医院(クリニック)の開業資金=収支=

個人医院(クリニック)開業のリアルな収支の姿とは?

医院(クリニック)の開業資金=収支=

 

医院(クリニック)開業についての悩みで最も多いのが、開業後の事業収支に関することです。要は、開業後にいくらの医業収益(介護収益)を上げて、支出をいくらに抑えればクリニック経営が安定するのか?を当然のことながら皆さん知りたがっています。今回は開業後の収支についてのお話です。


厚生労働省中央社会保険医療協議会のデータ

開業資金をやっとこさ用意した新米開業医の方にとって、日々の収益は開業準備の次に直面する、非常に頭がいたい問題です。借り入れをして開業をしている方なら特に、毎月融資返済金を支払っていく必要があるわけですから、気が気ではありません。そもそも、経済的に裕福になることを目指してクリニックを独立開業したにもかかわらず、集患失敗の果てに、勤務医時代より貧乏になってしまっては元も子も無いわけです

 

開業後の収支を考えるには、厚生労働省中央社会保険医療協議会のデータに、開業医の一ヶ月収入および費用の参考となるデータである「医療経済 実態調査」が存在します。

 

この調査データは、病院、一般診療所及び歯科診療所並びに保険薬局における医業経営等の実態を明らかにして、社会保険診療報酬に関する基礎資料を整備することを目的として、中央社会保険医療協議会が実施したものと定義されていますが、開業後の収支状況が診療科目別に明示されているので大変重宝します。開業希望の方はまず目を通しておいたほうが良い資料です。平成25年11月現在、過去19回実施されたデータが公開されています。

 

このデータを元にして、おおまかな診療科目ごとの収支状況をみてみましょう。この金額をクリアすれば、とりあえずはクリニック経営としては一般的なレベルをクリアとおおまかに考えても良いかと思います。

個人医院(クリニック)の診療科目別収支

件の「医療経済 実態調査」では、個人医院(クリニック)と医療法人双方の収支調査の結果が公表されています。そのデータを使って大まかな収支を診療科目別にまとめてみました。

 

個人医院(クリニック)の場合は、売上、支出、最終利益のどれもが整形外科がトップです。下記図表の「利益」の項目から、医院オーナー(院長)の給与を算出しなければなりませんので、毎月の利益が129万円しかない外科に比べると、圧倒的に多額の300万を超す給与を整形外科の開業医は手にすることが数字上では可能となっています。

 

項目名1 収入 支出 利益
精神科 460万円 298万円 162万円
産婦人科 750万円 568万円 182万円
外科 620万円 491万円 129万円
小児科 452万円 318万円 134万円
皮膚科 610万円 388万円 222万円
内科 679万円 504万円 175万円
眼科 620万円 387万円 233万円
整形外科 1,100万円 759万円 341万円
耳鼻咽喉科 467万円 333万円 134万円

 

医療法人の診療科目別収支

個人クリニックより組織規模が大きいケースを見てみましょう。医療法人の場合、個人医院の会計とことなり、法人としての青色申告をすることになりますので、あまり法人に大きな利益が出ると税金でごそっと持って行かれてしまいます。一部赤字の診療科目がありますが、それらが本当に経営が苦しいから赤字なのか、それとも、節税対策の結果赤字が多いのか、もしくは、データ上、一部の医療法人が莫大な赤字を出して全体平均を大きく引き下げたのかは、元データからは計り知ることができないので注意です。

 

よって下記図表の「利益」は、院長の給与を既に差し引いた後の法人利益となっています(前段の個人クリニックとは異なって表記されているので注意してください)。また、医療法人によっては家族を理事に据えることで節税対策を行っている事も多く、当然、家族理事の給与も既に支払った後の「法人利益」が下記表の「利益」額となりますので併せて注意です。

 

それにしても、もし下記赤字の診療科目が本当に医院経営が苦しいから赤字だとしたら、その診療科目を専門とする医師の方は、開業よりも勤務医のほうがずっと経済的には潤う可能性があるとも分析できますね。例えば、外科の先生などはその傾向を疑っております。

 

項目名1 収入 支出 利益
精神科 597万円 573万円 24万円
産婦人科 1,015万円 841万円 174万円
外科 1,196万円 1,262万円 -66万円
小児科 762万円 849万円 -87万円
皮膚科 871万円 765万円 106万円
内科 1,221万円 1,206万円 15万円
眼科 1,109万円 1,015万円 94万円
整形外科 978万円 938万円 40万円
耳鼻咽喉科 803万円 827万円 -24万円

 

このように、診療報酬と収支の関係をみながら開業のための戦略を建てることはとても重要案ことであり、医師の皆さんが開業後のリアルな収支状況について、常に興味津々なのも当然のことといえるでしょう。

 

 

(文責・医師紹介会社研究所 所長 野村龍一)

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


医院(クリニック)の開業資金=収支=


医院(クリニック)の開業資金=収支=


医院(クリニック)の開業資金=収支=


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

医院(クリニック)の開業資金=収支=

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

医院(クリニック)の開業資金=収支=

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

医院(クリニック)の開業資金=収支=  医院(クリニック)の開業資金=収支=

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

医院(クリニック)の開業資金=収支=  医院(クリニック)の開業資金=収支=

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

医院(クリニック)の開業資金=収支=

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

医院(クリニック)の開業資金=収支=  医院(クリニック)の開業資金=収支=

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

医院(クリニック)の開業資金=収支=

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

医院(クリニック)の開業資金=収支=  医院(クリニック)の開業資金=収支=

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

医院(クリニック)の開業資金=収支=

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

医院(クリニック)の開業資金=収支=  医院(クリニック)の開業資金=収支=

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

医院(クリニック)の開業資金=収支=

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

医院(クリニック)の開業資金=収支=


医院(クリニック)の開業資金=収支=

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

医院(クリニック)の開業資金=収支=|医師紹介会社研究所関連ページ

医院(クリニック)開業の資金調達方法
多くの医師にとってクリニック開業を迎えるにあたって一番の心配事は資金調達であることは間違いありません。手元の資金がある程度潤沢な方でも、安くない投資を無駄にせず開業を軌道に乗せるための安全な方法はあるのでしょうか。
医院(クリニック)の開業資金=初期費用=
初めて転職をする医師を支えて成功事例600名以上!医師専門のベテラン転職支援コンサルタントによる、医師向け「失敗しない転職方法」の伝授と、医師紹介会社を選ぶ際の比較検討評価ポイント・ランキングレビューを紹介致します。
医師の独立開業 明暗を分ける10のカギ
医師が転職を考える時、一定のキャリアを有するケースでは、「独立開業への道」も選択肢に挙がる事でしょう。しかしそれは、通常の転職とは異なり、医師に加えて経営者の顔を持つという特別な道です。その道は成功に続くのか、それとも失敗に続くのか?明暗を分ける鍵とは、どこにあるのでしょうか?
医師の独立開業あるある事件簿
本コラムをお読みの先生には、独立開業を目標の一つにしている方も多いでしょう。しかし、意を決して開業に踏み切った医師の多くは、決して順風満帆ではない様々なアクシデントを乗り越えながらクリニック経営をしているのが実情です。独立開業の落とし穴を知るべく、あるある事件簿を見てみる事にしましょう。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談