医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

テレビ朝日「報道ステーション」 H25年7月4日21:55~より

【TV】「報道ステーション(テレビ朝日)」ひざの軟骨再生医療 最前線

2013年7月4日放送のテレビ朝日「報道ステーション」では「ひざの軟骨再生医療 最前線」をテーマに放送していました。以下は番組内容の要約ですので、番組を見落とした方などはチェックしてみてください。

 

※画像はテレビ朝日「報道ステーション」ウェブサイトより http://www.tv-asahi.co.jp/hst/

 


国内で2500万人が悩む「膝痛」

【TV】「報道ステーション(テレビ朝日)」ひざの軟骨再生医療 最前線

 

ひざの痛みで悩む2500万人の患者に光明が現れた。

 

まずは、自分のひざの軟骨組織から組織をとって培養することから始まる。東海大学医学部付属病院で医師の説明を受ける会社員の早川 仁さん(50歳)は、歩くだけで左ひざに痛みが走るなど、不自由な生活を送っていた。特に階段を降りるときがひどい痛みに襲われるという。早川さんは、

 

「ひざをまっすぐにしているのが痛いんですよ。寝ているときも、真っ直ぐに寝られない。」

 

と、その症状を語る。

 

早川さんの診断名は、『変形性膝関節症』だった。これはひざの動きを滑らかにしたり、衝撃を吸収する軟骨組織が年を取ったり、あるいは怪我などで軟骨組織がすり減って痛みがでる病気なのだ。

 

症状が進行すると、ひざが変形して日常生活に影響がでるという。潜在的患者数は推定2530万人以上となっており、約800万人が症状を訴える。高齢になるにつれて増加する傾向だったが、これまで有効な治療がなかった。今回早川さんが受ける治療法は、まだ一般的ではないながら画期的な治療だ。

 

「それは細胞シートを使った軟骨の再生医療です。」

 

と、東海大学医学部佐藤正人教授は説明する。

 

細胞シートを使ったひざの軟骨の再生治療は、東海大学医学部整形外科の佐藤正人教授を中心とする研究チームが開発した世界初の治療法だという。

 

治療は、まず体重のかからない正常な軟骨組織と関節の内側にある滑膜組織を取り出すことから始まる。それぞれから細胞を取り出し、一緒に培養するのである。そして次に、大量に採取した細胞をシート状にして軟骨細胞シートを作る。最後にそれを重ねて、軟骨の損傷部分に移植するのだ。すると、シートから特殊なたんぱく質がでて軟骨が再生する。

 

高垣智紀医師のもとで、早川さんの軟骨組織の採取の手術が始まる。ひざに小さな穴を開け、関節鏡という小型のカメラが入れられた。モニターにひざの内部が映し出され、先端からレーザーがでる器具を使い、骨と軟骨の状態が確認。続いて軟骨組織の採取だ。体重のかからない正常な部分から削りとっていく。

 

軟骨組織を1.5グラム採取された。同じようにして、滑膜組織も3グラム採取。組織の採取は30分ほどで終わり、大学の研究員に手渡されて細胞培養室へと移される。厳重に密閉された組織培養室で細胞が取り出され、組織培養が始まった。軟骨と滑膜を一緒に培養すると、短期間で均一な軟骨細胞シートになるという。


軟骨細胞シートの効果

3週間後、早川さんの左ひざから作った軟骨細胞シートが完成する。1枚の直径は2.4センチ、厚さ0.2ミリ。再び手術の日を迎えた早川さんに対し、佐藤教授により

 

「頑張りましょう」

 

と励ましの言葉がかけられ手術に入った。

 

変形性膝関節症を治療する軟骨細胞シート移植手術が始まった。まず『骨切り』という手術がされた脛を切って、人口の骨を入れる。これを変形して重心がおかしくなった骨の重心を戻し、プレートで固定する。その後、軟骨細胞シートを損傷した軟骨組織へと移植する。骨切りを行うことで、軟骨と骨への負担を減らして痛みの再発を防ぐのだという。

 

手術開始から1時間、細胞シートが手術室へ運ばれてくる。3枚1組に重ねて、2回に分けて移植する手術は、開始から1時間半で手術は無事終了した。

 

この細胞シートを使った膝の軟骨組織の再生治療は、20~60歳までの臨床研究の段階。安全の確認の段階であり、一般の治療は行われていない。これまで治療を終えた4人全員に効果があり、日常生活に復帰しているという。

 

現在、量産化の研究が進んでいる

手術から3か月後、早川さんのひざの状態はどうなっているのかX線検査が行なわれた。治療前は軟骨のすり減った部分が黒く映っていたが、治療後3か月ではそれが無くなり、白くなっていた。これは、軟骨が再生していることを意味する。

 

治療前は膝の強い痛みを堪えながら日常生活を送っていた早川さんは、治療後痛みも減り、歩くのが楽になったという。

 

「不安はあったけどやってみてよかった。」

 

そう話す早川さんも安堵の表情を見せ、

 

「早く研究成果を出していろんな人に治療できるようになってほしい。」

 

と、治療に満足していた。

 

さらに、佐藤教授は軟骨の可能性について話す。

 

「軟骨は他人のものを移植しても免疫拒絶をおこさない。」

 

というのだ。

 

「他人の細胞を使う治療が確立できれば、1回の手術でよくなります。」

 

と可能性を秘めていることを示唆する。

 

事前に他人の軟骨細胞シートを大量に作成しておけば、患者から軟骨をとる手術をしなくても、必要なときに軟骨細胞シートを使い治療をすることができる。そのためには長期保存の技術が必要ということで、佐藤教授は受精卵保存法を研究する明治大学の長嶋比呂志教授と共同でガラス化凍結法を開発した。これは、細胞シートに特殊な溶液をしみ込ませて液体窒素の蒸気で凍保存するものだ。長嶋教授は、

 

「ガラスの中に細胞が封じ込められたような状態になるので、非常に破れやすい細胞シートが凍結保存できるようになった。」

 

と話す。

 

一方で、量産化の研究も進んでいる。東京女子医科大学先端生命医科学研究所の岡野光夫所長は、T-FACTORYという細胞シートを一度に大量に作成できる世界初の全自動培養装置を開発した。これは、軟骨再生治療を未来へと広げていくものだ。岡野所長は、

 

「生産能力は200倍から300倍で他の人から取った細胞を大量培養しておいて、大量の患者を治せる可能性があるので軟骨はもっとも良い候補の組織だと思います。」

 

と話す。キャスターの古館伊知郎氏も、

 

「まだまだ臨床段階ということですが、ひざの痛みを抱える人にとっては朗報ですね。」

 

と、これからの再生治療に期待をしていた。

 

ひざの再生治療が進み、これまで対処療法が主体だったひざの治療に根本的な治療法が確立されれば、これまでひざの痛みで行動範囲が狭くなってきた患者の行動範囲が広がる。さらには、体と心の健康につながる一歩となるのだろう。

 

 

 

テレビ朝日「報道ステーション」2013年7月4日放送「ひざの軟骨再生医療 最前線」より引用および要約

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


【TV】「報道ステーション(テレビ朝日)」ひざの軟骨再生医療 最前線


【TV】「報道ステーション(テレビ朝日)」ひざの軟骨再生医療 最前線


【TV】「報道ステーション(テレビ朝日)」ひざの軟骨再生医療 最前線


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

【TV】「報道ステーション(テレビ朝日)」ひざの軟骨再生医療 最前線 【TV】「報道ステーション(テレビ朝日)」ひざの軟骨再生医療 最前線 数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一 下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント


エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職


CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび


Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法