特集:医師転職・アルバイト支援サービス(日本メディカルコネクション)現場コンサルタントインタビューNo.1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
野村龍一

野村龍一

某医師紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

【AAA企業に聞く】 日本メディカルコネクション株式会社 インタビュー Vol.1

あの医師紹介会社はなぜAAA評価なのか?単純な求人数ランキングに現れない、血が通った医師転職現場を担うキャリアコンサルタン々の声を直接聞くことで、外からわからなかった医師転職支援の生の姿がわかります。AAA評価企業のみに絞った特別インタビュー企画、第2回は医師転職・アルバイト支援サービスを運営する日本メディカルコネクション株式会社にお邪魔し、現役キャリアコンサルタントの鉢屋龍平さん(※諸事情により仮名)に、医師転職支援の現場についてお話を伺ってきました。二回シリーズの第一回です。

特集:医師転職・アルバイト支援サービス(日本メディカルコネクション)現場コンサルタントインタビューNo.2
転職活動初期は紹介会社を同時比較することが大事。その結果JMCを選ぶ先生が多いのですから。 ...
野村龍一

本日はご多忙中お時間を頂きまして恐縮です。医師紹介会社研究所の野村龍一と申します、よろしくお願いいたします。

鉢屋龍平氏

日本メディカルコネクション株式会社(以下JMC)の鉢屋(仮名)と申します。この度はどうぞよろしく。

日本メディカルコネクションのサービスについて

野村龍一

―― 恒例の質問なのですが、まずは御社について簡単にきかせてください。御社の医師紹介サービスである「医師転職・アルバイト支援サービス」と他者のサービスと異なるメリットは何でしょうか?

鉢屋龍平氏

常勤転職の成功率でみると、おそらくJMCは業界内でもトップクラスだと自負しています。JMCのエージェントは経験豊富なベテラン揃いということがその実績を担保しています。他社でいうところのエースコンサルタントを集めたような人員構成とお考え頂いてよいでしょう。

医師転職業界の創成期からエージェント業を行っている者もいますし、経験10年、15年は当たり前です。そのような人員構成で活動しているので、地域や科目・分野に関わらず医師の転職に関することなら全てお任せ頂きたいですね。

野村龍一

―― 月間(年間)何名くらいの医師がJMCさんに登録しているのですか?

鉢屋龍平氏

年々ご登録いただく数は増えてきており、今年度(2014年度)はおそらく年間2,000名程度で着地すると考えています。

2,000名の内訳は「常勤希望者」が半数程度で、他社の20%程度と比較して非常に高いシェアとなっています。そのため、「JMCは常勤転職に強い」ということが浸透してきているということを最近は強く感じています。

野村龍一

―― 気軽なアルバイト案件とくらべて、人生を左右する常勤転職の支援は難易度も高いですよね。当然、高いレベルで優遇された条件求人数を常に多く確保する必要があるかと思うのですがが、御社では具体的にどのような対応を行っていますか?

鉢屋龍平氏

JMCは1人のエージェントで医師と医療機関の両方を担当します。「一気通貫型」などと言ったりしますが、求人をヒアリングする際も実際に条件交渉をする際も医師の希望を叶えることを主眼として調整をしています。

常に医師の目線で医療機関とのやりとりをしているので、入職時の段階になって改めてJMCに依頼して良かったと言っていただけることも多いです。また、同業他社にありがちな、求人情報を共有する企業提携は一切行っておりません。全て独自に獲得した求人です。

そのため、日々直接に顔を拝見する形で面会し続けることで、医師や病院からも満足いただけておりますので、密接な関係性が築けていることが強みだと考えております。

野村龍一

―― 先ほど「JMCはエースコンサルタントを集めたような人員構成だ」と伺いました。実際に、所属コンサルタントの継続的な能力知識向上について、JMC社内では具体的にどのような取り組み(社員教育)を行っているのですか?

鉢屋龍平氏

全てをお話するのは難しいのですが、代表的な教育施策として、医療系の情報誌を定期購読した上での最新知識向上目的の社内勉強会を実施して、医療界のマクロ的動向特に医療行政については常に新しい情報を共有しています。また、常勤転職マッチング業務のケーススタディを定期的に全社で行っており、市場動向や科目別需給状況を分析、情報をコンサルタントの間で共有しています。

野村龍一

―― JMCにおいて、非公開求人募集と公開求人募集の決定的な内容の違いとは何ですか?どのように使い分けていらっしゃるのでしょうか。

鉢屋龍平氏

一般論としては非公開求人の方が条件が良いということが言えます。非公開求人の「なぜ非公開か」の理由はそのほとんどが「公開する必要がない」というところです。

なぜ公開する必要がないのか、それは就労諸条件があまりにも魅力的なので、既存登録の医師に案内すればすぐにでも決まってしまうような案件だからです。そういう意味で、医師の先生においてはJMCにご登録を頂くということで、非常に割のいい非公開案件の情報をもれなく入手することができるということに成ります。

野村龍一

―― なるほど、非公開求人はバリューが高いので直ぐに満席になるため、そもそも論で公開情報にする必要がないということなんですね。ちなみに、他の競合医師紹介会社からJMCさんにご利用先をチェンジされる先生などおられるのでしょうか?もしいるならば、どういった理由が決め手になってJMCへの変更に至るのでしょうか。

鉢屋龍平氏

JMCは他社と競合した場合でも、かなりの確率でJMCからの紹介で決まっています。交渉初期の段階でJMC一社に絞るという医師の方も多く、その理由としてはエージェントの知識や対応、案内する求人が信頼におけるというものです。

最近では、他社で決定したのだがその転職先が不安もしくは実際に転職してみたら全然話が違った、というような方からの相談も多くなってきています。

野村龍一

―― 医師の間で非常に人気のある「産業医求人」に関してはどうでしょう?御社としての特別な営業的取り組み等はあるならば教えて下さい。それと、ちょっと難しい質問ですが、「より好条件の産業医」求人を登録医師が獲得するためのポイントがアレば教えて下さい。

鉢屋龍平氏

産業医の紹介と臨床医の紹介は全く勝手が違います。JMCでは代表自ら産業医専門のエージェントとして活動しており、産業医求人獲得のためのコネクション作りを行っております。

産業医求人は、募集側も医師の世界に暗く、医師側も一般的な企業とは違う世界で暮らしています。そのため、お互いをフォローするエージェントの存在価値は大きくなります。必要な知識も臨床医の紹介とは全く違った分野のものなので、産業医専門のエージェントを配備することが必須だと思っております。

野村龍一

―― では70代、80代など高齢の方の医師転職に対して特別な支援などはJMCで行っておりますか?

鉢屋龍平氏

御存知の通り、医師の仕事に定年はありません。ですので、ご高齢の方だからといって特別なお取り扱いをすることもありません。

もちろん、お年を召した医師の方は老健などで働くことが多いという傾向はありますし、健康状態により職場環境を選択する際のアドバイスをさせていただくことはございます。

しかし、JMCでは年齢で一律のマッチングの方向性を決定することはありませんし、あくまで一人一人の方のお話を伺い、ご面談などを経た上でご経験と専門領域、そして(一番大事なことですが)ご登録される医師個人のご希望に沿った最適な職場を案内させていただくように努めさせて頂いております。

野村龍一

―― 年収2000万円以上などの高収入案件を積極的に集めているなどの動きはJMC社内でありますか?

鉢屋龍平氏

これは盲点とも言えることなのですが、医師の転職支援において「収入」を考える際は求人表上の年俸額だけではなく全体的な条件も併せて考えることが大切です。単純に高年俸の案件がよい職場であるとは言えないわけです。

JMCでは実体以上の高額給与求人はあまりお勧めしていません。

地域差や需給バランスによる額面の多寡があるのは当然なのですが、そのバランス調整を超える額を出すということはどこかで無理をしているものです。そのような求人ケースでは就業が長続きせず、結局は早期退職となってしまう不幸な結果につながります。JMCでは、その場限りの転職成功に惑わされず、長期的に登録医師のキャリアアップ、QOL向上に繋がる条件をシビアに厳選して、案件のご紹介をさせて頂いています。

野村龍一

―― 転職成功後のフォローアップ等はどのように行っていますか?

松井佑樹氏

JMCマニュアル化した対応は取っていません。なぜなら、入職後に医師紹介会社とのやりとりを嫌う医師の方も一定数いるからがその理由です。

ただ、多くの場合で入職後にもやりとりがあり、万が一トラブルが発生した際などは、紹介会社として調整できるところは対応しています。

また、JMCにおいては医師が次の転職を検討される際に、同じエージェントにお声掛けいただけるケースが増えています。これは、エージェントと医師の間で信頼関係を構築できていることの裏返しと言えます。

野村龍一

―― 医師紹介会社としてJMCの今後の課題は?

鉢屋龍平氏

同業の中には、転職エージェント(コンサルタント)を歯車の一部として使い捨てにしている企業が散見されます。そのような企業に長期的な医師の転職サポートをする資格はないと考えています。

ほとんどの医師紹介会社で転職エージェントの勤続年数が3年未満となっているため、そのような状況を変えて行きたいと思っています。

従業員の満足度を高めることが、医師や医療法人の満足度を高めることに直結するので、今後もそれを心がけて行きます。

第二回に続く

特集:医師転職・アルバイト支援サービス(日本メディカルコネクション)現場コンサルタントインタビューNo.2
転職活動初期は紹介会社を同時比較することが大事。その結果JMCを選ぶ先生が多いのですから。 ...

最終評価判定:常勤希望医師は登録推奨します

「医師転職・アルバイト支援サービス」を運営する日本メディカルコネクション株式会社(JMC)は勢いのある新興の医師紹介会社です。設立してまだ数年でここまで多数のの求人数維持が実現できていることは大変な評価に値します。

一方、実際の転職コンサルテーション現場の情報が、まだまだ当研究所の方にまで十分に上がってきていない状況です既に現在は登録医師へのインタビュー調査や、担当コンサルタントへの取材などを通じて充分な情報が蓄積されてきております)。少ない情報のみで判断すると、マンツーマンの転職コンサルテーションスタイルをとり、医療知識を含めた勉強熱心なスタッフが在籍して知る模様です。そういった担当者を指名できるならば、当社は「買い」なのではないでしょうか。

ただし新興企業ならではの粗さや経験のなさが、医療機関との年収交渉などで露呈する可能性も捨て切れません。できれば、同社と同じくAAA評価の医師紹介会社の中で、特に組織力に優越性を持つ企業を本命に据えながら、2番手、3番手の抑えとしての並列活用をオススメいたします。

まだまだ組織規模は他の大手に追いつかないものの、同社の勢いと実績が目に見えて伝わるようになってきた今現在、2番手、3番手の抑えとしての活用方法を駆使した利用法を前提に見据えた上で、AAA評価とさせて頂きます。

現在の企業レビュー結果…「AAA評価(最高評価)」

野村龍一

医師転職支援コンサルタント・野村龍一のアドバイス

 登録を強くおすすめする医師紹介会社です 。組織力がありコンサルタントの能力が標準化されているので担当者に外れが少なく、また、複数人数で1名の医師をサポートするので失敗が少ないのが特徴です。組織経営規模も大きく、大型の医療機関とでも対等に交渉ができ、強力な情報網で他社に比べて求人数も圧倒的に多く保有していますので、安心して転職サポートを委ねられます。 この評価の医師紹介会社をとりあえず1つ抑えて基準とし、追加でAA評価もしくはA評価の医師紹介会社を1つか2つ登録 すれば、大変満足のいく転職活動を行うことができるでしょう。繰り返しますが強く登録をオススメします。」

ここからAAA評価の日本メディカルコネクションに登録/相談する


こちら医師紹介会社は、今すぐ転職をしなくとも、情報収集目的の「お試し無料登録」でも気持よく対応してくれる企業です。まずは転職求人情報を気軽に入手するために登録して、後ほどじっくり転職タイミングが来た際に再度相談することも可能です。決して登録したからといてって即転職を強引に勧めたりしない安心紹介会社であることを保証致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

2017年5月版 常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

2017年5月版 非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

無料レポート「医師紹介会社 こんな担当者に注意せよ」配布中

当サイトの「登録」リンクから医師求人転職支援会社にご登録を頂いた方に、私、野村龍一がこっそりご登録者様だけに教える秘密レポート「医師紹介会社、こんなコンサル担当者に注意せよ!」(PDFファイル、約50頁、9,800円相当)を無料でご提供しております。