「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

会社ではなく転職コンサル個人を指名する時代

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

 

ビジネスの世界では「これからの時代は組織よりも個人の力に注目するべきだ」と言われるようになって久しいです。

 

昔は組織の歯車と表現されたサラリーマンでも、自ら著書を出したり、著名ブロガーになったりすることで、個人ブランドを確立し、組織全体への売上貢献を果たしている人も珍しくなくなってきました。

 

クラウドコンピューティングの技術を使ったノマドワーキングなどという働き方も、言葉そのものは随分と一般化したように思えます。高度成長期〜バブル期〜バブル崩壊期の失われた20年の間を通して、日本経済の低調と新興経済国の台頭を起因として日本型会社組織のブランド力もすっかり影を潜めました。


医師紹介業界でも「組織力<個人力」の傾向

いまは「世界のSONY」として仕事をするより「あの有名な誰々さん」として個人の看板を前出しして稼ぐことができる人々が増えてきたわけですから、漠然とした組織力より個人力を重要視される時代と言われるのも、ある種当然のことでしょう。

 

非常に体質が古い医療業界に対しても変化の波は容赦なく襲いかかります。

 

近年メディアが散々追いかけるようになった医療事故報道の影響からか、一昔前の「●●病院だから安心」という医療機関の組織ブランド力が年々低下傾向にあります。その反面、メディア露出や出版などを医師個人が行うことが珍しくなくなってきた影響もあり、医師個人のブランド力にフォーカスがあたるケースが、過去よりかなり増えてきているのは間違いありません。

 

医療をビジネスに例えるのは良くないかもしれませんが、そこをあえて言うなら「医療はエリアビジネスに近い(近かった)」としてもよいでしょう。患者さんの多くは、自分が疾患にかかったとき、できるだけ近隣の医療機関にまず駆け込むのは当たり前の話です。しかし、ネットを中心としたメディア情報が発達した現在では、重篤な疾患や特殊な治療を要する疾患の場合、突如としてエリアビジネスが「個人指名ビジネス」に変貌します。

 

要はネットや既存メディアで露出度の高い有名/有能な先生個人にかかりたいという心理が患者さんには働き、実際に、そういった先生を自ら調べた上で何とかしてコンタクトできるように賢明に手を回します。

 

医局のヒエラルキー力が崩れ始めてことを意識した医師の先生たち自身も「個人>組織」の意識を持つ方々が顕著に増加。フリーランスドクターの増加という形は、わかりやすい「個人>組織」時代の働き方としての構図とも言えそうです。

 

コンサルタントを直接指名できる会社が生き残る

 

そしてもちろん、一般的な転職支援会社のみならず、医師転職支援会社についても「個人>組織」重要視の潮流は勢いをます一方です。医師紹介会社の企業規模大小やブランド力も無関係ではありませんが、あくまでも、個人能力の高い転職コンサルタント、キャリアコンサルタントに「医師からの直接指名」が集中し始めているわけです。この傾向は今後更に一層強まっていくでしょう。

 

いままでの「あの会社に転職支援を依頼したい」という考え方から、「あのコンサルタント個人に転職支援を依頼したい」と多くの医師が考え方を変え始めていますす。

 

有能な医師紹介会社もそういった流れは当然捕捉している訳でして、個人ブランド重視の潮流にいち早く全社をあげて対応している会社ももちろんのこと既に出てきています。

 

例えば、エムスリーキャリアエージェントのサイトをみてみれば、同社に所属しているほぼすべてのコンサルタント個人に直接相談窓口が設けられているのがわかります。

 

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

 

エムスリーキャリアエージェントのコンサルタント一覧ページ

 

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

 

※担当してもらいたいコンサルタントに直接コンタクトが取れる

 

 

ドクターズ・ジョブ(クラシス株式会社)でも、会社単位より個人コンサルタント単位の能力を大きく前に出してアピールすることを組織的位実行しています。

 

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

 

※会社単位でなく個人単位での選択を医師に促している

 

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社
ドクターズジョブでも所属コンサルタント個人を紹介

 

 

会社単位でたった1つの窓口を設け、入ってきた相談を会社都合で手の空いているコンサルタントに振り分けていく時代ではもはやないのです。転職を相談する医師の立場から言えば、いくら転職支援会社組織にブランド力があったとしても、能力の低い担当コンサルタントをつけられてしまったらもうそれまでです。一直線に転職・求職は失敗に向かうでしょう。

 

ましてや、常勤転職を狙う医師の方なら尚更です。

 

個人指名できる医師紹介会社を優先する

 

転職を希望する医師、特に常勤転職をお考えの方や、医局を辞めるなどして完全なフリーランスとして生きていこうと決めた方は、是非、直接コンサルタント個人を指名できる会社を優先的に選んで相談してみてください。転職ごとは数字や確率ではっきりと計ることができるわけもなく、正直言って一定の運や縁などの不確定要素も必要になります。

 

しかしながら、そういった不確定な要素の中に、少しでも確実な転職成功要素を紡ぎだすためにも、是非、医師転職支援会社に声をかける最初の段階から、パートナーには「客観的に実力を保持していると思える人物」を指名買いしていくことを、私は是非是非オススメいたします。

 

ヒントとしては「情報発信力を持つコンサルタント」を探し出すことです。
ウェブ、ブログ、SNS、テレビ新聞雑誌等のマス媒体記事…有能なコンサルタントが発進した情報はそこかしこに落ちていますので、丁寧にそれら情報を探しだして下さい。信頼に足る唯一のコンサルタントに出会えることでしょう。

 

 

(文責・医師紹介会社研究所 所長 野村龍一)

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社


「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社


「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年11月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2017年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社  「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社  「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社  「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社  「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社  「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社


「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

「組織力と個人力」でみる医師転職支援会社|医師紹介会社研究所関連ページ

医師転職サイトの選び方 =No.1 医師転職市場と医師紹介会社業界の基本=
外部からは違いがわかりづらい医師紹介会社業界。医師紹介会社を利用するのが初めてという方向けに、「失敗しない医師紹介会社の選び方」を基礎からお教えいたします。
医師転職サイトの選び方 =No2. 担当コンサルの能力を見抜く方法=
医師紹介会社、医師転職サイトの選び方の第二弾として、担当コンサルの能力を見抜く方法をテーマとして論じてみます。
胡散臭い宣伝手法を取る医師紹介会社
医師紹介会社にも良い会社、悪い会社と色々あるわけで・・・近年ではネット上で自作自演まで行っているどうしようもない会社まで目にします。医師の皆様は注意です。
医師求人検索システムの利便性問題
医師紹介会社のサイトには求人検索システムが併設されているところが多いです。今回は、その求人検索システムについて検証してみます。
医師個人情報持ち出し事件(不正競争防止法事件)
2014年10月、老舗の医師紹介会社MRTから医師および看護師の個人情報を持ちだした元SEの男が逮捕・起訴されました。驚いたことにこの男は、持ちだした医師個人情報を元に、新たな医師紹介会社の設立に関わっていたという。その新たな医師紹介会社は「iDoctor(アイドクター)」。社長も元MRT出身者なだけに、見過ごせない問題に発展する可能性もある。
ドクターXの「神原名医紹介所」は存在しうるか(医師紹介会社の組織パターン)
初めて転職をする医師を支えて成功事例100名以上!医師専門のベテラン転職支援コンサルタントによる、医師向け「失敗しない転職方法」の伝授と、医師紹介会社を選ぶ際の比較検討評価ポイント・ランキングレビューを紹介致します。
失敗しない医師転職エージェントの働かせ方
医師の転職に、転職エージェントの利用が一つの良策である事は、多くの医師が認識済みでしょう。しかし、せっかく優良な転職エージェントを利用していながら、うまく使いこなせている人と、そうでない人がいます。有利な転職のための転職エージェントの使い方について、考えてみる事にしましょう。
医師の転職ビジネス 超売り手市場はいつまで続く?
厚生労働省では毎月、「職業安定業務統計」を行っています。この調査では、各月の職業別有効求人件数や有効求人倍率などの、実数値が公開されています。今回はこのデータを元に、医師の転職市場の状況を、考えてみます。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談