医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

第19回:看護師のアイドルだったアイ子先生

第19回:看護師のアイドルだったアイ子先生

 

■ 記事作成日 2015/11/25 ■ 最終更新日 2017/12/5

 

明晰な頭脳と童顔のギャップ

第19回:看護師のアイドルだったアイ子先生

 

元看護師のライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験の中で出会った、看護師に好かれる医師/嫌われる医師の人物像を振り返ってみます。19回目の今回は、看護師のアイドルだったA医師です。

 

研修医、のいろいろ

 

現在の「研修医」は、1つの病院の中でおよそ2年間、色々な科を回って経験を積む、という方法になっていると思う。いつからこの方式になったのか、正確なところは分からないが、少なくても15年くらい前は、少し違ったように思う。

 

当時、私はOPE室で働いていたが、その病院の麻酔科は、いくつかの大学からの「麻酔科研修医」を受けれていた。●●大学△△科医局の若い(経験がまだ浅い)医師が、「麻酔科の研修を受ける」という名目でやってきていた。彼らは「ローテーター」と呼ばれていた。

 

期間にすると数か月、本来は違う科(とはいえ外科系)の医師が、麻酔科の研修を受けるという名目で赴任してきた。麻酔導入、挿管、硬膜外麻酔などの技術と、全身麻酔中の患者管理を学んでいく場だった。

 

2年くらいかけて本来の科で勉強しながら、そのうちの数か月を麻酔科で研修を受ける医師もいたし、麻酔科の研修だけを数か月間受けて、また大学へ戻っていく、あるいは別の病院の本来の科の医師として赴任していく、というパターンもあった。

 

見た目は子ども、頭脳は大人

 

ある時、A医師は麻酔科の研修だけを数か月受けにきた。確か、2カ月間くらいだったと思う。

 

A医師は、ストレートで某国立大学へ入学、国家試験にも1回で合格、某国立大学の整形外科の医師になった人物だ。整形外科医としては比較的優秀な方だったと聞いていたので、頭脳は超大人。

 

しかし、見た目がね…。比較的小柄で、身長は私とあまり変わらない。同じ目線で話が出来る位なので、165㎝くらいだったのではないだろうか。目がぱっちりとして、肌は色白。唇も赤く、失礼を承知でいうなら、可愛らしい女の子のようだった。女装したら、似合うな、きっと。

 

当時のOPE室看護師は全員女性だったが、誰よりも可愛らしい顔立ちだった。しかも、かなりの童顔。まるで某男性アイドルを多く輩出する芸能事務所のアイドルのようだった。

 

とはいえ、医師の国家資格を持っている訳だし、よく聞けば当時26歳。私が24歳の頃だったと思うので、自分よりも年上…。ということが、信じられない(信じたくはない?)風貌だった。

 

A医師の話では、電車やバスに乗っていると、学生と間違われるらしい。しかも高校生から大学生になりたて、くらいに思われているらしく、未成年の扱いを受けることもあるという。良くみれば無精ひげだって生えているのだが…。それくらい、見た目には可愛らしい医師だった。

 

こっそりつけられた“あだ名”

 

OPE室看護師に限らず、いや看護師と医師に限らず、職場の人たちにこっそり“あだ名”というか、勝手な呼び名を付けることは、どんな世界でもあるだろう。「佐藤さん」なら「さとちん」とか、オカダさんなら「オカピー」とか、「太陽君」という子どもをもつママさんなら「太陽ママ」とか。もちろん、年上の方や目上の方だった場合、本人には「佐藤さん」とか「岡田さん」とか、きちんとした名前で呼びかけるが、まぁ本人の居ないところでなら、色々な呼び方ってあると思う。

 

A医師に付けられたあだ名は、女の子。仮にA医師が「アイダさん」なら、「アイ子」という具合だ。男性医師なのに「アイ子」。見た目は子どもでも頭脳はとっても大人なのに、「アイ子」。賛否両論はあるかもしれないが、A医師は当時のOPE室看護師の中では、アイドルだったのだ。みな、親しみを込めて、A医師を(こっそりと)「アイ子」と呼んでいた。

 

アイ子先生は、とても優秀。麻酔科の医師からの受けが良く、OPE室看護師からも好かれていた。病棟の看護師や他科の医師からも、仕事中は「A先生」と呼ばれていたが、実はこっそり「アイ子」とも呼ばれていた。

 

時々、飲み会などの席では、本人に「アイ子!」と言ってしまう人もいたので、本人もそう呼ばれていることは知っていただろうが、「え、俺?」と言いつつも、まぁそれほど嫌な顔もしなかった。本心は分からないが。

 

アイドルの成長した姿

 

さて、A医師がそのOPE室を去ってからおよそ2年後。当直をしていると、急患のコールが。下腿開放骨折の患者さんで、洗浄・デブリが必要とのこと。手術の器械と部屋を準備し、オンコールの麻酔科も到着したので、入室を待っていた。すると、患者さんとともにやってきたのは、A医師。別の病院で勤務中(帰ろうとしているところだったらしい)に、急患を受け入れたが、夜間緊急手術が難しい状況にあったため、こちらの病院に回ってきたそうだ。

 

A医師に久しぶりに会った麻酔科医とOPE室看護師は、声を揃えて「アイ子!」と、思わず口に出してしまった。

 

一瞬、止まる空気。自院の整形外科医も、患者を搬送してきた救急外来の看護師も、「え、誰?」という感じ。患者さんも男性だったし。
しかし、当のアイ子先生は「どうもー、お久しぶりです♪」というノリ。何だか微妙な空気が、一瞬だけ流れたが、でもそこは夜間緊急手術。ゴールデンタイムまであと数時間という(本来なら)とっても緊迫した時間。きっちりと仕事をしつつ、整形外科医として成長したA医師の姿に、みんなほんのりとした感動を覚えていたに違いない。ま、見た目は変わらず、アイ子そのものだったが。

 

アイ子先生は、自分の勤務する病院には戻らなくても良いということで、手術にも立ち会った。手洗いまではしなかったが、OPE室の中には居た。その時の当直看護師は私と私の同期の2人。整形外科医として、患者さんやその場にいた医師たちと接するアイ子先生は初めて見たので、特に私の同期は「やっぱりドクターだったのね」と、何だか感動していたようだ。よく考えるとちょっと微妙だが。

 

ちなみに、A医師に「アイ子」というあだ名を付けたのも、彼女。彼女は、実家に帰って犬の散歩をしていた時、ついうっかり犬に対して「アイ子!」と呼んでしまったこともあるそうだ。どれだけ思い入れのあるあだ名なんだか。

 

いつまでも語り継がれてしまう、アイドルのアイ子先生。今はどうしているのやら?

 

この記事をかいた人


紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在は当研究所所属ライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


第19回:看護師のアイドルだったアイ子先生


第19回:看護師のアイドルだったアイ子先生


第19回:看護師のアイドルだったアイ子先生


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

第19回:看護師のアイドルだったアイ子先生 第19回:看護師のアイドルだったアイ子先生 数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一 下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント


エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職


CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび


Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法