医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

Eテレ「きょうの健康」 2017年1月31日(火)20:30~

 

※画像はEテレ「きょうの健康」ウェブサイトより http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/

 

2017年1月31日放送のEテレ「きょうの健康」では「冬の乾燥肌対策」をテーマに放送していました。以下は番組内容の要約ですので、番組を見落とした方などはチェックしてみてください。

 

出演者:黒沢保裕、岩田まこ都
医師:認知行動療法研修開発センター 理事 菊地俊暁


うつ病徹底解説「違う病気?」

 

30歳男性の例。営業職のAさんは営業の仕事がなかなか実を結ばす、営業目標を達成できずにいた。次第に自分は駄目な人間だと思うようになり、話しかけられても返事をすることができなくなった。

 

一ヶ月経つと夜眠れなくなり、朝もだるくて起きられず遅刻を繰り返すようになった。

 

会社の上司の勧めで精神科を受診したところ重いうつ病と診断され、抗うつ薬で治療を行うことになった。ところが毎日薬を服用していても、1ヶ月経っても重いうつ状態は一向に良くならない。

 

その後も抗うつ薬を飲み続けていたところ逆に興奮し、家族を怒鳴ることが増えてきてしまった。そういう状況を医師に相談したところ、実は別の病気だということが判明した。

 

実はうつ病と似たような症状が出る病気は色々あり、抗うつ薬を飲むと症状が悪化してしまうものがある。

 

そのため、うつ病と診断する前に、他の病気がないかしっかり確認することが大切。うつ病と間違われやすい病気にはどんな病気があるのか。

 

Q うつ病と診断されても、実は違う病気だったということはよくあるのか。

 

最近ではうつ病に似た病気があるということは大分認識されてきた。精神科医の診察であれば、ある程度見極めは出来るようになってきたが、それでもなかなか区別が難しい場合もある。

 

Q Aさんの病気は何だったのか。

 

Aさんは双極性障害(以前は躁鬱病と呼ばれていたもの)だった。うつ状態と躁状態を繰り返す病気。うつ状態とは、憂うつな気分であったり、何に対しても興味が持てないなどの気分の落ち込みが特徴。逆に躁状態とは、気分が高揚していき、いろいろなことに興味を持つ状態。

 

双極性障害の人は、躁状態のときには調子が良いため、病気がないと思って受診しないことが多い。逆に、うつ状態のときに調子が悪く受診するため、うつ病と間違われる。

 

Q 双極性障害のときは抗うつ薬を飲んではいけないのか。

 

双極性障害の人が抗うつ薬を服用し続けていると、Aさんのように躁状態になってしまうことがある。そのため、うつ病という診断をつける前にかならず、躁状態になったことがないか確認しなければならない点がある。

 

過去に気分が高ぶる、自分が偉くなったように感じる(人に注文を付けたり、怒鳴ったりする)、金遣いが荒い(浪費する)、注意散漫(集中できずいろんなことをする)、眠らなくても平気(眠りたくなくて色々なことがしたい)などがあれば躁状態を疑う。

 

Q うつ状態から躁状態になると、逆に調子が良くなったと思い、問診しても聞き流してしまうこともあるのではないか。

 

人と言い争いをしても、よっぽどのことにならないと主治医に報告しないなどよくある。

 

また、金遣いが荒くなってインターネットで買いすぎてクレジットカードを止められてしまうなど、自分が困る状況になって初めて気づく人もいる。そのため、周りの人が気づくということが大切。

 

うつ病のときも診断が大変なので、周りの人が気づくことが大切。しかし、双極性障害はさらに難しいため、周りの人が気付いて協力することが大切になってくる。

 

双極性障害の症状とは、それまでの人とは別人のようになってしまうというのが特徴的なため、周りの人には比較的はっきり分かる。家族も一緒に受診して、本人の様子を伝えると診断に役立つ。

 

Q うつ病のように心や体の不調が出る病気は、双極性障害以外にどんなものがあるのか。

 

うつ病と似た症状が出る精神疾患は不安症、パーソナリティ障害、適応障害などがある。これらの病気はうつ病と症状が似ており、またうつ病に合併するとうつ病が治りにくいということが分かっている。

 

Q パーソナリティ障害とはどんなものか。

 

思春期や青年期から考えや行動の面で偏りがある状態が続く病気。例えば、いろいろなことを避けてしまう行動の回避がある場合や、対人関係が不安定になってしまう状態が続く場合はパーソナリティ障害の可能性がある。

 

精神疾患以外にもうつ病と似たような症状の出る病気はある。例えば、認知症や脳梗塞、体の病気など。

 

Q 高齢になってからうつ病になることは多いのか。

 

高齢になってからうつ病になる人は多い。また過去にうつ病になった人は高齢になってから再発しやすい。高齢になると身近な人との死別や体の病気も増えてくるため、病気に対する不安などがうつ病の発症のきっかけとなることが多い。

 

また、高齢者はうつ病から認知症になりやすいため、高齢者のうつ病の治療は大切。実は認知症と間違われてしまったままだとうつ病が悪化してしまう。そうすると生活の質も低下するため、うつ病と認知症の見極めは大切。

 

Q 認知症によるうつ症状とうつ病とは、どうやって見分けるのか。

 

見極めは難しいが問診が大切。特に認知能力や意欲の面で違いが見られる。例えば、うつ病では「やろうと思えない(検査をしていくと、途中で「わかりません」や「できません」と答える人が多い」、「能力の低下を訴える」というのに対して、認知症では「努力してもできない」、「能力低下の認識がない」という違いが出る。これらの他に、認知症の場合には脳の画像検査をしっかりして見極めることが必要。

 

Q 脳梗塞でもうつ症状が出るのか。

 

脳の血管が詰まって脳梗塞ができていると、脳の働きが悪くなってうつ症状が出ることもある。

 

Q 脳梗塞とうつ病はどうやって見分けるのか。

 

症状の現れ方を確認することが多い。うつ病の場合は症状がゆっくり出る(例えば○月頃からなど)のに対して、脳梗塞の場合には症状が急に出る(例えば○日くらい前からなど)のが特徴。他にも脳梗塞独特の症状(言葉が出にくくなる、物の見え方がおかしくなるなど)がないか確認し、脳梗塞が疑れる場合には画像検査を行う。

Q 体の病気でうつ症状が出るのはどんなものがあるのか。

 

例えば、甲状腺の病気が代表的。他にも病気でなくても、アルコール依存症など依存性物質がある場合、インターフェロン治療などの薬による副作用の場合もある。そのため服用している薬なども確認していく必要がある。

 

うつ病と似た症状を起こす病気や物質はたくさんあるため、精神科や精神神経科の専門医の元できちんと診察を受けて、診断してもらうことが大切。

 

Eテレ「きょうの健康」2017年1月31日放送「うつ病徹底解説「違う病気?」」より引用、要約、および台詞等一部書き起こし

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


【TV】「きょうの健康(Eテレ)」うつ病徹底解説「違う病気?」


【TV】「きょうの健康(Eテレ)」うつ病徹底解説「違う病気?」


【TV】「きょうの健康(Eテレ)」うつ病徹底解説「違う病気?」


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

【TV】「きょうの健康(Eテレ)」うつ病徹底解説「違う病気?」 【TV】「きょうの健康(Eテレ)」うつ病徹底解説「違う病気?」 数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一 下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント


エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職


CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび


Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法