医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

3年間で11件の医師免許取消の処分が下る

医師免許取消処分の怖さ

■ 記事作成日 2014/7/26 ■ 最終更新日 2017/12/5

 

毎年、厚生労働省の医道審議会の医道分科会では、医師の行政処分を行なっていますが、この3年間で11件の医師免許取消処分が下されています。(医道分科会では歯科医も対象になっていますが、今回は医師だけを取り上げています)

 

釈迦に説法だとは重々知りつつも、今回は医師免許の処分について取り上げてみたいと思います。


医師の行政処分は3区分

医師の行政処分には医師免許取消、業務停止、戒告の3区分があります。

 

基本的に秋と年度末(2013年は3回医道分科会が開催され、実際に処分が下されたのは2回)に医道審議会のもとにある医道分科会で具体的な処分内容が決定されています。刑事罰の対象になった案件では司法による裁判結果なども参考にし、行政処分の量刑が決定されています。2012年以降の処分内容は別表の通りです。

 

医道分科会の行政処分に対する考え方は2002年にまとめられ、10年後の2012年に見直しがされています。(ほぼ内容は踏襲されています)それによると、処分内容の決定にあたっては、司法における刑事処分の量刑や猶予の有無などが参考にされ、また医療過誤においては、刑事事件に至らなかった案件においても、現場の医療水準などに照らして明白な注意義務違反が認められる場合には、処分の対象になるとしています。

 

この行政処分の考え方は基本的考え方と事案別考え方に大きく2分類されていて、基本的考え方は4項目事案別考え方は12項目に分類されています。

基本的な考え方

  1. 医師としての当然追うべき義務(応召義務、カルテ等に真実を記載する義務を含む)を果たしていないことに起因する行為において信用を失墜させたとき
  2.  

  3. 医療行為を提供する機会や医師の身分を利用して行なった行為において1と同様の考え方から処分の対象となる
  4.  

  5. 業務以外においても他人の生命・身体を軽んずる行為をした場合
  6.  

  7. 医師は非営利の事業と位置づけられているので、自己の利潤を不正に追求する行為。これは業務と直接の関係を有しない場合でも対象になることがある

事案別考え方(対象となる法案違反名のみ列記)

  1. 医師法、歯科医師法違反
  2.  

  3. 保健師助産師看護師法等その他の身分法違反
  4.  

  5. 薬事法違反
  6.  

  7. 麻薬及び向精神薬取締法違反、覚せい剤取締法違反、大麻取締法違反
  8.  

  9. 殺人及び傷害
  10.  

  11. 業務上過失致死①交通事故(轢逃げ等)②医療過誤
  12.  

  13. わいせつ行為
  14.  

  15. 贈収賄
  16.  

  17. 詐欺・窃盗
  18.  

  19. 文書偽造
  20.  

  21. 税法違反
  22.  

  23. 診療報酬の不正請求等

実際の医師免許取り消し状況

ここで別表1で紹介した医師免許取消の処分にあった案件がどの項目に該当していたのかを示したのが別表2になります。〔〕内の数字は取消以外の行政処分になった件数を示しています。

 

医師免許取消処分の怖さ

別表1

 

医師免許取消処分の怖さ

別表2

 

現行の行政処分に関する考え方は2002年に施行されたものなので、それ以前と比較するのはどうかと思いますし、現在厚労省で掲載しているデータも2001年が最古になりますので、2002年から3年間との比較をしてみると、顕著に増加している違反行為があります。それが覚せい剤等違反(大麻、向精神薬物違反含む。以下同じ)です。

 

2002年から2004年までの3年間における覚せい剤等による処分件数は、免許取消が1件、業務停止あるいは戒告処分までが4件です。しかし、2012年から2014年までの3年間では取消が2件でそれ以外の処分が8件になっています。一般社会でも覚せい剤やドラッグ類がかなり蔓延していることが問題視されていますが、これを見る限り医師の世界においても例外ではなく、むしろ深刻な状況といえるかも知れません。

 

そのほかの事例でみると、わいせつや子供へのわいせつによる処分が相変わらず多く見受けられます。もちろん、3年間で数件程度ですから、医師全体数と比較すればほんの0.00何%に過ぎず、あくまで全体のモラルというよりは個人的な問題ともいえますが、それでも確実にそうした医師がいることも事実のようです。

 

また、今後増加することが考えられるのが、「心身の障害」を理由にする医師免許の取消です。2013年9月の医道分科会で実に20超年ぶりに同理由による医師免許取消が報告されましたが、今年2月にも続けて心身の障害による医師免許取消がありました。

 

厚労省は一般的には医師免許取消になった医師名は公表しているのですが、この心身の障害については「個人のプライバシー」を理由に公表していません。具体的にどんな心身の障害なのかは公表されていませので、詳細は不明なのですが、多くの医師が過酷な労働環境の中で働いている現状を考慮すれば、何も対策を検討しなければ、今後こうした理由による医師免許取消は増加していくことも予想されます。

 

※追記:近年の医師免許取り消し処分理由

 

医師免許取消処分の怖さ

あなたの医師免許が取り消されないために

医道分科会が示している処分の考え方によれば、医師(歯科医含む)は、常に高いモラルを求められていて、「基本的な考え方」の3項目に象徴的な文言があります。「医師、歯科医師は、患者の生命・身体を直接預かる資格であることから、業務以外の場面においても、他人の生命・身体を軽んずる行為をした場合には、厳正な処分の対象になる」とあります。

 

この文言を具体的に示しているのが、交通事故における処分対象例です。一般的な交通事故に対しては戒告等の取り扱いにすぎませんが、救護義務を怠ったひき逃げ等の悪質な事案については倫理の欠如と判断され、重めの処分になると明記されています。今後は、昨今の社会状況を鑑み、飲酒運転による交通事故等も同じような対応になることも考えられます。

 

医師という職業は人の生死に直結しています。業務中はもちろんですが、業務以外の場面においても常に医師であることを念頭に置くことが求められています。その対価として一般的には高い報酬を受け取っていると感じる必要もあるのかもしれません。逆にそのことが強いストレスになってしまい心身の障害をきたしてしまうのでは本末転倒にもなりかねません。自らの健康に十分留意し、そして24時間365日医師であることが医師には求められているかもしれません。

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


医師免許取消処分の怖さ


医師免許取消処分の怖さ


医師免許取消処分の怖さ


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

医師免許取消処分の怖さ

医師免許取消処分の怖さ

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職

CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび

Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法