医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

常勤医師のトリセツ – 非常勤医師と比べた労働条件違いと転職市況を解説

 

当研究所の独自視点で斬る、医師の常勤転職求人募集関連をメインテーマとするコラムです。特に初めて常勤での転職をお考えの先生には、是非、基礎知識としてお読みいただきたい記事を豊富のご用意しております。

 

先生が常勤での転職を希望される場合、定期非常勤やスポット勤務といったテンポラリーの職種特有の気軽さは一切なく、どの先生も真剣にキャリアと向き合鵜必要があるため、サポートに入る医師紹介会社の選定にも妥協なき基準が必要となります。

 


常勤医師の求人状況|医師紹介会社研究所記事一覧

常勤医師としての転職

■ 記事作成日 2013/6/18 ■ 最終更新日 2017/12/6医師転職支援コンサルタント・野村龍一のアドバイス「医師として働く際に最もポピュラーなのが、もちろん常勤医です。しかし転職の王道とも言える常勤医にも様々なメリットとデメリットが存在しますので、スポット医師や非常勤医師と比較確認してから働き方を選びましょう」。

ワーキングプア勤務医

「医師は高給取り」が日本の常識だろうとと思います。少なくとも医療業界にそれほど詳しくない一般人にとってはそのとおりだと思います。確かに医師の給与は平均的には高いのは間違いないですが、研修医のように高給取りでない医師もまた確かに存在します。ところで日本全体で労働者給与の減少が止まらない中、医「ワーキングプア医師」と呼べるような低所得医師が生まれてしまうような状況は今後発生するのでしょうか?

常勤医師の転職先と年収差の相関

転職先の決定には様々な要因があります。ある医師は労働環境、ある医師は人間関係、ある医師は年収など、その要因は転職する先生それぞれの心の奥に個別に存在しますし、厳密に言えば全く同じ理由で転職する人というのも少ないものです。例えば、現在の年収に悩む医師も、具体的にいくらの年収を必要としているかなどは個人個人で異なります。今回は参考までに、転職先の組織形態(個人病院、医療法人)および職種(医師、院長等)...

■ 記事作成日 2014/7/17 ■ 最終更新日 2017/12/6勤務医の場合、ひとつの勤務先の病院だけの場合は、基本的にはその病院の事務において年末調整等もしてもらえると思いますが、他の病院でアルバイト等を行なっている場合は、確定申告をする必要があります。いや、ひとつの病院だけの勤務でも収入によっては、確定申告をしたほうが得になるケースもあります。

■ 記事作成日 2015/9/28 ■ 最終更新日 2017/12/6ヘッドハンティングとは、外部から経営職・管理職・専門職などに従事する優秀な人材をスカウトし、自組織の人材として引き込む事を指します。このヘッドハンティング、実は医師の転職でも頻繁に行われている採用方法です。一口に医師向けの転職エージェントといっても、「A:自薦による“登録応募型”サービス」と、「B:他薦による“ヘッドハンティン...

■ 記事作成日 2015/9/29 ■ 最終更新日 2017/12/6転職を考える医師との面談で、在宅医療や地域包括医療などの方向性を考える時…頻繁に“プライマリ・ケア医”がトピックとなります。そしてドクターはこう言います。「プライマリ・ケア医の存在は知っているけれど、自分の周りでそれを生業にしているドクターはいないんだよね。」…と。高齢化社会、医師不足、地域医療の偏在、地域包括医療の推進などを...

■ 記事作成日 2017/2/28 ■ 最終更新日 2017/12/6日本では現在、“経済財政改革2008”により医学部増員が図られ、全国の医師数は着実に増えています。推計では、平成36年ころに医師の需要と供給は均衡するといわれています。医師全体の人数が増えてくると、世の中の情勢などにより“本当に必要とされる医師”像も、以前とは大きく変わってくることになるでしょう。今回は、現代の“本当に必要とさ...

■作成日 2017/3/4 ■更新日 2017/12/6当コラムでは以前、一般病院への転職について、医師の視点からの考察をご紹介してきました。今回はその中でも、働き方を“常勤”と位置づけ、常勤で働く上で何を見てどう考えていくと良いのかについて、考えてみたいと思います。まずは、一般病院での医師の働き方について見ていきます。厚生労働省が行った平成22年度の調査データによると、医師の働き方は一般的に正規...

■作成日 2017/3/26 ■更新日 2017/12/6電通、ヤマト運輸など、大手企業における長時間勤務が社会問題になっていますが、過酷な労働を強いられている業種といえば、病院などで働く勤務医師もその筆頭に名を連ねるものの、どうも実際の医療現場からは労働時間改善の結果が出たという声が全く聞こえてきません。政府は民間企業の社員たちを念頭におき、残業時間の上限を「年間720時間以内」「月100時間未...

おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法