医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

【医療ニュースPickUp】2015年2月26日

医療にまつわる気になるニュースを当研究所独自の目線で掘り下げて記事にしている「医療ニュースPickUp】。このコーナーでは、まだ大手マスメディアが報道していない医療ニュースや、これから報道が始まるだろう時事的医療ニューストピックを、どこよりも半歩素早く取材・記事化していくコーナーです。

アジアの子どもの腸内細菌叢に2タイプ -九州大学-

【2015/2/26】アジアの子どもの腸内細菌叢に2つのタイプ -九州大学-

 

2015年2月24日、九州大学は「アジアの子どもの腸内細菌叢に 2 つのタイプがあることを発見」という研究成果を公表した。

 

公表された資料によると、アジアの子どもたちは、地域によって腸内細菌叢のタイプが、大きく2つに分かれることが分かったという。

 

九州大学大学院農学研究院の中山二郎准教授、ヤクルト中央研究所の渡辺幸一博士らの研究グループが、シンガポール国立大学の Yuan-Kun Lee 准教授らが率いる Asian Microbiome Project(以下、AMP)の研究として、アジア5カ国の子どもたちを対象に、腸内細菌叢の調査を行った。

 

その結果、アジアの子どもには大きく2つの腸内細菌叢のタイプがあること、日本の子どもの腸内細菌叢は特徴的で、他国と比較するとビフィズス菌を豊富に有しており、その一方で大腸菌などの悪玉菌が少ないことが分かった。

 

この研究成果は、2015年2月23日(月)付で、国際的科学雑誌「Nature」姉妹誌のオンラインジャーナル、「Scientific Reports」に掲載されている。

 

これまで行われてきた多くの研究により、腸内細菌叢は人により異なることが知られている。

 

個人差が生じる要因としては、食生活や薬、健康状態、生活環境、遺伝的要因などが挙げられる。そもそもアジア諸国は食と人種のるつぼであり、アジア諸国の人々がどのような腸内細菌叢を有しているか、医学や健康科学の観点からも非常に興味深いと言われてきた。

 

こういった背景もあり、本研究グループはアジア5カ国の研究者グループと共に、AMPという国際研究プロジェクトを設立し、アジア人の腸内細菌叢についての大規模な調査を行なった。本研究成果は、AMPによる調査結果の第一報であるとのこと。

 

調査の対象となったのは、日常生活の中で比較的外国文化の影響を受けていないと考えられる小学児童(7歳から11歳までの子どもたち)。

 

日本、中国、台湾、タイ、インドネシアの5ヵ国、それぞれの国の都会と地方の2か所、計10か所において、各地域25名以上、計303名の糞便の細菌組成の分析ならびに食習慣のアンケート調査を行った。その結果、次のようなことが分かった。

 

1)アジアの子どもは欧米と比較し、いわゆる善玉菌と言われるビフィズス菌を多く保有しており、特に日本と中国の蘭州の子どもでは、ビフィズス菌量が多かった。

 

2) アジアの子どもには大きく2つの腸内細菌叢のタイプがあることが分かった。

 

一つは、日本、中国、台湾の子どもに多い、ビフィズス菌とバクテロイデス属細菌を主体とするBBタイプ、もう一つは、インドネシアとタイのコンケンに多い、プレボテラ属細菌を主体とするPタイプだった。

 

プレボテラ属細菌の特徴として、食物繊維の分解酵素が強いことがあげられる。東南アジアに多い、難消化性でんぷんや食物繊維の多い食生活が、Pタイプが多い要因と推測される。

 

3)日本の子どもの腸内細菌叢は、非常に特徴的であった。

 

他国に比べてビフィズス菌が多く、一方、悪玉菌と言われる腸内細菌科の細菌が少なかった。

 

さらに検出される細菌の種類や、個人差も少ないことが分かった。日本特有の食習慣や生活習慣が、腸内細菌叢の特性に関係していると推測される。

 

この研究では、アジア諸国の子どもたちに、いわゆる善玉菌といわれるビフィズス菌が多いことが示される結果となった。

 

これにより、アジアの食文化に大きな注目が集まると考えられ、今後はアジアの食文化のうち、どの要素が腸内のビフィズス菌を増やしているか、引き続き研究を進めていくとしている。

 

また、ビフィズス菌が多いことが、子どもたちの健康にどの様な効果をもたらしているのか、さらなる検討が続くようだ。

 

日本の子どもの腸内には、特にビフィズス菌が多く、逆に大腸菌などの悪玉菌が少ないという、非常に優良な腸内細菌叢が見られた。

 

その一方で、現在の日本の子どもは、アレルギーや感染症に罹患するケースも多い。つまり、免疫系の観点からは、必ずしも良好とはいえないという現実もある。

 

今後さらに、日本人特有の腸内細菌叢が及ぼす、宿主の健康への影響について、研究が必要となる。

 

また、東南アジアについては、プレボテラを主体とするPタイプ細菌叢を有する子どもが多く、「同じアジア諸国でも地域性があることから、日本のようなBBタイプの子どもとは、違った尺度で腸内の健康を考えていく必要性がある」としている。

 

参考資料

 

九州大学プレスリリース アジアの子どもの腸内細菌叢に 2 つのタイプがあることを発見-日本の子どもにはビフィズス菌が豊富に存在-
http://www.kyushu-u.ac.jp/pressrelease/2015/2015_02_24.pdf

 

SCIENTIFIC REPORTS
Diversity in gut bacterial community of school-age children in Asia
http://www.nature.com/srep/2015/150223/srep08397/full/srep08397.html

 

【医師紹介会社研究所’s Eye =記事への所感=】

 

同じアジア諸国でも、子どもたちの腸内細菌叢には地域によって大きな違いがある、というのは驚きました。

 

日本では東京都と福岡県の子どもたちが研究対象となったようですが、この2つの地域では多少の差がみられたものの、他の国や地域とはやはり大きな違いがみられています。

 

中国や台湾が比較的似ているのは、やはり食文化の違いなのでしょうか。

 

個人的には、福岡も東京と比較的近い「都会」と感じていますので、東京vs東北地方とか山陰地方とか、他の地域との比較もあると面白いかと思いました。

 

また、個人的に興味深いと感じたのは、同じタイの中でも、バンコク(都会)とコンケン(地方)で、PタイプとBBタイプとが、逆転しているような結果となった点です。

 

同じ国であれば食生活も似ていると思っていましたが、食文化の地域性もあるということなのでしょう。

 

環境省が公表している2009年版の「子どもの健康と環境に関する統計集」によると、都道府県別で見た時、アトピーの子どもは福井、鳥取、島根などで多く、九州地方や青森、沖縄などで少ないようです。

 

その一方で、東北地方や九州地方は、子どもの肥満が比較的多い地域となるようです。逆に福井・鳥取・島根では比較的少ない。何か関連があるのでしょうか。

 

アトピー性皮膚炎が腸内細菌叢と直接関係するかは分かりませんが、善玉菌・悪玉菌との関連性が深いのであれば、こういった地方で子どもたちの腸内細菌叢を比較しても有益なデータが得られるのではないかと、個人的には思います。

 

この記事をかいた人


紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在は当研究所所属ライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


【2015/2/26】アジアの子どもの腸内細菌叢に2つのタイプ -九州大学-


【2015/2/26】アジアの子どもの腸内細菌叢に2つのタイプ -九州大学-


【2015/2/26】アジアの子どもの腸内細菌叢に2つのタイプ -九州大学-


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

【2015/2/26】アジアの子どもの腸内細菌叢に2つのタイプ -九州大学-

【2015/2/26】アジアの子どもの腸内細菌叢に2つのタイプ -九州大学-

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職

CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび

Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法