福岡県の地域医療と保健医療計画 = 連載コラム「保健医療計画からみる医師と地域医療の未来」第11回

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡県の地域医療と保健医療計画

第11回:保健医療計画からみる福岡県の姿

連載コラム「保健医療計画からみる医師と地域医療の未来」

福岡県の保健医療計画

元看護師のフリーライター紅花子です。「保健医療計画からみる都道府県の姿」というこのコラム、前々回の岡山県に続き、今回も西日本です。九州地方に位置し、東京や大阪に続く大都市、福岡県について取り上げていきます。

福岡県の現状を分析

福岡県は九州の北に位置しており、東京都からの距離と、上海からの距離がほぼ同じ。中国大陸に近い場所です。

福岡県の国土面積は全国で29番目に大きく、その広大な土地と、海と山の両方を併せ持つ風土を生かして、農業や漁業も盛んにおこなわれています。

例えば、「いちご」の中で全国的にも人気の高い品種である「あまおう」や、「博多明太子」は、福岡県が誇る特産物です。みなさんも1度は口にしたことがあるのではないでしょうか。

また、九州地方と本州の交通を結ぶ要点となることから、商業も盛んな都市です。例えば、卸売業の年間販売額は、全国第4位。都市部には商業施設が立ち並び、その商業の発展を伺うこともできます。さらに、平成23年に九州新幹線が開通したことにより、県外からの観光客も増えているそうです。

そんな福岡県の人口を見ていきます。

福岡県は福岡市と北九州市の2つの政令都市があるため、平成22年の国勢調査では、5,071,968人で全国第9位と人口が非常に多い地域です。

しかし、平成17年から平成22年の5年間の人口増加率は0.4%。それ以前の5年間(平成12年から平成17年)の0.7%を下回るという結果となりました。

福岡県の特殊出生率は、昭和50年頃より減少しており、平成17年には1.26と過去最低を記録しました。その後わずかながら上昇していき、平成23年には全国平均1.39を上回る1.42となりました。

図1 福岡県 年齢層別 人口の推移

図1 福岡県 年齢層別 人口の推移

一方、高齢化率も上昇している地域でもあります。

老年人口は昭和30年より増加傾向となり、平成13年には年少人口を上回りました。平成37年には老年人口が30%を超えることが予想されており、他の都道府県同様、少子高齢化が確実に進んでいます。

図2 福岡県の高齢化率と人口増加率の推移(推計値含む)

図2 福岡県の高齢化率と人口増加率の推移(推計値含む)

福岡県の人口動態は?

福岡県の死亡率は、平成23年では死亡数48,112人、死亡率9.5%と過去最大になるなど、高齢化に伴った増加傾向が続いているようです。

平成23年の死亡要因は、悪性新生物が1位で30.7%、2位が心疾患で11.8%、3位が肺炎で10.9%でした。肺炎は平成18年から引き続き第3位。この順位はここ数年、変わらずに推移しています。

全国の死亡率と比較すると、脳血管疾患は近年死亡要因の第3位となり、全国平均を大きく上回る都道府県が多いようです。

その一方で、福岡県では肺炎は全国平均の98.9を上回る103.7、脳血管疾患では全国平均の98.2を下回る86.7となっており、脳血管疾患による死亡率(死亡数)よりも、肺炎の死亡率(死亡者数)が高いという特徴があるようです。

さらに、死因第1位の悪性新生物でも、全国平均の死亡率である283.2を上回る292.9となり、がんによる死亡率(死亡者数)が高いことも分かります。

図3 福岡県/全国 主要死因別死亡率の比較

図3 福岡県/全国 主要死因別死亡率の比較

ところで、福岡県には、全国的にも有名な「久山町研究」の対象となっている、久山町があります。久山町は、福岡県の中でも日本海側に位置し、海とは接してはいませんが、緑の山々と田園風景が広がる、風光明媚な土地です。

そんな久山町のまちづくりの柱は「国土の健康」「社会の健康」「人間の健康」の3つ。

都市と農業が上手に共生する町として、昭和36年から九州大学との共同事業として、多くの医療・健康に関する調査が行われています。

図4 久山町の位置

図4 久山町の位置

これらの調査で培った様々なデータは、今や九州大学のみならず、日本全体での健康づくりにも取り入れられているものが多くあります。

福岡県の医療状況はどうなっているのか

次に福岡県の受療率をみていきます。

平成23年の患者調査では1日平均の入院受療率は、全国平均が1,068であるのに対し、福岡県では1,555と、全国平均のおよそ1.4倍です。

外来受療率も、全国平均の5,784に対して6,456、こちらも平均を上回る結果となりました。どの年齢階級においても全国平均を上回っていますが、特に「65歳以上の入院受療率」で算出すると、全国平均のおよそ1.5倍です。

図5 入院および外来受療率の全国比較

図5 入院および外来受療率の全国比較

福岡県内のみで平成17年と平成23年を比較すると、呼吸器系疾患、神経系疾患での入院受療率が1.2~1.4倍に上昇しています。

肺炎が死亡率第3位に上がる背景は、この辺りにあるのかもしれません。また、外来では「腎尿路生殖器系の疾患」がおよそ2 倍に、「精神及び行動の障害」がおよそ1.8 倍と、こちらも上昇中です。

前者には人工透析に通う高齢者、後者には認知症高齢者などが含まれますので、高齢化率が増加してきていることが、これらの「受療率の上昇」に影響していること、今後もさらに受療率上昇に関与する可能性があることが、推測できます。

福岡県の保健医療圏はどうなっているか

では、福岡県の保健医療圏を見ていきましょう。

福岡県では、保健、医療、福祉を取り巻く環境の変化や人口動向を踏まえて、昭和63年に策定された地域保健医療圏を平成7年に一旦廃止、二次保健医療圏を平成8年から現行の13圏域に変更しています。

政令指定都市となっている、福岡市が含まれる福岡・糸島保健医療圏や、北九州市が含まれる北九州医療圏では、他の医療圏に比べて人口が圧倒的に多いという特徴があります。

医療資源もこの圏域に集中しているため、同じ福岡県内でも地域較差が広がっていることが分かります。

自地域にて診療を受ける患者の割合でみると、

  • 福岡保健医療圏は88.2%、北九州保健医療圏は93.5%
  • 直方・鞍手医療圏は57.1%
  • 70%未満の医療圏は13医療圏中6医療圏

と、福岡・糸島医療圏および北九州医療圏では、自己の医療圏でおおよそ完結している状況です。

しかしその一方で、直方・鞍手医療圏、朝倉医療圏、田川医療圏などでは、患者の流出率が高い傾向がみられます。30~50%近くの患者が、他の医療圏に流出している地域もあることから、今後の見直しが検討されているようです。

各地域で高齢化が進んでいるため医療に対する需要が高まっている一方で、患者の流出量から見ても、医療にやや地域格差が生じているということがお分かりいただけたかと思います。

次の章でさらに、福岡の地域の医療について見ていきたいと思います。

福岡県の病床数とこれから

太宰府天満宮(太宰府市)

太宰府天満宮(太宰府市)

それでは次に福岡県の病床数をみていきましょう。

平成24年8月現在の既存病床数が、全ての医療圏で基準病床数を上回っていることが、福岡県の特徴と言えるかもしれません。

単純に考えれば、現在の保健医療計画が満期となる平成29年頃までには、全ての医療圏において、病床数の大幅な減床が図られる、と推測できます。

特に、福岡市と北九州市が含まれている2つの医療圏は、他の医療圏と比較すると、基準病床数が桁違いに多いのですが、そもそもの既存病床数も桁違いなので、減床となる病床数も抜きん出ています。

この他、前述のような患者の流出率が比較的高い医療圏でも、既存病床数が1,000床以上でも、今後は1,000床を切るところまで減床傾向となりますので、他地域への流出は避けられない状況にありそうです。

図6 福岡県内 二次医療圏と病床数の予測

図6 福岡県内 二次医療圏と病床数の予測

福岡県では三次医療圏を福岡県全体としていますが、三次医療圏に設置されるべき医療機能が充実した病院や、特別な機能を持つ病院のほとんどが、福岡・糸島医療圏と北九州医療圏に集中しているという状況になります。

このことからも、他医療圏からこの2つの医療圏への患者の流入は避けられない、ということ推測されます。

また、福岡県のもう1つの特徴として、精神病床が非常に多いこともあげられると思います。試しに、以前こちらのコラムで取り上げたことのある、神奈川県、愛知県と比較してみました。

図7 福岡県内 病床数の推移

図7 福岡県内 病床数の推移

基準病床数全体では、神奈川県・愛知県より少ないのですが、精神病床・結核病床は、神奈川県・愛知県よりも多いようです。

この辺りからも、精神疾患や呼吸器疾患を抱える患者数が、比較的多い地域であることが伺えます。

実際、入院受療率は精神疾患を抱える患者の締める割合が比較的高く、外来受療率も平成17年より1.8倍に増えていることも、病床数の多さと関係しているのかもしれません。

福岡県にはどのような機能を持つ医療機関があるか

福岡県での三次医療圏は、大学病院や公的病院が中心となっています。

※三次医療圏については愛知県の記事を参考にしてください。

図8 福岡県内 特定の医療機能を有する病院数

図8 福岡県内 特定の医療機能を有する病院数

福岡県は、三次医療圏ごとに設置される「高度な技術を持った大病院」の他にも、300~500床ほどの地域の中核となる病院が、多くあることもその特徴の1つかもしれません。

福岡県では悪性新生物での死亡率が高いことを受け、がん拠点病院を18か所設置、がんの専門医師を増やしています。

また、緩和ケア病棟も県全体で478床あり、今後はがん医療における専門医療の提供と、緩和ケア病棟のさらなる充実を図っていくようです。

さらに、受療率が高くなっている精神疾患の分野に対しても、全国平均(人口10万対病床数で比較)よりも、精神病床を多く設定するだけではなく、大学病院等でも精神疾患と身体疾患の合併症に対する医療を提供する体制を整えてきたようです。

今後は精神救急の分野の充実を図りつつ、特に地域とのつながりを強化し、疾病の予防や退院後の社会生活のケアも視野に入れていく方針のようです。

福岡県の医師数と今後の確保対策

福岡県の医師数は、平成22年末現在で14,630人であり、医師数だけをみれば全国第5位となります。県内の医療施設に従事している医師数も人口10万対で274.2人ですので、全国平均の219人を大きく上回っており、全国第4位という結果になりました。

図9 福岡県 医師数の推移

図9 福岡県 医師数の推移

この結果を見るだけでは、全国的には比較的医師数に恵まれている地域のように見えます。

しかし、福岡県の保健医療計画によると、やはり「地域や診療科の偏在」が課題となっているようです。

特に産科/産婦人科の医師数は、平成12年の9.3人から平成22年の8.4人へ、およそ10年間で人口10万人あたり1名の医師が減少、全13保健医療圏のうち9圏域で減少しています。

また、この10年ほどの間に大学の医師派遣機能が低下しており、医師不足により特定の診療科が廃止されるなど、地域医療の確保が難しくなっているようです。

福岡県は、その理由の1つに「平成16年の臨床医が研修先病院を選択できる臨床研修制度の導入」を上げています。これにより、医師が研修先を自由に選択できるのは良いのですが、結果的にそれまでのような人員が確保しにくくなっている、ということのようです。

福岡県では今後の対策として、まず、この地域や診療科の偏在に対する医師の確保を進めることを明言しています。

具体的には、

  • 県からの寄付を受ける「寄付講座」を県内の3大学に設置
  • 特に地域医療や周産期医療の医師が不足すると思われる、県が指定する地域に大学が医師を派遣する
  • 派遣先には、医師の偏在が著しい、3つの医療圏を指定
  • となっています。さらに
  • 将来、産科、小児科、外科、麻酔科および救命救急を志望することを前提として奨学金の対象となる、特別枠を設けている(久留米大学)
  • 福岡県は、全国的にみると女性医師が少ないため、こちらにも就労支援策を講じる

としています。

政令都市が集まる福岡の地域医療対応に注目

夫婦岩(福岡県糸島市)

夫婦岩(福岡県糸島市)

政令都市に医療が集約している福岡県。精神など特定分野の医療に対して手厚い対策を取っている一方で、地域の格差が広がりつつある一面もあります。この地域格差をどう埋めていくのか、実際に埋められているのか、次回の保健医療計画にどのように反映されていくかが、注目ポイントとなってくるようです。


参考資料

福岡県公式ホームページ
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/

福岡県保健医療計画
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/life/160441_50942018_misc.pdf

九州大学大学院 病態機能内科学(第二内科) 久山町研究室
http://www.intmed2.med.kyushu-u.ac.jp/labo8/

公益財団法人 久山生活習慣病研究所
http://www.hisayamalife.or.jp/

久山町 久山町の魅力・観光
http://www.town.hisayama.fukuoka.jp/kanko/

福岡県 福岡県の概要
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/ken-gaiyou.html

総務省統計局 人口推計(平成25年10月1日現在)結果の要約
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2014np/

厚生労働省 受療率
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/14/dl/02.pdf

厚生労働省 医療計画
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/iryou_keikaku/

国立社会保障・人口問題研究所 地域医療計画
http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/sakuin/kikan/..%5C..%5Cdata%5Cpdf%5C00330406.pdf

データ参照元

統計局 平成26年医療施設(静態・動態)調査 下巻 年次 2014年
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001141081

同上 平成25年医療施設(動態)調査 下巻 年次
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001126654

同上 平成23年医療施設(動態)調査 下巻 年次
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001102729

同上 平成20年医療施設(動態)調査 下巻 年次
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001060675

同上 平成17年医療施設(動態)調査 下巻 年次
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001060675

同上 平成14年医療施設(動態)調査 下巻 年次
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001048369

同上 平成11年医療施設(動態)調査 下巻 年次
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001048408

同上 平成8年医療施設(動態)調査 下巻 年次
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001048434

平成12年 医師・歯科医師・薬剤師調査医師数
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/00/tou05.html

人口10万対医師数
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/00/tou06.html

平成16年 医師・歯科医師・薬剤師調査医師数
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/04/tou12.html

人口10万対医師数
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/04/tou13.html

平成20年医師数
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/08/dl/toukei02.pdf

人口10万対医師数
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/08/dl/toukei02.pdf

平成24年医師数
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/12/dl/toukeihyo.pdf

人口10万対医師数
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/12/dl/toukeihyo.pdf

The following two tabs change content below.
紅 花子

紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在はフリーライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。
当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキング

2017年5月常勤転職 初心者向け登録推奨Top3社=当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキング

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら…まずはこのTop3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります。常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2016年度最新データに基いて分析)。

野村龍一

医師紹介会社研究所 所長 野村龍一のアドバイス

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。 各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」と「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いております。 



 ★登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し★ 

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力




 ★登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み★ 

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力




 ★業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り★ 

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力




 ★登録無料、常勤オーダーメイドとアフターケア重視★ 

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力



 ★登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年以上★ 

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業エムステージ(旧メディカルステージ)では、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

2017年5月版 常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

2017年5月版 非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

無料レポート「医師紹介会社 こんな担当者に注意せよ」配布中

当サイトの「登録」リンクから医師求人転職支援会社にご登録を頂いた方に、私、野村龍一がこっそりご登録者様だけに教える秘密レポート「医師紹介会社、こんなコンサル担当者に注意せよ!」(PDFファイル、約50頁、9,800円相当)を無料でご提供しております。