総合評価:プラスメディック(プラスメディック株式会社)の評判・口コミ・ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総評:プラスメディック(プラスメディック株式会社)

現在の企業レビュー結果…「B評価(平均評価)」

実態はコンタクトレンズ販売大手企業が運営

プラスメディック(運営:プラスメディック株式会社)は、運営ウェブサイト上にて「毎日求人情報を更新している」と謳っておりますが、保有求人情報のスクリーニングが甘く、2年以上前の古い求人は放置掲載されいてる状況です。通常、こういった賞味期限切れ求人の掲載を発見するだけで、ユーザー医師離れが起きるので、早々に求人データベースをスクリーニングしたほうが良いでしょう。

他の医師紹介会社と比較すると、相対的に簡素な作りになっているプラスメディック。非常勤やアルバイト求人は会員登録しないと一切具体的内容が閲覧できないので不便です。恐らく、このスタイルのままだと、非常勤およびスポットアルバイトを目的としているユーザー医師が、同社に初見で登録をすることは殆どあり得ないでしょう。

得意な診療科目は「眼科」と予測できる

コンタクトレンズ販売の「株式会社中央コンタクト/フラワーコンタクト」代表取締役である藤本亮吉社長が、プラスメディック株式会社の代表を兼務しています。その関係性上、公開している常勤案件にも眼科の管理医師が目立ちます。

プラスメディックの運営目的は、自社店舗の併設眼科医における、眼科医確保としての役割もあると推察されます。

厚労省の調べによると、2006年の眼科医師数は12,362人で2年前の前回調査を90人下回っています。プラスメディックの藤本代表取締役が社長を務める株式会社中央コンタクトだけでも全国に130店舗以上を展開しているので、コンタクト診療などで需要は高く、眼科医は慢性的に不足傾向にあります。

一般的に、コンタクトレンズ店の併設眼科医における医師は、大半をアルバイトとして賄っています。医師免許さえあれば誰で診療でき、時給もよく、楽でコストパフォーマンスがいいのは間違いなく、医師側からもコンタクトレンズ関連バイトが人気があるのは、皆様もご存知のとおりです。

併設眼科医の多くは、事実上のコンタクトレンズ販売会社の資本で運営されていることが殆どですが(法人形態は別途として無関係の立場を体面上は取ります)、これは、コンタクト店が、初診料・診察料・検査料・処方箋発行料など、クリニックとして健康保険から受け取る医療費と、コンタクトレンズの売上の両方を手に入れることができるためです。

しかしながら、2006年から医療費の不正請求や名義貸しなどの問題が表面化して、一部で社会問題になりました。これが影響してか、今後のコンタクトレンズ販売点における併設眼科医のマーケットは徐々に縮小されるだろうとの予測も噴出し、眼科医希望医師数も減少に転じると予測されています。

サイトのユーザビリティーはシンプル

「プラスメディック」のウェブサイトは、左サイドに医師と医療機関がログインするフォームをまとめています。あくまでも登録を優先して、その後に利用者に情報を提供していくスタイルの運営です。

ヘッダーの下に地域検索を設けています。全国を「北海道・東北」、「関東」、「信越・北陸」、「東海・近畿」、「中国・四国」、「九州・沖縄」の6ブロックに分けた日本地図が2つ表示され、「医師求人・アルバイト情報」と「常勤医」の求人に分けて検索できるシステムになっています。

ウェブサイトデザインの方程式では、一般的に左により重要な情報を置きます。

2つの全国地図のうち左側は「医師求人・アルバイト情報」の検索で、右側は「常勤医」の検索です。多くの医師紹介会社の場合、「常勤医」を左に置くのが定石ですが、「プラスメディック」では、左側のアルバイト情報に重点を置いていることが分かります。

常勤医を検索すると、「北海道・東北」地区は4件すべてが眼科一般診療・コンタクト診療の管理医師募集案件でした(2014年5月調査時))。「毎日求人情報を更新しています」と謳っているのでフローの求人情報には日々動きはあるでしょうが、やはり眼科医への偏向があるようです。ただしどうせ同社の強みを生かすならば、眼科医専門の医師紹介サービスに特化してしまったほうが、ユーザー医師からもわかりやすいし、営業上もメリットが多いのではないか?と思います。

ちなみに「プラスメディック」は、一見すると眼科医紹介に強いことがわかりません。ひょっとして、本当は株式会社中央コンタクト/フラワーコンタクトの意向を受けながら、大いに眼科医紹介推しで打ち出していきたいものの、件の2006年問題が原因で、あまり「コンタクトレンズ販売店」と「併設眼科医」の結びつきを明らかにするような内容を明言できないのかもしれません。

だとしたら、業界的な自縄自縛に陥っていると判断できるのですが、どうでしょうか。是非とも、内部の方に詳しい話を直接お伺いしてみたいものです。

会社概要:プラスメディック株式会社

会社名 プラスメディック株式会社
サービス名 プラスメディック
設立 2005年7月
代表者 代表取締役 藤本亮吉
資本金 1500万円
年商 不明
従業員数 不明
コンサルタント数 不明
所在地 〒108-0075 東京都港区港南1-8-40 品川プレイス7F
営業拠点 1 (東京)
厚生大臣認可 13-ユ-301387
医療従事者会員数 不明

商業登記簿謄本(画像クリックで拡大)

商業登記簿謄本の公開について

商業登記簿謄本は、申請すれば全ての国民が閲覧することができるものであり、インターネット上に公開することに違法性がないことを、法務局・弁護士に確認済みです。ただし代表取締役の住所につきましては、プライバシー保護の観点から、自主的に非公開としています。

同社の登録医師求人数

「プラスメディック」の医師求人情報は、常勤のみ公開されております。非常勤求人、アルバイト求人は同社に登録をしないと検索ができないので注意して下さい。

医師求人数(2015年5月1日調査)

常勤医師 非常勤医師 アルバイト(単発)
22件 検索不可 検索不可

※キャリアコンサルタント保有求人と病医院直接応募求人を足した合計数

業績について

「プラスメディック」を運営するプラスメディック株式会社は業績を公開しておりません。

売上高(H25) 利益高(H25) 売上高(H24) 利益高(H24)
非公開 非公開 非公開 非公開

サービスサイトへのアクセス推移

アクセス状況の全体分析

同社運営サイトへの直近アクセス推移は上記のようになっております(2014年11月21日 SimilarWebにて調査。全体のアクセスデータが不十分で調査結果がでませんでした。つまり、まとまった規模のアクセスが集まっていない医師紹介会社サイト(月間1万PV以下、1日訪問数200名以下)として認識してよいと思われます

アクセス参照元サイト

同社サイトのアクセス流入元サイトは、データ量不足のため解析ができませんでした。

アクセス検索キーワード

同社サイトへのアクセス検索キーワードはデータ量不足のため解析ができませんでした。

プラスメディック:企業トップと所属コンサルタントの実像

代表取締役 藤本亮吉氏

「プラスメディック」を運営するプラスメディック株式会社代表取締役である藤本亮吉氏の詳細プロフィールは見つかりませんでした。藤本氏はFacebookにアカウントを持っている模様です。

所属コンサルタント

同社に所属されているコンサルタントの紹介ページは見つかりませんでした。

この企業の100社ランキング結果

当研究所が独自で毎年調査している「日本の医師紹介会社TOP100社ランキング調査」において、プラスメディック株式会社提供の「プラスメディック」はトップ3ランキング入りできたでのしょうか?結果はこのようになっております。

=該当なし=

残念ながら、「プラスメディック」のトップランキング入りはどの分野でもありませんでした。また、その他項目を含めたランキング結果一覧は下記のようになっております(※その理由はこちら)。

常勤求人募集数 部門 45位(22件)
非常勤求人募集数 部門 ランキング外(検索不可)
スポット求人募集数 部門 ランキング外(検索不可)
非公開求人募集数 部門 ランキング外(検索不可)
東京 常勤求人募集数 部門 38位(2件)
東京 非常勤求人募集数 部門 ランキング外(検索不可)
東京 スポット求人募集数 部門 ランキング外(検索不可)
大阪 常勤求人募集数 部門 42位(0件)
大阪 非常勤求人募集数 部門 ランキング外(検索不可)
大阪 スポット求人募集数 部門 ランキング外(検索不可)
北海道 常勤求人募集数 部門 41位(0件)
北海道 非常勤求人募集数 部門 ランキング外(検索不可)
北海道 スポット求人募集数 部門 ランキング外(検索不可)
愛知 常勤求人募集数 部門 44位(0件)
愛知 非常勤求人募集数 部門 ランキング外(検索不可)
愛知 スポット求人募集数 部門 ランキング外(検索不可)
福岡 常勤求人募集数 部門 40位(0件)
福岡 非常勤求人募集数 部門 ランキング外(検索不可)
福岡 スポット求人募集数 部門 ランキング外(検索不可)
年収1800万円以上求人数 部門 ランキング外(検索不可)
健診・人間ドック求人数 部門 ランキング外(検索不可)
産業医求人数 部門 ランキング外(検索不可)
美容外科皮膚科求人数 部門 ランキング外(検索不可)
当直なし求人数 部門 ランキング外(検索不可)


=検索件数集計の注意事項=

  • アクティブ求人数不明これらの理由でランキング対象として集計できない
  • 検索不可…条件自体がこの検索できない
  • 0件…検索はできるが結果が0件
  • ○○検索結果に含まれる…検索結果が別条件設定に含まれて表示されている
  • 不明…サイト上に結果表示が存在せず

最終評価判定:眼科医のみが利用価値あり

プラスメディック(プラスメディック株式会社)の評判・口コミ・ランキング

中央コンタクトグループへの考え方次第で、登録可否を決めてよいでしょう

プラスメディック株式会社は、2005年に設立され、藤本代表取締役が就任した2013年に500万円増資されて資本金は1500万円になりました。信用調査会社の帝国バンクや東京商工リサーチなどに企業概要のデータはありません。

同社ウェブサイトの企業概要に代表取締役の記載がありません。藤本代表取締役はコンタクトレンズ販売業界では知れ渡った人物なので、やはり2006年以降に批判が噴出した、眼科医の名義貸し問題などの風評よけのため、できるかぎり素性を隠して「プラスメディック」を運営している印象を受けます。

医師紹介会社の業務は、転職を希望する医師のキャリア形成を左右するだけに、何よりもまず信頼性を重要して運営するのがセオリーです。大手の医師紹介会社は保有求人数で情報量をアピールして、まず最初に利用者医師の信頼獲得を狙います。

一方、中小規模の医師紹介会社は、所属コンサルタント個人の属人的能力、過去実績、人間的な力等をアピールして、定量的評価よりも情緒に訴えた定性的評価で信頼を勝ち取ろうとします。プラスメディカルはどちらの戦略を狙うのでしょうか。

コンタクトレンズ販売事業で着実な利益を上げながら、眼科医を確保する一石二鳥が目的なのでしょう。しかし、医師紹介事業においては、何よりもまず最初に医師からの信頼獲得方法を樹立しない限り、「二兎を追うもの…」になる可能性が大きくなりそうです。コンタクト診療医へ、業界内外からの目が注がれる中、情報の公開性を上げると、確かに余計なハレーションが起こる可能性もあるでしょう。

しかし、インターネットなどが発達して情報があふれる時代では、情報を隠そうとしても限界があり、信頼獲得には結局、情報を公開していくしかありません。プラスメディックは、このまま(バックにいる中央コンタクト/フラワーコンタクトの存在を薄めて)実態不明の医師紹介会社として運営されていくのでしょうか?

2004年の研修医改革を契機に医師の流動性が高まっているとはいえ、ウェブサイト上に医師紹介会社という看板を掲げただけで、簡単にユーザー医師が集まるほど、イージーゴーイングな時代ではもうありません。反面、否定的な情報や後ろ暗い情報は、隠せば隠すほど猛スピードで広がっていきます。

医師紹介サービスとしての「プラスメディカル」は、求人検索機能が充実しているわけでもなく、所属コンサルタントの属人能力をアピールする戦略もとっていません。ましてや、本業のコンタクトレンズ販売店網との関係性を(外部環境上の理由でやむを得ず)薄めている印象があります。

現状では眼科医の方、特に、中央コンタクトやフラワーコンタクトにてアルバイトを求めている方のみが登録を試みてもよいでしょう。しかし、中央コンタクトグループに対して否定的な方、もっと広く他のコンタクトレンズ併設医院や、一般病院等に就業先候補を探している眼科医や、眼科医以外の診療科医師は登録の価値はなさそうです。

プラスメディック株式会社が運営する「プラスメディック」はB評価とさせて頂きます。

現在の企業レビュー結果…「B評価(平均評価)」

野村龍一

医師転職支援コンサルタント・野村龍一のアドバイス

可もなく不可もない医師紹介会社です。企業規模にかかわらず、中身は特徴の見当たらない平均点の会社ですので、 特に積極的に登録をする理由はあまり見当たりません 求人情報も古かったり内容がはっきりしないケースも目立ちます

当医師紹介会社サイトを閲覧する場合下記URLをご参照ください

https://www.plus-medic.com/

The following two tabs change content below.
野村龍一

野村龍一

某医師紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。
当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキング

2017年5月常勤転職 初心者向け登録推奨Top3社=当研究所が成績優秀コンサルタントを先生のご担当へとブッキング

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら…まずはこのTop3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります。常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2016年度最新データに基いて分析)。

野村龍一

医師紹介会社研究所 所長 野村龍一のアドバイス

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。 各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」と「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いております。 



 ★登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し★ 

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力




 ★登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み★ 

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力




 ★業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り★ 

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力




 ★登録無料、常勤オーダーメイドとアフターケア重視★ 

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力



 ★登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年以上★ 

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業エムステージ(旧メディカルステージ)では、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

2017年5月版 常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

2017年5月版 非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

無料レポート「医師紹介会社 こんな担当者に注意せよ」配布中

当サイトの「登録」リンクから医師求人転職支援会社にご登録を頂いた方に、私、野村龍一がこっそりご登録者様だけに教える秘密レポート「医師紹介会社、こんなコンサル担当者に注意せよ!」(PDFファイル、約50頁、9,800円相当)を無料でご提供しております。