【TV】「きょうの健康(Eテレ)」うつ病 徹底解説 サインに気付く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像はEテレ「きょうの健康」ウェブサイトより http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/

Eテレ「きょうの健康」 H29年1月30日 20:30~より

2017年1月30日放送のEテレ「きょうの健康」では「うつ病」徹底解説 サインに気付くをテーマに放送していました。以下は番組内容の要約ですので、番組を見落とした方などはチェックしてみてください。

出演者 岩田まこ都、黒沢保裕

出演医師 認知行動療法研修開発センター理事 菊地俊暁 氏

うつ病 徹底解説 サインに気づく

<岩田>

黒沢さんは自分がうつ病になったら気づくと思いますか。

<黒沢>

どういう症状なのか、ちゃんと知っているわけではないので仮にうつ病になったとしても気づかないのではないでしょうか。

<岩田>

では日本人の何人に1人がうつ病になると考えられていると思いますか。

<黒沢>

100人に1人くらいでしょうか。

<岩田>

ある疫学調査によりますと、15人に1人が生涯に一度はうつ病になると推定されています。患者は国内に300人程いると考えられています。
では、「4人中3人」という数字は何を表す数字だと思いますか。

<黒沢>

全く想像がつきません。

<岩田>

うつ病と疑われているものの、医療機関を受診していない人の割合です。先ほどの推定患者数300万人中およそ230万人は受診していないということになります。

<黒沢>

それはうつ病に気づいていないから受診しないのか、とれとも気づいているけれど受診しないのか、どういうことなのでしょうか。専門家に詳しい話を伺っていくことにしましょう。

菊地さん、先程ありましたように、うつ病が疑われているのに受診していない人の方が圧倒的に多いのはどうしてでしょうか。

<医師>

考えられる理由は、「うつ病を自覚できない」ということが揚げられます。

<黒沢>

自覚できないとは、気づきにくいということですか。

<医師>

うつ病の知識があまりないため、うつ病の症状があるのにうつ病と思わない、ということです。また、うつ病は重症になると脳の働きが低下してしまって病気であることを認識できなくなってしまうという特徴もあります。

<岩田>

本人が気づかなくても周りの人が気づくのではないですか。

<医師>

以前に比べ、うつ病はだいぶ認知されてきているため、受診を進めていただいて我々のところに来るということは多くなってきています。ただ受診に抵抗があって受診しない方もまだいます。

4人中3人が受診していないという調査結果は少し古いデータのため、現在はもう少し受診者は増えていると考えられていますが、それでも自覚できていないため、受診していない患者は多くいると思います。

<黒沢>

そもそもうつ病とはどんな病気なのでしょうか?

<医師>

うつ病がどうして起こるのかがまだはっきり分かっていません。ただ考えられる原因は3つあります。①心理的なストレス、②脳内の変化、③なりやすい体質です。心理的なストレスというのは過労、対人関係、生活上の問題(離婚、死別など)などです。うつ病はこうした心理的ストレスが原因で発症することが多いと言われています。

<黒沢>

脳内の変化とはどういうことでしょうか。

<医師>

うつ病というのは心の病気と思われがちですが、実は脳の病気でもあるのです。ストレスなどが原因となって、脳の働きのバランスが崩れてうつ病を発症するということも考えられています。

<黒沢>

脳の働きのバランスが崩れるというのはどういうことでしょうか。

<医師>

明らかにはなっていませんが、考えられる説をご紹介します。

私たちの感情は脳にたくさんある神経細胞同士が、様々な情報を伝達することで生まれてきます。神経細胞には木の枝のように伸びた突起があります。この突起に神経細胞同士をつなぐ役割をしているシナプスと呼ばれる場所があります。シナプスにおいて、神経伝達物質と呼ばれる物質が神経細胞から神経細胞に伝わることによって、情報を伝達していきます。

これまで、情報伝達物質の減少がうつ病に関係してくると言われていました。しかし最近では、神経細胞の突起はストレスがかかることによって縮んでいくということが研究で分かっています。ストレスなどによって脳の神経細胞の一部に変化が生じることによって、感情や考え方に歪みが生じるのではないかと考えられています。

<岩田>

なりやすい体質とはどういうことですか。

<医師>

遺伝子が関係しているかどうかは分かっていませんが、両親や兄弟にうつ病の人がいる場合の発症のリスクは1.5倍から3倍になると言われています。考え方や性格は親子で似ると言われていますので、そういう影響もあるでしょう。

<黒沢>

うつ病かどうかはどうやって調べるのでしょうか。

<医師>

脳の神経細胞を詳しく調べることはできません。血液検査や脳の画像検査も難しいので、詳しい問診で診断します。うつ病と確定するには専門医でも慎重に行う必要があります。

<黒沢>

専門医でもうつ病の診断は簡単ではないということですね。ではうつ病になるとどんな症状が出て来るのでしょうか。

<医師>

心と体の両方に症状が出てきます。受診した「患者が最初に訴えた症状」をまとめたものを見ると、心の不調よりも体の不調を訴えることの方が多いです。(体の不調:睡眠障害26%、倦怠感・疲労感58%、首・肩こり22%、頭痛・頭が重い23%。心の不調:意欲・興味の減退4%、仕事能力の低下3%、抑うつ気分3%、不安・取り越し苦労3%)

<黒沢>

うつ病は心の症状よりも体の症状が出やすいのですか。

<医師>

いいえ。「問診で聞き取り」をすると、実は心の不調も同じくらいあることがわかります。(体の不調:睡眠障害94%、倦怠感・疲労感89%、首・肩こり84%、頭痛・頭が重い66%。心の不調:意欲・興味の減退91%、仕事能力の低下85%、抑うつ気分70%、不安・取り越し苦労58%)

体の不調は感じやすく他人にも伝えやすいですが、心の不調は伝えるのが難しく上手く伝えられないということだと思います。

<岩田>

うつ病で現れやすい体の不調と心の不調をについて、もうすこし具体的に見ていきます。

体の不調は、眠れない、食欲・体重が落ちた、疲れやすい、だるい、首・肩のこり、頭痛、下痢、便秘、過度の発汗、手や足のしびれ、息切れ・息苦しいなどがあります。心の不調は、憂うつだ、何に対しても興味が持てない、やる気が出ない、落ち着かない、イライラする、もの悲しい、自分を責める、などが特徴です。

<黒沢>

どういったときにうつ病と診断するのですか。

<医師>

診断基準に従って問診を行い、総合的に判断して診断します。先程の症状の中で絶対に見逃してはいけないのが、「憂うつだ、何に対しても興味が持てない」の2大症状です。このどちらかの症状であっても、ほとんど一日中、ほとんど毎日のように2週間以上続いている場合には、うつ病の可能性が高いと考えて良いです。その上で様々ある体や心の不調を確認していき、たくさんの症状が現れているほど、うつ病の可能性が高いと考えます。
しかし、症状がたくさん出ているからといって、すぐうつ病と診断するわけではありません。他の病気によって症状が出ていないか、場合によっては画像検査をしながら、あらゆる可能性を探ったうえで診断をつけていきます。

<岩田>

この2大症状は、具合が悪くて受診した方はほとんど当てはまるのではないでしょうか。

<医師>

文字にすると単純ですが、これらの症状がほぼ一日中、ほぼ毎日続くというのは想像以上の苦しみです。

うつ病と考えられる場合の「憂うつな気分」というものがどういうものかと説明します。例えば会社で何か大きな失敗をしてしまうと相当なショックですし、立ち直るのに時間がかかると思います。それでも元気なときであれば、家族と楽しい時間を過ごせば気持ちが和らぎます。そうなると、これは他の出来事で喜びや楽しみが生じているため、うつ病の診断基準である憂うつな気分には当てはまらない可能性が出てきます。

また、「何に対しても興味が持てない」というのは、大好きだったことも含めて、ほぼすべてのことに興味を失ってしまう状態のことを指します。例えば好きだったスポーツ観戦とかに全く興味が持てないというのが一例です。

<黒沢>

何かのストレスがあって気分が落ち込んだ状態が何日か続いたら、早めに受診したほうが良いということですか?

<医師>

日常生活や仕事に明らかに支障が出てきている場合には受診をお勧めします。もしかるすと、うつ病という診断にはならないかもしれません。しかし、そのとき起こっている症状に対してアドバイスが出来ますし、それに対する治療も可能かと思います。

<岩田>

周りの人が気づいたら本人に伝えた方が良いのでしょうか。

<医師>

伝えていただくのが良いです。ただし伝え方に注意が必要です。

<黒沢>

周りの人としてはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。

<医師>

周りの人が気づきたいサインとして、「口数が少なくなる(周りの人と話さなくなる)、イライラしている(余裕がなくなって追い込まれていくような感じ)、朝や休日明けに調子が悪い(特に月曜日に調子が悪い)、遅刻・欠勤が増える、だるさを訴える、身辺整理をする(自分の持っているものを整理して誰かにプレゼントしたり、遺書を書く)」です。身辺整理をするというのは自殺をほのめかすサインのため、かなり気をつかなければいけません。

直接本人に伝えにくいという場合であれば、その人の家族や友人から伝えてもらう、あるいは会社であれば産業医に相談する、ということも受診を促すうえでは必要だと思います。

ただ、元々悲観的なタイプという方もいます。そのため、単純に悲観的になっているからうつ病かもしれないというのではなく、これまでと今とで違う点を指摘してもらうと良いでしょう。

<岩田>

他人に受診を進められても、受診しない人の場合は。

<医師>

そういう場合は本人でなくて、まずは家族が医療機関に相談に行くと良いでしょう。家族相談を受けている医療機関も多いため、電話で問い合わせてみましょう。相談によって、どうやって本人に受診を促すかという助言や、助言によって心配・心労を和らげることもできます。

<黒沢>

どういう医療機関を受診したら良いでしょうか。

<医師>

うつ病が疑われたら、専門医がいる精神科または精神神経科を受診しましょう。

うつ病は誰でもかかる可能性のある病気ですので、皆さんに症状をしっていただき、今日知っていただいたサインを見逃さないようにしていただきたいです。

Eテレ「きょうの健康」2017年1月30日放送「うつ病 徹底解説 サインに気づく」より引用、要約、および台詞等一部書き起こし
The following two tabs change content below.
野村龍一

野村龍一

某医師紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。
当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキング

2017年5月常勤転職 初心者向け登録推奨Top3社=当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキング

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら…まずはこのTop3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります。常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2016年度最新データに基いて分析)。

野村龍一

医師紹介会社研究所 所長 野村龍一のアドバイス

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。 各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」と「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いております。 



 ★登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し★ 

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力




 ★登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み★ 

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力




 ★業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り★ 

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力




 ★登録無料、常勤オーダーメイドとアフターケア重視★ 

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力



 ★登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年以上★ 

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業エムステージ(旧メディカルステージ)では、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

2017年5月版 常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

2017年5月版 非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

無料レポート「医師紹介会社 こんな担当者に注意せよ」配布中

当サイトの「登録」リンクから医師求人転職支援会社にご登録を頂いた方に、私、野村龍一がこっそりご登録者様だけに教える秘密レポート「医師紹介会社、こんなコンサル担当者に注意せよ!」(PDFファイル、約50頁、9,800円相当)を無料でご提供しております。