医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

【医療ニュースPickUp】2014年12月26日

医療にまつわる気になるニュースを当研究所独自の目線で掘り下げて記事にしている「医療ニュースPickUp】。このコーナーでは、まだ大手マスメディアが報道していない医療ニュースや、これから報道が始まるだろう時事的医療ニューストピックを、どこよりも半歩素早く取材・記事化していくコーナーです。

野菜中心の食事が日本人男性を救う?

【2014/12/26】野菜中心の食事が日本人男性を救う?

 

2014年12月22日、独立行政法人国立がん研究センター(理事長:堀田知光、東京都中央区、略称:国がん)は、野菜と果物の摂取とい胃がんとの関連性についての研究結果を公表した。

 

この研究は、日本の4つのコホート研究(2つのコホートから成る多目的コホート研究(JPHC Study)、宮城県コホート研究、JACC研究)のデータを利用してプール解析を行い、191232人のデータから、野菜・果物の摂取量と胃がん発症リスクとの関連性を分析したもの。

 

その結果、日本人全体でみると胃がん全体での発症リスク低下傾向は認められながらも、有意性を見出すには至らなかった。しかし日本人男性と下部胃癌発症リスクについては、発症リスク低下の可能性が示唆されたという。

 

これまでの様々な研究では、野菜・果物の摂取は胃癌予防に効果的であるという症例対象研究が多く存在する。食事と癌の関連性を評価する世界がん研究基金(WCRF)や、米国がん巻きゅ教会(AIRC)のプログラムでも、野菜(非でんぷん質のもの)と果物の摂取が胃癌予防に効果的であることはほぼ確実と評価されている。

 

しかしその後の欧州やオランダ、中国、米国などの研究では結果にバラつきがあり、胃癌の組織別分析まで踏み込んだ研究はあまり行われていなかった。

 

今回の国がんの研究では、胃癌全体および、胃癌の部位別・組織別・性差などについても分析が行われている。

 

胃癌全体のリスクとしては、男女ともに野菜・果物の摂取量と発症リスクとの関連性は特に認められなかった。

 

しかし、部位別・組織型別・性差での分析を行ったところ、下部胃癌の発症において、野菜全体の摂取量が最も多い群では、最も少ない群と比較すると、胃癌発症リスクが0.78と低く、有意差が認められるという結果が出た。

 

また、野菜・果物の摂取量が多くなる群ほど胃癌発症リスクが低下する傾向がみられた。

 

一方、女性では特に有意差は認められなかったが、その理由として研究チームは、女性は元々男性よりも野菜摂取量が多いため発症リスクを左右するほど不足している人が少なかったことを、理由の1つとして挙げている。

 

さらに、組織型別分析では、男性では特に関連性はみられなかったが、女性では果物全体の摂取量が多いほど分化型胃癌発症リスクが低下する傾向が確認されたという。

 

今回の研究結果から推測されることとして、ピロリ菌感染との関連性もある。

 

研究対象である年代の日本人ではピロリ菌感染率が9割以上であり、野菜・果物を摂取することで、ピロリ菌による胃癌発症リスクを低下させているのではないか、という点である。

 

また、今回使用されたコホート研究では、長期追跡を行ったものではあるが、追跡途中での野菜摂取量変化などは考慮されておらず、その点でも結果を読み取るためには注意が必要である。

 

今年11月に公表された海外の研究結果では、人類が肉食から野菜・果物中心食へ移行することで、2型糖尿病・冠動脈疾患・癌やその他の非感染性疾患の発症リスクを軽減させることができる、というものもある。

 

この研究ではさらに、肉類の消費量が減ることで温室効果ガス排出量を低減させ、世界人口の増加に伴う世界の土地の荒廃も食い止めることが出来るとしている。特に日本の場合は、畜産を行うための家畜飼料を大量に海外から輸入しているという実態もあり、これらにより排出される温室効果ガス量も、最近では問題視されている。

 

今回の国がんの研究は胃癌のみが対象だったが、野菜・果物の摂取と他の疾患の発症リスクについてはどうなのか。今後の研究動向にも注目したい。

 

参考資料

 

国立がん研究センター プレスリリース 野菜摂取が日本人に多い男性の下部胃がんリスクを低下
http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20141218.html

 

Annals of Oncology 「Association of vegetable and fruit intake with gastric cancer risk among Japanese: A pooled analysis of four cohort studies」
http://annonc.oxfordjournals.org/content/early/2014/03/10/annonc.mdu115

 

国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究グループ
多目的コホート研究(JPHC Study)
http://epi.ncc.go.jp/jphc/index.html

 

循環器疫学サイト epi-c.jp JACC Study (文部科学省科学研究費がん特定領域大規模コホート研究,Japan Collaborative Cohort Study)
http://www.epi-c.jp/e010_1_0001.html

 

Nature Global diets link environmental sustainability and human health
http://www.nature.com/nature/journal/v515/n7528/full/nature13959.html

 

農林水産省 温室効果ガス排出量の算定・報告について(畜産編)
http://www.maff.go.jp/j/chikusan/kankyo/taisaku/pdf/ontaihou_ponchi.pdf
↑あくまで日本の例ですが、畜産業の温室効果ガスの排出について参考にしています

 

同上 農林水産業・食品製造業における温室効果ガス排出量の状況(2012年度確定値版)
http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/kikaku/bukai/H26/pdf/140529_02_03part2.pdf
↑あくまで日本の例ですが、畜産業の温室効果ガスの排出について参考にしています

 

独立行政法人 農業環境技術研究所 温室効果ガス排出のインベントリーと排出抑制技術
www.niaes.affrc.go.jp/techdoc/inovlec2005/1-4.pdf
↑あくまで日本の例ですが、家畜関連(特に家畜排せつ物の管理)が、最も多くの温室効果ガスを排出しているようです(P3の図1)

 

(社)日本草地畜産種子協会 自給粗飼料生産による温室効果ガス削減
http://souchi.lin.gr.jp/skill/pdf/jikyuusoshiryo.pdf
↑化学飼料や海外産の飼料ではなく、飼料を自給する方が温室効果ガスが削減できる、ということのようです。海外のデータも併せてみると、反芻家畜からの温室効果ガスの排出が58%だそうです。また、日本の場合は海外から安い穀物を大量に輸入して畜産業が成り立っていますが、この場合は家畜糞尿を農地に還元できず、その処理でも温室効果ガスを大量に発生…という連鎖があるようです。

 

この記事をかいた人


紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在は当研究所所属ライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


【2014/12/26】野菜中心の食事が日本人男性を救う?


【2014/12/26】野菜中心の食事が日本人男性を救う?


【2014/12/26】野菜中心の食事が日本人男性を救う?


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

【2014/12/26】野菜中心の食事が日本人男性を救う?

【2014/12/26】野菜中心の食事が日本人男性を救う?

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職

CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび

Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法