看護師が勤務するなら?「地方VS.都市」「病院VS.診療所」

地方と都市部、好条件の看護師求人はどちらに多い?

地方と都市部、好条件の看護師求人はどちらに多い?

 

地方と都市とでは病院の特色が変わってきます。地方では地方のその地方ならではの求められる知識や技術があり、都市では病院自体が循環器専門など特化した得意とする分野があるように、病院自体が特化していることが多いでしょう。

 

地方では地域全体、都市部ではその病院の特色があるわけです。

 

一般に地方に行けば行くほど、どんな科にも一通りの知識が求められることが多く、看護師経験が浅い場合には苦労することになるかもしれません。単科の診療所ならば知識や技術、勤務経験が乏しいと心配もありますが、地方を中心に病院を設置し団体や組織で運営している病院もあり、そういった病院であればおおよその科があるでしょうから大きな問題はないでしょう。

 

小さな病院や診療所の場合には、個人の技量や知識がなければかなり苦労する場合もありますから転職先に選ぶのは注意が必要です。求人率からいえば、地方ほど看護師不足は深刻です。面接にこぎつけば採用が決まると行っても過言ではない状況です

 

地元で働きたい人や地方での地域看護など何かしらの魅力があり続けて勤務していく人もいますが、生活の利便性や都市部の生活に憧れたり、都市部で看護師としてのスキルを磨きたい人はやはり都市部へ就職、転職していく場合が多いのです。

 

第一に看護学校や専門学校、大学が都市部にあることがほとんどですので、出身学校のある地域で就職するパターンが多いかもしれません。ただ、奨学金制度を利用した場合、奨学金制度の内容によっては地方での就職が条件となっている場合もあり、その制度を利用したならば大抵の場合は地方で就職することになります。これにも利点はあり、奨学金制度を利用できるだけでなく、就職先が予め決まっているため、就職で悩む必要はなくなります。

 

一方、都市部の方が病院が多い分、就職や転職の選択肢が多いのが事実です。

 

どんな条件を就職先に求めるかにより、都市部と地方どちらの条件があなたによりあっているか、求めている条件がより近いかは各個人で大きく異なりますから、一概にどちらが良いとは言い切ることはできません。ただ全般に「好条件」というならば、選択肢がより多い都市部に軍配があがるでしょう。

 

しかし、細かな状況を見て行くならば、決して地方も悪くはありません。

 

一般に、都市部は物価水準も高いため、看護師の給与も高めですが、団体、組織が運営する病院では、さほど基本給に差はありません。地方の方が税金などが高い場合もありますが、寮が格安で提供されていたり、散財する場が限られる分、給与をあまり使わずに貯金ができるという場合もあります。浪費癖傾向のある人には好条件かもしれませんね。

 

それ以外でも福利厚生がきちんと整備されているところがほとんどですので、給与や福利厚生、社会保障面では病院に限っていえば地方でもデメリットは少ないといえます。
診療所の実態は地域や個々で変わって来る場合もあるため確実にいい気切れませんが、深刻な看護師不足のなか就職した看護師を大切にしてくれるところは多いでしょう。

 

スキルを磨くために地方を選ぶのも良いでしょう。

 

都市部とは違い看護師不足のためもあり、都市部のような手取り足取りの入念な指導を求めるのは難しいでしょう。

 

しかし、だからこそ各自で勉強したり勉強会に参加してスキルアップをしなければならず、各病棟で勉強会を開いたり、勉強できるよう専門書や雑誌の定期購読をしてくれている場合もあります。

 

また、都市部と違い医師とのコミュニケーションが図りやすい場合が多いのではないかと感じます。わからないことを医師にしっかり確認し、画像や血液検査の結果について確認したり教えてもらえる機会も多いのではないでしょうか。

 

都市部のように医師が医局に行ってしまいこまめなコミュニケーションが取れないことは少ないかもしれません。そういった部分では地方でも充分にスキルを磨くことができます。

 

医師不足の場合も多々ありますが、だからこそ看護師とのコミュニケーションをこまめに取り、色々な知識を学ぶ機会を医師側が気遣ってくれ、チームでの医療が成り立つようにしてくれている場合も多いのです。

 

そうでなければお互いに仕事が増え、余計に大変な状況になりかねないので、お互いに信頼して仕事ができるよう知識面やスキルのアドバイスをしてくれるのでしょう。都市部の場合、医師は外来だけでもかなりの人数を診なければならず、書類書きなどもあり、外科系では手術、内科系では内視鏡検査、心臓カテーテル検査や治療など、多忙を極めます。

 

地方も同じように多忙ではありますが、より専門的で高い技術や処置が必要な場合には、患者は都市部に行く傾向があるため、そこに都市部と地域の提供する医療技術の違いがあり、忙しさの質が変わって来るのかもしれません。

 

また、都市部では病院が多いため必要とされる看護師数も多く、転職機会も多くあります。特に、7対1看護体制の導入以降は、都市部や就業条件の良い病院に看護師が集中する傾向があります。

 

地方に限らず、全国的に中小・私立病院は苦戦している傾向があります。

 

地方は公立病院を中心に離職割合が低いので、1つの病院に長く勤務する割合が高いようです。引っ越しでもしない限り、さらに好条件の転職先がほとんどないのが実情だからです。住み慣れた土地で働き続けたい人も多いでしょうし、地方ではその地域に住んでいるのであれば車通勤で通勤がしやすかったり、寮から職場が近いというメリットもあります。

 

都市部では満員電車や交通渋滞に巻き込まれる心配もありますから、近い場所に住んでいない限りは、通勤だけで疲れてしまうなどということもあるかもしれません。

 

都市部には職場以外でストレスを発散できるような場所も多く、気軽に外出できる場所が多々あります。職場以外の場所で自分がリラックスできる場所、好きなことをできる場所を持てるのはとてもいいことですし、必要なことです。

 

オフにマリンスポーツやウィンタースポーツなどを楽しみたいという人は、その有名な地方に移住するというのも1つの選択肢です。その場合には都市部よりもよりアクセスしやすい地方での生活があっているかもしれません。趣味を大事にすることで仕事も頑張ろうという気持ちにもなるでしょう。

 

僻地医療に興味関心があるならば、離島の病院などで数年間働くという選択肢もあります。僻地手当も上乗せされた求人もありますし、寮完備や引っ越し代まで負担してくれるところもあります。

 

しかし、よほど僻地医療に携わりたいと希望していない限りは、安易に僻地へ就職するのはお勧めできません

 

僻地では色々な科の知識がなければ勤まりませんし、誰か先輩を頼りにできるところならまだ良いですが、1人で対応しなければならない場面も多いかもしれませんから、それなりの経験や知識、スキルが必要になるからです。

 

また、その地に知り合いが誰もいないような状況であれば、頼る人もなく、その地で一から始めなければならないのはかなりのストレスがかかります。

 

僻地は地元に馴染めればとても暖かく受け入れてくれるでしょうが、地域での団結力がより強い地域では、よそ者扱いを受け、寂しい想いや辛い思いをしかねません。初めから和気あいあいと受け入れてもらえるものと考えて移住したならば辛い思いをするかもしれませんから、なかなか馴染めないかもしれないことを覚悟して移住する方が良いでしょう。

 

また、僻地はリゾート地として観光がメインの産業というところもあるでしょう。そう行った場合、観光客の患者も多く訪れますから、予想に反しつ忙しいという場合もありますから、その地域の特性をしっかり調べて観た方が良いでしょう。

 

好条件だとしても、安易に決断せず、実際生活しながらその地で働くイメージをして、下準備して行くことをお勧めします。

 

都市部でも寮を整備している所もあり地方出身者でも自活がしやすいよう配慮されているところもあります。看護師は都市部であっても地方であっても仕事先は見つけやすく、それなりに住む場所や生活には困る事がないことが伺えます。

 

例えば、配偶者の転勤についていった見知らぬ土地であろうと、どんな場所にも医療機関はありますから、悪い条件や過酷な勤務条件で働くには及びませんが、自分の働きやすい自分にあった職場で自分の居場所を職場伝いに広げていけるのも魅力の1つでしょう。


診療所と病院ではどちらが看護師転職にメリットがあるか?

診療所と病院ではどちらが看護師転職にメリットがあるか?

 

看護師の就業先と言えば、病院や診療所が圧倒的に多いのですが、両者の働き方には、差があります。一般に病院は、2交代・3交代で24時間患者さんの看護をしなくてはなりません。診療所では一部有床(?19床まで)のところもありますが、そうでなければ基本的には日中だけの勤務で、夜勤がないため夜勤で体調を崩す心配はありません。

 

休日も恐らくは土曜日に午前中診療したとしても、日曜祝日が確保されているところが多いのではないかと思います。ただし、土日祝日も開院していたり、朝早くから夜遅くまで診察しているところもあるため、その場合、シフト制か勤務時間や休日はどうかしっかり確認する必要があるでしょう。

 

看護師の人数が少ないためシフトが厳しくなる場合もあります。また、診療所は規模が小さいだけでなく、経営者が院長というところが多いでしょう。一緒に働く意思から雇われている場合、労働条件が厳しくても意見することが難しいでしょうし、経営者の意向で急に労働条件が変わることもあり得ます。

 

診療所の経営状態にも直接的に影響を受けやすいと言えるでしょう。

 

一方、病院の夜勤のある交代勤務では時間が不規則で、育児や家事と両立が難しい場合もありますよね。病院が直接保育所を持っているところもあり、24時間保育が可能な場合もありますが、保育料もかかりますし、すべての病院でそういった保育施設があるとは限りません。

 

そういう場合には日中の勤務のみの診療所での仕事を探してみるのも有用でしょう。もちろん、給与は、夜勤手当はありませんし、雇用形態はパートという可能性もあります。ですが、看護師の場合、診療所であっても正社員起用してくれるところも多いので、ぜひ条件のより良いところを当たってみましょう。

 

何を基準に職場を選択するかは、個人の価値観に依ります。

 

夜勤があっても良いなら病院で働くほうが夜勤手当なども付きますから給与は高くなります。
給与は少し少なくとも日勤のみで病院で外来の看護師として働くのも良いでしょう。

 

まずはあなたがどういった形態で、条件で働きたいのか紙に書き出してみることをお勧めします。

 

  • 給与が1番良いところが良いですか?
  • 夜勤と日勤のシフト制、日勤のみ、夜勤専従、どんな時間帯で働くのが働きやすくあなたの生活スタイルにあっていますか?
  • 家族との時間や余暇、趣味の時間と仕事との兼ね合いはどうでしょうか?
  • 休日日数は少なくても大丈夫ですか?
  • 休日日数が多いほうが良いですか?

 

挙げればきりがないほどたくさんの働き方があります。

 

自分の生活スタイルをどうしたいかを明確にして、労働条件を絞っていきましょう。あなたの働き方に病院が合うのか診療所が合うのかは条件次第なわけです。

 

一般に、診療所の募集は極めて少なくいようです。短期間の欠員を補充のための募集など、期間を限って募集していることもあります。どうしても診療所で働きたい場合には、確実制の高い転職エージェントに登録しておくのも1つの手でしょう。登録しておけば条件に合う求人が出た場合すぐに紹介してもらえる可能性が高くなります。また、転職エージェントに登録すると他では公開していない非公開求人を利用することができるのも利点です。

 

それ以外には、地元に密着した情報を得るには新聞の求人欄やフリーペーパーを利用してみるのも良いと思います。ただ、紙媒体の求人は情報量が乏しく必要最小限の要素しか書かれていないことが多いでしょうから、求人先にウェブサイトがあればしっかり確認して、その診療所の様子や募集要件の詳しく載ったものがあればチェックしたいところ。

 

実際に診療所を訪れて雰囲気やスタッフの様子を見ることも必要でしょう。
見学してみてから応募の可否を決めることも大切です。

 

 

 

この記事をかいた人


紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在はフリーライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


看護師が勤務するなら?「地方VS.都市」「病院VS.診療所」


看護師が勤務するなら?「地方VS.都市」「病院VS.診療所」


看護師が勤務するなら?「地方VS.都市」「病院VS.診療所」


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

看護師が勤務するなら?「地方VS.都市」「病院VS.診療所」関連ページ

看護師が転職する理由と転職に適した時期
転職には、相当のエネルギーが必要です。看護師も他の職種と同様に転職にはかなりのエネルギーを使います。日勤夜勤など多忙な勤務の合間を縫うようにして、転職サイトに登録したり、看護協会の求人をチェックしたり、一般向けの求人誌や新聞広告から自分の希望するような職場を目を皿のようにして探します。転職サイトに登録して職探しをする場合もあるでしょう。それでも希望するような職場に行き会えることはなかなかありません。
転職条件のよい看護師求人情報の集め方
転職の意思が固まったら、まずは情報収集をすぐにはじめがちですが、ちょっと待ってください。求人情報の内容であなたがより重要だと考えているもの、優先度を考えて紙に書き出してみましょう。
看護師紹介会社(転職エージェント)を通じた転職メリット
看護師の求人市場はどのようになっているのでしょうか。まずは離職率、求職率についてどのような傾向があるのか見ていきましょう。看護職員の離職率は、2011年度では、常勤で 11.0%、新卒が8.1%でした(日本看護協会「病院看護実態調査」)。
製薬会社MR、治験コーディネーター…病院以外に看護師活躍の場が拡大中
看護師の職場と言えば病院と誰でもすぐ思い浮かぶでしょう。就業している看護師も病院で働く看護師も人数は増えていますが、実は病院で働く看護師の割合は年々低下しているのです。
常勤、異業種、派遣…転職を成功させた看護師10人の成功体験談
医師紹介会社への取材、調査で培ってきた分析力を生かし、「看護師転職サイト」についても、「おすすめ企業」「避けたほうが良い企業」を分析調査致します。

Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 About Us Contact Us Dr.くめがわの転職体験談