看護師のための保健医療計画のミカタ No.10 「福岡県での看護師就業事情と、看護師確保対策を知る」

福岡県の看護師求人事情と、看護師確保対策を知る

■作成日 2018/2/24 ■更新日 2018/5/9

 

元看護師のライター 紅花子です。
各都道府県の看護師確保状況をお伝えしているこのコラム、今回は九州の福岡県の看護師就業状況と、同県の看護師確保対策についてお伝えします。

 

福岡県の看護職員数の動向

 

福岡県には、博多商人の伝統が息づく福岡市と、重工業や最先端技術の集積地である北九州市があります。2つの大都市での繁栄を続けながらも、海や山などの自然も豊かな県です。高水準の医療を提供する体制が整っており、病床数が多く、特に人口10万人当たりの療養病床・回復病床数は、比較的多い県でもあります。

 

平成22年12月末に県内で就業していた看護職員数は71,618人(保健師1,555人、助産師1,044人、看護師48,300人、准看護師20,719人)でした。

 

4年後の「平成26年衛生行政報告例」では、就業看護職員数は76,446人(保健師1,679人、助産師1,323人、看護師54,653人、准看護師18,791人)でした。人口10万人当たりの就業者数では、看護師は1073.5人で、全国平均855.2人のおよそ1.26倍、218.3人上回るという看護師が働いていることになります。

 

看護師数は平成27年時点で99.9%と充足し、看護師不足は解消の方向に向かっているようです。これは、県内における看護師等養成所の新設によって、需要数よりも供給数の伸びが大きくなっているためです。

 


福岡県の看護師需要

 

福岡県における看護師の就業場所を全国と比較すると、病院に勤務する看護師の割合が、全国では72.8%であるのに対し、福岡県は76.7%とやや多くなっています。その一方で、介護保険施設等の看護師の割合については、全国6.4%であるのに対し、福岡県は4.2%。やや少ないという現実があります。

 

少子高齢化が進み、高齢者の在宅介護や介護施設への入所者が増えていく中で、今後は訪問看護ステーション(オレンジ色の部分)や介護保険施設等(黄色の部分)において、看護師の需要はますます高まっていくことでしょう。

 

また、人数の面では県内の看護師数が充足しているとはいえ、看護の内容が複雑化、多様化、高度化する中で、質の高い医療サービスを実現していく必要があり、看護師の量と共に質の確保が重要になってきます。認定看護師や、高度な医療に対応できる専門看護師など、スキルの高い看護師の求人は、今後も続くことが予測されます。さらに福岡県では、生活習慣病予防対策に力を入れており、その方面においても看護師のニーズは高いと言えます。


医療圏ごとの状況

 

福岡県には、県庁所在地である福岡市と、北部海岸沿いの北九州市、2つの政令指定都市があります。三次医療圏に設置される高度な設備を持った医療機関も、この2都市が含まれる福岡・糸島医療圏と北九州医療圏にほぼ集中しており、他の二次医療圏に居住していて高度な医療を受けようとする場合、この2医療圏へと流出していくことになります。

 

一方、近年はバスなどの地域交通が、不採算などの理由から廃止・撤退が相次いでおり、車を運転できない高齢者の移動手段に、大きな影響を与えているようです。
高齢者が遠方の病院に自力で行くことが困難になる中、「病院から在宅へ」という国の方針もあり、今後は、大都市の病院を受診する高齢者が徐々に減少し、より患者の住居と近接した医療・介護施設の方へとシフトしていくと推測されます。


まとめ:福岡県の看護師確保に向けての取り組み

 

福岡県では、在宅での訪問看護や、介護施設における看護の充実のほか、生活習慣病予防対策の推進と重症化防止を目標に掲げています。そこで看護職員の確保と専門性の高い看護力の養成のため、次のような施策に取り組んでいます。

 

  • ナースセンターにおける再就業の支援
  • 病院等での勤務環境改善や宿舎整備に係る経費の補助
  • 病院内保育所の整備や運営経費の補助
  • 看護師等養成所に在学する者への修学資金の貸与
  • 看護師等養成所の施設整備経費や運営費の補助
  • 新人看護職員を対象とした研修に対する補助
  • 新人看護職員研修推進事業
  • 看護職員専門分野研修事業

 

また、福岡県看護協会では日本看護協会と共に、看護師の仕事と生活の両立を目指すワーク・ライフ・バランスの推進に取り組み、平成24年度からワークショップを開催しています。現在まで福岡県内14施設が参加しており、参加施設を対とした象インデックス調査による現状把握と、その結果を基にしたワークショップでの現状分析などを行い、行動計画の策定と実施を支援しています。

 

また、ブランクのある看護師を対象とした復職研修も行われており、就労相談支援員が再就職するまでサポートするなど、手厚くフォローする体制が整っています。

 

自然豊かで食べ物がおいしく、海山のレジャーと大都市の楽しさが、両方満喫できる福岡県。看護師数はそれなりに充足しているとはいえ、認定看護師資格や専門看護師資格など、ニーズの高い分野の専門知識とスキルがあるならば、大歓迎されることでしょう。

 

特に福岡県は生活習慣病の予防と治療に重点を置いているので、それにかかわる分野のスキルがあれば、就職しやすいのかもしれません。

 

 

参考資料

 

福岡県第6次保健医療計画
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/hoken-iryo-keikaku.html

 

平成26年衛生行政報告例(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei/14/dl/gaikyo.pdf

 

福岡県看護協会ホームページ
https://fukuoka-kango.or.jp/

 

この記事をかいた人


紅 花子 (べに はなこ)
正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在は当研究所所属ライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

マイナビ看護師の特徴
保有する求人数が業界最大規模のマイナビ看護師。非公開求人を多く抱えていますが、その多くが「非常に良い就業条件で整ったレア求人」で占められていることから、非常に人気が高い看護師転職サイトです。登録は1分で簡単に済む上に、今の職場に知られることなく、極秘に転職活動ができてしまう点に注目です。
価格
登録無料 0
評価
評価5
備考
お試し登録OK

看護のお仕事の特徴
レバレジーズ運営の「看護のお仕事」は既に多くの看護師にとって、知っていて当たり前の定番看護師紹介会社となっています。それだけ多数の看護師に頼られる同社ですが、特徴としては「非常に高給与の求人を多数保有している」ということに他なりません。転職支援金が5万円もらえるのも魅力的ですが、とにかく高給与を目指したい看護師は、まずはじめに相談をしてみてほしい企業です。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
備考
お試し登録OK

ナース人材バンクの特徴
ナース人材バンクはマザーズ上場、全国15拠点の大手老舗看護師紹介会社です。上場していることで医療機関からのブランド力も高く保ち、利用者満足度が非常に高い企業であり、常勤転職を考える看護師ユーザーとしてはありがたい存在です。堂々の3位ランキング入り。
価格
登録無料 0
評価
評価4
備考
お試し登録OK