「 医師の就業条件と年収の関係 」一覧

医師にとってもイチ職業人として「年収」に関する情報は非常に大切です。ましてや転職ともなれば、今以上の年収を手にしたいと考えることが普通ですし、年収そのもの意外の就労条件(稼働日、当直有無、オンコール状況、福利厚生他)についても、最大限にこだわったうえでの転職が望ましいといえます。

医師の年収に関しては、単に職場環境だけで左右されるものではなく、そもそも「年収が多い専門科」と「そうではない専門科」というように、医師個人の努力ではどうしようもないマクロ的状況や、医療業界における経済状況や診療報酬他といった、外部環境に左右される面も否定できません。

このカテゴリーではそういった様々な切り口から「医師と年収」テーマに焦点をあてた情報、記事を公開することで、少しでも満足のいく年収を多くの先生が得られるようにサポートしてきたいと考えております。

「医師の就業条件と年収の関係」記事一覧

シリーズ医師の年収と未来:「一般外科医」編

一般外科医の現状(厚労省医師数調査から) 「メジャーな診療科」は変わらないが医師数は10年で3割減 厚生労働省の調査によると2014...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「神経内科医」編

神経内科医師の現状(厚労省医師数調査から) 神経内科医が急増、10年で3割強アップ 厚生労働省の調査によると、2014年の神経内...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「麻酔科医」編

麻酔科医師の現状(厚労省医師数調査から) 麻酔科医数は10年で3割以上増加 話題のフリーランス医師としても活躍が目覚ましい麻酔科...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「人工透析医」編

人工透析医の現状(厚労省医師数調査から) 腎臓内科医は爆発的に増加、透析医療への医師の関心は高い 厚生労働省の統計には「人工透析医」...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「放射線科医」編

放射線科医の現状(厚労省医師数調査から) 放射線科医の年収、2000万円は困難か 医師専用求人サイト「リクルートドクターズキャリア」...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「泌尿器科医」編

泌尿器科医の現状(厚労省医師数調査から) 比較的医師数が多い診療科、増加率も堅調 厚生労働省の調査によると2014年の泌尿器科医の人...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「肛門外科医」編

肛門外科医の現状(厚労省医師数調査から) 医師数が少ない診療科のひとつ、人気回復の兆しは見えず ※肛門治療の診療科名には「肛門科...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「耳鼻咽喉科医」編

耳鼻咽喉科医の現状(厚労省医師数調査から) 医師数は微増、飽和状態に近いか? 厚生労働省の調査によると2014年の耳鼻咽喉科医の...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「産婦人科医」編

産婦人科医の現状(厚労省医師数調査から) 人気があるとはいえない産婦人科だが、産科医の増加率は顕著 厚生労働省は、産婦人科、婦人...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「乳腺外科医」編

乳腺外科医の現状(厚労省医師数調査が伝える事実) 6年間で1.8倍、1,622人に増加した乳腺外科医師 厚生労働省の調査によると...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「呼吸器外科医」編

呼吸器外科医の現状(厚労省医師数調査が伝える事実) 医師の絶対数は小さいが増加率が高い 厚生労働省の調査によると、2014年の呼...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「糖尿病内科医」編

糖尿病内科医の現状(厚労省医師数調査から) 診療科別の医師数は、順位は中間だが急増中 厚生労働省の調査によると2014年の糖尿病...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「脳神経外科医」編

脳神経外科医の現状(厚労省医師数調査から) 医師数は多い方だが、増加率はそれほどでもない 厚生労働省の調査によると、2014年の...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「消化器外科医」編

消化器外科医の現状(厚労省医師数調査から) 医師数は多くもなく少なくもなく中間、増加率は全体平均を上回る 厚生労働省の調査による...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「心臓血管外科医」編

心臓血管外科医の現状(厚労省医師数調査から) 心臓血管外科医の増加率は医師全体の傾向と同じ 厚生労働省の調査によると2014年の...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「腎臓内科医」編

腎臓内科医の現状(厚労省医師数調査から) 医師数は40科中21位だが増加率が高い 厚生労働省の調査によると2014年の腎臓内科医...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「呼吸器内科医」編

厚生労働省は診療科別の医師数を公表していて、データからは「その科の現状」がみえてきます。呼吸器内科医のいまをみてみましょう。 ...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「循環器内科医」編

循環器内科医の現状(厚労省医師数調査から) 医師数の多さは9番目、増加傾向が顕著 厚生労働省の調査によると、2014年末時点の循...

記事を読む

シリーズ医師の年収と未来:「消化器内科医」編

消化器内科医の現状(厚労省医師数調査から) 消化器内科医師数は全診療科中で7番目に多い 厚生労働省の調査によると2014年の胃腸...

記事を読む

シリーズ医師の年収:「小児科医」編 =労苦多いといわれる小児科の収入は?

恵まれぬ業務隊報酬を補って余りあるものとは 医業を単純に経済合理性の一点で見つめ、一般事業と比肩して考えることには賛否両論あるかと思い...

記事を読む

シリーズ医師の年収:「精神科医」編 =働く人や高齢者のニーズが高い精神科医の収入

独特な存在だが開業は比較的容易 ある精神科医は「はっきりいって総合病院の精神科医は、かなり浮いた存在です」とぼやいています。他科の医師...

記事を読む

シリーズ医師の年収:「一般内科医」編 =医師数最多の一般内科医は求人ニーズ高く、給与は平均値

一般内科医師の年収相場は1300万円 国内の医師数は約30万人で、そのうち一般内科医は約3割弱を占めており、最多を誇ります。しかも2位...

記事を読む

シリーズ医師の年収:「眼科医」編 =高収入の眼科医だが競争激化の暗雲も=

高収入の眼科医だが競争激化の暗雲も 「医師がうらやむ医師」といわれる眼科医。緊急手術がほとんどなく、勤務時間の予定が立てやすいので、プ...

記事を読む

短時間勤務で働く医師の実情は?

「短時間労働医師」の勤務時間と給与比較を行ってみた 医師として勤務するとき、多くの場合は正規職員として、規定時間内一杯(もしくはそ...

記事を読む

都道府県別医師年収 地方へいくほど年収は高い?

厚生労働省が行った調査の概要 厚生労働省では毎年、「賃金構造基本統計調査」を行っており、現在、平成27年度分のデータが公表されています...

記事を読む