失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

転職エージェントを“うまく使う”という発想を

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

■ 記事作成日 2015/9/16 ■ 最終更新日 2015/10/25

 

「医師のキャリアプランニングに“転職”は欠かせない一手である」…と言っても決して過言では無い医師人材市場環境において、“転職エージェントの活用”が、転職を成功に導くための一つの良策である事は、もはや常識かもしれません。

 

さらに、「転職エージェントにも優良・不良があるため、優良エージェントの優秀なコンサルタントをパートナーにする事が、転職成功の鍵である」…という事実についても、転職を経験したり、先輩や同僚のケーススタディを見聞きしているある一定のドクターには、医師転職市場の知見として把握されている事でしょう。

 

しかし、そのような世の中に於いても、転職エージェントをうまく活用し、よりよい転職活動を経て、よりよい良い結果=成功に辿り着けるドクターと、そうではないドクターがいます。

 

その差はいったい、何なのでしょうか?

 

転職に暗雲が立ち込めるドクターには、あらゆる優良エージェントに複数登録していながらも、転職に時間がかかったり、良い条件の求人に出逢えなかったり、面接落ちが続いたり、それ以前の書類落ちが続くなどなど、山あり谷ありの七難八苦が見受けられます。

 

そうならないための“その差”にスポットを当て、転職エージェントの有利な使い方について、考えてみる事にしましょう。


転職エージェントに“いつ”相談しましたか?

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

 

多くの転職エージェントは、ドクターの転職に関する“A to Z”をサポートすると公言しています。さらに、ほぼ全ての転職エージェントは“利用料無料”であり、“ネットで簡単登録”のインターフェイス環境も整っています。

 

ドクターの転職市場では、一昔前とはガラリと様変わりしました。医局の力が弱まり、ネットの転職活動環境が整った今、より良い転職への意志さえあれば、誰もが簡単に転職のドアをノックできる状態です。

 

しかし、それにも関わらず、多くのドクターは、転職エージェントに相談するタイミングを間違っています。

 

“転職をする”…と、完全に決意したタイミングや…
“退職をした”…という、ステップアウト後のタイミングなど…

 

転職エージェントにコンタクトをとるドクターは、概してそのタイミングが遅過ぎる傾向にあります。

 

“鉄は熱いうちに打て”…という諺は、転職市場においても真実です。元来、転職の可能性を少しでも考えたタイミングでの転職エージェント登録が望ましいのです。

 

なぜなら、より良い転職には、転職というレイヤーに於ける、特別なノウハウやスキルが必要だからです。それらは、一生懸命に医業に従事してきた事で、得られるものではありません。どんなにドクターが優秀であっても、転職ノウハウやスキルが伴わなければ、成功は得られないのです。

 

ブランクがあれば、市場価値が下がる!?

 

転職先が決まってもないのに、とりあえず現職を辞めるドクターは少なくありません。この傾向は転職経験のあるドクターに顕著で、過去の転職成功体験が、間違った概念を導いていると考えられます。「嫌なら辞めて、また転職エージェントに相談すればいいや」…という安易な発想は、正しく“運の尽き”である事を、覚えておきましょう。

 

医師が転職をする場合、前職よりブランクがあれば、一般的に市場価値が下がります。たとえそれが数か月であっても、留学・産休・育休・介護・看護・闘病など、明確な理由がなければマイナス要因となるものです。

 

「前職で何か問題があったのではないか?」
「権利主義の転職クルーザー人材ではないか?」
「診療スキルや手術スキルが鈍ってはいないか?」
…明確な理由が無いブランクは、多方面からあらゆる勘ぐりを受ける事は免れません。

 

「現職に不満があるからとりあえず辞めよう。しばらくゆっくりして、次の身の振り方を考えよう。」…では、ドクター自身の高い人材価値を保てないのです。いくら優良な転職エージェントの優秀なコンサルタントでも、マイナス要因を問題の無い具合に調整できても、プラス要因に転嫁する事は出来ませんし、マイナス要因を一つ一つ払拭していくプレゼンテーション作業は、実に苦労がつきまといます。

 

同じ転職をするなら、自らを高く売れる時機を見計らうべきですし、転職エージェントの力を借りるポイントは、マイナスをアベレッジにするのではなく、アベレッジをよりプラスにする箇所であるべきでしょう。

 

転職活動は、必ず、退職前から始めるべきもの。「現職の退職は、次の転職先が決まってから」…という鉄則を遵守するようにしましょう。

 

エージェントの力を借りて、転職のノウハウを得る転職を

 

「良い条件で希望の転職をしたい。できれば早いタイミングで。」

 

…このように、転職エージェントに登録するドクターの過半数は、転職を決心したタイミングで、できるだけ早期の転職を目指し、転職エージェントにコンタクトをとっています。

 

転職ノウハウやスキルのあるドクターならば良いのですが、多くのドクターはそれを持ち合わせていません。自らの強みと弱みを分析し、市場でのポジショニングを把握し、求人元医療機関に響くプレゼンテーションが行える能力は、なかなか会得できるものではない筈です。

 

だからこそ、転職の可能性が頭を過ったタイミングで、転職エージェントの門戸を叩いてみるべきなのです。転職を迷っている段階こそ、プロのノウハウが身に沁みるというものです。

 

先ず、悩みを聞いてもらうだけでも、大きな価値があるでしょう。自らの心の内をアウトプットする作業は簡単な事ではありません。現況の悩みが何なのか?…を、洗いざらい吐き出して、客観的に見てみる機会は滅多にありませんから、自分の気持ちを整理し、「実際、何が問題なのか?」…というポイントに辿りつく事ができる筈です。

 

その段階で、早急な転職が必要なのか?もっと策を練った方が良いのか?…など、転職に向けた時機や方法を戦略的に計画する事もできます。

 

戦略的な計画を、転職エージェントのコンサルタントと共に練っていく建設的な作業は、ドクターの転職の成功率を高める重要なファクターですから、元来、これを外す訳にはいきません。しかしながら、転職エージェントへのコンタクトが遅れてしまった場合、この計画がおざなりになりがちです。

 

戦略的な計画のない転職活動は、ゴールの定めのないレースのようなものです。どこに向かって、何のために走っているのかわからないままどんなに頑張っても、見知らぬ土地で道に迷うのが関の山でしょう。

 

・自己分析と市場分析によるゴール設定
・ゴールへの到達方法とスケジュール設定
・書類や面接などのPRノウハウやスキルの会得

 

具体的な転職活動の前に、先ずはこれらの転職ノウハウやスキルを得ていなければなりません。そのためには、転職エージェントの力を借りるのが賢明です。転職エージェントへの早めのコンタクトを強くお勧めします。

 

★鉄則★
転職エージェントへのコンタクトは、できるだけ早めに。退職前である事はもちろん、転職検討段階で、すぐに相談を。


転職エージェントに“何を”相談しましたか?

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

 

多くのドクターは、転職エージェントのコンサルタントへの相談内容を、“自らが従事する医業”という限定的な内容に終始している傾向があります。

 

「どんなキャリアとスキルを持っているのか?」
「どんな職場でどんな条件で働きたいのか?」
「どんなビジョンを持っているのか?」

 

もちろんこれらの情報は、転職活動の本筋です。
確かに“自らが従事する医業”は、ドクターの人生そのものをつくるマスターピースですが、その周辺のピースにも着目し、一つ一つの条件をチェックしなければ、パズルは完成しないのです。

 

つまり、

 

  • 住居・交通・買物などの生活環境に関する事情
  • 子供の学校や教育環境に関する事情
  • 自らや家族の趣味や嗜好に関する事情
  • 自らや家族の医療や介護などに関する事情
  • 転職候補先病医院の同僚や上司のプロフィール
  • 転職候補先病医院の職場の雰囲気…etc.

 

…など、医業以外の家族や自分自身の生活全般に関する事や、一歩踏み込んだ職場環境に関する要望や質問なども、相談すべき大切な内容なのです。転職エージェントには、医業と直接関わらない事も、相談していいのです。

 

特に、転居を伴う転職の場合、実に慎重に、周辺のピースに関する状況を相談・確認し、納得のいく状況にしておかなければなりません。その相談が不十分な場合、後々大きな問題に発展してしまう事になるでしょう。

 

よくある失敗例:子供の教育環境が悪い

 

転居を伴う転職の失敗例で、非常によく起こり得るトラブルの一つに、子供の教育問題があります。

 

地方都市に新設された病院のオープニングスタッフとして転職したA医師は、病院近くの新築一戸建て社宅に転居したそうです。良い条件で勤務でき、新設病院だから変な柵は無く、病院が用意した社宅で家賃は廉価だし、言う事無しの転職成功だと思っていたところ…小学生の息子が、地元の小学校に馴染めないという思わぬ事態に陥ったそうです。

 

そのエリアは、昔ながらの住宅地と、病院が新設されたニュータウンが混在している土地。今時珍しい、“ヤンキー的”な若い父母が多く、その子供たちは、襟足を伸ばした茶髪といった風貌で…案の定、勉強もスポーツも二の次の環境だったそう。中学受験を見据えてきた小学三年生の息子は、同級生の粗野な言葉遣いや態度に順応できず、とうとう不登校気味に。

 

もしもA医師が、子供の教育環境までをしっかり吟味し、転職エージェントに相談していたら、トラブル回避はできたでしょう。いくら中学受験を考えていたとしても、別の公立小学校区に転居するなど対処していたはずです。

 

よくある失敗例:医業以外の人間関係が悪い

 

転職の失敗例で、非常によく起こり得るトラブルの一つに、職場の人間関係問題があります。仮に仕事に於ける人間関係は良好でも、もっと踏み込んだ土着的な付き合いを半ば強引に要求される事で、生活に支障を来す事もあるようです。

 

B医師は、妻と3歳の娘と共に転居し、地方都市から首都圏の小規模な個人経営病院に転職したそうです。そこには、オーナーである病院長のほか、勤務医はB医師を含めて2名しか居ません。そんな環境の中、B医師は頻繁に「付き合い」に借り出される羽目になったそうです。そこの病院長はゴルフやクラブ遊びなど、昭和風情の医師のような遊興が好み。休日は別の医師と交互にゴルフに誘われ、平日も何かと飲み事に連れまわされます。

 

これでは医業はもちろん、家庭生活にも影響を来すというものです。幼子を抱える妻が、知らない土地でストレスを抱えるようになったため、B医師は病院長に付き合いの断りを申し出てたら…たちまち人間関係が悪化。「もうこの病院では働きたく無い」…と、思うまでになってしまったそう。

 

もしもB医師が病院長の生活嗜好までを把握していたら、別の求人元に転職していたでしょう。医業以外の付き合いが多い職場かどうか?…などについて、転職エージェントに相談すべきだったのです。

 

★鉄則★
医業以外の事も転職エージェントに相談しよう。家族や自分の生活環境に関わる事全てをきちんとチェックしよう。


転職エージェントを吟味し、パートナーを選ぼう!

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

 

転職エージェントの実力は、実に様々でピンキリです。転職エージェントにも優劣があり、どこに相談しても良い訳ではない事は、多くのドクターが承知済みでしょう。

 

従って、転職サイトのランキングなどからパートナーとなるべきエージェントを選ぶドクターが多いようなのですが、ランキング最上位のエージェントを選んでも、転職活動が波に乗らないドクターも少なくありません。いったい、何故なのでしょうか?

 

「いくら優良な転職エージェントでも、全てのコンサルタントが優秀とは限らなければ、ドクターにマッチするとも限らない。」

 

「いくらランキング上位の転職エージェントだとしても、そのランキングが正当かどうかは限らない。」

 

…転職活動の不穏は、このような理由が原因でしょう。ではいったい、どのような点に注意して転職パートナーを選べば良いのでしょうか?その切口や方法を考えてみましょう。

 

複数の転職エージェントに同時登録してみる

 

評判が良いと思われ、ドクターの志向に合っていそうな転職エージェントを3つ程度ピックアップし、先ずはその総てに登録してみて下さい。

 

信頼のおける転職エージェントランキングサイトの上位3社でも構いません。大手有名エージェント・地元有力エージェント・求人数の多いエージェントといった具合にポイントを分散させて選んでも良いでしょう。

 

大切な事は、的を絞った複数社に“同時に登録してみる”という事です。登録後の転職エージェントの対応スピードや誠実さや濃やかさなどを、ドクターの身を持って知る事が出来るからです。

 

転職エージェントの求人数や条件の良さなどは、当然ながら景気などの社会情勢に影響されますから、例えドクターの友人が良い条件で転職できたエージェントでも、いつも好条件な求人を潤沢に持っている訳ではありません。

 

同時に転職アクションを進め、より良い求人を照会してくれたり、良い対応をしてくれたエージェント、より好感が持てるコンサルタントをパートナーに選べば良いのです。

 

多くのエージェントでは、具体的に求人元に応募する前の段階では、複数社に相談する事を厭われる事はありません。また、複数のエージェントに登録している事を、敢えて初期段階で教示する必要はありません。一社を通じて面接をしても、その案件が消滅した段階で、他社を通じて面接を進めても何ら問題はありません。「コンサルティングはドクターと弊社の専属契約が前提です」…なんて言い放つエージェントとは、縁を結ばない事です。

 

多少面倒かもしれませんが、目ぼしい3社を選び、3社とも初期面談までは行ってみて下さい。(もちろん、登録後の電話やメールの対応が悪いエージェントは、早々に縁を切り、面談にまで進める必要はありません。)

 

ドクターの意向を理解してくれ、転職ノウハウやネットワークを持ち、心地よくパートナーシップを組める相手は、「優良エージェント」とされる企業の中から、ドクター自身が選ぶ必要があるのです。最後は企業力に加えて“人と人との繋がり”が転職成功のキーになるため、個人と個人の相性も、とても重要なポイントになるのです。

 

 

★鉄則★
転職エージェントは、優良とされる企業の中から同事に複数社登録しよう!ドクターの肌感覚で、好適な最終パートナーを選択しよう!

 

 

信用できるランキングの見分け方

 

医師向けの転職エージェントが乱立している中、そのランキングサイトも乱立しています。そんな中で、優良な転職エージェントを探し当て、登録するためには、どんなランキングサイトを信用したら良いのでしょうか?

 

・情報量が多いサイトかどうか?
転職エージェントの紹介ランキングは、ランディングページのような体裁で情報量の少ないペライチサイト等が多々見受けられます。ランキングもベスト5やせいぜいベスト10といった程度。しかも、それらを裏付ける説明や分析が、ほんの数十行といったケースも多いようです。

 

元来、多くのサービスを熟知し、分析しなければ、ランキングなどできるはずもありません。また、しっかりと内部調査や研究を行った場合、相当量の分析結果が出てくるはずです。従って、情報量が多いサイトかどうか?…というのは、信用度における重要なポイントとなります。

 

・頻繁に更新されているサイトかどうか?
情報は生き物です。サイトをアップした後に、頻繁な情報更新が見受けられないランキングは、信用できません。

 

・医師転職の周辺情報が豊富なサイトかどうか?
ただ転職エージェントのランキングを掲載しているだけではなく、医師の転職に関する多角的なお役立ち情報や、旬のニュースなどを掲載しているサイトは信用できます。医師転職という特殊な市場に於いて、どれだけ造詣があるかを量る事ができます。

 

・客観的な評価情報があるサイトかどうか?
物事を分析するには、定量的な指標と、定性的な指標が必要です。この二つの視点のあるランキングを信用して下さい。定量的な指標とは、多くの利用者(医師・医療機関)の声を集めるなどしたものです。

 

定性的な指標とは、調査対象に深く踏み入った情報を得ている事と、その分析を行っている者がプロフェッショナルであるという事です。仮に情報量が多くとも、発信者が不明であったり、アルバイトが制作をしたようなサイトは、信用すべきではありません。ドクターならば、医業に精通した者が書いた情報かどうかは、一読すれば分かるはずです。

 

★鉄則★
信用できるのは、生きているサイト。情報更新が多く、情報量も多い骨太なサイトのランキングを参考にしよう!

 


転職エージェントを活用する意味を知ろう!

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

転職エージェントに集まる求人には、大きく3方向に大別されます。

 

一つ目は…
経営が好調で、転職エージェントを使って採用コストがかかってでも、良い人材を多数確保したい医療機関からの求人。

 

二つ目は…
何らかの事情(僻地・繁忙・急募など)で、転職エージェントの力を借りる必要がある、医療機関からの求人。

 

三つ目は…
できれば採用コストをかけずに採用したいが、なかなか良い人材が集まらないため、転職エージェントを使ってみようと考える、人気のない医療機関からの求人。

 

転職エージェントを利用しての転職が一般的になった今、その萌芽期によくドクターから上がっていた疑問…「なぜ転職エージェントのコンサルティングは無料なのか?」…という問いを受ける事は無くなってきました。しかし、この原点の疑問に焦点を当てる事で、転職エージェントとの上手な付き合い方が見えてきます。

 

転職エージェントは、医療機関に優秀な人材を紹介する事で、入職決定時に成功手数料によるコンサルティングフィーを申し受けます。その金額は、一人の医師当たり、100万円程度〜500万円程度と様々ですが、とにかく数百万円のお金が動きます。医療機関は人事部をアウトソーシングしているという発想と、成功報酬というシステムの上で、この金額に納得し、支払っているのです。

 

採用コスト比較で採用を決定する医療機関の事情

 

現在の医師の転職市場では、医療機関に直接応募をしてくるケースは10%にも満たず、多くのドクターは転職エージェントを介して応募をしています。しかし時々、直接応募をしてくる医師もいるようです。

 

また、多くの非公開求人の場合、特定の転職エージェントが専任にて取り扱うケースが多いのですが、複数の転職エージェントと同時にやりとりをしている医療機関もあります。

 

つまり、どんなにドクターのキャリアやスキルが、その求人に見合う充分なものだとしても、ドクター自身とは別の観点から、不採用になるケースも有り得るのです。

 

キャリアやスキルに加え、面接の印象も同程度の人材が複数いた場合…医療機関は採用コストの低い人材を選ぶでしょう。直接応募の人材なら採用コストは0円ですし、転職エージェントの紹介人材ならば、コンサルフィーが安価な方が良いと考えるのが普通でしょう。

 

もちろん、ドクターを高く売り込むポイントを見出し、キャリアやスキルや人柄などで“一歩リード”させ、コスト競争にならないようにディレクションをするのが転職エージェントの役割ですが、いつ何時でもそうなる訳ではありません。ならば、ドクター自ら、転職エージェントとの付き合いにおいて、“転ばぬ先の杖”となるべくチェックをしておくべきです。

 

「この求人は、御社の専任取扱いになっていますか?それとも複数のエージェントさんが担当されていますか?」

 

…この質問で、担当コンサルタントは襟を正します。もし専任取扱の場合は、堂々と誇らしげに“ドクターのためにご準備した特別な非公開求人です”…などと話すかもしれません。もしも複数社が取り扱う求人だと判明すれば、応募に際する戦略を、一歩踏み込んで練り込む好機となるでしょうし、他の求人を探す契機にもなるでしょう。

 

「この求人の医療機関への紹介実績はありますか?また、いつ頃からお付き合いをされていますか?」

 

…この質問で、担当コンサルタントは背筋を伸ばします。もし取引実績のある長い付き合いの医療機関ならば、ドクターは安心してコンサルティングを依頼して良いでしょう。その医療機関と転職エージェントは、良好な信頼関係が築けている証です。しかし、実績もなく付き合いも浅い医療機関ならば、コンサルタントの説明がきちんと裏取りされたものかどうか、何度も念を押す必要があるでしょう。

 

★鉄則★
コンサルタントが嫌がるかもしれない、一歩踏み込んだ質問で、その求人の背景をしっかりチェックしよう。

 

不合格…エージェントに、良心や能力があるか?

 

どんなに優良な転職エージェントに登録をしても、百戦錬磨で全ての求人応募に合格する訳ではありません。こればかりはマッチングやタイミングの問題ですから、ドクターの人材価値とは別の理由で書類落ちや面接落ちに直面する事もあるでしょう。

 

もしもドクターが合格しないケースがあっても、それは良くある転職活動中の出来事ですから、あまり気にする必要はありませんが、その際、必ず、転職エージェントにその不合格理由を聞いてみて下さい。

 

「今回、不合格だった理由は何だと思われますか?」

 

…この質問で、転職エージェントの良心と能力が分かります。
「タイミングが悪く、別の求人に決まっていた。」
…書類落ちの場合は、この理由でも納得できます。
「ドクターの考えが医療機関の方針と違っていた。」
「準備期間が短く、戦略不足が否めなかった。」
…面接落ちの場合は、この理由でも納得できます。

 

しかし、「ドクターのキャリアやスキルが、医療機関の求めるものと合致しなかった。」…などと言い放つコンサルタントは、全く信用ができません。医療機関に応募する際に、最低限の条件チェックは必ず行い、求人元にもどんなタイプ・レベルの人材が必要かは符合させているはずなのです。いえ、させていなければいけないのです。

 

つまり、不合格理由をドクターだけに起因させようとする場合、往々にして他社エージェントに競合負けしたか、そもそもエージェント側の調査不足や能力不足で、応募前に双方のマッチング率が低すぎたというのが要因です。

 

もしも、良心も能力もないエージェントやコンサルタントに当ってしまったならば、それは鞍替えの合図です。不合格の場合に、自らの力不足やタイミングの悪さに言及し、次の戦略を共に練ろうとしないエージェントとは縁を切り、良心と能力を持ちあわせた先をパートナーに再選定する事を強く推奨します。

 

★鉄則★
転職活動での不合格は、採用コストの都合や、エージェント側の調整不足によるものもある。不合格の場合は、必ずその理由をエージェントに問い、その良心や能力を確認しよう。


転職サービスを有利に使いこなせるように…

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

 

私、野村龍一が、医師転職コンサルタントの立場から、口を酸っぱくして言っている事があります。それは…良い転職は、転職エージェント選択時に決まっている…という事実です。
ドクターがより良い転職を実現できるよう、当研究所がお勧めする優良なエージェントへのコンタクトを、心からお勧めします。

 

…このように、転職エージェントにも優劣がある事を、再三お伝えしてきました。その甲斐あってか、転職エージェントの有用性を享受するには、転職エージェント選びが大切だという事実を、一定のドクターに届ける事はできたかもしれません。

 

しかし、転職活動の質を上げ、転職成功へとより導くためには、「転職エージェントを有利に使う」…という発想の下に、ドクター自身が重要なチェックポイントを意識し、必要に応じたアクションを、絶妙なタイミングで起こす事が望まれます。

 

優良な転職エージェントでも、全てのコンサルタントが優秀だとは限りません。仮に優秀なコンサルタントが担当に就いてくれた場合でも、ドクターとの相性もあれば、求人応募のタイミングやマッチングという問題もあります。そのような医師転職市場においては、どんな大船に乗ったとしても、その舵だけは自らの手で握り続けておく事が大切なのです。

 

 

(文責・医師紹介会社研究所 所長 野村龍一)

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


失敗しない医師転職エージェントの働かせ方


失敗しない医師転職エージェントの働かせ方


失敗しない医師転職エージェントの働かせ方


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方  失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方  失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方  失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方  失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方  失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方


失敗しない医師転職エージェントの働かせ方

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

失敗しない医師転職エージェントの働かせ方|医師紹介会社研究所関連ページ

医師転職サイトの選び方 =No.1 医師転職市場と医師紹介会社業界の基本=
外部からは違いがわかりづらい医師紹介会社業界。医師紹介会社を利用するのが初めてという方向けに、「失敗しない医師紹介会社の選び方」を基礎からお教えいたします。
医師転職サイトの選び方 =No2. 担当コンサルの能力を見抜く方法=
医師紹介会社、医師転職サイトの選び方の第二弾として、担当コンサルの能力を見抜く方法をテーマとして論じてみます。
「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社
医師紹介事業も、個人コンサルタントの力よりも組織としての総合力が問われる時代になってきました。
胡散臭い宣伝手法を取る医師紹介会社
医師紹介会社にも良い会社、悪い会社と色々あるわけで・・・近年ではネット上で自作自演まで行っているどうしようもない会社まで目にします。医師の皆様は注意です。
医師求人検索システムの利便性問題
医師紹介会社のサイトには求人検索システムが併設されているところが多いです。今回は、その求人検索システムについて検証してみます。
医師個人情報持ち出し事件(不正競争防止法事件)
2014年10月、老舗の医師紹介会社MRTから医師および看護師の個人情報を持ちだした元SEの男が逮捕・起訴されました。驚いたことにこの男は、持ちだした医師個人情報を元に、新たな医師紹介会社の設立に関わっていたという。その新たな医師紹介会社は「iDoctor(アイドクター)」。社長も元MRT出身者なだけに、見過ごせない問題に発展する可能性もある。
ドクターXの「神原名医紹介所」は存在しうるか(医師紹介会社の組織パターン)
初めて転職をする医師を支えて成功事例100名以上!医師専門のベテラン転職支援コンサルタントによる、医師向け「失敗しない転職方法」の伝授と、医師紹介会社を選ぶ際の比較検討評価ポイント・ランキングレビューを紹介致します。
医師の転職ビジネス 超売り手市場はいつまで続く?
厚生労働省では毎月、「職業安定業務統計」を行っています。この調査では、各月の職業別有効求人件数や有効求人倍率などの、実数値が公開されています。今回はこのデータを元に、医師の転職市場の状況を、考えてみます。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談