特集:エムスリーキャリアエージェント動画インタビュー【前編】:医師の募集求人は創り出せる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
野村龍一

野村龍一

某医師紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

【動画インタビュー】 エムスリーキャリア株式会社 Vol.1

あの医師紹介会社はなぜAAA評価なのか?単純な求人数ランキングに現れない、血が通った医師転職現場を担うキャリアコンサルタン々の声を直接聞くことで、外からわからなかった医師転職支援の生の姿がわかります。AAA評価企業のみに絞った特別インタビュー企画、連載第6回目となる今回はエムスリーキャリアエージェントを運営するエムスリーキャリア株式会社にお邪魔し、現役キャリアコンサルタントの白井淳さん(医師事業部キャリアコンサルティンググループリーダー)に、医師転職支援の現場についてお話を伺ってきました。三回シリーズの第一回目です(今回は動画ありのインタビューです)。

特集:エムスリーキャリアエージェント動画インタビュー【中編】:医師転職会社の実務と裏側
【動画インタビュー】 エムスリーキャリア株式会社 Vol.2 今回のインタビューは動画視聴が可能です ...
特集:エムスリーキャリアエージェント動画インタビュー【後編】:エムスリーキャリアの高い評判とその理由
【動画インタビュー】 エムスリーキャリア株式会社 Vol.3 今回のインタビューは動画視聴が可能です ...

今回のインタビューは動画視聴が可能です

野村龍一

前回の高橋コンサルタントへのインタビューに引き続き、御社を取り上げるのは2回目になります。動画は今回が初めてですが、どうぞよろしくお願いいたします。

白井淳氏

エムスリーキャリア株式会社の白井淳と申します、本日はどうぞよろしくお願い致します。

医師の募集求人は創り出せる

野村龍一

―― まずは業界全体についてお聞かせください。近年は医師紹介会社を利用した転職がより一層増えているように感じられるのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

白井淳氏

若手の先生からベテランの先生まで、(医師紹介会社を利用することは)非常に一般的になりつつあります。

若手の先生で言えば、2004年の新臨床研修制度が始まってから、実際に先生方は医局にとらわれず、ご自身で(就業先医療機関を)選ばれるようになっておりますので、その点は皆さんご存知のとおりだと思います。

またベテランの先生ですとか、女性の先生ですとか、そういった先生方にも「希望される臨床」を我々に仰って頂ければ、そういう求人は創ることが出来る時代になってきておりますので、そういう意味でも(医師紹介会社の利用は)一般的になりつつあります。

野村龍一

―― 勤務医の方々の相当数が転職を検討しているというデータがあるそうですが?

白井淳氏

弊社の調査でも全体で16%位が転職の希望があると伺っているのですが、その中の多くの先生が弊社にお問合せを頂いております。

弊社の場合には、先にも触れたように、若手からベテランの先生まで多岐にわたってお問合せを頂くのですが、大学医局に所属されている先生がその中の50%位。独自に転職活動をされている先生が残り半数というところですかね。

野村龍一

―― 多くの医師が転職をする理由を教えて下さい

白井淳氏

理由は大きく2つだと思います。1点目が「臨床」に関する悩み。2点目が「家庭」に関係する悩みで、今の臨床が続けられなくなるというところですね。

1点目の「臨床」という悩みに関して言えば、大学に所属されている先生である場合、ご自身が望まれている臨床ができなくなると、やはりその医局からは出たいという考えになります。

望まれる臨床ができていたとしても、勤務の負担ですとか、勤務先病院の体制によって様々な「やれること」「やれないこと」が出てきてしまいます。

例えば、実際に5名の常勤の外科先生がいらっしゃる医療機関で、(その先生が)「私が技術認定医です」という形でオペを切っていってしまえば、若手の先生に回ってくる臨床って減ってきてしまうんですね。

例えばその病院さんで500件のオペをやっていたとしても、最終的にその先生が望まれる臨床ができるかどうかは、結構微妙になってしまうこともあります。

そういう意味で、大学に残ったとしても臨床が出来ないという理由で、転職をされる方もいらっしゃいます。

野村龍一

―― 女性医師の利用状況はどうですか?

白井淳氏

女性の先生の場合には、臨床初期研修が終わったくらいの段階から、ご結婚等のイベントを迎える方もいらっしゃいます。そうなってくると、急性期の臨床の場で、専門医を取る前に第一線から退かなければいけないという事も出てくるんですね。

その場合に大学では、他の先生が通常通り勤務をしていると、どうしても引け目を感じて職場に残ることが出来ないということもあります。

そういった点を、民間病院さんであればご容赦いただけるということもありますので、そちらに移るという先生方も出てきている次第ですね。

圧倒的な求人数とコンサルタントの専門性の高さ

野村龍一

―― 御社では転科やキャリアチェンジを志す医師へのサポートは行っていますか?

白井淳氏

当社に登録されるドクターのご経験を考えると、初期研修終わりの先生から、それから指導医の資格をお持ちの先生ですとか、技術認定医をお持ちの先生ですとか様々です。

なので実際は年齡によって…「医師年次」といったらよいのでしょうか。15年次位で専門性を高めている先生が、ご自身で診療科を立ち上げたいといえば、そういったことを支援することもあります。

それとは別のケースで、臨床で少しハードに働き過ぎて…700床クラスの急性期の病院で働くのはちょっとハードだと。その場合には、規模を200床くらいまでに落として、(臨床を)やれる幅は少し狭くなってしまいますが、その中でも先生方がメリハリを付けて勤務できるように支援することもありますね。

野村龍一

―― 他社と比較してエムスリーキャリアの競合優位性はなんですか?

白井淳氏

弊社の場合は大きな強みを2点持っていると思います。1点目は「圧倒的な求人数」。2点目は「コンサルタントの専門性の高さ」というところに尽きるのではないでしょうか。

野村龍一

―― 専門性が高いというのは具体的にどういったことなのでしょうか?

白井淳氏

現在では一般的になってきているかもしれませんが、(所属コンサルタントに)医療経営士資格の取得を義務付けています。

そもそも転職をサポートする上で、最低限抑えていかなければいけない要素があります。ドクターのキャリアであるとか専門性のこと、医療機関のこと、急性期から慢性期までの指標ですとか、そういったことを覚えておく必要があります。

あとは医療制度のこと。毎年、医療制度はどんどん変わっていきますので、実際の制度に合わせたご提案をしていかないと本末転倒になります。先生が本当にやりたかったことができない環境にご提案してしまうことも、起こりうると思います。

そういった意味では、専門性が高いというところに焦点をあてて、コンサルティング、転職サービスを提供していくというのは必要になるのじゃないかなと思います。

野村龍一

―― エムスリーキャリアでは組織として各コンサルタントの能力開発に取り組んでいると聞きますが?

白井淳氏

はい、組織として行っています。

入社したばかりのコンサルタントには、しっかりとした初期研修を受けていただきます。医療機関のことに関しても、最低限(必要)というレベルで医療経営士資格を義務付けていますし、そういったところを最初入ってきてから3ヶ月間ほどはみっちりと能力開発にあてております。

野村龍一

―― その後の継続的な能力開発については?

白井淳氏

自学用の資料を提供しています。先ほどお伝えした医療機関のこと、医療制度のこと、医療機器のこと、当社サービスに関すること…こういったことを、社内に全て書式として持っています。

これを活用して、各コンサルタントには自学して頂く時間や質問をして頂く時間を儲けることで、質の高いコンサルタントを育てる組織的システムになっています。

また、外部講師の招聘も企画したりしていますね。海外でご勤務されている先生方の働き方について学んだりするなんていうことも、定期的にやっております。

野村龍一

―― 御社では全国全ての地域に対応することは可能ですか?

白井淳氏

弊社も全国展開はさせていただいていて、北海道から沖縄まで全国求人件数1万件以上です。

弊社のメイン拠点は東京ですが、メリットとして「社内で意思の疎通が非常にスムーズにできる」ということ。

新しい医療制度が施行されましたという時などに、全コンサルタントが一律の知識をいっぺんに間違いなく習得することができるというのは利点です。

実際に社内研修を行うという観点でも、1つの場所(東京)に集中して積極的な研修を行った方が、より高いレベルの知識を習得することができるんじゃないかという点でメリットを感じていますね。

逆にデメリットという点では、求人の鮮度というところになるのでしょうか。求人鮮度ということになると、(地方)地場に会社があったほうが、足繁く病院さんに通って(情報を)とることがでくるというのは十分考えられます。

ただし、我々は(各コンサルタント能力の)専門性を高めていくことで、お電話ですとか具体的な指標から医療機関(の良し悪し)を判断することができますので、デメリットをメリットに変える…主観ではなく「定量的な数字」で医療機関を判断することができるようになっています。

野村龍一

―― 登録後に実施される転職サポートの流れを具体的に教えて下さい。

白井淳氏

一般的なお話になりますが、お問合せを頂きましたら、まずご面談をさせていただいております。電話かメール、もし先生が望まれるのであれば、直接お会いしてお話することもできます。

実際に関東以外でも、東海、関西、北海道、沖縄…ご希望があればお伺いをしておりますので、お気軽にご用命ください。

実際にそこで先生方から希望をお伺いできたら、その後は、先生の希望に沿う医療機関をご紹介する。ただ実際はそこのところが一番難しいと思っておりまして、それが叶わない医療機関しかないようであれば、新たに(求人を)創りにいくという作業もしてまいります。

野村龍一

―― 「求人を創る」というのは具体的にどういうことなのでしょうか?

白井淳氏

例えば、肝胆膵の高度機能専門医(資格)を持っている外科の先生であれば、どうしても(先生の)匿名性を維持しながら医療機関を探すということをしていかなければならないんですね。

症例が特殊なゆえに、どうしても先生が望む症例ができる医療機関は限られてくると思います。臨床研修指定病院さんですとか、大学医局の関連病院クラスがメインになってきますね。

そういう場合に、その医療機関に「募集枠を創る」、「ポストを空ける」という作業をしていくのも我々の仕事の一つです。

これは非常に重要でして、実際に知識があって、その専門性にどれくらいの価値が有るのかというところを(コンサルタントが)理解していないと、それが医師個人の特定に繋がってしまう…所謂、(医師紹介会社において)匿名性が維持されていない、というやつですね。

こういったことに繋がりうるので、そこら辺はコンサルタントを選ぶ上でも1つ重要な要素になってくるのかなあと思います。

実際に先生方に(求人を)ご紹介させていただいて、もしご興味をお持ちいただけるようであれば、その医療機関のご面接にお連れしたり、日程調整をさせていただくということをしております。その後、先生と医療機関双方が合意するのであれば、(雇用)契約書を作成していくという流れになります。

もちろんその段階で、先生が「こういう要素(就労条件)があれば、その医療機関に行きたい」、「当直が月に2回、ここを免除して頂けるのであれば、是非…」というような場合、そういった条件面も医療機関側と調整いたします。

また、ポストですね。今までこれ位の専門医をもって頑張ってきたので、今の医療機関を辞める上でも、病院内の保証でも構わないのでどうしても役職がほしいということがあります。

その場合、部長職ですとか、副院長職ですとか、そういったところを調整するのがご面接後の調整ということになります。

野村龍一

―― そういった就労条件の交渉から役職づくりまでもサポートをしてもらえるということですね?

白井淳氏

そうですね。具体的に専門医の価値ですとか、実力というところをしっかりと把握していると、この先生が本院でどれくらいの収益を生むのかというところまでしっかり(医療機関に)お話ができるようになるんですね。そうすると、事務担当者様も「ポストを空けるべきだ」と院長に上告できます。

ご面接の際に、どういう風なお人柄の先生なのかというを前提に見ていただきながら、医療機関側に採用要素を抽出してもらって、それが叶う先生であれば副院長などのポストを与えても良いと。そこら辺を事前に我々が調整をして、先生とすり合わせをしていくんですね。

野村龍一

―― 先生が自力のみで転職活動すると、そこまで気の利いた調整は難しそうですね

白井淳氏

そうですね。特に臨床を中心に(転職先を探したい)と考えている先生の場合には、独自で探されるよりもコンサルタントを活用していただいたほうが、条件の交渉ですとか、望まれる臨床のギャップなどは少なくなるんじゃないかなと思います。

後は医局とのお話ですね。大学医局に所属されていたり、もしくは所属されていない場合でも、どうしても地域の大学の力というのは強いものがありますので。

そこに所属をしなければいけない、というところを外したりであるとか。そういう交渉面ってご自身ではしづらいという部分が出てくると思うんです。

やっぱりお知り合いの先生がいたり、学会でよく顔を合わせることもあると思うので・・・そういった意味でも、医師紹介会社を活用されると不備なく(新しい就業先に)入れるのではないかと思います。

医師個人情報が漏れないように、匿名性を重要視する

野村龍一

―― 御社では医師の個人情報保護についてはどう対応しておりますか?

白井淳氏

原則的には、先生方の専門医資格と医師年齡、国立大学ですとか私立大学ですとか、そういった要素を全て分解して考えていくと、組み合わせで個人が特定できるできないというのがわかってきてしまいます。

がん治療認定医ですとか、技術認定医を持ち合わせている千葉県の先生といように書いてしまえば、誰かなというのは特定できますし、そこに医師年齡が絡んでくるとバレてしまったりします。(医療機関と話す際は)そういう組み合わせを我々が上手く調整することで、先生方の匿名性は維持しております。

もっとコアで非常に狭いエリアで活動される先生の場合には、「転居を予定されています」ですとか、そういった形で少しお住まいのエリアを(実際の個人情報から)ぼかしたりすることも、稀にさせていただいております。

野村龍一

―― 匿名を維持しながら自力で転職活動をするのは難しい?

白井淳氏

やはり病院の事務長さんですとか、院長先生ですとか、「こういう先生が(転職活動に)来てるよ」と、稀にうっかりと外部にお話してしまったりするんですね。「(面接に来た)この先生どういうスキルなの?」とか、「手技レベルどう?」とか、「お人柄は?」とかを外部の方に聞いてしまうケースがあります。

そういった意味でも、当社のようにしっかりと守秘義務協定を(医療機関と)交わして、個人情報が流出しないように医療機関と双方で締結しているというところで転職活動をしてくことが、個人情報を守るという観点ではいいんじゃないかな、と思いますね。

野村龍一

―― 御社に登録をした先生は必ずすぐに転職をしなければならないのですか?

白井淳氏

本当に医局にいらっしゃる先生とかだと、3ヶ月ですぐに辞められるとかって難しいと思うんです。次の大学の先生で部長職の方が来てからでないと辞められないとか。

そういうこともあるとおもうので、実際は情報収集を(目的として)登録をされるという先生も多いですね。

そういう(お試し的な)使い方をしていただいても全然かまわないです、少しでも不安が払拭されるのであれば、全く問題ないですね。

転職意欲が今はそんなに強くないんだけれども、自分の希望…例えば、当直なしで4日間勤務で、年収条件1800万円出して頂けるような医療機関って、全国だとどれくらいあるのですか?というようなお問合せをしていただいて、そういう内容にご回答するだけでも全然構わないです。

それで先生が、そういった(求人のような)働き方があるのでしたら、大学に残る残らないというような選択ですとか、今の医療機関に残る残らないという選択を選んで頂ければいいだけの話になりますので。

情報収集という観点のでも当社を使って頂ければいいのかなと。

実際にそういう求人を見ていると、先生のほうも「こっちのほうがこの地域の患者さんのためにとったら良いのではないか?」と思われたらご転職されますし。

例えば脳外科医の先生とか多いですよね、都市部で症例が集まるので都市部で働きたくなるのですが、実際問題、僻地とか地域医療でやりたいと思っていても、求人の探し方がわからなかったりするんですね。全く症例がこないのかどうなのかもわからない。

ですから、「幅広く自分のスキルを全面的に活かせる職場な無いですか?」といったようなことを相談して頂くだけでも、ご回答の仕方は様々あると思います。

求人の探し方は、我々は結構プロフェッショナルだと思っていますので。(条件を)おっしゃっていただければ、結構、お望みの求人は創り出せると思っています。

希望されるキャリアをミクロでなくマクロで捉えていただいて、その中から先生がご希望するところを一緒に選んでいければいいのかなあと思っていますね。そうすることで、今の医療機関に残るのがベストなのか、転職をされることがベターなのかl、それを決定していけるのではないかともいます。

本日の最初の質問に、「医師の転職って一般的になってきてるんですか?」という質問があったと思いますが、(転職活動をすることで)今の働き方以外にも新しい働き方を見つけることができるかもしれませんし。

例えば、最近は予防医療が注目されておりますので、予防医療の領域で活躍したいというご希望だとか、産業医として活躍したいとか、メディカルドクターとして学術系や新しい薬を開発したいだとか。

そういったご相談をして頂いても全く構いません。

野村龍一

―― そういった新しいキャリアを選んだ場合のメリット、デメリットが事前に明確になる?

白井淳氏

そうですね。臨床から離れてしまうというデメリットがあったりもするんですけれども、そういった医師としてのキャリアの幅を、ご相談をきっかけに、全体的に見て頂くのはいいんじゃないかなと思います。

第二回に続く

特集:エムスリーキャリアエージェント動画インタビュー【中編】:医師転職会社の実務と裏側
【動画インタビュー】 エムスリーキャリア株式会社 Vol.2 今回のインタビューは動画視聴が可能です ...
特集:エムスリーキャリアエージェント動画インタビュー【後編】:エムスリーキャリアの高い評判とその理由
【動画インタビュー】 エムスリーキャリア株式会社 Vol.3 今回のインタビューは動画視聴が可能です ...

エムスリーキャリアエージェントに直接に相談する

以上、他社と比較して圧倒的な優位性を保つことで医師の転職、特に常勤転職に強みを持つエムスリーキャリアの医師紹介サービスは、AAA評価であると当研究所は判定いたします。

是非、真剣に転職を考えている医師の皆様、特に常勤求人への転職は、どこよりもまず最初に登録することを絶対に強く強く本音でおすすめいたします。

私はせっかく当サイトに足を運んでくださった医師の先生方に転職で失敗してほしくありません。

故に、他社の例では随分と本音で厳しいことも書かせて頂きました。はっきりと「登録不要の会社である」という事を断定した医師紹介会社も複数あります(B判定、C判定の会社)。

反面、どうしてもこのこの会社だけは登録必須です、と自信をもっておすすめさせていただく数少ない案件が、エムスリーキャリアであることを知っておいていただきたいと思います。

長年の転職カウンセラーのキャリアを通じて、友人として現在も親交のある医師の方々の多くがエムスリーキャリアにお世話になって、華々しい転職を成功させています。

あなたも是非、失敗のない医師紹介会社の選択第一歩として、エムスリーキャリアを登録最優先企業してご選択することを強く強くおすすめいたします。

現在の企業レビュー結果…「AAA評価(最高評価)」

野村龍一

医師転職支援コンサルタント・野村龍一のアドバイス

 登録を強くおすすめする医師紹介会社です 。組織力がありコンサルタントの能力が標準化されているので担当者に外れが少なく、また、複数人数で1名の医師をサポートするので失敗が少ないのが特徴です。組織経営規模も大きく、大型の医療機関とでも対等に交渉ができ、強力な情報網で他社に比べて求人数も圧倒的に多く保有していますので、安心して転職サポートを委ねられます。 この評価の医師紹介会社をとりあえず1つ抑えて基準とし、追加でAA評価もしくはA評価の医師紹介会社を1つか2つ登録 すれば、大変満足のいく転職活動を行うことができるでしょう。繰り返しますが強く登録をオススメします。」

ここからAAA評価のエムスリーキャリアエージェントに登録/相談する


こちら医師紹介会社は、今すぐ転職をしなくとも、情報収集目的の「お試し無料登録」でも気持よく対応してくれる企業です。まずは転職求人情報を気軽に入手するために登録して、後ほどじっくり転職タイミングが来た際に再度相談することも可能です。決して登録したからといてって即転職を強引に勧めたりしない安心紹介会社であることを保証致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

2017年5月版 常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

2017年5月版 非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

無料レポート「医師紹介会社 こんな担当者に注意せよ」配布中

当サイトの「登録」リンクから医師求人転職支援会社にご登録を頂いた方に、私、野村龍一がこっそりご登録者様だけに教える秘密レポート「医師紹介会社、こんなコンサル担当者に注意せよ!」(PDFファイル、約50頁、9,800円相当)を無料でご提供しております。