【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」

「レビュー済み医師紹介会社」カテゴリーサーチ

【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」  

Eテレ「まいにちスクスク」 H29年1月30、31日/2月1日19:55〜20:00より

※画像はEテレ「まいにちスクスク」ウェブサイトより http://www.nhk.or.jp/sukusuku/maisuku.html

 

2017年1月30日、31日、および、2月1日放送のEテレ「まいにちスクスク」では、それぞれ「冬にかかりやすい病気4 のどの病気」「子どものくすりの与え方(1)飲む薬 テクニック編」子どものくすりの与え方(2)飲む薬 タイミングと保管方法編」をテーマに放送していました。以下は番組内容の要約ですので、番組を見落とした方などはチェックしてみてください。

 

出演医師:聖路加国際病院 小児科医長 草川功
出演看護師:神奈川県立こども医療センター 小児看護専門看護師 荻原綾子

 

※3回分の放送内容を1記事にまとめてあります。


冬にかかりやすい病気(4)「のどの病気」(2017年2月2日(木)放送)

 

<ナレーション>

 

冬から春先にかけて流行するのが溶連菌感染症です。溶血性連鎖球菌という細菌に感染することで起こる病気です。最も多く見られるのが4歳から7歳くらいです。溶連菌はくしゃみや咳で人から人に飛沫感染するため、学校で流行することが多いです。症状はのどの痛みと38℃から39℃の突然の発熱から始まります。その後細かい赤い発疹が全身に広がるのが特徴です。

 

Q:風邪と溶連菌感染症で、のどの腫れ方の違いは?

 

<医師>

 

溶連菌の場合はのどの奥の口蓋垂という部分を中心に全体がかなり赤く腫れてきます。

 

<ナレーション>

 

溶連菌感染症に特徴的なのは、舌に現れる白いブツブツの「いちご舌(ぜつ)」です。

 

<医師>

 

舌をみると白いブツブツがありますが、それがどんどん大きくなってきて、いちごの表面のように全体が赤くなるのがいちご舌です。

 

<ナレーション>

 

溶連菌感染症に特徴的なのは、舌に現れる白いブツブツの「いちご舌(ぜつ)」です。

 

小児科を受診すると抗生物質による治療を行います。通常薬を飲み始めてから2、3日で症状は治まります。しかし、症状が治まっても細菌が死滅したわけではないため、生き残った細菌で再発しないように自己判断で薬を止めないことです。薬は通常10日から14日分処方されますので、処方された薬は最後まで飲みきりましょう。

 

Q:溶連菌感染症にかかると、いつ登園できる?

 

<ナレーション>

 

溶連菌感染症は流行を防ぐために、幼稚園や保育園への登園が停止される病気の一つです。こうした病気にはインフルエンザや感染性胃腸炎などがあり、学校感染症などと呼ばれています。

 

<医師>

 

溶連菌感染症の場合、まず治療として抗生剤を飲みます。飲み始めると熱が下るため、熱が下がってから24時間以上経っていれば登校可能です。
<ナレーション>

 

のどを痛がる子供には食事にも気をつけたいですね。腫れたのどを刺激しないように、のどごしが良く消化の良い食べ物を与えましょう。例えば、ポタージュスープ、おかゆ、ヨーグルト、プリン、煮込んだ野菜、豆腐、茶碗蒸しが良いでしょう。

 

溶連菌感染症を始め、感染症の感染経路の多くは、咳やくしゃみに含まれるウイルスや細菌を吸い込むことで感染する飛沫感染です。かかったときにはマスクを付けて、他の人に移さない配慮も必要です。エチケットを守って、みんなで感染症を予防しましょう。


子どものくすりの与え方(1)「飲む薬 テクニック編」(2017年1月30日(月)放送)

 

子供の具合が悪いときに使う様々な薬。
嫌がって飲んでくれない、上手く使えない、なんてことありませんか。
薬を上手に与えるコツを小児看護の専門家から学びましょう。

 

<看護師>

 

お薬は苦味や独特な味のするものもあるため、子供に薬を飲ませるポイントは「手早く味を感じさせないこと」です。

 

<ナレーション>

 

シロップは甘みがあり、比較的飲ませやすい薬です。一回の容量を計量容器できちんと測りましょう。

 

コップで飲めない赤ちゃんの場合は、市販のスポイトを使い、赤ちゃんをしっかりだっこして飲ませます。哺乳瓶の乳首にシロップを入れて飲ませてもよいでしょう。

 

コップを使える子供なら、そのまま容器から飲ませます。

 

次は粉薬。

 

まずは1.水に溶いて飲ませまる方法です。

 

実は粉薬は水に溶けません。そのため、たくさんの水を加えると、時間が経つにつれて分離してしまい、上手く飲ませられません。また少ない水で団子状に練るのもお勧めできません。こうすると薬が口の中に張り付いて残り、少しずつ口の中で溶けて広がるため、薬の嫌な味が舌に触れてしまうのです。

 

水で粉薬を溶く場合は「どろりと垂れる、ゆるいペースト状に練って」飲ませるのがベストです。ペースト状になった薬を「舌に触れない場所(頬や上顎)に塗りつけ、素早く水などで流しこみ」ましょう。ペースト状なので、薬はすぐ水と共に食道に流れ込んでいき、薬の嫌な味が舌に触れません。

 

<看護師>

 

子供がお話を理解できるようになったら、薬の説明をしてあげたり、飲めたら褒めてあげたりしてコミュニケーションをとって飲ませると良いです。

 

<ナレーション>

 

続いて、2.服薬ゼリーを使って粉薬を飲ませる方法です。

 

服薬ゼリーは、まず余計な水分をよく切るのがポイントです。スポーン半分くらいの量を出しましょう。その後、スポーンからはみ出さないように薬を乗せます。さらに薬を覆うようにゼリーを乗せます。こうすれば薬の粉が舌に触れることなく、するんと飲み込むことができます。

 

3.食べ物に混ぜて(粉薬を)飲ませる方法もあります。

 

一度は食べたことがあり、アレルギーがないと分かっている食材は使わないでください。ゼリーは硬めのものの方が良いでしょう。すくったゼリーの上に切り込みを入れ、切れ込みに薬を挟み込むように乗せます。

 

アイスクリームもゼリーのように一口分をスプーンですくい、その上に薬を挟み込みます。いずれも「一口で飲みきれる量を小分けにし、舌の上に薬が乗らないように」するのがポイントです。

 

粒が大きく、苦味のある漢方薬などは、粘りがあり甘みの強い食材(練乳やメープルシロップ、ジャムなど)に混ぜると飲みやすくなります。ただし、はちみつは1歳未満の子供には与えないでください。

 

食材によっては混ぜると薬の効果が変わってしまうものもあります。事前に医師や薬剤師に混ぜても大丈夫な食材は何か、必ず確認をしましょう。

 

<看護師>

 

親が上手く飲ませなきゃと緊張していると、子供にもその気持が伝わります。楽しくささっと飲ませられるように、あらかじめ準備しておきましょう。


子どものくすりの与え方(2)「飲む薬 タイミングと保管方法編」(2017年1月31日(火)放送)

 

<看護師>

 

薬には、きちんと指示通りに飲むものと、症状が和らいだら止めても良いものがあり、「薬の種類によって与えるタイミングが違います」。薬の種類を知って、きちんと与えましょう。

 

<ナレーション>

 

飲み薬には2つの種類があります。一つは「抗生物質・抗ウイルス薬など病気の原因となる菌やウイルスをやっつける薬」です。決められた分量を、決められた間隔ですべて飲みきりましょう。自己判断で量を減らしたり、飲むのを止めたりすると、殺しきれなかった菌が薬に対して耐性を持つようになり、病気が悪化することもあるので危険です。

 

もう一つの薬は「整腸剤・解熱剤など症状を和らげるための薬」です。症状が治まったら、飲むのを止めても大丈夫です。

 

Q.薬を飲ませるタイミングは?

 

実は、食前・食後というのはあくまでも目安です。体の薬の濃度を一定にするため、なるべく8時間おき、12時間おきなど決められた時間間隔で与えるようにしましょう。

 

病気のときは十分な休息が大切です。例えば寝る直前に薬を飲ませるなど、わざわざ夜中に起こさなくてもよいように(睡眠を妨げないように)飲ませるタイミングを工夫しましょう。

 

Q.解熱剤を使う効果的なタイミングは?

 

例えばお昼寝や就寝前に飲ませると、熱が下がってぐっすり眠れるので、起きたときに食欲が出るようになります。子供も看病する親も体力を回復できるよう、生活リズムに合わせて使いましょう。

 

ここで解熱剤としてよく使われる座薬の使い方についてです。

 

座薬は指定された量に合わせて、清潔なハサミやナイフなどで切ります。先の尖っている方を使いましょう。先端にワセリンを塗って入りやすくし、お尻に入れたら、座薬が出てこないようにお尻を挟んでしばらく押さえます。

 

もし出てきてしまっても、半分以上溶けていれば薬の成分が体に吸収されているので大丈夫です。それでも心配なときは、熱の具合をみて3・4時間後にもう一度いれましょう。

 

<看護師>

 

座薬は粘膜から速やかに吸収されるため、眠っているときや吐いたりしているときでも使えます。ただし下痢のときには使えないため注意してください。

 

<ナレーション>

 

Q.嫌がる子供に薬を飲ませるタイミングは?

 

子供がお腹を空かせているときに与えるのも一つの方法です。食事やおやつの前に素早く飲ませ、その後に好物のおやつやご飯で口直しさせると良いでしょう。

 

Q.飲み薬・座薬の保管方法について

 

シロップや座薬は変質しやすいため冷蔵庫で保管しましょう。粉薬は直射日光を避け、常温で保管しましょう。処方された薬が余ってもとっておかないで、座薬も毎回新しいものを使いましょう。

 

<看護師>

 

薬の種類や違いを知ることは、上手に薬を与える上でとても大切です。何のために薬を使うのか、どんなタイミングで与えるのか、医師・薬剤師に尋ねる習慣をつけましょう。

 

Eテレ「まいにちスクスク」2017年1月30日、31日、2月1日放送「冬にかかりやすい病気4 のどの病気」「子どものくすりの与え方(1)飲む薬 テクニック編、飲む薬 タイミングと保管方法編」より引用、要約、および台詞等一部書き起こし

 

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」


【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」


【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【2017年3月常勤転職版 =初心者向け登録推奨3社=】 当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキングします

【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2016年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し

【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」  【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」  【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り

【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」  【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

常勤オーダーメイド求人とアフターフォローに強み

【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」  【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査

登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年

【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」  【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力
医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査 医師転職サイト比較ランキング調査


尚、上記トップ3は常勤転職支援のみを考慮したランキングですので、アルバイト求人/非常勤求人に関するトップランキングは下記リンクからご参照下さい。

【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」

また、おすすめできる会社がある一方、おすすめできない会社があるのも当然です。当サイトが医師転職にあたって、あまり登録をおすすめできないC評価の医師求人転職支援会社はこちらから見ることができますので、是非、一緒に参考にしてみてください。

【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」


【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」

医師紹介会社への登録を考えているけれど、企業レビューや各ランキングだけでは不明な点がある、不安がある、登録の方法や特定の医師紹介会社の本当の姿(しつこい勧誘がされないか、騙されやしないか、誠実かどうか、具体的にどの担当コンサルがおすすめか)等を登録前にこっそり知りたい、このように個人的に当研究所所長の野村に相談をしたい方は、遠慮無くメールをしてください。

登録前相談用アドレス: ryuichinomura777@gmail.com


常に客観的な立場から、貴方の事情に合わせたご回答をさせていただきます。

※原則、24-48時間程度でお返事します。お気軽にどうぞ
※どのような内容でも問題ありません。是非、匿名で安心してご連絡下さい。

【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気 のどの病気」「子どものくすりの与え方 飲む薬 テクニック編、タイミングと保管方法編」|医師紹介会社研究所関連ページ

【TV】「はなまるマーケット(TBS)」今が危険、あなたのカラダを襲う!カビの恐怖
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「はなまるマーケット(TBS)」の特集企画「今が危険、あなたのカラダを襲う!カビの恐怖」をご紹介します。
【TV】 「ひるおび(TBS)」 熱中症より恐ろしい夏の不調!猛暑が影響3つの注意点
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「ひるおび(TBS)」の特集企画「熱中症より恐ろしい夏の不調!猛暑が影響3つの注意点」をご紹介します。
【TV】 「ワイドスクランブル(テレビ朝日)」 「ピロリ菌は宿敵」胃がん撲滅を目指す医師
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「ワイドスクランブル(テレビ朝日)」の特集企画「『ピロリ菌は宿敵』胃がん撲滅を目指す医師」をご紹介します。
【TV】「あさイチ(NHK)」子宮頸がんワクチン、接種をすすめていたのに…
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「あさイチ(NHK)」の特集企画「子宮頸がんワクチン、接種をすすめていたのに…」をご紹介します。
【TV】「あさイチ(NHK)」牛乳が血圧を下げる
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「あさイチ(NHK)」の特集企画「牛乳が血圧を下げる」をご紹介します。
【TV】「ヒルナンデス(日本テレビ)」これでグッスリ!夏の快眠術
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「ヒルナンデス(日本テレビ)」の特集企画「これでグッスリ!夏の快眠術」をご紹介します。
【TV】「報道ステーション(テレビ朝日)」ひざの軟骨再生医療 最前線
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「報道ステーション(テレビ朝日)」の特集企画「ひざの軟骨再生医療 最前線」をご紹介します。
【TV】「放送大学(Eテレ)」医療における心理臨床の広がり
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「放送大学(Eテレ)」の特集企画「心理臨床と身体の病」をご紹介します。
【TV】まいにちスクスク(Eテレ)「冬にかかりやすい病気1〜3 インフルエンザ、呼吸器の病気、おなかの病気」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「まいにちスクスク(Eテレ)」の特集企画「冬にかかりやすい病気1〜3 インフルエンザ、呼吸器の病気、おなかの病気」をご紹介します。
【TV】健康カプセル!ゲンキの時間 (TBS系列)「血圧急上昇に要注意!冬の危険な落とし穴とは!?」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「健康カプセル!ゲンキの時間 (TBS系列)」の特集企画「血圧急上昇に要注意!冬の危険な落とし穴とは!?」をご紹介します。
【TV】「きょうの健康(Eテレ)」デスクワークにも問題が?5人に1人!つらい胸やけ「胃食道逆流症」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「きょうの健康(Eテレ)」の特集企画「デスクワークにも問題が?5人に1人!つらい胸やけ「胃食道逆流症」」をご紹介します。
【TV】「総合診療医ドクターG(NHK)」患者の訴え「頭が痛くてだるい」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「総合診療医ドクターG(NHK)」の特集企画、患者の訴え「頭が痛くてだるい」をご紹介します。
【TV】きょうの健康(Eテレ)「うつ病 徹底解説 サインに気付く」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「きょうの健康(Eテレ)」の特集企画「うつ病 徹底解説 サインに気付く」をご紹介します。
【TV】健康カプセル!ゲンキの時間 (TBS系列)「あなたは肩で損してる!全身スッキリ!巻き肩解消術」
医師・医療業界に関するメディア媒体。記事を掘り起こして紹介する「医療メディアCheck!」。「健康カプセル!ゲンキの時間 (TBS系列)」の特集企画「あなたは肩で損してる!全身スッキリ!巻き肩解消術」をご紹介します。

個別レビュー高成績TOP3

お勧めコンテンツ

かなり得する医師転職TIPS


Site Top 常勤転職の推奨3社 非常勤・スポットの推奨3社 医師と転職理由 当サイトについて お問い合わせ