医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

スポットバイト体験記 訪問診療@東京都…幅広い診療スキルが必要だが、マイペースで仕事ができる

■ 記事作成日 2017/6/11 ■ 最終更新日 2017/12/6

今回のスポットバイト体験記は、訪問診療についての話です。

 

研修医の頃に地域医療研修で訪問診療を行ったことがあったので、実際一度やってみたいなと以前から思っていたため、今回初めて訪問診療バイトに挑戦してきました。

 

<勤務条件>

 

9時から17時
日給8.5万円(交通費別)
休憩1時間

 

給料は8.5万円と、無難に1時間1万円と標準的です。でも訪問診療って1日にそこまで患者数診られないし、それにしては割がいいのかな、と思いつつも応募。

 

朝8時半、クリニックに到着。訪問診療クリニックは医療者側から出向き、基本的に患者が直接来ることを想定していないので、大抵はビルの1室だったり、アクセスがやや悪かったりするような(家賃の安そうな)ところに入っています。

 

しかし今回伺ったクリニックは、昨今の訪問診療ブームのずっと前からやっているクリニックのようで、3階建ての大きな事務所でした。

 

中に入ると、さながら古いオフィスのようで、電話の乗った机が整然と並べられていました。
まず控室に案内され、業務についてマニュアルを渡され、簡単な説明を受ける。9時過ぎまで待機。

 

予定通り9時過ぎに、本日のドライバーである小林さんから、「じゃあ先生そろそろ行きましょうか」とのこと。白衣を借り、ペットボトルのお茶を渡され、車に乗り込みます。

 

車に乗ってから、「今日の診療予定です」と渡されたリストには6名の患者が書かれていました。助手席には6名分の紙カルテが載っていて、最初に向かう患者のカルテを渡されました。今日はやや遠方で移動時間がかかるので、6件とやや少なめ。近場ですむときは、10名件らいまわることが一般的なようです。

 

早速出発。ドライバーの方とは初対面なので、まずアイスブレーキング。出身や、前職のことなどについての話で盛り上がります。1時間ほど走ったところで、1件目の訪問診療先に到着。

 

1件目は、90歳で施設入所中の女性。特に変わりは無い旨を施設の看護師から報告を受けます。部屋に行き、「こんにちはー」と挨拶。認知症がかなり進行しているようで、受け答えは難しい様子。最初に血圧、脈拍、酸素飽和度を同行スタッフに測定してもらい、カルテに書き込みます。

 

「特に変わった様子は無いし、何を書けばいいのかな」と思いますが、ひとまず胸部聴診をして、下腿浮腫の程度を評価し、記載します。それが終わり、特に問題無いの無いことを確認し、「それでは失礼します」と退散。概ね5分ほどで1人目の診察が終了しました。

 

そこから20分ずつほど走り、次の施設へ向かいます。本日は基本的に施設訪問とのこと。確かに、右も左もわからない若造医師が、家族も同居している個人宅への訪問をするのは、経営的にややリスキーなのかもしれません。

 

「え、この先生で大丈夫?」と思われる可能性があるからでしょう。

 

2件目の施設に到着。ここでも、85歳の男性の診察。同様にバイタルをはかり記録し、簡単な診察で特に変わりなし。便秘薬の処方を頼まれ、処方箋を記載し判子を押す。施設のコピー機でコピーをとって、持ち帰ります。

 

もう一人、本日は診察予定日ではないものの診察して欲しい人がいるとのこと。どうやら早朝に転倒してしまったらしい。診察するも、特に目立った外傷もなく、本人もお元気で普通に過ごされている。経過観察する他ないため、様子を見てもらうことにして2件目を後にします。

 

ちなみに、今回勤務したクリニックは紙カルテで運用しているので、病歴に関する情報はわかりません。最近はクラウド型の電子カルテが普及してきており、その場合はそうした際にも病歴や投薬情報を即座に参照して診療を行うことができるので便利でしょう。

 

2件目が終わり、その流れで4件目まで、1人か2人ずつ診ながら午前の診療を行いました。せっかく施設に行くなら、施設にいる方を何人もまとめて診察したらいいのに、と思いますが、どうもそうはいかないようです。診療報酬的には、せいぜい2人までとのこと。効率悪いなー、と思いつつ、仕方ありません。

 

12時過ぎに、「じゃあ先生、そろそろお昼にしましょう。どこか希望ありますか?」と聞かれます。車での移動なので、少し道を外れてドライブすればいくらでも行くところがあります。食べログで検索して、近くの美味しいとんかつ屋に行きます。駐車場が無いのでコインパーキングに駐車。

 

昼ごはん代は経費にならないようですが、駐車場代は経費になるとのことでした。

 

1時間くらいゆっくり食事をした後、午後の診療を2件こなします。診療が終わった後は、クリニックに戻り、時間まで待機。臨時往診の依頼があれば呼ばれるとのことで、スマホをいじりながら待機。近くにカフェがあるので、電話番号を教えて、カフェでお茶をしたりして過ごします。結局その日は臨時往診も無く、定時よりやや早い、16時半に勤務終了しました。

 

訪問診療と往診の違い

 

ここで、訪問診療と往診の違いについて調べてみました。

 

訪問診療と往診、何が違うか説明できますか。在宅診療は、訪問診療往診の2つに分けることができます。どちらも、病院やクリニックなどの医療機関ではない、患者の居住空間で医師の診察や治療を受けることができるという点は同じですが、実は異なる診療手法です。

 

訪問診療は、おおむね月に2回から4回程度、あらかじめ決められた日時に、医師が患者の自宅や施設などを訪問し、診察・処置・処方を行ったり、療養指導を行ったりということを「計画的に行っていく」医療サービスです。

 

一方、往診は、時代劇に出てくる医師のイメージのように、突然体調を崩すなどして医療機関へ向かうことができないような際に、医師が直接患者の自宅や施設に行って医療を行うサービスのことです。もともと決められたスケジュールで行うわけではなく、あくまで臨時で呼ばれて在宅医療を提供することを往診と称することが多いのです。

 

まとめ - マイペースで仕事ができるが幅広い知識も必要となるのが訪問診療バイト

 

今回は訪問診療バイトを経験しました。1日に診る患者数は少ないため、心理的負担としては比較的楽な部類でした。特に何か困っている症状があって呼ばれているわけではないので、ほとんどの場合においてバイタルを測定して簡単な診察をする以外、やることもありません。

 

ただ、1日中車に乗っているため、移動による身体的負担は意外と大きいものです。(個人的には人の運転する車に乗るより自分自身で運転した方が楽なので、そうさせてほしいところではありましたが)

 

また、このあとも数回同じ勤務先でバイトを行いましたが、同行するドライバーによって、話が続く人と続かない人がいて、そのあたりの気遣いが多少面倒ではありました。とはいえ、別に移動中に音楽を聴いていていけないわけではありませんし、乗車中に本を読める人であればそのような過ごし方もできるでしょう。

 

時に内科以外に皮膚科であったり、泌尿器科であったり、幅広い診療スキルが求められることもありますが、総じて比較的ゆったりとした時間の流れで診療できますので、そのような診療スタイルを好む方には向いているバイトだと言えるでしょう。

 

【2018年版】 非常勤/スポット求人に強いTop3社


初めての訪問診療バイト@東京都 = Dr.Kのスポット単発医師バイト日誌 No.3


非常勤/アルバイト求人を考えている医師の場合、当研究所調査で高評価をマークしたこの3社だけまとめて同時登録しておけばまず間違いありません。以下の3社は非常勤、アルバイト求人募集を豊富に所有しており、3社同時登録することで、優良求人入手のチャンスを逃さない確率が高まり、かなり自由度の高い好条件の案件獲得につながる可能性が大きくなります。


注意すべき点は、医師紹介会社の求人獲得営業には特徴と強み弱みがあり、「常勤に強い会社」と「非常勤/アルバイトに強い会社」は全く異なっている点です。登録候補先の紹介会社は、常勤、非常勤のどちらが得意分野なのかを事前に把握しておきましょう。


 

この記事を書いた人


庄司 幸平(Dr.K)

北関東在住の勤務医師(30代男性)。常勤勤務先に加えて定期的にアルバイト(スポット、定期様々)を数多くこなしてきましたので、勤務医の本音コラムに加えて、私の体験から見たおすすめアルバイト等をご紹介、執筆しております。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


初めての訪問診療バイト@東京都 = Dr.Kのスポット単発医師バイト日誌 No.3


初めての訪問診療バイト@東京都 = Dr.Kのスポット単発医師バイト日誌 No.3


初めての訪問診療バイト@東京都 = Dr.Kのスポット単発医師バイト日誌 No.3


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

初めての訪問診療バイト@東京都 = Dr.Kのスポット単発医師バイト日誌 No.3

初めての訪問診療バイト@東京都 = Dr.Kのスポット単発医師バイト日誌 No.3

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職

CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび

Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法