医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

医師と転職キャリアコラム 一覧

 

医師紹介会社研究所の執筆陣が渾身のペンをふるって日々取材し、記事を仕上げている「医師、医療機関従事者の転職とキャリアに関するコラム」です。

 

普段は日常の業務が多忙で、じっくりと腰を落ち着けて自己のキャリアを考えることが難しい先生方の代わり先生のために経験豊富な執筆陣が、「医師のキャリアパス」と「転職対策」を中心に、あなたをはじめとする多数の先生が共通して持っているお仕事のお悩みを、コラム形式で解決いいたします。

 

日々記事は更新しておりますので(しかも妥協のない渾身の長文レポート多数)、隙間時間などをご活用いただき、スマートフォン等でご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

必ず、将来のキャリアアップ、目の前に転職がせまった先生方にとって、お役に立つ情報が見つかることをお約束いたします。また、特定テーマ記事を集中的にご紹介する、好評の連載コラムもございますので、こちらも是非ご参考にしてみてくさい。

 


医師と転職キャリアコラム|医師紹介会社研究所記事一覧

医師の転職市場と求人状況を中心に、市場分析から採用動向までを徹底調査をしてコラム形式で掲載しております(当サイトのコラムで最も記事ボリューム、質ともに充実しているカテゴリーとなります)。専門科別の市場動向についても、できるだけ多く紙面を割いておりますので、ご自身の専門にあった記事をご覧になってみてください。また、転職自体が初めてという医師の場合は、基礎知識として各コラムに是非目を通してください。必...

当研究所の独自視点で斬る、医師の常勤転職求人募集関連をメインテーマとするコラムです。特に初めて常勤での転職をお考えの先生には、是非、基礎知識としてお読みいただきたい記事を豊富のご用意しております。先生が常勤での転職を希望される場合、定期非常勤やスポット勤務といったテンポラリーの職種特有の気軽さは一切なく、どの先生も真剣にキャリアと向き合鵜必要があるため、サポートに入る医師紹介会社の選定にも妥協なき...

非常勤医師でQOL重視+高給な医師転職ライフ - 常勤医師との違い

■ 記事作成日 2012/4/21 ■ 最終更新日 2018/5/32015年に日本医師会総合政策研究機構より公表された「病院における必要医師数調査結果」によると、医師全体の18.4%が非常勤の勤務形態をとっています(常勤と短時間正規雇用医師を合わせると81.6%となります)。実に医師全体の5分の1に近い人々が何かしらの形で非常勤勤務に携わっており、実際に2010年の調査(厚労省調査)と比較すると...

医師、とりわけ研修医や独立開業のために資金が必要な方などにとって、単発アルバイト(スポット勤務)求人は非常に大切なトピックスの1つです。継続的に勤務する必要がなく、数日、1日や半日(当直ありなしも選択可)から数時間程度の勤務で、一定のまとまった収入を得ることができる便利な勤務体系です。春の検診シーズンなどは予防注射も含めて特に求人情報が潤いますので、フットワークの軽い医師紹介会社に登録をすることで...

高給でも知られる在宅医療、訪問医療に関する医師求人記事です。在宅医療に関する求人は数も多く、今後の我が国高齢化社会にとっては、必須不可欠の医師業務形態と考えられています。また、高齢者の8割以上が自宅で最期を迎えたいと考えており、在宅死を希望する方々にとっても、在宅医療と訪問医療に携わる先生は、非常に貴重な存在として信頼を得られることでしょう。医師にとっても、大学病院や大病院などの最前線からリタイア...

当研究所の独自視点で斬る、臨床・新薬開発医師(メディカルドクター)の転職求人募集関連をメインテーマとするコラムです。多方面から注目を浴びるメディカルドクターを希望する場合、医療機関ではなく製薬会社などの一般企業への転職となるため、通常の医師転職対策とは全く異なるアプローチが必要となります。一般企業基準での採用基準、雇用後の人事査定基準などがあるために、少し勝手の違いに戸惑う医師もいますが、製薬など...

当研究所の独自視点で斬る、産業医の転職求人募集関連をメインテーマとするコラムです。ストレスが多い今の時代、労働者が適切な業務環境で仕事ができるように、主に企業に出向いてメンタル面から専門的医療立場に立って支援をするのが産業医です。医師にとっては非常に受託しやすい業務内容であり、そのため、産業医の求人には多くの医師応募が殺到して、あっという間に採用枠が埋まってしまう事でも有名です。臨床・新薬開発医(...

女性医師とキャリアについての記事一覧です。女性医師にとっては自らのキャリアアップに関する悩みもさることながら、産休、子育てからの職場復帰や仕事と家庭の両立といったQOLに関する側面など、様々な男性医師とは異なる悩みが多いケースが目立ちます。また、子育てをしながらの定期非常勤勤務などのニーズが高まる傾向も見受けられますので、本カテゴリーに加えて、定期非常勤に関する記事についてもご一読頂けると幸いです...

「私、失敗しませんので」の台詞で有名な医療ドラマや、実際にフリーの麻酔科医師として多額の年収を稼ぎだす女性医師の書籍などが話題となり、医療業界内外ではフリーランス医師の存在が注目を集めています。当研究所でもフリーランス医師(一昔前は定期非常勤勤務医師、アルバイト医師といった言い方でしたが)として食べていくために必要な情報と記事については積極的に発表しており、今後ますます増えるであろうフリーランスと...

クリニック、診療所の開業をテーマとする記事カテゴリーです。開業には多額の資金調達という問題を始め、開業後の継続的な資金繰り、各種経営問題(特に集患問題)やスタッフ育成といった組織マネジメントなど、一人の医師としての個人的問題よりも、経営者としての組織的問題が重点となってきます。開業医は税務的にも非常に「国に守られた職種」であることは間違いありませんが、それでもやはり倒産する医院は後を絶たず存在して...

転職に慣れていない先生にとって、いざ転職候補先の医療機関へ出向いて面談・面接をおこなったり、現場見学を行ったりする際への準備の仕方がわからないというケースが多々見られます。必要書類などの書き方についても同様です。このカテゴリーでは、医師転職における面接インタビューでの上手な受け答え方や、採用側に対して好印象を与えるためのノウハウなどについての記事を執筆しております。普段はなかなか考えることがない「...

医師にとってもイチ職業人として「年収」に関する情報は非常に大切です。ましてや転職ともなれば、今以上の年収を手にしたいと考えることが普通ですし、年収そのもの意外の就労条件(稼働日、当直有無、オンコール状況、福利厚生他)についても、最大限にこだわったうえでの転職が望ましいといえます。医師の年収に関しては、単に職場環境だけで左右されるものではなく、そもそも「年収が多い専門科」と「そうではない専門科」とい...

転職先の医療機関や組織の経営状況が気になる医師は多いはずです。せっかく苦労をして転職をしても、肝心の受け入れ先の経営状況が思わしくなければ、最悪、再度の転職を早期に強いられてしまう可能性すらあります。そうでなくとも、給与や福利厚生条件がうやむやにされたり、覆さりたりといった、イレギュラーなトラブルが発生しやすくなります。ここでは、医療機関の経営状況を評価するための、具体的な手法について論じていこう...

一般的にはあまり外部から知ることができない、医師紹介会社業界と企業内に関するコラムです。当研究所においては、実際に各医師紹介会社に足を運び、直接取材をしておりますので、多くの先生の参考になるかと思います。医師紹介会社選択するということは、(特に常勤転職において)自らのキャリアを決定づける重要なパートナーを選択するということと同義であるといえますので、慎重に当サイトの記事を参考としていただければ幸甚...

医師紹介会社研究所の経由で転職に成功された先生の転職体験談をご紹介させていただいております。ご投稿いただいた先生のプライバシー保護のため、お名前、ご年齢は仮のものを使用させていただいてる旨をご了承くださいませ。

こんにちは。春萌(はるも)です。某病院で働く内科医です。縁がありまして、この「医師紹介会社研究所」でコラムを書かせていただくこととなりました。諸事情で匿名ですが、その分(?)本音で書かせていただきます。かなり、個人目線ですので、賛否両論あるかと思いますが、皆さんのご意見も頂ければ幸いです。

本コラムテーマはズバリ「保健医療計画からみる医師と都道府県の未来」。「地域が抱える課題」や、それに対する医師増員対策をはじめとする地域医療問題などについて、各都道府県が制定する「保健医療計画」を紐解きながら、考えてみたいと思います。地方へIターン、Uターン転職する医師にとっても、役に立つコンテンツになれば幸いです。

ノンフィクションで語る医師が陥る人生の危機シリーズ「医師キャリア人生転落物語」。現役、およびOB新聞記者が、過去に実際に起こった医師キャリアにまつわる事件をピックアップして再構成、紹介していきます。世の中には折角取得した医師免許と医師キャリアを「無駄にする」医師が案外多いことをご存知でしょうか。最悪なのが医師免許剥奪として、それ以外にも様々な社会的厳罰を受けて、これまでのキャリアを無駄にしてしまう...

医師免許を持たず医療行為を行う人物…偽医者、ニセ医師、ニセ医者、なりすまし医師問題。昔から「儲かる職業」としての医業に目をつけた詐欺師、詐欺組織が、様々な手口で医師になりすまし、医療行為を行うことで不正な収益を上げている事件が後を絶ちません。近年は、医師紹介会社がニセ医師を医療機関に紹介してしまい、トラブルや刑事事件になるケースが発生しています。ニセ医師事件は何故発生してしまうのか?何故、医師紹介...

医院経営関係者や病院事務局スタッフのみならず、近年では医師紹介会社社員やコンサルタントの間でも注目が集まっている人気資格「医療経営士」に関する情報をお伝えします。資格成立の背景から、医療現場で本当に医療経営士ホルダー人材は役に立つのか?どういった知識を持ち合わせた人材教育として機能するのか?を分析しつつ、担当執筆者がが実際に医療経営士資格を受験して、その内側をレポートいたします。医療経営士既に資格...

第7次保健医療計画からみる都道府県と医師の姿

■作成日 2018/5/7 ■更新日 2018/5/72018年4月から、各都道府県の保健医療計画が「第7次保健医療計画」になりました。昨年度までは、保健医療計画からみた都道府県の姿として、医療機能の整備の状況、病床数の状況、医師確保対策などについてお伝えしてきましたが、今回からは、各都道府県の「第7次保健医療計画」のポイントや、今後期待される医療体制の整備目標、さらなる医師確保対策などについて、...

おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法