総合評価:MCドクターズネット(株式会社メディカルコンシェルジュ)の評判・口コミ・ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
野村龍一

野村龍一

某医師紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

総評:MCドクターズネット(株式会社メディカルコンシェルジュ)

現在の企業レビュー結果…「AA評価(高評価)」

スポットアルバイト求人ではM3C以上の実力

MCドクターズネットは株式会社メディカル・コンシェルジュ運営の医師紹介会社サイトです。社長の磯野晴崇氏が慈恵医科大学出身の医師でもあるので、求職者のニーズや気持ちに理解が深い会社といえます。

全国14箇所の拠点を持つため、地方都市における転職ニーズに対しても、細やかな配慮がなされているのがわかります。MCドクターズネットの医師紹介会社としての強みはアルバイト求人にあるといえるでしょう健診や産業医案件を数多く抱えています。

反面、常勤求人の保有数についてはかなり物足りないものがあります。

すでにエムスリーキャリアの評価でも触れましたが、医師紹介会社のサイト構造上の運命的なものとして、常勤求人の充実とアルバイト求人の充実は相容れません。つまり、常勤医師求人に力を入れるサイトはアルバイト求人が手薄になり、アルバイト求人に力を入れるサイトは常勤求人情報が手薄になります。

これは医師紹介会社サイトを利用するユーザー属性の決定的な差が原因となります(この件についての詳細解説はこちらをご覧ください)。

メディカル・コンシェルジュ社運営のMCドクターズネットにおいても同じ状況です。

よって、この医師紹介会社を利用するならば、常勤医師転職よりもスポットアルバイト求人を探している医師の方に絞ってオススメ評価をさせて頂きます。

会社概要

医師紹介会社名 株式会社メディカル・コンシェルジュ
設立 2000年9月
代表者 代表取締役 礒野晴崇
資本金 2億10,00万円
年商 43億円
従業員数 170名
コンサルタント数 不明
所在地(東京本社) 〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-20-22 三富ビル本館5・6F
営業拠点 14箇所
厚労大臣認可 13-ユ-070292
医療従事者会員数 約7万人(ナース、薬剤師、介護士含む)

商業登記簿謄本(画像クリックで拡大)

商業登記簿謄本の公開について

商業登記簿謄本は、申請すれば全ての国民が閲覧することができるものであり、インターネット上に公開することに違法性がないことを、法務局・弁護士に確認済みです。ただし代表取締役の住所につきましては、プライバシー保護の観点から、自主的に非公開としています。

関連企業

特になし

常勤は女性医師のみ狙い目も、他大手紹介会社に今一歩及ばず

株式会社メディカル・コンシェルジュの大きな特徴は、「若く」「女性中心」の会社というところでしょう。

おそらくその原因は常勤医師の転職紹介よりも、看護師、薬剤師、介護士といった女性登録者の割合が多い職種の求人紹介サービスが収益の大きな割合を占めていると予想されるからでしょう。実際に同社社員の7割近くが女性であるとのことです。

MCドクターズネットは常勤求人募集よりもアルバイト求人が強いと書きましたが、あえて例外的に女性医師については常勤転職をMCドクターズネットに頼ってみてもいいのではないか?と筆者は考えます。

何故ならば、メディカル・コンシェルジュ社内も「女性重視」の雰囲気があふれている、と元社員の方は口々におっしゃっているからです。このことは当然、医師への求人紹介スタンスにも影響をあたえることでしょう。ストレートに言うならば、あなたが女性医師であるならば、産休や子育て、その後の職場復帰といった女性ならではの就業テーマについて、かなり真剣に耳を傾けてもらえる可能性が他社よりも高いということです。

もちろん、実際の担当者がどのような人物になるかによっても左右されますので、できるだけ女性の担当者をつけてもらえるように要求して見ることです。男性中心の医師紹介会社ですとこういったオーダーはあっけなく却下される可能性が高いですが(手が空いているのが男性しかいない、等の理由で)、同社の場合は女性従業員数の多さと社内の女性重視の考え方から、親身な女性担当者がついてくれることが多いようです。

女性が働きやすい職場を体現

メディカル・コンシェルジュ株式会社に務めた方の証言ですと、常勤でなくても(派遣社員でも)ワークライフバランスが保ちやすく、上司と相談することでスムーズに休日が取れる状況とのこと。バースデー休暇というものがあって、誕生日前後には有給休暇を取ってもいいという制度は珍しいです。

常勤の社員には年棒制をとっているとのことですので、自然、実力のあるコンサルタントが残り、そうでないコンサルタントは給与交渉が難しくなり、自然、会社を去ることになるでしょう。ただし、年齢やキャリアも関係なく、昇進、昇給機会は用意されていますし、仕事そのものも男女関係なく、割り振られています

年棒制の医師紹介会社は基本的に残業代が出ません。つまり、残業代稼ぎ目的のぶら下がり社員は存在することができず、残業を厭わず仕事に邁進できる力を持つ社員しか社内に居場所はありません。

女性の役職付きポジションや権限移譲も他社に比べてしっかりしています。女性中心ですが実力主義を同時に掲げている会社であると評価出来ます。

ただ反面、男性医師に対しての常勤転職紹介については、他社と比べてこれといって目を見張る特徴がありません。あくまで、男性医師はアルバイト、非常勤求人について同社経由で情報を集めるのが良いと思われます。

社員教育について

隔月程度に土日中心に専門知識研修を行なっている。研修内容については、上席社員を講師として医療業界、医師紹介業界についてのレクチャーをすることが多い様子。外部からの講師を招いて教育に反映させているかどうかは不明です(私が調べた限り確認ができませんでした)。また、海外での研修制度も存在します。

研修を受けても代休を得られるわけではないので、本当にやる気のある人間しか生き残ることは出来なさそうです。社歴が5年以上のコンサルタントはそれなりに実力がありそうですので、契約の際の指針になりそうです。

社風として「自ら学ぼうとする者には教え、そうでない者には冷たい」というイメージがあります。

地方拠点の支店長には20代の方もいるようです。

若い会社ならではといえるでしょうが、年配の医師が同社に求人紹介をオーダーした場合、感覚的にジェネレーションギャップに陥ったり、経験の少なさを「未熟である」と評価せざるを得ないケースもあるようです。

これは私個人の感覚なのですが、メディカル・コンシェルジュの営業はノルマがないので、良い意味でのびのびと仕事をしており、悪い意味では医師の個人的な(転職やキャリアに関する)危機感や逼迫感に対する共感が薄い気もしています。このことも、若い同社コンサルタントが「未熟である」とのイメージを与えてしまうことや、常勤よりもアルバイト求人ぐらいで頼るほうがいい、といった評価につながるのかもしれません。

同社もそのことを自覚している?のかもしれませんが、医師の転職支援にはチームで当たるように教育をされている様子が伺えます。ただし、エムスリーキャリアのように複数担当者が初回からみっちり伴走してくれるということはありません。あくまで、担当コンサルタントのフォローを上席社員が「放置」せずに、しっかり行なっているということです。

このことだけでも医師紹介会社としては優れているポイントかもしれません・・・(如何に一般的な医師紹介会社が医師の切実な悩み事に対して、担当コンサルタント社員に「投げっぱなし」にしているのか、ということなのですけれど・・・ね)。

企業トップが医師であり、医師スポットバイトのニーズ充足に対して真摯に取り組む

自らも医師である礒野晴崇氏(東京慈恵会医科大学卒)がメディカル・コンシェルジュ株式会社を設立し、医師紹介事業に参入したのは2000年。老舗ではありませんが、近年多数参入してきた新規組紹介会社(リーマン・ショック後の経済不況と、製造業派遣の禁止による取り扱い業態転換から、他業種派遣会社からの大量新規参入を業界は迎えている)と比べると、一歩二歩先んじている経験を持っています。

医師紹介会社のトップが医師であるのは今でこそ珍しくありませんが、同社はその先駆け会社の1つと言えそうです。

この事実は同社のビジネススタンスにも反映されているようで、単純に利益重視で医師紹介ビジネスをしている会社とは異なり、本気で医療業界への貢献を理念として掲げているようです。その証左の1つは、単純な営業売上成績を社員の人事評価のプライオリティにしていない事でしょう(だからこそ、営業社員にノルマがないのでしょう)。

業績について

営業に売上ノルマが存在しないにも関わらず、同社の業績は上がり続けています。この点は組織マネジメントの巧みさが垣間見え、評価できるポイントです。

ただ間違えないでいただきたいのは、再三指摘しているように、医師オンリーの紹介会社として業績を伸ばしているのではないということです。看護師業界、薬剤師業界、介護士業界にも積極的に進出した上での結果として、右肩上がりの成績と40億以上の売上が実を結んでいます。

医師のあなたはこの点を冷徹に見ながら評価すべきです。

医師紹介会社としての経験には一日の長があるので、一流企業や大病院との取引が多いですね。営業面でも、エムスリーキャリアと同じく、無理なプッシュ営業を行わず共に求人募集がブランド力で集まってくるとのこと。ただし(これも繰り返しになりますが)、常勤求人よりもアルバイト求人や非常勤求人についての話です。

そういった意味では、常勤求人を中心に扱うエムスリーキャリアを「医師転職支援会社」と呼ぶとしたら、アルバイト求人中心のMCドクターズネットは「医師派遣会社」と呼ぶほうが、呼称としてはふさわしいのでしょう。

売上/利益推移

メディカル・コンシェルジュは売上と利益を公開しています。組織力を判断するのに参考にしてみてほしいのですが、全てが医師の就業紹介事業によってもたらされた売上でないことに注意です。同社は看護師、薬剤師、介護士の紹介派遣やメディカルモール投資など、広く事業を行っている点を忘れないで下さい。

売上高(H24) 利益高(H24) 売上高(H23) 利益高(H23)
4,663百万円 73,000千円 3,990百万円 33,000千円

サービスサイトへのアクセス推移

アクセス状況の全体分析

同社運営の医師転職支援サービスサイトへの直近アクセス推移は上記のようになっております(2014年11月11日 SimilarWebにて調査)。

アクセス数は月間4000PV程。7割以上が直接アクセスで来訪しておりリピート率の高さが見込めますが、逆に、検索エンジン等からの初見ユーザーの流入数少なさに少し不安があります。かといってSNS等、別の手段で初見アクセスを集められているという状況でもありません。

アクセス参照元サイト

同社サイトのアクセス流入の参照元サイトは、データ量不足のため解析ができませんでした。

アクセス検索キーワード

同社サイトのアクセス流入の参照元サイトは、データ量不足のため解析ができませんでした。

同社保有の医師求人数について

公開されない保有求人数

MCドクターズネットでは保有求人数を常勤、非常勤、アルバイトを問わず公開しておりません。常識的に考えて、保有求人数で他社より秀でている場合はその数を公開するでしょうから、とりたてて目を引く数字ではないからだと推察されます。実際にMCドクターズネットを利用して常勤求人を検索してみると、なかなか満足の行く条件を持った案件がでてこない気がします。

産業医案件と健診案件の多さ

その一方で、MCドクターズネットは産業医案件を多数持っています。営業的に独自のネットワークでも有るのでしょうかと勘ぐるほど、やたら他社に比べて健診や産業医のスポット求人が多い事が確認されています。

御存知の通り、アルバイト求人を探している医師のみなさまにとって、産業医案件と健診案件は給与的にも拘束時間を含めた労働条件的にも、大変に割のいいアルバイトです。

エムスリーキャリアのように常勤転職案件の強さを謳っている紹介会社では、産業医案件と健診案件はそれほど多く保有していません(単なる経営資源の集中先の違いです)。よって、アルバイト求人を探している医師は、MCドクターズネットを中心に登録をするほうが効率的であると言えます。

ちなみに、同社では看護師、薬剤師、介護士の派遣に相当力を入れていると既に述べました。実際には医師紹介とその他コメディカルの紹介とはどちらに力を入れているのでしょうか?

答えはどちらに力を入れているというのではなく、全てに平準化して力を入れている(要は営業上のリスク分散を行なっている)のだろうというのが私の推察です。

医師の紹介事業と比較検討できるような、実際の売上構成データは公開されておりませんが、それぞれ職種に対応する転職紹介サイトにじっくりと目を通してみると、必ずしも医師向け求人紹介サービスのみに経営資源を集中させているわけではなく、他コメディカル派遣事業についてもそれぞれ同程度に資源を投下していることがよくわかります。

医師、およびコメディカル全般の紹介事業を幅広く行なっている会社であると理解するのが正しそうです。医師職だけ特別扱いするような状況は、正直いってあまり期待出来ません。

この企業の100社ランキング結果

当研究所が独自で毎年調査している「日本の医師紹介会社TOP100社ランキング調査」において株式会社メディカルコンシェルジュ提供の「MCドクターズネット」はトップ3ランキング入りできたでのしょうか?結果はこのようになっております。

【2014年度】大阪エリア スポット求人数部門

以上で見事トップ3ランキング入りを果たしております。
また、その他項目を含めたランキング結果一覧は下記のようになっております。

常勤求人募集数 非常勤求人募集数
29位(254件) 33位(158件)
スポット求人募集数 非公開求人募集数
10位(413件) ランク外(不明)
東京 常勤求人募集数 東京 非常勤求人募集数
26位(51件) 25位(40件)
東京 スポット求人募集数 大阪 常勤求人募集数
11位(40件) 31位(5件)
大阪 非常勤求人募集数 大阪 スポット求人募集数
21位(12件) 3位(142件)
北海道 常勤求人募集数 北海道 非常勤求人募集数
26位(12件) 34位(0件)
北海道 スポット求人募集数 愛知 常勤求人募集数
23位(0件) 26位(5件)
愛知 非常勤求人募集数 愛知 スポット求人募集数
22位(3件) 23位(0件)
福岡 常勤求人募集数 福岡 非常勤求人募集数
23位(11件) 29位(0件)
福岡 スポット求人募集数 年収1800万円以上求人数
21位(0件) 17位(53件)
健診・人間ドック求人数 産業医求人数
6位(460件) 12位(18件)
美容外科皮膚科求人数 当直なし求人数
30位(2件) 48位(検索不可)

=検索件数集計の注意事項=

  • アクティブ求人数不明これらの理由でランキング対象として集計できない
  • 検索不可…条件自体がこの検索できない
  • 0件…検索はできるが結果が0件
  • ○○検索結果に含まれる…検索結果が別条件設定に含まれて表示されている
  • 不明…サイト上に結果表示が存在せず

最終評価判定:フリーランス医師は登録推奨

以上、アルバイト求人非常勤求人に強みを持つMCドクターズネットの医師紹介サービスは、AA評価(高評価)であると私は判定いたします。ただし常勤転職を考えている医師の先生は、他の紹介会社への登録を優先させることをオススメいたします。

現在の企業レビュー結果…「AA評価(高評価)」

野村龍一

医師転職支援コンサルタント・野村龍一のアドバイス

「登録をおすすめする医師紹介会社です。組織力がありコンサルタントの能力が標準化されたオールマイティ型というよりは、個別コンサルタントの能力に頼る部分が大きいので、担当についた方との相性を冷静に見極めて下さい。組織力よりもコンサル個人の力で成果を出すスタイルなので、評価AAAの組織総合力の高い医師紹介会社と同時に登録をして活用することをおすすめします。常勤に強かったり、アルバイトに強かったりなど特徴がわかりやすいですので、登録しておいて損はないでしょう」

ここからAA評価のMCドクターズネットに登録/相談する


こちら医師紹介会社は、今すぐ転職をしなくとも、情報収集目的の「お試し無料登録」でも気持よく対応してくれる企業です。まずは転職求人情報を気軽に入手するために登録して、後ほどじっくり転職タイミングが来た際に再度相談することも可能です。決して登録したからといてって即転職を強引に勧めたりしない安心紹介会社であることを保証致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

2017年5月版 常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

2017年5月版 非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

無料レポート「医師紹介会社 こんな担当者に注意せよ」配布中

当サイトの「登録」リンクから医師求人転職支援会社にご登録を頂いた方に、私、野村龍一がこっそりご登録者様だけに教える秘密レポート「医師紹介会社、こんなコンサル担当者に注意せよ!」(PDFファイル、約50頁、9,800円相当)を無料でご提供しております。