか。

 

【経営】は、良い事ばかりではありません。経営状態が上向きの時は良いのですが、一度下向きになってしまうと、なかなかその状況から抜け出せなくなります。医療機関にとっての「顧客」は患者さんになりますし、命がかかっているわけですから、クレーム対応、訴訟などの課題も出てくるでしょう。

 

また、医療の収入源は(自由診療を除けば)保険点数です。自らが提供する「医療サービス」に、自分で価格をつけることが出来ないため、収入を増やす方法にも限りがあります。その上でどうやって他の医療機関と差別化し、さらに連携していくのか、こうしたさまざまな課題を解決していくのは、やはり誰にでもできることではありません。

 

医師でも医療経営士はいる

 

居るか居ないかで判断するなら、答えは「居る」です。
医師であり、医療経営学のMBA取得者であり、医療経営士の資格を持った方が、現実にいます。

 

昨今では、医療機関の経営トップは「医師ではない」病院が増えています。クリニックでさえも、経営のトップが医師ではないところが、多数存在しています。こうした医療機関の変革の中で、医師としていずれ経営に加わっていく、あるいは自分で開業されることもあるでしょう。

 

その時、「医療経営とは何か」が語れる医師であれば、その医療機関は安泰なのかもしれません。

 

参考資料

 

一般社団法人 日本医療経営実践協会
医療経営士とは
http://www.jmmpa.jp/about/

 

一般社団法人 日本医療経営実践協会 プレスリリース
第 14 回「医療経営士2級」試験 187 人合格、第 22 回「3 級」試験 2034 人合格 「2 級」合格者の累計 1000 人突破!!
http://www.jmmpa.jp/docs/press_release_20171129.pdf

 

同上 医療経営士 キャリアステージ
http://www.jmmpa.jp/about/cat2/

 

同上 第14回「医療経営士2級」資格認定試験実施概要
http://www.jmmpa.jp/examination/cat3/

 

経済産業省サービス産業人材育成事業 医療経営人材育成テキスト[Ver.1.0]
http://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/g60828a03j.pdf

 

 

この記事をかいた人


紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在は当研究所所属ライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


【医療経営士】医療経営士3級から医療経営士2級を目指す その2


【医療経営士】医療経営士3級から医療経営士2級を目指す その2


【医療経営士】医療経営士3級から医療経営士2級を目指す その2


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

【医療経営士】医療経営士3級から医療経営士2級を目指す その2

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職

CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび

Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法
Site Top 常勤転職 非常勤バイト スポットバイト 医師の転職体験談 お問い合わせ