医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

第9回:看護師に好かれる女性医師 K医師

第9回:看護師に好かれる女性医師 K医師

 

■ 記事作成日 2015/4/25 ■ 最終更新日 2017/12/5

 

看護師からの人気が2分した理由とは…

第9回:看護師に好かれる女性医師 K医師

 

元看護師のライター紅花子です。このコラムでは、私の約10年の看護師経験の中で出会った、看護師に好かれる医師/嫌われる医師の人物像を振り返ってみます。9回目の今回は、看護師からの人気が2分したK医師です。

 

自称“暗がりで暗躍する男”

 

K医師は眼科医だ。私が手術室に勤務している時、その病院に眼科医として赴任してきた。当時はまだほんの“若者”の部類に入る医師であり、当時のその病院の眼科医では最も若い医師だった。

 

眼科医は、暗がりで手術や診察を行うことが多い。

 

医師自身の疲れ目具合とか視力への影響はどうなのか?という気もするが、診察室での検眼や診察でも、手術中でも、とにかく暗がりで何かをしていることが多い。すぐ手元に電気のスイッチを置かない限り、カルテへの記載も暗がりの中、デスクライトの光のみで行っている。

 

そんな暗がり大好きな眼科医のK医師は、自称“暗がりで暗躍する男”だそうだ。まぁ、言わんとしていることは分かる。それにしても“暗躍”って……。あまりいい意味では使わない言葉だが、K医師の場合はそこに“ユーモア”が同居しているので、私や一部の同僚(以下、Aさん)の中では非常にウケていた。

 

Aさんは私より看護師としては先輩であるが、私が3年目の時に異動してきた同僚。彼女は非常に繊細なモノの管理が得意だったので、異動してきた時から手術室の中での眼科係だった。

 

そのせいもあるが、眼科の手術につくことが非常に多かった。K医師が赴任してきたのは、Aさんの異動とほぼ同時期だった。

 

 

確かにすばらしいウデを持っている

 

K医師が赴任してきて、劇的に変わったことがあった。1日の手術の件数だ。

 

赴任当初はそれなりに他の医師と足並みをそろえた件数だったが、K医師の手術は本当に早い。例えば午前中の予定件数が白内障4件の場合、K医師は2時間もかからない。

 

今でこそ白内障手術(超音波乳化吸引+眼内レンズ挿入)の手術時間は10分程度で終わることが多いが、それは執刀から手術終了までの時間。当時の手術時間は20分くらいはザラで、患者さんの入替から消毒、ドレーピング、術後に退室するまでの時間に30分以上かかるのは普通だった。

 

患者さんは高齢者が多いし、病棟へOPE出しの連絡をしてから入室までの時間もかかるため、そのタイミングを計るのが難しかった。

 

ところが、K医師はものすごく手際が良い。他の医師はレンズ挿入の段階で「次の患者さん呼んで」と指示していたのだが、K医師は執刀後間もなく「次の患者さん呼んで」ときた。最初は「早すぎないか?」という疑いを持ったのだが、実際に次の患者さんが入室するまでには、手術が終了して、あとはお迎えを待つばかりだった。

 

つまり、スムーズな入替が可能だったのだ。

 

 

一部のOPE室ナースから嫌煙された理由

 

そんなことが続いたある日、K医師はAさんに「1日の手術件数を増やすためには手術室でどんな準備が必要か」と質問を投げた。

 

その時点では白内障手術セットは5組分しか組んでおらず、午後まで手術がある時は事前にその分を追加して組んでいた。ところがK医師は「午前中6件、午後7件くらいはいけると思うんだよねー」と仰る。

 

えー、器械組も増えるのー?と、手術室看護師からは若干のブーイング。さらに午前中で6件の手術を円滑に進めるためには、患者さんの入替にも気を遣わなくてはいけない。

 

今までのように、眼科手術を行う部屋の入り口で上手くすれ違えるようなやり方では、手術時間そのものが短縮されるだけでは件数はこなせない。

 

そこで、手術室看護師の間で「患者さんの入替を円滑に行う方法」を検討し、1列の手術に3人の看護師を付け、「手洗い」「下」「下の下」という3つ目のポジションも含めたローテーションをすることになった。

 

私自身はこの方法に賛成だった。当時は私自身があまり深く考えていないという背景もあるが、件数も増えて、患者さんの待ち時間がなくなって、円滑に1日の件数がこなせるならば問題はないだろう。

 

しかし一部の看護師からは、「器械組の件数が増える」「1列に3人がつきっきりになるとフリーの看護師がいなくなる」などの理由で、若干のイヤイヤ感にあふれた声も聞かれたのは事実だ。

 

 

人に“物を教える”ことが上手いのも好かれる理由

 

K医師は手術の腕だけではなく、人を指導するのも上手だった。

 

当時のその手術室では、ECCEからPEAへの移行の時期であり、手術症例の半分くらいはECCの適応になることが多かったように思う。PEAを行うための新しい器械が導入されたり、スリットナイフなど複数のマイクロフェザーが導入された。

 

それまでのその病院の眼科医は比較的「保守派」な医師が多かったのだが、K医師は明らかに「革新派」だったので、もしかするとその辺りもK医師の影響があるのかもしれない。今となっては、真実は分からないが。

 

さて新しいPEAの器械が入ると、手術室看護師も勉強しなくてはならないことが出てくる。実際、白内障手術で行われていることは何なのか、この器械はどうやって使うのか、問題が起きた時の対処法は何なのか。

 

課題は山積みだ。

 

そこでK医師による“白内障手術と手術室看護師の役割”という講義が行われた。K医師お手製の資料付き。この資料が非常に分かりやすく、手術の流れ、医師の操作だけではなく、器械出し看護師の役割や器械出しのポイントまでを網羅していた。

 

手書きのイラストがふんだんに使われており、他の医師では真似できない(いや、医師の仕事として必要な技量なのかは微妙だが)技も持っていた。

 

この講義と資料により、当時の手術室看護師の眼科手術介助が多少なりともレベルアップしたことは事実だろう。

 

 

K医師とAさんとの2人3脚?

 

Aさんは手術室への異動早々に眼科係となり、新しい器械の使用法から管理の仕方、マイクロフェザーの補充まで一気に仕事が増えてしまった。

 

しかしAさん自身、「新しいことへの挑戦」を好む性格であり、腕が立つとはいえ一番下っ端なK医師は意見や要望を伝えやすかったということもある。

 

さらに、Aさん自身が手術室内では新人でも、看護師としての経験年数もあるし、「とにかくミスが少ない、しっかりした人」だったので、他の医師からの信頼も厚かった。この2人の協力により「それまでの仕事の流が変わる」とか「看護師の仕事が増える」といった課題は、比較的さくっと解決出来た気がする。

 

手術室は外科系限定ではあるが、さまざまなタイプの医師と接する機会がある。私自身がK医師と一緒に働いていたのはほんの2年程度だが、これまでに会った医師の中でも群を抜いてデキる医師だったと思う。

 

現在のK医師はだいぶ出世されているが、これからも患者さんのために「革新」を起こす医師であって欲しいと願っている。

 

この記事をかいた人


紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在は当研究所所属ライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


第9回:看護師に好かれる女性医師 K医師


第9回:看護師に好かれる女性医師 K医師


第9回:看護師に好かれる女性医師 K医師


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

第9回:看護師に好かれる女性医師 K医師 第9回:看護師に好かれる女性医師 K医師 数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一 下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント


エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職


CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび


Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法