医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

【医療ニュースPickUp】2015年2月5日

医療にまつわる気になるニュースを当研究所独自の目線で掘り下げて記事にしている「医療ニュースPickUp】。このコーナーでは、まだ大手マスメディアが報道していない医療ニュースや、これから報道が始まるだろう時事的医療ニューストピックを、どこよりも半歩素早く取材・記事化していくコーナーです。

放医研、画像診断における医療被ばく情報のデータベース化を試験的に開始

【2015/2/5】放医研、画像診断における医療被ばく情報のデータベース化を試験的に開始

 

2015年1月30日、独立行政法人放射線医学総合研究所(以下「放医研」)は、医療機関及びメーカと連携し、CT装置などの画像診断装置から、医療被ばくに関する情報を自動収集してデータベース化するシステムを、試験稼働させたと発表した。

 

独立行政法人日本原子力研究開発機構(理事長:松浦祥次郎 以下「原子力機構」)及び公立大学法人大分県立看護科学大学(以下「大分県立看護大」)の甲斐倫明教授らとの共同研究により、平成24年12月21日から試験運用を行ってきたCT撮影における被ばく線量評価システムWAZA-ARI2を改良したシステムを利用する。

 

改良型はWAZA-ARIv2といい、平成27年1月30日より医療関係者への本格運用を開始することとなった。

 

放射線診断による被ばく線量の適切な低減を進めるために参考となるのが「診断参考レベル」(Diagnostic Reference Levels:DRL)。

 

DRLの使用は国際放射線防護委員会(以下「ICRP」)により勧告されているもので、放射線診断における線量が適正値内にあるかを判断する目安となる線量指標のこと。

 

国あるいは地域ごとに医療被ばくの実態を考慮し、年齢別・検査別・撮影部位別に値が設定されている。

 

すでに欧米ではDRLが導入されて被ばく線量の低減が進められている。しかし日本は、DRLの設定がなされていないことも関係してか、一人当たりの医療被ばくは世界的に見ても高いと考えられている。

 

これらの課題を解決し、医療被ばく防護を進めていくためには日本でもDRLが導入されることが望ましい。そのための一歩として、国全体での放射線診断による被ばく線量の実態を把握することが、必要とされている。

 

そこで放医研では今回、5つの医療機関と連携し、検査単位での医療被ばくに関連するデータを自動収集してデータベース化する試みを開始することとなった。

 

第1段階としては、放医研などが開発した収集ツールWAZA-ARIv2と、GEヘルスケア・ジャパン製の支援ツールを用いることとなった。

 

現在は東北大学病院、大阪警察病院のデータ収集が開始されており、1月下旬には放医研のデータベースへ情報が格納される見込み。

 

さらに3機関からのデータ収集が開始される予定で、1施設ごとに1ヶ月ほどの期間をかけ、およそ4,000検査分の実データの収集を見込んでいる。半年後には20,000件余りのデータが収集する予定。

 

このシステムでは、協力病院に設置されているCT装置あるいはPACSに対してどちらかの収集ツールを接続することで、被ばく情報を検査単位で自動収集するが、CT装置から出力される情報は、DICOMで規格化された情報に限定される。

 

放医研のデータベースへデータを送る手法については、オンラインとCD-Rなどの媒体を使用する方法があり、医療機関ごとのセキュリティポリシーに依存する。

 

収集された情報は放医研にて分析が行われ、DRLなどの算出に利用されるほか、各医療機関はWeb上で他の医療機関との比較参照が行えるため、各医療機関における被ばく線量のバラつきが軽減できると期待されている。

 

今回の取り組みにより、これまで行ってきたアンケートによるデータ収集よりも、DICOM規格に基づく客観性のあるデータが大量に自動収集できることになる。

 

各医療機関から標準化されたデータを収集することで、DRL設定を行うことができるという。

 

今後は、平成27年度末には協力医療機関を20施設程度まで拡大する。それぞれの医療機関での調査期間の延長も予定され、トータルで30万件近いデータを収集する。

 

これにより、DRL値算出における精度向上、画像撮影における多角的な分析などが可能になる。放医研はいずれ、国内の医療被曝の正当化や最適化のための研究に利用したいとしている。

 

参考資料

 

Innavi net 放医研,医療被ばく情報の自動収集・解析システムの試験運用を開始
~放射線診断での被ばく線量の適切な低減に向けた取組への道筋~
http://www.innervision.co.jp/products/topics/20150307

 

放医研 放医研,医療被ばく情報の自動収集・解析システムの試験運用を開始
~放射線診断での被ばく線量の適切な低減に向けた取組への道筋~
http://www.nirs.go.jp/information/press/2015/01_30_2.shtml

 

同上 各医療機関でのCT撮影条件の設定に役立つWAZA-ARIv2の本格運用を開始
-様々な体格・年齢の患者に対応、国内のCT被ばく線量の統計データの収集も可能-
http://www.nirs.go.jp/information/press/2015/01_30_2.shtml

 

ICRC  DIAGNOSTIC REFERENCE LEVELS IN MEDICAL IMAGING: REVIEW AND ADDITIONAL ADVICE
http://www.icrp.org/docs/DRL_for_web.pdf

 

独立行政法人放射線医学総合研究所 医療被ばく研究プロジェクト
医療被ばくについて
http://www.nirs.go.jp/rd/structure/merp/medicalexposure.html

 

この記事をかいた人


紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在は当研究所所属ライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


【2015/2/5】放医研、画像診断における医療被ばく情報のデータベース化を試験的に開始


【2015/2/5】放医研、画像診断における医療被ばく情報のデータベース化を試験的に開始


【2015/2/5】放医研、画像診断における医療被ばく情報のデータベース化を試験的に開始


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

【2015/2/5】放医研、画像診断における医療被ばく情報のデータベース化を試験的に開始

【2015/2/5】放医研、画像診断における医療被ばく情報のデータベース化を試験的に開始

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職

CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび

Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法