年収で考える医師の転職は是か非か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
野村龍一

野村龍一

某医師紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

年収で考える医師の仕事

医師の皆様が転職を決断するとき、年収は最優先的な職場選択ポイントの筆頭になるでしょう。もちろん、医師の仕事は使命感にあふれたものとなるケースが多く、必ずしも給与金額だけで量れるものではないことも承知しております。しかしながら、医師個人の生活、大切なご家族を守る義務から考えると、転職における年収条件というものは、やすやすと存外にできるものではありません。

「自分の今もらっている収入は、労働条件からみて本当に適正なのだろうか」などと疑問を持つ医師も多く、ここではその現状についてご説明したいと思います。

医師の平均年収に対する一般人のいびつな感覚

医師の仕事は、一般企業の職種に比べて高収入というイメージがありますが、労働強度を考えた際の対価としての実態はどうでしょうか?過酷な労働現場の筆頭とも言える医療現場で活躍する医師にとっては、労働強度が強く、何より人間の命を預かる仕事だるところの職種対価としての高収入はごくごく普通のことであるといえます。

そういった医療現場の現実を知らない一般人にとっては、医師の高給与と自信の給与に間にある差について、無知蒙昧な疑問符を投げかける人も少なからずいるようです(残念な限りですが)。

40歳くらいの勤務医であれば、平均月給が約90万円という調査結果が出ています。単純に計算して、賞与がなくても年収は1千万を超える収入です。対してサラリーマンの平均月収が約40万円だと言われていますから、倍以上の年収があることになります。この数字岳を見て(労働条件や医療現場の現実問題を無視して)、給与格差についてあれこれ好き勝手な事をいう人間もかなりいるわけです。

不幸なことに、医師はその職務が崇高であるにもかかわらず、批判を受けやすい職種となってしまっているのが現実です。

近年の医療過誤における、必要以上のマスコミによる「医師バッシング」などは、そのひとつの象徴的な現象ではないでしょうか?所得水準の低い読者、所謂「B層」といわれるマス視聴者がボリュームゾーンであるマスメディアは、彼らに迎合した敵(=高給与と言われる職種の医師、官僚、政治家等)を意図的に作りあげ、糾弾することで、一般人の溜飲を下げてお金に変えているような印象が増々強くなっています。

そしてさらに開業医であれば、その月収は300万円近くにのぼる人も特にめずらしくありませんが、その月収は独立開業という大きなリスクを背負っての対価です。こういった高収入のみを求めて医師免許の獲得を目指すと公言する学生もいるにはいるため、ほとんど多くの使命感に燃えている医師の声(サイレントマジョリティの声)がかき消され、マスメディアや嫉妬深い一般人の格好の「標的」となりやすい状況が生まれてしまっています。

医師免許獲得の対費用効果を落としてはならない

しかし医師も、研修医時代はとても安い給料からスタートすることがほとんど…というよりも、ほぼ100%です。もちろんその前には一般学生と相対比較して、非常に長い医学生時代とハードな学習があります。医大に入学することも困難なら、医師免許を取得することだって難関です。その上、国立大学でもない限り、其の学費は一般大学と比することがバカバカしくなるほど高額です。

高収入を得られる可能性のある職種=医師となる前には、こうした苦労があることも忘れてはいけません。おまけに、せっかく苦労を積み重ねた学生生活を終えて医師免許を取得しても、医師としてのキャリア形成や転職に失敗すると、これまで投資してきたそれらのお金はムダ金になってしまう可能性まであります

そして何より、医師とは人の命に携わる仕事です。自分の判断で、一歩間違えば患者が大変な自体に陥ってしまう可能性もあります。その責任は大きく、プレッシャーに耐えれなくなる医師は珍しくありません(如何に、外科や内科から精神科等への転科組が多いことか)。

また医師は、非常に過酷な労働条件で働いています。近年では休日のある医療機関も増えましたが、それでも時間に余裕を持って働けるような仕事とはとてもではありませんが言えません。医師に課される責任とそこまでの苦労、そして過酷な労働条件を考えれば、高収入であることも頷けるのではないでしょうか。

先生が医師免許獲得のために払ったコストを、たった1度の転職失敗で不意にしてはいけないのです。世の中に対して責任がある職務であればあるほど、その人間が「たかが転職」などで躓くようなことがあってはならないのです。

医師こそ高収入を堂々と目指すべき

しかし全ての医療の職場が同じ条件ではなく、仕事の過酷強度や報酬の高さには「理不尽な開き」があることも忘れてはいけません。他に比べ明らかに過酷で長時間の業務対応を行っているのに、収入は圧倒的に低いという医療機関はあたりまえのように存在します。

従って、医師である限り、高収入を目指すことは悪いことではなく、むしろ私は医師こそ高収入を目指すべきだと力強く主張します。自身の医療技術と専門知識・経験を向上させ、尊い命と向き合いながら、日々取り組む仕事ですから、高収入を得ることは「最低条件」といえるほど、転職においては大切な視点といえます。

そのように考える私は、もしもあなたが現在の労働に見合わない悪条件で医師としての尊い仕事をしているのであれば、「最低条件」を満たすための転職というのもやむを得ない道なのではないでしょうかと考えるのです。

経験や実績のある医師であれば、求人サイトに軽く目をやってもたくさんの転職先が見つかるはずです。小児科や内科、外科は医師不足に悩んでいますし、その他の診療科、あるいはもっと違ったフィールドでも医師は求められており、その新しい職種ステージはグローバルボーダーレス化の流れにも乗ることで、増々の広がりを見せています。

とはいえ、一体自分が医師としてどの程度の収入が妥当であるのかは、自分では分からないものです。

そんなときには、医師人材エージェントや転職支援コンサルタントの力を借りることをお薦めします。大勢の医師転職をサポートしてきたコンサルタントだからこそ、貴方の医師としての専門を鑑みた上で、年収相場も当然ながら把握しています。また、医師は多忙で長時間労働があたりまえの仕事ですから、医師人材エージェントや転職支援コンサルタントが代わりに条件に合う仕事を探してくれるのは、とても大きなメリットになるはずです。

もし、先生が医師としても現在の収入に疑問を感じたのであれば、まずは職場の外に目をやってみましょう。医師としての貴方は、時間・労働力の安売りだけは、決して行なってはいけません。収入が1つのモチベーションになるのであれば、より良い医療を国民に提供するために、素直にその欲求に従って行動するのは何ら責められることではないのを(特に生真面目な医師程)覚えておくとよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

2017年5月版 常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

2017年5月版 非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

無料レポート「医師紹介会社 こんな担当者に注意せよ」配布中

当サイトの「登録」リンクから医師求人転職支援会社にご登録を頂いた方に、私、野村龍一がこっそりご登録者様だけに教える秘密レポート「医師紹介会社、こんなコンサル担当者に注意せよ!」(PDFファイル、約50頁、9,800円相当)を無料でご提供しております。