医師転職サイトは何社登録すべきか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
野村龍一

野村龍一

某医師紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

1社のみの登録はリスクが高すぎる

複数の医師紹介会社に登録することは失礼に当らないのか?と質問が時々あります。

実務現場から言いますと、ほとんどの医師は複数の医師紹介会社へ登録されています。たった1社だけの医師紹介会社へ登録することは、オールオアナッシングの無謀なかけになってしまうからです。転職失敗リスクが高くなるだけでしょう。

できるだけチャンスは幅広く、リスクは小さくするために、複数の医師紹介会社を厳選して登録することをオススメいたしますが、この場で医師紹介会社1社のみの登録で転職活動をすることの危なさをご説明いたしましょう。

1社登録のリスクと複数社登録のメリット

転職成否が一発勝負になってしまう

常勤転職を試みる医師にとって、医師紹介会社の選択は人生を大きく左右します。もしも医師紹介1社のみに登録した場合、担当の転職コンサルタントの能力が一定基準値に達していなかったり、経験値の浅い転職コンサルタントだったらどうなるでしょうか?限りなく転職失敗確率が上がるのは言うまでもありません。

要は、1社のみの「当たるかハズレるか」「のるかそるか」といったような登録手法は、医師にとっての重要な転職活動が、「良い担当者がつくかつかないかで左右されてしまう、一発勝負と運の世界になってしまいます

しかしの医3社の医師紹介会社に登録することで、単純に失敗の確率が3分の1にまで下がります。更に、常勤の方はキャリアアップに成功する確率が3倍になり、アルバイト求人を希望する医師は、良質な高給求人に出会える確率が3倍になります。

競争意識を煽ることで扱いが優先的になる

医師紹介会社もビジネスですので完全なる競争社会に生きています。よって、競合他社の医師紹介会社よりも「成約」を数多く獲得しなければなりません。

ところで1社のみ登録の医師は医師紹介会社に頼りきってしまいますので、その人材紹介事業が上手くいこうがいくまいが、とにかくどこかにクライアントの医師を就業さえさせてしまえば、一定以上の報酬が手に入る事になります。要は仕事が楽なのです。これを悪用されると…最悪の場合は「紹介業務に手を抜かれる可能性」があるわけです

しかし3社以上の医師紹介会社を登録している医師は、それぞれの会社の仕事ぶりを見比べているわけですから、実質「相見積もり」をとっているようなものです(相見積もりを嫌う方もいますが、一般の商慣習では当たり前の行為です。その感覚を持つことについて、あまり医師の方々は慣れていないのが現実です。なかにはそういった医師の「浮世離れした感覚」を悪用して、相見積もり的行動を避けさせるように働きかける輩すらいます)。

医師紹介会社にとって、そんな相見積もり状態で「成約」をとるならば、少なくとも手を抜く訳にはいかないわけです。結局は、一番優遇されて一番条件のよい求人募集を一番最初にあなたのもとに届けるようになります。文字通り、競合他社と競うようにして、です。

1社のみでは必要な求人情報数を確保しきれない

医師紹介会社1社のみの保有求人数には限界があります。その多くは、医師紹介会社の組織力と営業力によって比例的に左右されるのですが、ランキングトップの企業であってもエリア毎の得意不得意というものが有ります(※詳細は当サイトのランキング調査のエリア別集計をじっくり見て下さい)。医師紹介会社1社では、必要十分に足る求人数を保持しているケースが少ない事がよくわかると思います。

この問題は医師紹介会社3社以上を同時登録することによってあっさり解決いたします。

あたりまえの話ですが、登録した医師個人の手元には、登録した複数社分の求人情報が手に入る事になります。単純に言えば、医師紹介会社複数に登録すればするほど、あなたの手元には医師求人情報のボリュームが増していきます。そのうち何割かが重複している可能性はありますが、特定の1社しか保有していないような優良求人募集を漏らしてしまう「機会リスク」を大幅に下げ、必要十分以上の量の求人情報の中から、あなたが本当に必要とする就業先、アルバイト先へのアプローチ機会を選択することができるようになります。

このようにみても、単純に1社のみの会社に登録しただけで転職活動やアルバイト求人活動をすることが、いかに医師のキャリアにとっって危険であるのかがよく分かるかと思います。

常勤もバイトも登録先は「最低3社」を厳守すべき

私がおすすめするのは、優良な医師紹介会社最低でも3社を厳選して登録することです。これ以上は不要ですし、これ以下だと転職の成功可能性がガクンと下がってしまうリスクがあります。

また当然のこととして、ご自身が転職活動をしていることや医師紹介会社に登録を考えていることは医局および同僚や仲の良い友人にも秘密にしておいたほうが良いでしょう。現状の職場には情報を伏せて転職活動をするのが普通ですので、おかしな罪悪感のようなものを感じる必要はありません。

あなたが転職を考えていることが医局に知れば、職場全体の士気を落とす事にもなり、今後のキャリアにも不都合が生まれてしまいます。とは言え転職はあなたの人生の大きな転換期になる可能性もあるわけですから、臆せず強い意志をもって(ご家族とご相談の上)行いましょう。

尚、当研究所がおすすめしている医師紹介会社から現在のご職場に直接電話が入ることはまずありませんのでご安心下さい。

条件のよい求人に効率的に巡りあうには下記基準で3社程を同時登録すると良い(1社のみに限定すると、転職に失敗する確率が非常に高くなる!)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする